• 関連の記事

「競争力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「競争力」に関する情報が集まったページです。

製造業DXプロセス別解説(11):
今こそモノづくりにおいて「MOTTAINAI」精神を呼び覚まそう
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第11回は、製造業の次なるビジネスの競争力の創出と新たな収益源となり得る「廃棄/売却・二次利用」について解説する。(2024/6/10)

製造マネジメントニュース:
原価改善は「一緒に生産性や競争力を上げていくため」、適正取引を徹底
日本自動車工業会は適正取引に関する自工会方針と今後の取り組みを発表した。(2024/5/24)

工場ニュース:
車載用リチウムイオン電池の生産競争力強化へ、パナが生産プロセス開発棟を新設
パナソニックエナジーは、住之江工場の敷地内に、車載用リチウムイオン電池の生産競争力強化を目的とした「住之江生産プロセス開発棟」を設立した。生産プロセスやDX、GXの開発拠点となる。(2024/5/7)

年商500億円以上の企業の役職者を対象に調査:
回答者の約7割が「自社は既存の事業を着実に推進し、新しい技術の採用には慎重」と認識 デロイト トーマツ
デロイト トーマツは、「日本経済および日本企業の競争力に関する調査」の結果を発表した。それによると、回答者の約47%が「自社は競争力を持っている」と認識していることが分かった。(2024/4/26)

東京「だけ」は勝つために:
山手線沿線の再開発が進む 「新宿、渋谷、品川」駅の工事はいつ終わるのか
鉄道会社も協力し、「東京」の世界的競争力を高めるべく、大規模な再開発が進んでいる。気になるエリアを実際に歩いてみた。(2024/4/25)

ハノーバーメッセ2024:
ハノーバーメッセが開幕、AIや水素など「競争力ある持続可能な産業」の最新技術
世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ 2024」が開幕する。会期は2024年4月22〜26日までの5日間。AIや水素および、インテリジェントかつカーボンニュートラルな生産、エネルギーソリューションを中心とした最新技術が一堂に会する。(2024/4/22)

市場競争力が“失われる”IT投資の特徴は? ガートナーが「2027年までに見直すべきこと」を提言
ガートナーによると、日本企業が進めるDXの多くは、ビジネス価値を高めるものではない。また、「ある特徴」のあるIT投資は死に金になるだけでなく、企業の競争力を失わせるという。「生きた投資」にするために何を見直すべきか。(2024/4/12)

人間と機械の相互作用が複数のトレンドをけん引:
2024年のサプライチェーンテクノロジートレンドトップ8 Gartnerが予測
Gartnerは、2024年のサプライチェーンテクノロジートレンドのトップ8を発表した。2024年のトレンドの大きなテーマは、新興テクノロジーを活用したビジネスコントロールの必要性と、人間と機械の相互作用を通じた競争力の向上だ。(2024/4/11)

製品動向:
建設プロジェクト用のデータ基盤提供、リーガルテック
リーガルテックは建設業のDX支援を目的に、仮想空間で2DCAD図面含む機密文書を一元管理するVDRの活用を開始する。セキュリティや効率性、透明性を向上させ、競争力のある持続可能な建設ビジネスの構築につなげる。(2024/4/8)

スマートビル:
スマートビル事業強化へ、入退室管理システム事業を再編 日立製作所
日立製作所は、スマートビル事業の拡大に向けて、入退室管理システム事業をビルシステムビジネスユニットに集約する。入退室管理システム事業の再編により、関連製品やサービス競争力の強化を図る。(2024/3/26)

ホンダと日産の提携、狙いは「量の競争力」 収益性の課題解消へ効果は未知数
両社が協業に踏み込んだのは、収益体質の大幅な改善という共通課題を抱えているためだ。規模を拡大することでコストを抑制し、攻勢を強める新興メーカーに対抗する。(2024/3/18)

Webサービス展開に必要な次世代ID管理基盤
Webサービス構築の落とし穴 ID管理をどうやって実現すればよいのか
顧客向けに複数のWebサービスを構築して事業の競争力を上げる際、手間がかかるのはID管理基盤の構築だ。ユーザーにとっての使いやすさはもちろん、セキュリティを確保しなければならない。この基盤を素早く構築する方法はないだろうか。(2024/3/13)

ハノーバーメッセ 2024:
「AIは競争力ある持続可能な産業の鍵」ハノーバーメッセ 2024の主催者が語る
ドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE) 2024」(2024年4月22〜26日)の開催を前に、主催のドイツメッセが2024年2月下旬、現地で記者説明会を開催した。ドイツメッセCEOのヨッヘン・コックラー氏は、同見本市の開催概要や見どころを語るなかで、生成AIをはじめとしたAI技術の急速な発展が産業界にもたらす可能性を強調していた。(2024/3/8)

クラウドERP導入の壁とそれを乗り越える方策(4):
PR:データドリブン経営を支えるデータ活用基盤
グローバルにビジネス展開をする製造業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は高まる一方であり、企業が競争力を発揮するためにはDXへの取り組みが不可欠です。本連載では基幹系DX基盤のあるべき姿と、その実現に向けてポイントとなるソリューションを提案します。第4回ではクラウドERPの導入効果を最大化し、データドリブン経営を実現するデータ活用基盤について解説します。(2024/3/1)

クラウドERP導入の壁とそれを乗り越える方策(3):
PR:SAP BTPによるDX推進
グローバルにビジネスを展開する製造業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は高まる一方であり、企業が競争力を発揮するためにはDXへの取り組みが不可欠です。本連載では基幹系DX基盤のあるべき姿と、その実現に向けてポイントとなるソリューションを提案します。第3回ではさまざまなSaaSソリューションを活用し、企業に最適化されたITエコシステムを実現する仕組みについて解説します。(2024/3/1)

クラウドERP導入の壁とそれを乗り越える方策(2):
PR:DXの価値を最大化するクラウド拡張基盤
グローバルにビジネスを展開する製造業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は高まる一方であり、企業が競争力を発揮するためにはDXへの取り組みが不可欠です。本連載では基幹系DX基盤のあるべき姿と、その実現に向けてポイントとなるソリューションを提案します。第2回では企業の強みを生かした仕組みづくりを実現するSAP BTP(SAP Business Technology Platform)について解説します。(2024/3/1)

クラウドERP導入の壁とそれを乗り越える方策(1):
PR:基幹系DX基盤としてのクラウドERP
グローバルにビジネスを展開する製造業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は高まる一方であり、企業が競争力を発揮するためにはDXへの取り組みが不可欠です。本連載では基幹系DX基盤のあるべき姿と、その実現に向けてポイントとなるソリューションを提案します。第1回は、製造業においてDXが必要とされる理由から、企業のDXを実現するIT基盤のあるべき姿を考えます。(2024/3/1)

次世代ネットワークの要素技術をつくる7選技術【前編】
「SASE」や「Wi-Fi 6E」だけじゃない 次世代ネットワークをアナリストが解説
SASEをはじめとしたネットワーク関係の技術を取り入れることで、ビジネスの競争力に直結するネットワークを構築できる。次世代ネットワークの要素技術とは。(2024/2/19)

生成AIの業界団体「Generative AI Japan」発足 ベネッセが発起 マイクロソフト、AWS、Google、オラクルなどの幹部が理事に
生成AIの活用を進める業界団体「Generative AI Japan」が1月17日に発足した。日本の産業界から国への提言などを通し、日本全体の産業競争力を高めていくとしている。(2024/1/17)

Google、企業と開発者向け「Gemini Pro」提供開始
Googleは、新しい生成AIモデル「Gemini」のミドルサイズ「Gemini Pro」を企業と開発者向けに提供開始した。「Vertex AI」と「Google AI Studio」で利用できる。まずは無料で提供し、将来的には“競争力のある価格”にする計画。(2023/12/14)

石川温のスマホ業界新聞:
自民党のプロジェクトチームが「NTT法は廃止」と提言まとめる――IOWNは本当にGAFAに対抗できるものなのか
自由民主党内に設置された「日本電信電話株式会社等に関する法律の在り方に関するプロジェクトチーム」が、NTT(日本電信電話)を2025年をめどに完全民営化すべきという提言をまとめた。当初の「防衛財源の確保」から「国際競争力の強化」に目的が入れ替わってしまっているが、果たして「NTTをGAFAに対抗する」存在に位置付けることは正しいのだろうか。(2023/12/10)

国際競争力強化と安定供給に向け:
ロームと東芝がパワー半導体製造で連携、政府が最大1294億円を支援
ロームと東芝デバイス&ストレージが、パワー半導体の製造で連携する。ニーズが高まるパワー半導体分野において製造面での連携を加速し、国際的な競争力強化を図る。(2023/12/8)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
分業体制の罠 「スペシャリストという名の作業マシン」を量産する組織に未来はない
業務が高度化すると、生産性向上を狙って「分業」がよく行われます。しかし、それが従業員の「やりがい」や「働きがい」を減らし、最終的に離職率や競争力を悪化させている課題があります。この問題はどう解消すべきでしょうか?(2023/12/6)

鉄鋼や化学など「CO2多排出産業」のカーボンニュートラルに向けた投資戦略とは?
政府はカーボンニュートラルと経済・産業競争力の強化を両立するGX戦略として、産業分野別のシナリオや投資戦略の策定を進めている。本稿では鉄鋼や化学などのいわゆる「CO2多排出産業」について、現在検討されているGX投資戦略の概要を紹介する。(2023/11/17)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
氾濫する「販促どまり」マーケティング ”売れ続ける”をつくる競争力の磨き方
マーケティングの目的は消費者に買ってもらうことです。にもかかわらず、短期的な成果を追いすぎて中長期的な競争力がそがれてしまっている事象が頻発しています。マーケティングROIを高い状態に保ち、植え続ける状態をつくるためにはどうすべきでしょうか?(2023/11/8)

政府はデータセンター拡充などを支援:
高市早苗氏、「AI導入遅れで日本が競争力失わないことが重要」
内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)の高市早苗氏が「CEATEC 2023」で基調講演を行った。産業界でのAI(人工知能)導入の重要性を語り、政府の取り組みを紹介した。(2023/10/19)

SNS分析:
PR:もはや欠かせないSNSの製品口コミ分析 リスク管理にも役立つ直感操作の分析サービス
自社の製品競争力を高めるためには、市場調査やVOC(顧客の声)の収集、分析が欠かせない。SNSでの発信の重要性が高まる昨今、データ分析のスペシャリストでなくてもタイムリーにトレンドとニーズを把握し、分析をしたいだろう。こうした声に応えるのが「SNSソーシャルリスニングサービス」だ。(2023/10/19)

「クラウドERP移行か死か」というベンダーの言い分を信じても良いのか
多くの企業が企業競争力強化などを目的にERP刷新を急ぐが、ベンダーが「恐怖戦術を使ってクラウドERP移行を無理やり促しているだけだ」という指摘がある。われわれはどちらを信じれば良いのだろうか。(2023/10/18)

「オンプレに投資は行わない」 SAPにおける生成AI、クラウド、日本の競争力強化への取り組み
SAPジャパンは「SAP NOW Japan」を開催した。同社の生成AIやクラウドにかける期待に加え、国際競争力が低下している日本が取るべき打開策が分かる。(2023/10/4)

経産省の和泉氏が語る「競争力強化に向けたエンタープライズIT」
デジタル化を標ぼうする企業は多いが、ビジネスで成果を出すという本来の目的に資するものになっているのだろうか。そうでないのであれば、企業は競争力強化に向けてどのようなデジタルアーキテクチャを構築すべきなのか。(2023/9/29)

Weekly Memo:
IBMのAI戦略から探る 「単なるAIユーザーにとどまらない、あるべき企業像」とは
今、生成AIをどう活用していくかが、ビジネスの競争力強化を図る大きな課題になりつつある。企業はどうすべきか。AIユーザーにとどまらずに目指すべき「あるべき姿」とは。IBMのAIビジネス戦略から探る。(2023/9/25)

製造IT導入事例:
水道機材メーカーがクラウドERP「RISE with SAP」を採用、データ活用基盤を構築
SAPジャパンのクラウドサービス「RISE with SAP」をフソウが導入した。今回のシステム移行により、フソウはデータ活用基盤を構築して戦略的経営を進めつつ、営業競争力を強化し、企業価値を向上する。(2023/9/8)

株式会社イージフ提供Webキャスト:
取引先との関係を強化、デジタル体験に優れたポータルを構築する3つのポイント
DX時代に競争力を高めていくためには、顧客や社員だけでなく、取引先ともエンゲージメントを強化する必要がある。その具体策となるのがデジタル体験に優れたポータルの構築だが、どのようなポイントを押さえて取り組むべきか。(2023/9/1)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第1回】
「VMwareが買収のせいで競争力を失う」のは本当なのか?
BroadcomによるVMware買収は、「VMwareが事業を縮小するのではないか」という懸念をユーザー企業にもたらした。この見方は正しいのか。Broadcomが考える、買収後の事業方針は。(2023/8/28)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
世界競争力ランキング2023年版 日本は過去最低に
 IMD(国際経営開発研究所)が、2023年世界競争力ランキングを発表しました。「国際的な競争力」があるのはどこなのか、そして日本は何位でしょうか。(2023/6/30)

インフラ情シス座談会:
PR:ジヤトコ、タカラスタンダード、ベネッセが明かす、クラウド移行で“攻めのIT”に転換する秘訣とは
ビジネスの成長に必要不可欠となったクラウド。だが、まだまだ抵抗感があったり、十分に活用し切れていなかったりする企業も多いようだ。クラウドで競争力を強化し、新たな価値を創造していくにはどうすればよいのか。先行してクラウド移行を進めている企業のITインフラ担当者、情報システム部門に話を聞いた。(2023/6/26)

工場ニュース:
日本精工が中国の統括本社と研究開発拠点を増築、開発力強化で競争力向上を図る
日本精工は、中国昆山市にある統括本社と研究開発拠点増築の起工式を実施した。本社機能と研究の開発力、環境を大幅に強化することで、競争力の向上を図る。(2023/6/12)

組織のマインドを変え、「市民開発者」を活躍させることが可能に:
「カスタムアプリは企業の優位性を築く“核”になる」 “FileMaker”のCEOが語るローコード/ノーコード開発ツールの活用法
DXの重要性が指摘される中、企業が競争力を得るためには、自社に最適なアプリケーションを自ら開発することが重要だ。ローコード開発ツールとして広く利用されている「FileMaker」を提供するClaris。そのCEOにカスタムアプリケーション開発への取り組み方について話を聞いた。(2023/6/8)

日本市場では模倣による激しい競争が企業を鍛え、国際競争力を高める源泉となった
マイケル・ポーターは、著書で「日本企業は模倣しあっているだけで、共倒れの戦いから逃れるには戦略を学ばなければならない」と書いている。模倣やコピーキャット、横並びは本当にネガティブな行動でしかないのか。(2023/4/19)

ものづくり経営学の基本は「良い流れ」の現場力と「良い設計」の構想力である
日本において国際競争力の高い製造企業は、概して「多能工のチームワーク」に基づく統合型組織能力が高い。例えばトヨタ生産方式は約200の組織ルーティンにより顧客へ向かう「良い設計の良い流れ」を維持し向上させている。その基本形は、デジタル化時代においても変わることはない。この観点から、21世紀のものづくり経営学を論じる。(2023/4/19)

NetflixやDisney+と競合する「HBO Max」、「Discovery+」と統合して「Max」に
Warner Bros. Discoveryは定額動画配信サービス「HBO Max」と「Discoversy+」を統合すると発表した。統合した新サービスの名称は「Max」になる。NetflixやDisney+との競争力を強化する。(2023/4/13)

企業のデジタルレジリエンシー向上の鍵は? IDCが提言
IDCの調査によると、国内のセキュリティ市場は2023年以降も年平均成長率7.1%で続伸の見通しだ。IDCは企業が競争力を維持するために重要なデジタルレジエンシ―を向上させるための鍵について提言した。(2023/4/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
成功の鍵はAIベンダー連携にあり、事例から“AI活用を加速”するヒントをつかむ
現在のビジネスで競争力を維持するためには、DXの推進が不可欠といえる。そこで重要となるのが、AI技術の効果的な活用だ。成功の鍵として、AIベンダーやスタートアップとの連携を取り上げたセミナーの内容をレポートする。(2023/4/12)

インダストリー5.0と製造業プラットフォーム戦略(4):
水平分業での日本の製造業の戦い方と製造業プラットフォーム戦略の考え方
インダストリー4.0に象徴されるデジタル技術を基盤としたデータによる変革は、製造業に大きな変化をもたらしつつある。本連載では、これらを土台とした「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と取りうる戦略について解説する。第4回は、デジタル化による水平分業で日本の製造業が生かせる強みと、新たな競争力を担保する「製造業プラットフォーム戦略」について紹介する。(2023/4/3)

キヤノンシステムアンドサポート、中小企業の競争力強化を支援する「まかせてIT DXシリーズ」を拡充
キヤノンシステムアンドサポートは、中小企業向けにIT投資計画と営業力強化を支援する“経営支援サービス”と、ITリテラシー向上のための人材教育を支援する“教育支援サービス”を、2023年4月より提供開始する。(2023/3/31)

高成長市場の競争力を強化:
ルネサス、NFC技術のPanthronicsを買収へ
ルネサス エレクトロニクスは、2023年3月、NFCチップセットやソフトウェアなどを手掛けるオーストリアのPanthronicsを買収すると発表した。モバイル決済端末、IoT、ワイヤレス給電などで高成長を続けるNFC関連市場での競争力を高める狙いだ。(2023/3/22)

25年度末に開業:
JR東、大井町駅周辺を開発 賃貸、ホテル、住宅が一つに
JR東日本は、東京南エリアのまちづくりの一環として4月から大井町駅周辺を開発する。東京の国際競争力向上と、国内外からの多様な人々の交流・流動の創出を図り、JR東日本グループの収益基盤を強化する狙い。(2023/3/16)

デフィデ株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:「人と組織」がなぜ重要? 中小企業が競争力を高めるために持つべき8つの視点
生活様式の変化、経済不安などによりビジネスを取り巻く環境が厳しさを増す中、資金や人員に余裕がない中小企業は、どのように競争力を高めていけばよいのか。「人と組織」に関する8つの観点から、具体的な戦略を紹介する。(2023/3/15)

法制度・規制:
リチウムイオン電池の設置規制を緩和、消防法で定める安全対策も見直しに
再エネの大量導入やEVの普及などにより、今後さらなる導入拡大が広がると見られているリチウムイオン電池。現状国内ではその設置・保管について厳格な規制が設けられているが、政府では蓄電池産業の国際競争力の強化などを目的に規制緩和を行う方針だ。(2023/2/27)

中堅・中小企業こそ知っておきたい
「小さく始めるクラウド活用」で得られる大きな効果
インフラ運用の負担軽減やBCPの強化だけではなく、競争力の強化や新規事業の創出の観点からも活用が進んでいるクラウドサービス。大規模なシステム導入が難しい中堅・中小企業が、その導入によって大きな効果を得るためのポイントとは。(2023/2/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.