• 関連の記事

「バーチャルイベント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ぴあ、独自メタバース「NeoMe」でアーティスト応援 バーチャルライブなど開催
ぴあは、独自のメタバース「NeoMe」で、バーチャルライブなど通じてアーティストを応援するキャンペーンを始める。(2022/8/8)

満足度の高いウェビナーツール 「Zoom」を上回って人気の1位は?【2022年8月版】
ユーザー満足度の高いウェビナーツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/8/5)

阪急阪神HD、グループ内での顧客IDの共通化でデジタルマーケティングを強化 SAPの顧客管理クラウドを活用
阪急阪神ホールディングスは、グループが提供するサービスの顧客IDの統合管理基盤として「SAP Customer Data Cloud」を活用している。顧客IDの共通化によって、顧客データの統合管理や分析に加え、デジタルツインやメタバースをはじめとした各種チャネルでのデジタルマーケティングを推進するようだ。(2022/7/25)

Samsung、Unpackedイベント予告で新製品をチラ見せ Galaxy Z Flip4(仮)などが発表か
韓国Samsung Electronicsがバーチャルイベント「Galaxy Unpacked 2022」を米国時間8月10日9時(日本時間8月10日22時)から開催する。予告ページに掲載された動画では、折りたたみ端末の新製品「Galaxy Z Flip4(仮)」と思われる筐体が分かるようになっている。視聴リンクも案内されている。(2022/7/20)

エッジAI:
PR:サーバクラスの処理性能がエッジAIに、「Jetson AGX Orin」の力を引き出すには
リアルタイム性などが求められる製造業のAI活用で注目を集める「エッジAI」。このエッジAIの“本命”として期待されているのがNVIDIAの「Jetsonシリーズ」の最新モデル「Jetson AGX Orin」と「Jetson Orin NX」だ。製造業にJetsonシリーズを提案してきたマクニカも、サーバクラスのAI処理性能を実現するJetson AGX OrinとJetson Orin NXの活用を促進すべく、さらに活動を加速させている。(2022/7/11)

「建設サイト・シリーズ」ユーザーミーティング2022(1):
【建設サイトReport】大和ハウスの「新・担い手3法」への対応策 “現場管理を無人化”するデジコンPJ
大和ハウス工業では、「新・担い手3法」に対応すべく、その第一歩として、建設キャリアアップシステムを導入し、顔認証システムをベースにしたグリーンサイトによる入退場管理の積極的な導入を進めている。将来は、現場作業者の管理を無人化することで、管理コストを減らし、その余剰をデジタル技術に分配し、建設業の処遇改善や給与アップにまでつなげることを目指す。(2022/7/4)

Meta、テスト中のデジタルウォレット「Novi」を終了へ
Metaは、2020年に立ち上げたデジタルウォレット「Novi」を終了する。パイロットプログラム参加者に対し、9月1日までにアカウントの残高を引き出すよう告知した。同社の暗号通貨「Diem」は今年1月に終了している。(2022/7/4)

ドコモ、30周年を記念したバーチャルイベントやポイント還元キャンペーンを開催
30周年を迎えるNTTドコモが、2022年7月から2023年6月にかけてアニバーサリーイベントを開催。XR技術を活用したバーチャルイベントや、dポイント還元キャンペーンなどを実施する。(2022/7/1)

「Facebook Pay」は「Meta Pay」に ザッカーバーグCEO、“メタバースのウォレット”構想を語る
MetaのザッカーバーグCEOは、「Facebook Pay」の「Meta Pay」への名称変更を発表した。将来的には「メタバースのウォレット」にしたいとしている。金銭だけでなく、作成・購入したデジタルアイテムも管理するデジタルウォレットだ。(2022/6/23)

Restaurant Dive:
「猫も杓子もメタバース施策」の中で手を出したピザハットは結果を出せるか
ピザハットはメタバース業界への参入を発表した。メタバースといったデジタル体験の新奇性が薄れる中、同社はどのような戦略を展開するのか。(2022/6/17)

国内の事例:
テクノロジーを賢く使う「次世代スーパー」がやっている、“勝ち組企業”になる法則3選
スーパーやコンビニなど、小売りが新技術を取り込むにはどのようにすればいいのか。リテールテック活用に取り組む際のポイントを考察する。活用のポイントは3つある。(2022/6/1)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【後編】
バーチャルイベントツールが「生のイベントには程遠い」と感じる理由は?
バーチャルイベントツールは、イベントの臨場感を再現する多彩な機能が特徴だ。そのために全体的な使い勝手が複雑化している欠点もある。改善に向けた業界動向を探る。(2022/5/25)

ポケモンGOの夏フェス、3年ぶりリアル開催は札幌で どこからでも参加できるバーチャルイベントも
ポケモンGO恒例の夏の大型イベント「Pokemon GO Fest 2022」がリアルイベントとして帰ってきます。今回は札幌で8月に実施。チケットの販売も始まりました。(2022/5/10)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【中編】
Zoomだけじゃない「バーチャルイベント」に使える3大ツール 本命は?
「バーチャルイベント」に利用できるツールは幾つかあるものの、実現できることは大きく異なる。適切な選定のために、主要ツールの違いを理解しよう。(2022/4/27)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【前編】
イベントのオンライン移行で「失われたもの」とは?
Web会議ツールをはじめとする動画技術は、働く人々を結ぶ役割を果たしてきた。ただしイベントの用途に関しては、まだ十分な支持を集めているとは言えない。何が足りないのか。(2022/4/20)

「メタバース推進協議会」発足 文化形成とルール作り目指す 業界団体は乱立状態
任意団体として活動していた「メタバース推進協議会」一般社団法人として正式に発足した。メタバースを巡る文化やコミュニティーの形成とビジネス促進に向けた業界ルール作りを目指す。(2022/4/19)

セミナー:
PR:Windowsアップデートの度に再評価は大変…その悩みを解決する「Windows for IoT」の基本を解説!
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/4/13)

マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS
Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”
Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。(2022/4/7)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【中編】
メタバースがハラスメントの舞台に――専門家が危機意識
MicrosoftやMetaなどのベンダー各社が力を入れ始めた「メタバース」。今後の成長を占う上で避けられないのが、メタバースにおけるハラスメントの問題だ。(2022/4/6)

7月竣工予定:
旧九段会館、新施設名は「九段会館テラス」に 創建時を復元した宴会場やシェアオフィス
東急不動産と鹿島建設が、東京都千代区の「旧九段会館」保存・建替えプロジェクトについて、施設名称を「九段会館テラス(KUDAN-KAIKAN TERRACE)」に決定したと発表した。(2022/4/5)

Windowsフロントライン:
2022年はWindows 11普及の年になるのか
AdDuplexによるWindows 10/11のシェア動向を毎月レポートしているが、今月はWindows 11のシェア推移に話題が集まっている。(2022/4/1)

リーバイスのAI教育【後編】
リーバイスが「AIブートキャンプ」から得た“期待以上の成果”とは?
リーバイスの「AIブートキャンプ」は大人気のAIスキル研修だ。狭き門をくぐり抜けた受講者のその後の活躍ぶりについて、同社責任者が語った。(2022/3/29)

リーバイスのAI教育【前編】
リーバイスの「AIブートキャンプ」とは? 狭き門を突破し、参加するには?
リーバイスのAIスキル研修「AIブートキャンプ」に参加するのは簡単ではない。参加定員100人に対し、これまでに約450人の従業員が応募した。そもそもAIブートキャンプとは何なのか。同社責任者に聞いた。(2022/3/22)

湯之上隆のナノフォーカス(48):
メモリ不況は当分来ない? 〜懸念はIntelのEUVと基板不足、そして戦争
筆者は世界半導体市場統計(WSTS)のデータを徹底的に分析してみた。その結果、「メモリ不況は当分来ない」という結論を得るに至った。そこで本稿では、その分析結果を説明したい。(2022/3/17)

BIM/CIM導入には「プロセスの理解」が不可欠:
日建連 杉浦氏が教える「BIM/CIM導入成功のための人材活用術」建設HRセミナーレポート
国土交通省による全公共工事(小規模現場を除く)のBIM/CIM原則適用が2年後に迫っていることもあり、建設業界でのBIM/CIM導入の動きも活発になりつつある。だが、ビッグゼネコンなど一部の大手を除くと、BIM/CIM導入状況はまだまだ遅れ気味のようだ。建設業界の人事に関わる情報を発信するWebメディア「建設HR」は、2021年9月に日建連 杉浦伸哉氏を講師に迎え、プロセスとしてのBIM/CIMの理解と導入を阻む3つの要因にどう対処するか、さらにBIM/CIM人材活用術を解説するWebセミナーを開催した。(2022/3/16)

ZEH:
積水ハウスが「ZEH最上位水準」を戸建て・賃貸で標準化、住宅性能表示制度の4月施行に併せ
積水ハウスは、住宅性能表示制度の断熱性能等級で、住宅の省エネ性能がZEH水準と同等の「等級5」が2022年4月に新設されることに併せ、自社の戸建てと賃貸住宅で標準化する方針を発表した。(2022/3/14)

不動産テック:
スマホとマイナンバーカードだけで不動産取引、東急リバブルとGMOグローバルサイン・HDが2022年春に実用化
東急リバブルと、GMOグローバルサイン・ホールディングスは、不動産売買契約の電子化に向けた研究開発に乗り出した。2022年春にも電子署名システムを実用化し、不動産取引のデジタル化時代にいち早く対応する。(2022/3/9)

PR:電子帳簿保存法対応「あと2年間ある」は間違い 宥恕措置に惑わされず“今すぐ”準備を進めるべきこれだけの理由
2021年12月、施行まで1カ月を切ったタイミングで新たに盛り込まれた、電子帳簿保存法「電子取引」に関する2年間の宥恕(ゆうじょ)措置。「よかった、あと2年間も猶予ができた」と安心している人もいるかもしれないが――実はそう悠長なことはいっていられないという。なぜか?(2022/2/28)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
30年来のトラウマにリベンジして高まった学習意欲
今の環境はお金をかけずに手軽に何でも学べるが、重要なのは学習意欲がいつまで続くかかと思います。(2022/3/7)

A-Styleフォーラム Vol.8:
年間300棟以上の設計コンサルをこなす、実務者目線の設計効率テク「目からウロコ!これからのクラウド活用術」〈後編〉
福井コンピュータアーキテクトは2021年10月1日、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演から指定確認検査機関による建築確認申請のWeb申請に関わる講演、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの講演など、多彩かつ充実した3時間となった。第3回の後編となる今回は、エー・ディー・エル一級建築士事務所 三ノ宮浩氏によるテクニカルセミナーをレポートする。(2022/2/21)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第1回】
次世代の事業継続管理者に必須な“あのスキル”とは
パンデミックや未曽有の自然災害など、事業継続、災害復旧対策の策定時に想定すべき事態が多様化している。変化に対処できる事業継続管理者になるにはどのようなスキルを身に付けることが望ましいのか。(2022/2/17)

TechTarget発 世界のITニュース
SkillsoftがCodecademyを5億2500万ドルで買収へ サービスはどう変わる?
企業向けにオンライン学習サービスを提供するSkillsoftは、個人向けオンライン学習サービスCodecademyを運営するRyzacを買収する。この買収で、利用企業にとって何が変わるのか。(2022/2/14)

A-Styleフォーラム Vol.8:
指定検査機関が解説“Web建築確認申請”はなぜ必要?「目からウロコ!これからのクラウド活用術」〈中編〉
住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは2021年10月1日、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。第2回目のレポとなる中編では、民間の指定確認検査機関のJ建築検査センター 佐々木彰氏によるテクニカルセミナーを振り返る。(2022/1/31)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
IoTで家庭の食品ロスは防げるか
もったいないので、野菜の皮もなるべく調理して食べるようにしています(2022/1/25)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「世の中にない全く新しいモノを作る」とは、どういうことか?
本質的な考え方は何も変わらないのかもしれませんね。(2022/1/18)

セミナー:
PR:「PLM-ERP連携アセスメント&PoCサービス」ご紹介セミナー
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/1/17)

ブイキューブ、メタバースに参入 オンラインイベントに採用
ブイキューブは、バーチャル空間「メタバース」を使った事業を始めると発表した。オンラインイベントに導入し、メタバース内でコミュニケーションできるようにする。同社は「あらゆる業界のイベントをメタバース化する」としている。(2022/1/12)

年末のまとめ:
「旧態依然とした営業組織」を刷新する5つのキーワード 2021年の営業関連おすすめ記事10選
ITmedia ビジネスオンラインが2021年に掲載した、旧態依然の営業組織を刷新するために役立つ記事を、5つのキーワードに分けてご紹介します。(2021/12/28)

「ハイブリッドワーク」は当たり前になる
オフィス回帰が進んでも「Zoom」がもうかり続ける理由
一部の企業でオフィス回帰が進みつつある中、Zoom Video Communicationsは成長を続けている。同社が分析する「成長の理由」は。(2021/12/28)

クラウド移行が本当に最適解か
クラウドNGシステムの運用も最適化、DXを推進するITインフラの新たな利用法とは
DXを推進する上で初期コストや運用の簡素化を狙ってクラウド移行を考える企業は多いが、システムの特性上移行できないものがあるなど、必ずしも最適解とはいえなくなっている。こうした中で注目される、ITインフラの新たな利用方法とは?(2021/12/28)

PR:「紙とハンコ」の困りごと 丸ごと解決するならアドビにお任せ
(2021/12/17)

A-Styleフォーラム Vol.8:
Microsoftが提言するニューノーマル時代のクラウド化メリット、「目からウロコ!これからのクラウド活用術」<前編>
住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは2021年10月1日、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。前・中・後編と3回に分けてお送りするうち、前編の今回はオープニングセッションと日本マイクロソフトの基調講演を中心にレポートする。(2021/12/21)

セミナー:
PR:工場や倉庫はデジタル化できるものばかり
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/12/21)

バグを自動的に埋め込み、それを発見することで学習:
Microsoft Research、バグを発見、修正するためのディープラーニングモデル「BugLab」を開発
Microsoft Researchは、コード内のバグを発見、修正するためのディープラーニングモデル「BugLab」を開発した。BugLabではラベル付きデータを使わずに、バグを自動的に埋め込み、それを発見する“かくれんぼ”ゲームを通じてバグの検出と修正をトレーニングする。(2021/12/16)

あなたの1on1、独演会になってない?:
コーチングから学ぶ、1on1の「聴く」技術
マネジャーたるもの、じっと聴いて、聴いて、聴きまくるのだ。(2021/12/8)

「メタバース」はビジネスに役立つか【中編】
Facebook改めMetaが語る「メタバースで働く魅力」と、懸念が残るプライバシー問題
Meta(旧社名Facebook)は仮想3次元空間「メタバース」でのコミュニケーションに意気込みを見せる。一方で専門家は「ユーザーの信頼を得るにはまず、プライバシーへの懸念を解消しなければならない」と指摘する。(2021/12/8)

「メタバース」はビジネスに役立つか【前編】
「ビジネス用メタバース」を始めたFacebook改めMetaは、何を考えているのか?
Facebookは2021年10月に社名を「Meta」に変更し、仮想3次元空間である「メタバース」が今後のビジネスコミュニケーションを大きく変えると意気込んでいる。同社が描くメタバースのコンセプトとは。(2021/12/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.