• 関連の記事

「開発基盤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「開発基盤」に関する情報が集まったページです。

車載ソフトウェア:
ルネサスがSDV対応の車載ソフト開発基盤「RoX」を発表、「R-Car Gen 5」を加速
ルネサス エレクトロニクスは、車載ソフトウェアを継続的かつ安全にアップデートできる次世代自動車のSDV(ソフトウェア定義車両)を開発するためのプラットフォーム「R-Car Open Access(RoX)」の提供を開始すると発表した。(2024/6/24)

チャットでSQLクエリを作成、改良可能に:
「Oracle APEX」が生成AIに対応 コーディング不要で生成AIとの対話機能をアプリに組み込める
Oracleはローコード開発プラットフォーム「Oracle APEX」の最新バージョンとなる「Oracle APEX 24.1」を発表した。コーディング不要で生成AIとのチャット機能をアプリケーションに組み込んだり、自然言語を使ってSQLクエリを作成したりできる。(2024/6/18)

人とくるまのテクノロジー展2024:
多画面化が進む自動車コックピット、Qt GroupがHMI開発の効率化を提案
Qt Groupは、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」において、大型ディスプレイの採用が進む自動車コックピットの各画面を同社のUI開発プラットフォーム「Qt」で開発/管理できることを紹介した。(2024/6/14)

ユースケースに基づいて実装アプローチを提言:
生成AI市場の主戦場は「基盤モデル」から「開発プラットフォーム」へ? ITRが生成AI戦略に関する資料を公開
ITRは、ホワイトペーパー「生成AIの真価を引き出すアプリケーション戦略」を公開した。生成AIのユースケースごとに、最適なアプリケーション利用形態を選択するための検討ポイントを整理している。(2024/6/4)

「SAP ERP 6.0」サポート終了迫る :
ERP更改についていくのが大変…… 負担軽減に効く開発基盤とは
ERPでアドオンを追加するとERPのアップデートのたびにアドオンの再構築が必要になる。しかし業務プロセスの標準化にも限度がある。核になるシステムには手を入れず、少ない工数でアドオンを代替する方法とは。(2024/5/31)

抽選でQUOカードPayが当たる
「生成AI開発基盤/GPUサーバの利用状況」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/5/29)

抽選でQUOカードPayが当たる
「生成AI開発基盤/GPUサーバの利用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/5/29)

製品動向:
ドローンで取得した画像から3D点群/3Dモデルを自動生成、AIアプリ開発プラットフォームの新機能
センシンロボティクスは、スマートデバイスやドローンなどで取得した画像から3D点群/3Dモデルを自動で生成する「SENSYN CORE Mapper」を、AIアプリケーション開発プラットフォーム「SENSYN CORE」に追加した。(2024/5/2)

抽選でQUOカードPayが当たる
「生成AI開発基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(3000円分)をプレゼント。(2024/4/10)

JDK 22では12の機能強化、改良を実施:
Oracle、「Java 22」「Oracle JDK 22」を提供開始
Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 22」と、Java開発キット「Oracle JDK 22」の一般提供を開始した。(2024/4/8)

抽選でQUOカードPayが当たる
「生成AI開発基盤」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(3000円分)をプレゼント。(2024/3/1)

抽選でQUOカードPayが当たる
「生成AI開発基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(3000円分)をプレゼント。(2024/3/1)

組み込み採用事例:
オムロンが産業用エッジ開発にクラウドネイティブプラットフォームを採用
オムロンは、産業用エッジプラットフォームの開発に「Wind River Studio」を採用した。クラウドネイティブ開発プラットフォームとして活用し、ソフトウェア開発の効率化を目指す。(2024/2/8)

Google CloudとHugging Faceが提携 AI開発者にH100などのパワーを提供へ
Google CloudとオープンソースのAI開発プラットフォームのHugging Faceが戦略的提携を発表した。開発者はAIモデルをGoogle Cloudで効率よくトレーニング、調整、提供できるようになる。(2024/1/26)

マテリアルズインフォマティクス:
材料開発プラットフォームにAIによる物性予測機能を新たに搭載
アイデミーは、材料開発プラットフォーム「Lab Bank」にAIを使った物性予測機能を新たに搭載し、2024年1月中旬にリリースする。実験のトライアル回数を削減することで、研究現場の生産性向上やDX促進に寄与する。(2024/1/15)

クラウドネイティブアプリの構築方法を変革:
Microsoft、コンテナやAIなどの開発者体験を向上させる「.NET 8」をリリース
Microsoftは開発プラットフォーム「.NET」のバージョン8をリリースした。多くの機能が改善され、開発者体験を向上させるという。(2023/12/4)

Azureクラウド上でNVIDIAの生成AI開発基盤が利用可能に
企業はAzureのインフラを利用しながら、生成AIに最適化されたGPUなど、NVIDIAのリソースを迅速に活用できるようになる。(2023/11/16)

2028年までの開発者数の推移予測、日本は6位に:
「生成AIプロジェクトで日本は3位」の意味は? 「GitHub」の使用状況から見える開発の最新潮流
ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」を使用する開発者の活動に関する年次レポートの最新版「The State of the Octoverse 2023」が発表された。(2023/11/15)

人工知能ニュース:
Jetson Orinの生成AI処理性能はXeonの1.7倍、NVIDIAが“史上最大”の機能拡張へ
NVIDIAは、組み込み機器向けのエッジAI開発プラットフォームである「Jetson」について、生成AIへの対応を含めた大幅な機能拡張を行うと発表した。(2023/10/19)

企業は生成AIのビジネス活用をどう考えるべきか 生成AI開発基盤を提供するデルの取り組み
デル・テクノロジーズが、報道関係者向けに生成AI関連の勉強会を実施した。そこで出た生成AIの取り組みをまとめた。(2023/9/29)

製造ITニュース:
より誰もがアプリ開発に参加できる環境を、Mendixがローコード基盤の新版公開
アプリケーションのローコード開発プラットフォームを展開するMendixは新バージョンである「Mendix10」の機能を発表した。(2023/9/11)

Google Cloud Next ’23:
企業による生成AIアプリ構築はどう楽になる? Google Cloudが開発基盤Vertex AIを強化
Google Cloudが年次イベント「Google Cloud Next '23」で、多数のモデルへの対応、社内の既存アプリやデータとの連携など、企業による生成AIアプリ構築を支援するさまざまな新機能を発表した。(2023/8/30)

組み込み機器のGUI開発:
PR:ハイエンドからローエンドまで、組み込みGUI開発の悩みを解決する統合開発基盤
GUIを持つ組み込み機器が一般化してきているがそのソフトウェア開発は容易ではない。さまざまな製品に統一したGUIを展開したい場合にはさらに開発の難易度が高まる。Qt開発フレームワークを使えばそういった悩みを解決できるだろう。(2023/8/25)

ヤプリが新事業 ノーコード・CRMに次ぐ3本目の柱に
ノーコードのアプリ開発プラットフォームを提供するヤプリが、HRテック領域に参入。中核製品である「Yappli」、2022年に投入した「Yappli CRM」に続く、3つ目の柱に位置づけるという。(2023/8/10)

車載ソフトウェア:
収益化につながるサービスの展開を容易に、BlackBerryがサポート
BlackBerryはQNX ソフトウェア開発プラットフォームの最新版となるSDP8.0の早期アクセスの提供開始と、クラウド接続型のAIプラットフォーム「BlackBerry IVY」の展開を発表した。(2023/8/2)

株式会社ドリーム・アーツ提供Webキャスト:
約1000時間の作業時間を削減、ヤマダホールディングスに学ぶ業務のデジタル化
IT未経験でも簡単に業務アプリを作成できる、ノーコード・ローコード開発プラットフォームが注目されている。同プラットフォームを活用して業務デジタル化を推進している大企業4社の事例を基に、そのメリットや導入効果を見ていく。(2023/7/19)

オフライン、オンプレミスでの独自LLM開発を1ケタ安く ELYZAがLLM開発支援プログラムを開始
言語生成AIのスタートアップが企業独自のLLM開発支援プログラムを立ち上げた。AI専門チームならではの精度向上のノウハウや開発基盤を提供するとしている。(2023/7/19)

「コーディングしていないんだから絶対大丈夫」とは言い切れない:
ローコード/ノーコードのセキュリティ設定や運用の不備を指摘するサービス NRIセキュアテクノロジーズが提供開始
NRIセキュアテクノロジーズは、「ローコード/ノーコード開発基盤のセキュリティ評価サービス」の提供を開始した。ローコード/ノーコード開発基盤で開発されたアプリケーションのセキュリティを評価する。(2023/7/13)

Weekly Memo:
これからPaaSの時代が来る――そう感じさせるServiceNowの“動き”とは
クラウドサービスと言えばIaaSとSaaSが目立ちがちで、その間のアプリケーション開発基盤となるPaaSはどちらかに含まれて語られるという印象がある。だが、DXの進展に伴って、これからPaaSの時代が来るのではないかとServiceNowの動きから感じた。どういうことか、解説しよう。(2023/7/3)

開発環境とインフラ、管理機能をフルマネージドサービスとして利用可能:
ローコードでクラウドネイティブアプリを開発、OutSystemsがプラットフォーム提供開始
OutSystemsジャパンは、ローコード開発プラットフォームの新製品「OutSystems Developer Cloud」(ODC)の提供を開始した。同社は「セキュリティを含む、クラウドネイティブなアプリケーション開発運用に求められる全ての要素を備えたマネージドサービスだ」と説明している。(2023/5/16)

Modularが2つの発表:
Pythonライクで高速な新言語「Mojo」が登場、何が魅力?
Modularは、開発中の次世代AIソフトウェア開発プラットフォームにおける2つの新しい技術的ブレークスルーを発表した。統合推論エンジン「Modular Inference Engine」と、Pythonの使いやすさとC言語のパフォーマンスを併せ持つ新プログラミング言語「Mojo」だ。(2023/5/11)

製造ITニュース:
クラウドネイティブアプリもローコード開発、手間のかかるインフラ構築なしで
OutSystemsジャパンは、ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」をクラウドネイティブなアプリケーション開発に対応させた高機能版「OutSystems Developer Cloud(ODC)」の日本国内での販売を開始した。(2023/4/19)

ソニー子会社、「ラズパイ」に出資 エッジAIで協業強化
ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)が、英Raspberry Piに出資する。世界中のRaspberry Piユーザーコミュニティに対し、SSSのエッジAIソリューション向け開発プラットフォームを提供するという。(2023/4/12)

RAマイコンとRXマイコン用:
ルネサスのクラウド開発キット、Azureに対応
ルネサス エレクトロニクスは、セルラーLTE Cat-M1対応のIoT開発プラットフォーム「クラウド開発キット」を、マイクロソフトのクラウドコンピューティングサービス「Microsoft Azure」に対応できるようにした。(2023/4/10)

数千の改良を実施:
Oracle、「Java 20」をリリース 最も重要な7つの機能強化と変更点とは
Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 20」と、Java開発キット「Oracle JDK 20」の一般提供を開始した。(2023/3/31)

製造IT導入事例:
PTCジャパン、オリンパスの国内工場でThingWorxの導入実証を開始
PTCジャパンは、同社のIoTアプリケーション開発プラットフォーム「ThingWorx」などを活用した導入実証を、オリンパスの国内工場で展開する。(2023/3/20)

Google、GPT競合のLLM「PaLM」のAPIを提供へ 生成系AIアプリ開発を支援
Googleは、大規模言語モデル(LLM)「PaLM」のAPIを発表した。PaLMのトレーニングツール「MakerSuite」と生成系AIアプリ開発プラットフォーム「Generative AI App Builder」も発表。まずはプライベートプレビューで提供を開始する。(2023/3/15)

MWC Barcelona 2023:
Qualcomm、XRプラットフォーム「Snapdragon Spaces」でKDDIやNTTコノキューと協業 XiaomiやOPPOの対応製品も
米Qualcommと国内外の携帯キャリア7社は「MWC Barcelona 2023」において、XR開発プラットフォーム「Snapdragon Spaces」の製品開発において協力関係にあるとアピールした。(2023/3/1)

LTSリリースとなる正式版は2023年11月に公開予定:
「.NET 8 Preview 1」公開、“クラウドネイティブ開発のための最高のプラットフォーム”目指す
Microsoftは、オープンソースでクロスプラットフォームのアプリケーション開発プラットフォームの次期バージョン「.NET 8」の最初のプレビュー版を公開した。(2023/3/1)

ノーコード開発:
PR:工場現場の業務で役立つアプリを自作 直感的で扱いやすいノーコード開発基盤
老朽化が進みモダナイゼーションが遅れた基幹システム、サイロ化が進む各種業務システム、散在するデータ、そしてIT人材の不足。製造業のDXを阻むITの課題は尽きない。そうした課題を解決し得るのがノーコードでの業務アプリケーション構築を実現する「AppSQUARE」だ。(2023/2/27)

車載ソフトウェア:
トヨタ自動車がSILシミュレーションの活用でパワートレイン開発を強化
トヨタ自動車は、dSPACEのSILシミュレーションを活用し、新規車両の開発を強化した。SILおよびHILシミュレーションプラットフォームを利用し、制御ソフトウェアやECUハードウェアを効率的に評価できる開発基盤を構築している。(2023/2/10)

「多くのエンジニアが慣れ親しんだ汎用言語の文法を採用」:
アジャイル開発を意識したローコード開発プラットフォームを提供開始 キヤノンITソリューションズ
キヤノンITソリューションズは、クラウド型ローコード開発プラットフォーム「WebPerformer-NX」を2023年1月下旬から提供する。アジャイル方式でのアプリケーション構築を支援し、企業のDXを推進するという。(2022/12/1)

製造ITニュース:
顧客接点の業務もローコードで省力化、キヤノンITSの直感的な新開発基盤
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2022年11月25日、ローコード開発プラットフォーム「WebPerformer-NX」を販売開始すると発表した。提供開始日は2023年1月下旬ごろの予定。(2022/11/28)

キヤノンITS、内製アプリ開発支援プラットフォーム「WebPerformer-NX」を発表
キヤノンITソリューションズは、内製システム開発を支援するクラウド型ローコード開発プラットフォーム「WebPerformer-NX」を発表した。(2022/11/25)

組み込み開発ニュース:
Matter規格対応の開発プラットフォームを発表
NXP Semiconductorsは、スマートホームやスマートビルディング向けの規格「Matter」に対応した開発プラットフォームを発表した。NXPの既存の評価ボードやツールを用いて、さまざまなIoTデバイスを設計できる。(2022/11/14)

車載ソフトウェア:
ラジオ受信からV2Xまで、車載無線向けの安全な開発プラットフォームを発表
NXP Semiconductorsは、ラジオ放送受信から802.11pベースのV2Xまで、多彩な無線技術を単一ドメインコントローラーに一元化し、セキュアな接続を可能にする車載用開発プラットフォーム「OrangeBox」を発表した。(2022/11/11)

Matter対応機器の開発を簡素化:
NXP、Matter対応開発プラットフォームを発表
NXP Semiconductorsは、「Matter」規格に対応するIoT(モノのインターネット)機器の開発を迅速に行うことができる「開発プラットフォーム」を発表した。(2022/10/31)

OrangeBox:
NXP、車載無線向けの開発プラットフォーム発表
NXP Semiconductorsは、IEEE 802.11pベースのV2X通信やWi-Fi 6など幅広いワイヤレス技術を統合した、車載グレードの開発プラットフォーム「OrangeBox」を発表した。セキュリティ機能を含め「つながるクルマ」の開発を簡素化し、次世代自動車における安全なデータ通信を実現できるという。(2022/10/25)

製造ITニュース:
ローコード開発で工場の現場DXを推進する花王、「Power Platform」を活用
日本マイクロソフトは、同社の統合型ローコード開発プラットフォーム「Microsoft Power Platform」の最新機能を説明するとともに、花王 和歌山工場の製造現場における活用事例を紹介した。(2022/10/24)

.NET 7は2022年11月に正式リリース:
「.NET 7 RC2」登場 C# 11や.NET MAUI利用可能で、現場への影響は?
Microsoftは、アプリケーション開発プラットフォームの次期バージョン「.NET 7」のRelease Candidate 2(RC2)を発表した。(2022/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.