• 関連の記事

「無線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無線」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
脳に貼り付ける高性能センサー、解像度は従来の100倍 将来的には無線化で埋め込みも
米カリフォルニア大学サンディエゴ校、米Oregon Health and Science University、米マサチューセッツ総合病院による研究チームは、1024個または2048個の皮質脳波記録センサーを高密度に配列した、薄くて柔軟なグリッドを開発した。(2022/1/27)

ネットギア、エントリークラスの法人向けWi-Fi 6無線LANアクセスポイント
ネットギアジャパンは、在宅勤務などにも向くWi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント「WAX202」を発表した。(2022/1/26)

アイ・オー、2.5GbEポートを搭載したWi-Fi 6対応のゲーミング無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、2.5GbE接続をサポートしたWi-Fi 6無線LANルーター「WN-DAX3000QR」を発売する。(2022/1/26)

製造業IoT:
ローカル5G導入を省力化、NECが無線/制御部をまとめた一体型基地局発売
NECは2022年1月20日、ローカル5Gの導入に必要な無線部、制御部を筐体内に収めた一体型基地局「UNIVERGE RV1000」シリーズから、2モデルの新製品を発売すると発表した。ローカル5G導入の手間を省力化し、迅速な展開を実現する。(2022/1/25)

ミクシィ、ローカル5Gの無線局免許を取得 競輪イベントで商用利用を開始
ミクシィは、Sub6帯域(4.8GHz〜4.9GHz)を活用したローカル5G SAシステムの免許を取得。同社初の商用利用として、千葉市主催の自転車トラックトーナメント「PIST6 Championship」の映像配信を行う。(2022/1/24)

組み込み開発ニュース:
加賀FEIが太陽誘電の無線モジュール事業を承継、新ブランドは「CONTINECT」
加賀FEIは、太陽誘電からBluetoothおよび無線LANモジュールに関わる商権、開発製造技術ならびに知的財産権を承継した。新たに無線モジュール事業に参入し、超小型無線モジュールの受注を開始している。(2022/1/24)

プロジェクト:
野村不動産らが東京・六本木で商業施設を開業、店舗情報の伝達にNFCを活用
野村不動産と野村不動産コマースは、東京都港区六本木で、商業施設「GEMS 六本木」を2021年11月10日にオープンした。GEMS 六本木は、来館者への店舗情報の伝達手段として「NFC(近距離無線配信)非接触ICチップ」を活用し、エントランスのプロジェクションマッピングでは街との一体感を醸成している。(2022/1/21)

TP-Link、実売8000円台のWi-Fi 6対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 6接続に対応したエントリー価格帯の無線LANルーター「Archer AX23」を発売する。(2022/1/20)

スマート工場EXPO2022:
工場での無線通信を安定化させる通信技術、認証を開始し2022年内に市場投入へ
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、「第6回スマート工場EXPO」において、工場における無線通信システムの安定化を実現する「SRF無線プラットフォーム」を訴求。2021年12月から同規格に準拠する無線機器の認証プログラムを開始し、製品展開フェーズに入ったことを訴えた。(2022/1/20)

Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、Threadの同時接続に対応:
スマートホーム共通規格「Matter」対応トライラジオSoC
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2022年1月4日(米国時間)、異なるスマートホーム製品間の相互接続を実現する新共通規格「Matter」に対応したトライラジオデバイス「IW612」を発表した。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、IEEE 802.15.4の3つの無線方式の通信を同時に行えるもので、Matter対応製品の開発時間やコストの削減および設計の簡素化を実現するとしている。(2022/1/19)

製造業IoT:
環境発電と無線技術を組み合わせてモジュール化、電源なしで遠隔監視
OKIネクステックでは、IoTの活用拡大に向けて、身の回りのわずかなエネルギーを電気エネルギーに変える環境発電技術と、低消費電力無線技術を組み合わせた「環境発電無線」のモジュール提供および開発支援を強化する。既に鉄道向けなどで実績が生まれつつあり、電源確保が難しい環境での遠隔監視用途の開拓を進める方針だ。(2022/1/19)

エレコム、11ac対応のスタンダード無線LANルーター
エレコムは、IEEE 802.11ac接続をサポートしたスタンダード無線LANルーター「WRC-2533GS2V-B」を発売する。(2022/1/18)

電子ブックレット(オートモーティブ):
EVとワイヤレス給電
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、EV(電気自動車)の充電方法として長年自動車業界が検討してきたワイヤレス給電(無線給電)についてまとめた「EVとワイヤレス給電」をお送りします。(2022/1/17)

レーシングカーもネットワークもスピード発揮
自動車レースNASCARが「Wi-Fi 6」をサーキットに導入した“あの狙い”とは?
NASCARは12カ所のサーキットに「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品を導入し、高速通信を可能にする。ファンがスマートフォン片手に、レースをより楽しめるようにするためだという。どういうことなのか。(2022/1/12)

ネットギア、クラウド管理にも対応した法人向けWi-Fi 6対応アクセスポイント
ネットギアジャパンは、法人向けとなるWi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント「WAX620」を発表した。(2022/1/11)

製造業IoT:
低コストでローカル5Gを構築できるスタンドアロン型キット
富士通は、4.7GHz帯をサポートするスタンドアロン型のローカル5Gシステム「FUJITSU Network PW300」スターターキットの提供を開始した。高速、大容量通信を活用した自営無線ネットワークを構築できる。(2022/1/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
「無線LANルーターの7割は侵入可能」の真相
安価なハードウェアと攻撃プログラムさえあれば、企業や家庭にある大半の無線LANルーターに侵入できる――。そうした実態をセキュリティ研究者が突き止めた。その“驚きの手口”と対策を紹介する。(2022/1/7)

鍵はAFCとOpenRoaming
「Wi-Fi 6E」がオフィス/家庭用の「無線LAN」ではない理由
Wi-Fi 6Eの利点は6GHzが使えることだ。そして6GHzを屋外でもシームレスにローミングできるようにするAFCとOpenRoamingにより、常に安全なWi-Fi接続が実現する。(2022/1/7)

無線LAN新規格を理解する視点【後編】
「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 6E」「Wi-Fi 7」の共通点と、過去の無線LANとの違い
無線LANの規格が新しくなるとき、データ伝送速度が向上するのは出力が上がるからではない。過去の無線LAN規格にも、将来の無線LANにも共通するある要素が鍵になる。(2022/1/7)

auの「無線LAN STICK」が接続できるデバイスを拡充 手持ちのタブレットやPCでも利用可能に
KDDIと沖縄セルラー電話が発売している4G LTE対応小型ルーター「無線LAN STICK」が、1月中旬以降に実施予定のソフトウェアアップデートで接続可能な機器を拡大する。アップデート後は、タブレットやPC、ゲーム機などをインターネットに接続できるようになる。(2022/1/6)

太陽誘電からの事業継承が完了:
加賀FEI、無線モジュール事業に参入
加賀FEIは2021年1月5日、太陽誘電からBluetoothおよび、ワイヤレスLANモジュールにかかわる商標、開発・製造技術、知的財産権を承継し、無線モジュール事業に参入し、受注を開始したと発表した。(2022/1/5)

組み込み開発ニュース:
Wi-Fi 6E対応の無線LANコンボモジュールを発表
サイレックス・テクノロジーは、最新規格Wi-Fi 6/Wi-Fi 6Eに対応する無線LANコンボモジュール「SX-PCEAX」シリーズを発表した。電波環境が厳しい工場や倉庫、医療現場などで利用する無線LAN搭載機器に適する。(2022/1/5)

SOHO向け9機種に脆弱性発見
プロ調査で脆弱性が大量に見つかってしまった“残念”な無線LANルーターとは?
セキュリティ専門家らが、一般家庭や小規模オフィスで使われる無線LANルーター9機種に脆弱性を発見した。攻撃の恐れがあるとして、ユーザー企業に注意を呼び掛けている。(2021/12/30)

製造業IoT:
ELTRES対応の衛星無線実験装置が、地上からの電波を宇宙で受信
ソニー独自のIoT向けLPWA通信規格「ELTRES」に対応した衛星無線実験装置が、地上のIoTデバイスから送出した電波を、上空400kmの軌道上を高速移動するISS(国際宇宙ステーション)で高精度に受信した。(2021/12/28)

サンワサプライ、Type-AとType-C無線接続、Bluetoothを選んで使えるワイヤレスマウス
サンワサプライは、パソコンやタブレットなど、使用する機器に合わせてBluetooth接続とUSBレシーバーによる接続を選べるワイヤレスマウス「400-MAWBT172BK」を発売した。(2021/12/27)

無線LANとセキュリティ課題を考える
専門家が解説:ハイブリッドワークで生じたオフィスネットワークの課題と解決法
ネットワークを通じた「リアルタイムコミュニケーション」が求められる今、オフィスに安定した品質の無線LAN環境を提供するとともに、従業員が安全にアクセスするための対策を講じる必要がある。これらの課題をまとめて解決する方法とは。(2022/1/12)

ネットギア、小規模事業者向けのWi-Fi 6対応アクセスポイント
ネットギアは、Wi-Fi 6接続に対応した無線LANアクセスポイント2製品を発表した。(2021/12/24)

無線LANの特性を理解する【前編】
「Wi-Fi 6」と「昔の無線LAN」の違い “速度”と“距離”はどう変わる?
無線LANの「データ伝送速度」や「到達距離」は規格にどのように関係しているのか。これら2つの観点で、「Wi-Fi 6」の検討において見落としてはいけない無線LANの特性とは。(2021/12/24)

無線IoT端末の自立電源として期待:
エレクトレット型MEMS環境振動発電素子を開発
立命館大学と千葉大学は、荷電処理を不要にした「エレクトレット型MEMS環境振動発電素子」を開発した。電子回路とのワンチップ化も可能で、無線IoT端末の自立電源として期待される。(2021/12/23)

組み込み採用事例:
独自IoT無線搭載のNFCリーダー、ユニアデックスの「NAVIトレース」が採用
ソナスの工程管理デバイスが、ユニアデックスの工程管理ソリューション「NAVIトレース」に採用された。ソナス独自のIoT無線「UNISONet」を搭載したNFCリーダー端末は、端末ごとの通信設定が不要で、ロスのない安定した通信が可能だ。(2021/12/22)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(47):
ローカル5Gより速い! キャリア5Gによる事業所内ネットワークが稼働
企業には5Gを使って高速で安定した無線ネットワークを構築したいというニーズがある。「ローカル5G」を利用してもよいが、筆者は「キャリア5G」をお勧めする。その理由を最新の事例で説明しよう。(2021/12/20)

オフィスの本流になる無線LAN【後編】
「Wi-Fi 6」に物足りない人でも満足する“あの方法”
無線LANはより高速になるための進化を継続しているが、一歩進んだユーザーが関心を示すのは無線LANの技術的な進化だけではない。無線LANの価値を変えるものとは。(2021/12/20)

Googleさん:
2代目「Pixel Stand」はPixel 6をどう使いやすくしてくれるのか
10月に「Pixel 6」シリーズと同時に発表されたものの、12月にようやく出荷が始まった無線充電スタント「Pixel Stand(第2世代)」。さっそくPixel 6 Proを充電し、ファンも回してみました。(2021/12/18)

無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの違い【後編】
「無線LANルーター」を“選んではいけない企業”の条件とは?
無線LANアクセスポイントと無線LANルーターには明確な違いがある。選ぶ基準の一つが構築するLANの規模だ。あなたの企業に適しているのはどちらか。(2021/12/17)

j5create、4K映像をワイヤレス転送できるHDMIレシーバー
j5createは、ノートPCやスマートフォンなどの映像を無線でミラーリング出力できる「ScreenCast 4K ワイヤレスHDMIドングルレシーバー JVAW76」を発売する。(2021/12/16)

オフィスの本流になる無線LAN【中編】
「Wi-Fi 6」の“強化版” 人気をさらった「Wi-Fi 6E」とは何者なのか?
無線LANの通信速度を高速化することを目的に「Wi-Fi 6」の導入が急速に進みつつある。背景には、無線LANの機能向上だけではない、ある理由があった。(2021/12/13)

無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの違い【中編】
いまさら聞けない「無線LANルーター」の基礎 “1台4役”の中身とは?
無線LANルーターは、1台で4つの機能を提供する。その機能を紹介しながら、無線LANアクセスポイントとの違いを浮き彫りにする。(2021/12/10)

電気自動車:
EVの無線給電に再び注目集まる、ステランティスが走行中に充電できるテストコース
ステランティスは2021年12月2日、走行中のEV(電気自動車)への無線給電が可能なテストコース「Arena del Futuro(Arena of the Future)」が完成したと発表した。(2021/12/7)

無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの違い【前編】
いまさら聞けない「無線LANアクセスポイント」の基礎 一言で説明すると?
無線LANアクセスポイントと無線LANルーターは役割が似ていることから混同しやすい。両者はどう違うのか。まずは無線LANアクセスポイントについておさらいしよう。(2021/12/4)

製造業IoT:
IEEE 802.11ahがWi-Fi CERTIFIEDに、「Wi-Fi HaLow」として本格始動
Wi-Fi Allianceは、LPWAネットワーク向けの無線LAN規格「IEEE 802.11ah」の技術を搭載した製品の認証プログラムである「Wi-Fi CERTIFIED HaLow(Wi-Fi HaLow)」を発表した。(2021/12/3)

TP-Link、パン/チルトにも対応した無線ネットワークカメラ「Tapo C210」
ティーピーリンクジャパンは、無線LAN接続対応ネットワークカメラ「Tapo C210」の国内販売を開始する。(2021/12/2)

自営無線通信をクラウドサービス化:
AWSの発表したプライベート無線サービス「AWS Private 5G」とは?
AWS Private 5Gは「自営モバイル通信のクラウドサービス化」とも表現できる。無線免許は要らず、初期投資なしでプライベート無線通信を迅速に展開できるという。どんなサービスなのか。(2021/12/2)

Brooklyn 6G Summit:
6Gは2030年をメドに実用化、コロナで仕様策定に遅れも
世界トップレベルの無線通信研究者が集まる「Brooklyn 6G Summit」が、2021年10月18〜19日に開催された。これにより6G(第6世代移動通信)市場は、大きな後押しを受けることになるだろう。この大規模サミットの開催によって、基本的な6Gインフラの準備がまだ整っていない状態でありながらも、新技術のハイプサイクルがかつてない早い段階で始動することになる。【修正あり】(2021/12/1)

製造業IoT:
無線データロガーを活用した、遠隔モニタリングシステムのサービスを開始
アドバンテストは、インターネット回線を利用した遠隔モニタリングシステム「AirLogger Cloud Standard」のサービスを開始した。無線データロガー「AirLogger」と組み合わせて、遠隔操作やデータの監視ができる。(2021/12/1)

コストをかけずに攻撃
「無線LANルーターの7割は侵入可能」 研究者が明らかにした“驚きの手口”
セキュリティ研究者が、50ドル相当のハードウェアと攻撃プログラムさえあれば、小規模事業所や家庭の無線LANに侵入できるという実態を解き明かした。攻撃の詳細と対策は。(2021/11/29)

電気自動車:
走行中のEVを再エネで充電、関電・大林組・ダイヘンらが無線給電システムを開発へ
関西電力、ダイヘン、大林組の3社、電気自動車(EV)の走行中給電システムなど開発に取り組むと発表。非接触で給電可能なEVの走行中給電システムと、充電を管理できる新たなエネルギーマネジメントシステムの技術開発に取り組む。(2021/11/26)

TP-Link、実売約1万円台のIPv6 IPoE対応Wi-Fi 6無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 6接続に対応したスタンダード設計の無線LANルーター「Archer AX55」を発表した。(2021/11/25)

60GHzまであらゆる周波数をカバー:
Sivers Semiconductors、5Gミリ波新興MixCommを買収
スウェーデンの半導体メーカーSivers Semiconductorsは最近、新興企業のMixCommを買収した。それにより、ポートフォリオを拡大して5G(第5世代移動通信)ミリ波デバイスを実現できるようになった他、無線周波数/ビームフォーミング回路や SiGe(シリコンゲルマニウム)、RF-SOIといった技術を獲得することができた。(2021/11/25)

Innovative Tech:
糖尿病患者向けの体内に埋め込むロボット 体外から無線で操作し、自動で薬を注入
イタリアのサンターナ大学院大学などの研究チームは、糖尿病患者向けに、体内に埋め込んだロボットが薬を注入するシステムを開発。無線操作でロボット内の輸液ポンプからインスリンを注入や、充電を行う。(2021/11/22)

Google、充電スタンド「Pixel Stand(2nd gen)」の予約開始
Googleが「Pixel 6」シリーズと同時に発表した充電スタンド「Pixel Stand(2nd gen)」の予約がようやく開始された。発送は12月14日〜となっている。価格は9570円で、Pixel 6 Proは23Wで無線充電できる。(2021/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.