• 関連の記事

「DDR4」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DDR4」に関する情報が集まったページです。

古田雄介の「アキバPickUp!」:
ASUS NUCの新モデルが登場! 超小型ベアボーンが盛り上がる
Intelから引き継いだ超小型PC/ベアボーン「NUC」ブランドの一般モデルをASUSがついに投入した。上位モデルを中心に好調に売れているという。(2024/6/3)

古田雄介の週末アキバ速報:
AMDからGPUなしCPU「Ryzen 7 8700F」&「Ryzen 5 8400F」が登場
AMDから、GPU機能非搭載のCPUが2モデル加わった。「Ryzen 7 8700F」は5万円切り、「Ryzen 5 8400F」は3.3万円以下で買える。(2024/6/1)

AmazonスマイルSALE:
ゲーマーなら注目! ネクストレージのゲーミングSSDが最大18%オフで手に入る!
Amazon.co.jpが開催している「Amazon スマイルSALE」。メモリやストレージ製品を展開しているネクストレージは、ゲームに適した内蔵SSDを多数出品している。値引き率は最大18%だ。最新モデルも出品されているので、ぜひのぞいてみよう。(2024/5/31)

MINISFORUM、第12世代Core i9を搭載したミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUMブランド製となるCore i9搭載ミニデスクトップPC「MINISFORUM UN1290W」の取り扱いを開始する。(2024/5/22)

ASRock、ミニPCベアボーン「DeskMini B760/X600」にホワイトモデルを追加
アスクは、ASRock製小型PCベアボーンキット「DeskMini B760」「DeskMini X600」の取り扱いラインアップにホワイトモデルを追加した。(2024/5/17)

PR:14コアCPU×大容量メモリが生産性の向上に直結! 「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は仕事も学習もはかどるパフォーマンス志向のビジネスノートPCだ
ビデオ会議が定着する中で、仕事や学習用途を問わずPCのパフォーマンスは高い方がいい。MSIの「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は、広い画面と高性能なシステムを持ち運びやすいボディーにまとめた注目の1台だ。(2024/5/17)

個人向け15.6型「dynabook」スタンダードノートに新モデル 第13世代Coreプロセッサ搭載の7機種を順次発売
Dynabookが、個人向け15.6型スタンダード/オールインワンノートPCの新モデルを5月17日から順次発売する。いずれも第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)を搭載し、計7機種から選べる。(2024/5/14)

マウス、モバイルRyzenを搭載した小型デスクトップPC「mouse CA」シリーズを発売
マウスコンピューターは、モバイルRyzenプロセッサを標準搭載した省スペース設計のデスクトップPC「mouse CA」シリーズを発表した。(2024/5/8)

湯之上隆のナノフォーカス(72):
NVIDIAのGPU不足は今後も続く ボトルネックはHBMとTSMCの中工程か
NVIDIAのGPUが足りていない。需要そのものが大きいこともあるが、とにかく供給が追い付いていない。本稿では、その要因について詳細を分析する。(2024/5/7)

AIに聞く:
AIに予算20万円以下でピラーレスケースのビジネスPCを組んでもらって分かったこと
GWの連休中に、新しいPCを一式組んでみようという人も多いのではないだろうか。そこで、自作PCで人気のピラーレスケースを採用したビジネスPCを複数のAIアシスタントに聞いてみた。(2024/5/4)

MINISFORUMからCore i5搭載の「NAB6 Lite」が発売
MINISFORUMは、新型の小型PC「NAB6 Lite」を発売する。同社の通販サイトでの価格は4万6390円(税込み)。(2024/4/30)

古田雄介の「アキバPickUp!」:
ASUSの裏配線「BTF」対応マザー&ケース&グラフィックスカードが登場!
大型連休に向けて、ASUS JAPANが自社の裏配線デザイン「BTF」に対応するモデルを一斉に投入した。MSIも、裏配線対応ケースを売り出して売り場を盛り上げている。(2024/4/30)

ASUS、13世代Core i5/17を搭載したスリムデスクトップPC
ASUS JAPANは、スリムデザイン筐体を採用したCore i5/17搭載デスクトップPC「ASUS S500SE」シリーズ4製品を発表した。(2024/4/26)

MSI、第12世代Core i3/i5を採用したミニデスクトップPC「Cubi 5」
エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代Coreプロセッサを標準搭載したビジネス向けミニデスクトップPC「Cubi 5」シリーズ3製品を発表した。(2024/4/19)

もう全部、裏配線でいいんじゃない? 「ASUS BTF DESIGN」が示す自作PCの新しい形
ASUS JAPANが、デスクトップPC内の主要なケーブルをマザーボードの裏側に隠せる「Advanced BTF」(Back-To-the-Future)の国内発表を行った。その模様をお届けする。(2024/4/19)

Intel N100搭載の小型PC「AOOSTAR R1 N100」でNASをDIYしてみた 3.5インチHDDが2台搭載できる
Intel N100を搭載したAOOSTAR R1 N100はオールインワン小型PCとうたっている。しかし、「NASのために生まれたようなPC」だと個人的には感じた。今回はこのAOOSTAR R1 N100を使ってNASをDIYしてみた。(2024/4/1)

Synology「BeeStation」は、“NASに興味があるけど未導入”な人に勧めたい 買い切り型で自分だけの4TBクラウドストレージを簡単に構築できる
Synologyの新製品「BeeStation」は、サブスクリプション契約が不要な買い切り型のクラウドストレージを実現できるという。本当にパーソナルクラウドストレージを簡単に構築できるのか、また利便性はどれほどかをチェックしてみた。(2024/3/27)

デル、「新生活応援セール」と「年度末決算セール」を同時開催――最大31%オフのモニターも
デル・テクノロジーズが個人向け「新生活応援セール」と法人向け「年度末決算セール」をスタートした。セール対象製品はノートPC、デスクトップPC、ゲーミングPC、ディスプレイなど多岐に渡る。最大割引率は31%だ。(2024/3/22)

エルザ、デスクトップWS「ELSA VELUGA」にCore i9-13900F搭載の新モデル
エルザ ジャパンは、第13世代Core i9を搭載したミドルタワー型デスクトップWS「ELSA VELUGA G5-ND 7100E V2」を発表した。(2024/3/18)

メカ設計ニュース:
フラグシップPCで第14世代「インテル Core プロセッサー」が選択可能に
エプソンダイレクトはフラグシップPCの「Endeavor Pro9200」「Endeavor DA9200」のカスタマイズメニューに、第14世代の「インテル Core プロセッサー」を追加した。(2024/3/8)

片手で持てるデスクトップPC「AYANEO Retro Mini PC AM01」で仕事ははかどる? 試して分かったこと
5万円台半ばで買えるミニデスクトップPC「AYANEO Retro Mini PC AM01」は、初代Macintoshの「Macintosh 128K」をオマージュした見た目が魅力の1つだ。その一方で、性能面はどうなのか、実機で試してみた。(2024/3/6)

GEEKOMのミニPC「NUC MINI IT13」でゲームやクリエイター向けアプリは快適に使えるのか? 試してみた結果
GEEKOMの「GEEKOM NUC MINI IT13」は、いわゆるミニPCでありながら、パワフルなCPUを搭載している。ゲームやクリエイター向けアプリも快適に動かせるのか、検証してみよう。(2024/3/5)

ギャザテック、10.5型液晶×2面を搭載したデュアル画面ノートPC「DEEKU」 クラウドファンディングで提供開始
ギャザテックは、タッチディスプレイを2基搭載した10.5型ノートPC「DEEKU」の取り扱いを発表した。(2024/2/27)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
ついにここまで来た! 3面鏡面ピラーレスのPCケースがデビュー
ピラーレスケースの人気が続く中で、Lian Li Industrialから前左上面に鏡面ガラスパネルを採用した「O11 Vision Chrome」が登場して注目を集めている。(2024/2/26)

“40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした
Appleの初代Macintosh誕生から40年が経過した2024年。AYANEO初のデスクトップPC「AYANEO Retro Mini PC AM01」は、「Macintosh Classic」をオマージュしたかのようなボディーが印象的だ。(2024/2/21)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
いつもお世話になっている「メモリ」の基礎を理解しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第17回は「メモリ」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/2/21)

サードウェーブ、Core i3を搭載したエントリー15.6型ノートPC 税込み7万9979円
サードウェーブは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを備えたエントリーノートPC「THIRDWAVE DX-R3」を発売した。(2024/2/16)

MSI、第14世代Core i5/i7を搭載するミニタワー型ビジネスPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、ミニタワー型筐体を採用するビジネスデスクトップPC「PRO DP」シリーズの新モデルを発表した。(2024/2/15)

マウス、Intel N100を採用したスタンダード14型ノートPCを発売
マウスコンピューターは、CPUとしてIntel N100を搭載するスタンダード設計の14型ノートPC「mouse B4-I1U01PG-B」を発表した。(2024/2/15)

「GEEKOM NUC MINI IT13」は往年のIntel NUCにCore i9-13900Hを詰め込んだロマンの塊か? 試して分かったこと
サイズがコンパクトながら、パワフルなPCが数多く手に入るようになってきた。今回は手のひらサイズのボディーにCore i9-13900Hを搭載した「GEEKOM NUC MINI IT13」を見ていこう。(2024/2/13)

Amazon特選タイムセール祭り:
PS5のストレージを手軽に増やせるネクストレージの“つよつよ”内蔵SSDが最大20%オフ
2024年Amazon特選タイムセール祭りが2月1日に始まった。メモリやストレージを展開しているネクストレージは、ユニークなファンレスヒートシンクを搭載したものやPlayStation 5に対応した内蔵SSDをセール出品している。最大値引き額は1万1960円だ。(2024/2/1)

MSI、13世代Coreプロセッサを採用した14型/15.6型ビジネスノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i7/i9プロセッサを搭載した14型/15.6型ビジネスノートPC「Modern 14 H D13M」「Modern 15 H C13M」の新モデルを発表した。(2024/1/30)

PR:日本HPから最大96コア、192スレッドのAMD Ryzen Threadripper PRO 7000WX搭載「HP Z6 G5 A Workstation」が登場 クリエイティビティを解き放て!
(2024/1/26)

省スペースかつ静音省電力が魅力 手のひらサイズのNUCベアボーン「NUC BOX-1360P/D5」を試す
今回はCore i7-1360Pを搭載し、DDR5メモリに対応する「NUC BOX-1360P/D5」を検証する。(2024/1/25)

ASUSが「ROG」「TUF Gaming」ブランドの新型ノートPCを一挙投入 18型/16型の大画面モデルや14世代Core i9 HX+RTX 4090 Laptop搭載モデルも用意
ASUS JAPANは、ゲーミングブランド“ROG”からハイエンドゲーミングノート「ROG Strix SCAR 18 G834」などの発表を行った。(2024/1/24)

「ソフトバンクのレノボ製Chromebook(旧モデル)」を9800円で買ってみた メリットとデメリットを探る
ソフトバンクショップに料金相談に出向いたところ、「Chromebook、いかがですか?」と勧められた。その誘いに乗って、レノボ・ジャパン製Chromebook(旧モデル)を税込み9800円で購入してみたので、そのメリットとデメリットを探る。(2024/1/15)

USB PD給電で動かせる、Core i7-12650H搭載の超小型PC「Minisforum UN1265」を試す
USB PD給電にも対応しているという大きな特徴を持つCore i7-12650H搭載の超小型PC「Minisforum UN1265」の実力を各種ベンチマークテストで確かめてみた。(2024/1/11)

Intelがデスクトップ/ハイエンドモバイル向け「Coreプロセッサ(第14世代)」発表 モバイル向けには「Core U(シリーズ1)」を投入
Intelが新型CPUを一気に発表した。今回発表されたものは、いずれも第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)のリフレッシュ製品で、Core Ultraプロセッサではリーチできないニーズに応える。【訂正】(2024/1/9)

「第5世代Xeonスケーラブルプロセッサ」はどう変わったのか? その秘密を技術解説する
当初予告されていた通り、Intelが12月14日に「第5世代Xeon スケーラブルプロセッサ」(開発コード名:Emerald Rapids)を発表した。第4世代と同じCPUソケットを採用していることから「マイナーチェンジ」とも見られがちだが、実は変更/改良点が多岐に渡っている。2023年11月末に米国で行われた説明会の内容をもとに、その変化をチェックしていこう。(2023/12/29)

2023年のアキバまとめ【後編】:
立体での「映え」を意識する潮流が生まれた2023年
1年を通して振り返ると、とりわけショップ内の様相が大きく変わったのはPCケース売り場かもしれない。10万円超のマザーボードが増え、96コアのCPUも登場した。年の瀬に2023年のアキバ自作街を振り返ろう。(2023/12/27)

マウス、第12世代Core i7+RTX 2050を搭載した17.3型ノートPC
マウスコンピューターは、第12世代Core i7とGeForce RTXを採用した17.3型ノートPC「mouse K7-I7G50BK-A」を発表した。(2023/12/21)

アスク、自作PCパーツ4点をセットにした「ASKドリームパック」を数量限定で発売
アスクは、PCパーツ計4点をセットにした「ASKドリームパック」を発表した。(2023/12/20)

アスク、NVIDIA RTX 4000 SFF Ada世代を標準搭載した小型ベアボーン筐体採用のデスクトップWS
アスクは、ASRock製ベアボーン筐体をベースにNVIDIA RTX 4000 SFF Ada世代を標準搭載した小型デスクトップワークステーションの取り扱いを開始した。(2023/12/7)

AIに聞く:
AIに予算30万円以下でゲーミングPCを組んでもらって分かったこと
ボーナスシーズンに入り、PCの新調や追加購入などを考えている人も多いだろう。一方で、Microsoft Copilotが一般提供されるなど、徐々にAIが身近な存在になりつつある。そこで、複数のAIに予算30万円以下でパーツの選定をしてもらった。(2023/12/7)

サードウェーブ、Core i7+GeForce RTXを搭載したクリエイター向け15.6型ノート 税込み12万9980円〜
サードウェーブは、スタンダード設計のクリエイター向け15.6型ノートPC「raytrek R5-AA5S」を発表した。(2023/12/1)

ASUS、Intel N100搭載ミニデスクトップ「ExpertCenter PN42」にベアボーンキットモデルを追加
ASUS JAPANは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したベアボーンPCキットを発表した。(2023/11/22)

FAニュース:
エッジコンピューティング向けスリム型産業用コンピュータ、処理能力2倍以上向上
東芝インフラシステムズは、スリム型産業用コンピュータの新製品「FA2100TX model 700」を発売した。処理能力が2倍以上向上し、エッジコンピューティング用途向けにストレージやメモリを大容量化している。(2023/11/22)

NECPCが「LAVIE」の2023年冬モデルを発表 第13世代CPUになった「NEXTREME Carbon」など、モバイルモデルを刷新
NECパーソナルコンピュータが、個人向けノートPCの新モデルを発表した。今回は13〜14型のモバイルモデルが主役で、最新CPUの採用やアプリの改良が施されている。(2023/11/21)

ソフトウェアも多数展示:
第11世代インテルCoreプロセッサ搭載IPC、オムロン
オムロンは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、同社の産業用PC「NYBシリーズ」の新製品として「第11世代インテルCore」プロセッサを搭載した産業用PCや、パートナー企業が開発したソフトウェアを展示した。(2023/11/21)

34型ウルトラワイド液晶やヘッドセットも付属! 「NEXTGEAR JG-A7G6T」の限定セットモデルを試して分かったこと
マウスコンピューターがPCゲーム初心者向けに複数のセットモデルを用意しているが、真打ちと言えるセットが「NEXTGEAR JG-A7G6Tウルトラワイド5点セット」だ。その内容をチェックした。(2023/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.