• 関連の記事

「生産終了」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生産終了」に関する情報が集まったページです。

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。(2022/5/23)

【バイクトリビア】「ネイキッド」の呼称はゼファーから? 一大ブームとなった1990年代400ccネイキッドの歴史
ついにネイキッドの名車・CB400スーパーフォアの生産終了が決まってしまいました……。そういえば「ネイキッド」という呼称は何から始まったのでしょう? ゼファー説、いやもっと昔からだ説、いくつかあるようです。(2022/5/22)

祝! 東プレの英語配列「REALFORCE R3」が発売! REALFORCEとHHKBに現れた違い
東プレから、英語配列の「REALFORCE R3」シリーズが発売された。待ちに待ったという人が多いであろう本モデルについて、同シリーズを使い続けるレビュアーがチェックした。(2022/5/16)

産業動向:
エレベーター内照明のLED交換工事、2020年は2018年比で倍増
エレベーターコミュニケーションズは、エレベーター内の照明をLEDへ交換する工事の件数が増加傾向にあると発表した。2020年の交換工事実績は221件で、2018年の107件と比較して2倍超に達している。(2022/5/16)

ついに生産終了が決定 CB400スーパーフォア、30年の歴史に幕 さらにVFR系やゴールドウイングまで……
あぁぁついに「決定」してしまいました……。(2022/5/15)

新排ガス規制未対応で“絶滅”=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]ヤマハ編
“絶滅危惧”バイク、ヤマハ編。(2022/5/9)

ハロー、自作キーボードワールド 第12回:
「1000台売る覚悟があればいける」──飛騨高山にオープンした自作キーボード専門店「白銀ラボ」インタビュー
1月に飛騨高山で自作キーボードの専門店「白銀ラボ」をオープンしたヨーキース(西洋介、@Yowkees)さんにインタビュー。自作キーボードを始めたきっかけや、飛騨高山に国内2例目の実店舗を開くに至った経緯について話を聞いた。(2022/4/30)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」スクーター部門の結果発表。(2022/4/27)

新排ガス規制未対応で生産終了!? 絶滅の危機にある「バイクのレッドリスト」ホンダ編
スーフォアはどうなっちゃうの……!! 生産終了の危機にある「バイクのレッドリスト」まとめ。まずはホンダから。(2022/4/22)

データで導くプライシングの技術(2):
実は難しい「値付け」の力学〜納得感と収益の妥当なバランスを決める決定要因
「スペックウォーク」(Spec-Walk)や「モデルウォーク」(Model-Walk)を駆使しても、それだけで値付けを決定できるわけではない。特にBtoB商材で長期間利用される商品のサポートサービスは値付けを決定する際に検討すべき要素が複数あり、売り切り商品と比べても合理的な価格決定が難しい。この問題をデータを駆使して解決するには、理解しておくべき前提知識がある。(2022/5/18)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」アドベンチャー系を含むオフロード部門の結果発表。(2022/4/22)

8ミリフィルムで撮った2022年の桜がノスタルジー 「エモい」「昭和だ」「90年代のPV」
あの頃はみんなマスクをしていてさ……。(2022/4/16)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ホンダ、中国でアキュラ生産中止 EV化に乗れず衰退する日系メーカーの象徴との声も
ホンダの中国合弁会社・広汽本田汽車が今月8日、高級車ブランド「アキュラ」の生産を年内で終了すると発表した。ホンダは2030年以降、中国での新型車は全て電動車とする方針で、その一環。しかし中国の消費者からは、日本車メーカーの衰退を象徴する“撤退”とも受け取られている。(2022/4/14)

電気自動車:
EVとソフトウェアに10年間で5兆円投資、ホンダが2030年までにEV30車種展開へ
ホンダは2022年4月12日、2030年に向けたEV(電気自動車)の戦略について発表した。(2022/4/13)

残念だけど憎めない迷車 『ざんねんなクルマ図鑑』を手にしたAZ-1オーナーの写真が話題
「時代が追い付いていなかった」「当時は迷車でも今は名車」など高く評価する声も。(2022/4/11)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門の結果発表。(2022/4/13)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】
読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門の結果発表。(2022/4/11)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:総合部門【新型で返り咲き! ハヤブサが前代未聞のV10達成】
読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー」。排気量/ジャンルを問わない’21モデル全295車から頂点を決める総合部門の結果発表。(2022/4/8)

なぜ「ネ申エクセル」は生まれたのか 誕生を目撃した元市役所職員が語る“美しさ”の追求
役所や行政に提出する書類でこんな書類を見かけたことはあるだろうか。セル結合を多用し、方眼紙のマス目状となった1セルに対してそれぞれ1文字のみを入力するようなExcelファイルのことだ。一時期と比べるとだいぶ減ってきたものの、まだ見かけることも多い。なぜこうした独自のフォーマットが生まれたのか。元市役所職員がその背景を語った。(2022/3/31)

自動車メーカー生産動向:
オミクロン株が新車生産に与えた影響を振り返る
日系乗用車メーカー8社合計の2022年1月のグローバル生産台数は、前年同月比9.8%減の191万6510台と7カ月連続で前年実績を下回った。東南アジアに端を発した世界的なサプライチェーンの混乱が一段落し、10月、11月と回復基調を示していたものの、年明けからオミクロン株の感染が急速に広まったことで部品調達に支障をきたし、1月は再度マイナス幅が拡大した。(2022/3/28)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(64):
半導体(5) ―― 実際に経験した不良と対策(IV)
今回も前回に引き続いて筆者が経験した不良について説明していきます。加えて当方で半導体の使い方を間違えた事例も説明しますので、本稿での事例を基に再発防止に役立てていただければよいかと思います。(2022/3/28)

小寺信良のIT大作戦:
パン・チルト・ズームができるWebカメラでワンオペがはかどる 「OBSBOT Tiny 4K」の意外な使いどころ
高額だが、その値段を出すに値するWebカメラを見つけた。配信のワンオペができるのだ。(2022/3/23)

EE Times Japan/EDN Japan/MONOist読者調査:
センサー不足が増加、納期遅れは1年前よりも深刻に
EE Times Japan、EDN Japan、MONOistのアイティメディア製造業向け3媒体は「第3回 半導体・電子部品の供給状況に関するアンケート」を実施した。調査期間は2022年2月9〜25日で、有効回答数は290件。(2022/3/18)

製造ITニュース:
製造DX支援ソリューションにRFIDによる製造進捗管理機能などを追加
凸版印刷は、同社の製造DX支援ソリューション「NAVINECT」に、RFIDを活用した製造進捗管理機能とERPとの連携機能を追加した。生産工程管理の質を向上し、管理業務を省力化する。(2022/3/11)

品質不正問題:
日野でエンジン認証に不正、耐久試験中のマフラー交換や燃費測定装置の校正値変更
日野自動車は2022年3月4日、日本向けのエンジン4機種に関する排ガスや燃費の認証試験に不正行為があったと発表した。不正行為が行われたのは、平成28年排出ガス規制(ポスト・ポスト新長期規制)の対象となるエンジンだ。(2022/3/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ホニー? それともソンダ? ソニーとホンダのEV提携会見を見ながら考えたこと
ソニーとホンダがEVで新会社を作る。両社の会見を見ながら3人のIT系編集者が考えたこととは。(2022/3/6)

工場ニュース:
三菱電機が京都製作所を解消、業務用プリンタ撤退と屋内映像製品の自社生産終了で
三菱電機は2022年3月1日、同年3月末で業務用プリンタ事業を終息し、屋内用映像マルチシステムについても自社生産を終了することを発表した。併せて、これらの生産拠点となっていた京都製作所を解消し、2022年4月1日からリビング・デジタルメディア業務部と家電映情事業部の京都地区駐在部門と改組する。(2022/3/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがEVメーカーになることを待望するヒトに欠けている視点と残念な思想
トヨタのバッテリーEV戦略に関する説明会では、トヨタの底力を見せたのは間違いない。しかし、あれを見て「トヨタもBEVに注力するのか」と思った人は多かったようだ。そう思わせるのが目的だとはいえ、この見方はあまりにも単純すぎる。(2022/3/1)

ハンバーグ師匠、ついにバイク買う 350万円の「CB1100」を即決! 「見た瞬間ときめいた」
CB1100といっても、まさかのガチなカスタムビルドマシン! おぉぉ〜!(2022/2/24)

フロム・ソフトウェア、「ELDEN RING」の「動画配信一律禁止」を訂正 ユーザーの問い合わせにサポートが誤って回答
ゲーム機本体の配信機能かつ、非営利であればOK。(2022/2/21)

古田雄介のアキバPick UP!:
PBP 65WのCore i9がCPUクーラー付属で登場!
第12世代Core iの最上位シリーズに“末尾K”なしのラインアップが加わった。その他、約47gの軽量マウス「TUF Gaming M4 Air」や、Fnatic Gearの65%キーボードも店頭に並んだ。(2022/2/7)

小寺信良のIT大作戦:
気がつけばフェードアウト?  ビデオカメラの歴史を振り返る
スチルカメラ以上に記録フォーマットの歴史そのものをなぞって成長してきたビデオカメラ。その歴史を辿っていく。(2022/2/7)

MONOist 2022年展望:
システムが担う運転の「認知」「判断」「操作」、深化と普及が進む
レベル3の自動運転システムが世界で初めて製品化され、ハンズオフ機能が広がり始めた2021年に対し、2022年以降は、高度なADASやレベル3の自動運転の普及と競争が一層進みそうです。(2022/1/27)

自動車メーカー生産動向:
2021年11月の新車のグローバル生産を振り返り、各社が挽回生産に注力
日系乗用車メーカーが発表した2021年11月のグローバル生産台数は、東南アジアのロックダウンによる世界的なサプライチェーンの混乱が落ち着きを取り戻しつつある結果となった。(2022/1/27)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
断絶危機の純ガソリンスポーツカーにして人生最後のクルマ「GT-R nismo Special Edition」、ついに納車されました
2022年と2026年は多くの純ガソリンエンジン搭載スポーツカーが生産終了に追い込まれる。その理由を説明しよう。(2022/1/22)

3Dプリンタニュース:
日本HPが3Dプリンティング事業の好調さアピール、金属の国内展開は慎重に準備
日本HPは、報道関係者向け事業説明会をオンラインで開催。2021年11月1日に同社 代表取締役 社長執行役員に就任した岡戸伸樹氏が日本市場における事業戦略を説明。3Dプリンティング事業も注力領域の1つに掲げ、国内での活用事例などを紹介し、その優位性をアピールした。(2022/1/21)

アルコール類の持ち運びも:
タイガー、“国内唯一”の炭酸保冷ボトル発売 ペットボトルと炊飯器にヒント 2年の開発秘話
タイガー魔法瓶は、炭酸飲料の持ち運びに対応した保冷ボトルを発売する。国内メーカー唯一の商品だという。ユーザーや社内の声を反映し、約2年をかけて開発した。同社はビールなどのアルコール類を持ち運んだりする楽しみ方を提案する。(2022/1/21)

宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
公式アカウント同士のやり取りにほっこり。(2022/1/15)

「PS5品薄でPS4の生産終了を撤回」報道をソニーが否定 「PS4の生産を昨年末で終了するという計画はありませんでした」
「PS5不足のためPS4生産停止を撤回したのは事実ではありません」と否定。(2022/1/14)

「失ってはならぬ日本の至宝」祈存続「CB400SF/SB」総選挙 人気トップはCBX案!
CB400SF生産終了のうわさに大反対! ヤングマシン誌で行った「CB400の多機種展開総選挙」で多くの支持を集めたのは……?(2022/1/4)

高根英幸 「クルマのミライ」:
旧車ビジネスが拡大するワケ レストアでクルマは新車状態に
日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。(2021/12/20)

PR:掛け時計を変えた「2.5D技術」──成熟した商品に新たな可能性を与えたカシオの社内コラボ
カシオ計算機が受注を始めた「2.5D技術を使った壁掛け時計(IQR-2500J)」は、異なる事業部の社内コラボの結果として生まれたという。2.5D技術と壁掛け時計の開発担当者に話を聞いた。(2021/12/1)

【トヨタの名車】AE86の復刻部品が発売、国内外のファンが歓喜
AE86の復刻パーツがGRヘリテージパーツより再販開始。(2021/11/30)

1980s国産名車・カワサキ「Z400FX」再見 新時代を開拓したカワサキ初の400ccマルチ
今も絶大な人気を誇る「1980年代の名車」たち。2021年中古車相場は300〜600万円、クラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介します。(2021/11/20)

「惚れちゃうだろ?」 ノブコブ吉村、愛車のスーパーカー「BMW i8」でみちょぱを誘惑 「……まだそんなことしてる人いたんだ」
だってスーパースターが乗る名車ですから。(2021/11/15)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Nintendo Switchの販売台数がいよいよWii超えへ 21世紀のゲーム機の歴史に名を刻む2大名機の歩みを振り返る
成長し続けて5年が経過、ついにWiiの販売台数を超える見込みだが……。(2021/11/15)

「これがホントに最後」 ホンダ、S660「最後」の追加生産 11月12日抽選開始
Web抽選は限定50台、欲しい人で争奪戦必至です。(2021/11/4)

今度は鮮やかな赤! カワサキ「W800シリーズ」が全てニューカラーの2022年モデルに
カワサキモータースジャパンは、「W」ブランドの最新進化系となるW800/W800ストリート/W800カフェの2022年モデルを発表。(2021/11/2)

お客の要望に応え:
ホンダ、スポーツカー「S660」を650台追加生産 最終販売となる
本田技研工業は2シーター・オープンスポーツ「S660」を650台追加生産を発表した。2021年の生産終了後にすぐに売り切れてしまい、一部のお客が購入できなかったことが背景にあるという。(2021/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.