• 関連の記事

「進化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「進化」に関する情報が集まったページです。

日刊MONOist月曜版 編集後記:
成熟産業だってまだまだ進化、白物家電の工場への投資進む
まだまだ進化の余地は残されています。(2024/6/24)

人の1万倍賢い人工知能「ASI」の実現で人類を進化 ソフトバンクG総会で孫氏が宣言
孫氏は近年注力する人工知能に関し、人類の1万倍の知性を持つAIの進化形「ASI」を実現させると表明。ASIを活用し人類を進化させることを「ソフトバンクの使命だ」と宣言し、引き続き関連事業の推進に全力を注ぐ考えを明確にした。(2024/6/24)

これから始める「Microsoft Copilot」 使って分かった有効活用法と注意点
OpenAIの大規模言語モデルが「GPT-4o」へと進化し、Microsoftの「Copilot」、Googleの「Gemini」などを業務で活用しようとする動きが活発化している。今後は生成AIをどうビジネスや業務に活用するかが問われる時代になるだろう。(2024/6/24)

大容量ニーズに応えるHDD【前編】
「HDDの次なる進化」をもたらす“HDD部品の大改良”とは?
HDDベンダーはHDD内部の部品にさまざまな技術進化をもたらすことで、保存容量の増大や読み書き性能の向上を実現してきた。次なるブレークスルーの種はどこにあるのか。HDD内部の、ある部品に注目する。(2024/6/23)

代表的なLLM19選を徹底解説【中編】
LLMの徹底理解に欠かせない「ELIZA」「Seq2Seq」「Transformer」とは?
大規模言語モデル(LLM)が注目を集めるようになるまで、AI(人工知能)技術の分野ではさまざまな進化があった。その中から、LLMの進化との関わりが特に深い自然言語処理(NLP)モデルを紹介する。(2024/6/22)

人の1万倍賢い人工知能「ASI」の実現で人類を進化 ソフトバンクG総会で孫氏が宣言
ソフトバンクグループは6月21日、東京都内で定時株主総会を開き、孫正義会長兼社長が今後の事業戦略について語った。孫氏は近年注力するAIに関し、人類の1万倍の知性を持つAIの進化形「ASI」(人工超知能)を実現させると表明。ASIを活用し人類を進化させることを「ソフトバンクの使命だ」と宣言し、引き続き関連事業の推進に全力を注ぐ考えを明確にした。(2024/6/21)

NVIDIAの買収検討した過去も 孫正義ソフトバンクG会長
SBGの孫正義会長兼社長は6月21日の株主総会で、人類の知能の1万倍の知能を持つ「ASI(人工超知能)」の時代があと10年前後で訪れるとの見方を示し、SBGの使命として「ASIを活用しながら人類の圧倒的な進化に貢献したい」と述べた。(2024/6/21)

エッジ、IoTでもAI活用が進む
Armの新プロセッサ「Ethos-U85」の進化とは? エッジAI向けの新世代NPU
AI関連のタスク処理に特化したプロセッサのNPUは近年、選定において処理能力だけでなくいかにソフトウェア開発者が扱いやすいかが重要となっている。Armの新たなNPUもこうしたトレンドを押さえている。(2024/6/21)

AWSと共に生まれたストレージ「S3」【後編】
「Amazon S3」がもたらしたストレージの根本的な変化とは?
2006年に提供開始した「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は、さまざまな進化を遂げた。老舗ストレージベンダーが競合してきた市場に、Amazon S3は何をもたらしたのか。(2024/6/21)

体組成計に進化した「スマートバスマット」、28日発売 Wi-Fiは5GHz帯にも対応
「スマートバスマット」に体脂肪率やBMIなどの測定にも対応した“体組成計モデル”が登場。測定項目は15まで増えた。(2024/6/20)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
ニッチだが奥深い「映像伝送」の歴史 アナログからデジタルまでの変遷を総ざらい
映像伝送方法はアナログからデジタル、IPと進化してきたが、現場によっては今のなお混在した状態にある。特に文教では今でもアナログ機材が稼働しているケースもあり、若い人にとっては見たこともない端子に面食らう事もあるだろう。アナログからデジタルまでの映像伝送の方式を振り返りながら、その発展の過程をまとめてみたい。(2024/6/20)

「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい
OPPOの日本向け新型スマートフォン「OPPO Reno11 A」が、6月27日に発売される。Reno11 Aは、OPPOの手頃な価格かつ高機能で日本向けにおサイフケータイなどの機能を搭載したReno Aシリーズの最新モデル。カメラ大きく進化し、急速充電にも対応した。(2024/6/20)

代表的なLLM19選を徹底解説【前編】
BERT、GeminiからGPT-3.5、GPT-4oまで「主要LLM11種」の特徴は?
「ChatGPT」の登場で一躍注目を浴びることになったLLM。各ベンダーは、LLMを進化させるための開発に取り組んでいる。主要LLM11種の特徴や、進化のポイントを解説する。(2024/6/20)

OTCのモノづくり進化:
宇宙をかけるプリント配線板を作るOTCが鶴岡に銅めっきライン新設、自動化も着々
高機能プリント配線板の設計、開発、製造などを手掛けているOKIサーキットテクノロジーでは約17億円を投資して鶴岡事業所に銅めっきの新ラインを設置、その他にもさまざまな作業の自動化を進め、モノづくりを進化させている。同事業所の取り組みを追った。(2024/6/20)

LenovoやDell、Pure Storageの狙いは?
ストレージ各社が「NVIDIAとの協業」を望む、技術進化だけではない理由
ストレージベンダー各社がNVIDIAとの協業を発表している。Weka.ioやLenovo、Dell Technologiesなどが発表したストレージ新製品と、その狙いとは。(2024/6/18)

Apple新チップと「iPad」新型タブレットの実力【後編】
iPad Pro新型モデルの「M4チップがどれだけすごいか」よりも見るべき進化とは
Appleは新型チップ「M4」を搭載した「iPad Pro」の新モデルと、「iPad Air」の新モデルを発表した。M4の性能だけではない、注目すべき進化とは。(2024/6/16)

Apple新チップと「iPad」新型タブレットの実力【前編】
Apple「M4」搭載、“2年ぶりの新登場”「iPad Pro」の劇的な進化とは
Appleが2年ぶりとなる「iPad Pro」の新モデルを発表した。新型チップ「M4」を搭載するなど幾つか大きな変更があった。その進化とAppleの狙いとは。(2024/6/15)

小寺信良のIT大作戦:
生成AIでメモアプリが進化? 自分だけのチャットAIが作れる、Google「NotebookLM」を試してみた
Gemini 1.5 Pro搭載、GoogleのAIノート「NotebookLM」が日本語を含む200以上の国や地域への提供を開始した。今回は実際に参照文献(ソース)を登録してNotebookLMの動作や活用方法などを検証しつつ、利用の際も注意点なども紹介する。(2024/6/19)

グッドパッチとUXの話をしようか:
なぜ、キャラクター商品は目を引くのか? 裏にある2つのマーケティング手法
日本のキャラクタービジネスが急速に進化しているのをご存じでしょうか。「キャラクター買い」をも起こすほどの影響力を持っていますが、なぜ目にとまるのでしょうか? 裏にある2つのマーケティング手法を紹介します。(2024/6/14)

AWSと共に生まれたストレージ「S3」【前編】
「Amazon S3」は“2006年の誕生”からどう進化した? AI時代の新たな動向
AWSの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は2006年にサービスを提供開始して以来、進化を続けている。昨今は機械学習などAI関連のアップデートが目立つ。どのような点が進化したのか。(2024/6/14)

PR:「OPPO Reno11 A」はどれだけ満足できる? 「Reno9 A」との比較で分かった“大幅な進化”
OPPOから最新スマートフォン「OPPO Reno11 A」が登場した。 OPPO Reno11 Aは前モデル「OPPO Reno9 A」と比べ、画面の見やすさやカメラ画質の向上はもちろん、お手頃なミドルクラスながらも生成AIによる写真編集機能を用意。大幅な進化を果たしつつも、価格は税込み4万円台に抑えている。(2024/6/20)

AppleTV、秋に無料アップデート 「tvOS 18」で俳優や楽曲の情報を表示する新機能など追加
米Appleは10日(現地時間)、AppleTVの新しいOS「tvOS 18」を発表した。映画鑑賞に役立つ新機能として、「InSight」や進化した「対話を強調」などを追加。(2024/6/11)

Apple、生成AI「Apple Intelligence」発表 オンデバイス処理でSiriも大幅進化、ChatGPTとも連携
Appleが独自の生成AI「Apple Intelligence」を発表した。さまざまなデバイスやアプリで活用できる。(2024/6/11)

「全然違う」 最新ガンプラと“8年前”のガンプラを徹底比較→“体形から素材まで”の進化が話題
8年前のほうが、決して劣るわけではないのもすごい。(2024/6/9)

医療分野での「生成AI」活用例【前編】
「生成AI」で医療現場が進化する? 代表的な活用例“6選”
医療分野における生成AIの活用が広がっている。どのような用途で生成AIが使われているのか。医療分野における6つの活用例を紹介しよう。(2024/6/7)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
ASUSが超進化した「ROG Ally X」を台北でアピール! Copilot+ PC準拠のRyzen AI搭載新型ゲーミングノートPCも多数展示
「COMPUTEX TAIPEI 2024」に合わせて、ASUSTeK Computerが発表会を行った。ここではポータブルゲーミングPCの「ROG Ally X」を中心に、ROGブランドのゲーミングPC新モデルをチェックしよう。(2024/6/6)

Copilot for SecurityでMicrosoftのセキュリティ製品はどう進化するか?
2024年4月にリリースされた生成AIを使ったセキュリティサービス「Microsoft Copilot for Security」に続々と新たな機能が追加されている。従来のMicrosoftのセキュリティ製品にこれを組み込むことでどのようなメリットがあるのか。担当者がデモを披露した。(2024/6/5)

湯之上隆のナノフォーカス(73):
「NVIDIAの時代」の到来 売上高1000億ドル企業の誕生か
NVIDIAが絶好調だ。直近の決算では64.9%という驚異の営業利益率をたたき出している。本稿では、NVIDIAの年間売上高がいずれ1000億米ドルに到達する可能性が高いことを、HBM(広帯域幅メモリ)やインターポーザの進化の視点で解説する。(2024/6/5)

人工知能(AI)を安全に使うためのポイント
“AIガバナンス”とは? 世界が無視できなくなっている理由
AI技術が進化すると同時に、AI技術やシステムを利用する際の倫理的な問題やリスクが増大している。AIガバナンスは、こうした問題に対処するために生まれた概念だ。AIガバナンスとは何か、本稿で詳しく説明する。(2024/6/5)

モバイルSuicaやえきねっとのID統合へ JR東日本が「新Suicaアプリ」構想を発表
JR東日本が中長期ビジネス成長戦略「Beyond the Border」を発表。「Suicaの進化」を軸として、新たなデジタルプラットフォームの構築を進めていく。2027年度までに、「えきねっと」「やモバイルSuica」「VIEWカード」などの各種IDを統合する。(2024/6/4)

次世代CPU「Lunar Lake」でIntelが目指す“AI PC”とは? 驚くべき進化点と見える弱点、その克服法
COMPUTEX TAIPEI 2024に先立って、Intelが今後発売される予定のCPUに関する技術説明会を開催した。この記事では、2024年第4四半期に登場する予定のモバイル向けCPU「Lunar Lake」(開発コード名)の技術的概要を紹介する。(2024/6/4)

セキュリティニュースアラート:
フィッシングが1200%増加 AIが引き起こすサイバー脅威についてIPAが調査を公開
IPAは、米国におけるAI関連のセキュリティ脅威やリスクの認識についてのレポートを公開した。AIの進化が引き起こす脅威を包括的に分析し、その対策の必要性を提言している。(2024/6/4)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
AIで限界突破する“とんでもロボット”たち
今後のさらなる進化に期待です。(2024/6/3)

電子ブックレット(組み込み開発):
ROSの進化とデジタルツインの可能性
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の最新動向やデジタルツイン活用の事例を紹介する連載「ROSの進化とデジタルツインの可能性」をまとめた。(2024/6/3)

ARのMagic Leap、Googleと戦略的技術提携 「没入型体験を進化させる」
ARヘッドセットを手掛けるMagic Leapは、Googleと戦略的技術提携を結んだと発表した。GoogleはGoogle I/Oでの「Project Astra」紹介デモでスマートグラスをチラ見せしていた。(2024/5/31)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(25):
言語モデルはどのように言葉を学習しているのか? 転機となった「word2vec」【土木×AI第25回】
連載第25回は、目覚ましい進化を続ける生成AIの理解を深めるため、言語モデルに用いる“ニューラルネットワーク”が、どのように言葉を学習しているのかを土木学会の最新研究を引用しながら探ります。(2024/5/31)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
高性能な特化型生成AIを安く作る方法が登場 「進化的モデルマージ」の基礎論文を読む
生成AIの中でも特定の領域に特化した高性能モデルのニーズが高まっている。しかし、LLMは学習コストが高ことが問題だ。そこで注目されているのが、複数のモデルを組み合わせて新たなモデルを作る「モデルマージ」だ。生成AIを効率的に進化させられる。(2024/5/30)

その発想はなかった! 「スイカゲーム」をフルーツポンチで再現→リアルスイカの“まさかの使い方”が天才的
器の中でくっついて、進化してしまいそうな……?(2024/6/1)

「SPHERE 24」現地レポート:
ランサムウェアに起きた“破壊的イノベーション”とは? 進化の歴史をひもとく
ランサムウェアは一体どのように衰退と進化を繰り返してきたのか。また、その最中に起きた“破壊的イノベーション”とは何か。40年間セキュリティリサーチャーとして活動してきたハッカーがその歴史をひもとく。(2024/5/28)

人工知能ニュース:
生成AIネイティブ世代はAIと人間の共進化から生まれ「BYOAI」とともに生きる
アクセンチュアが、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Technology Vision 2024(テクノロジービジョン2024)」について説明した。生成AIによって人間とテクノロジーの関係性が大きく変化しており、AIと人間の“共進化”が最新トレンドになっているという。(2024/5/28)

「Windows Server」次期バージョンの違い【後編】
Hyper-Vはどう進化する? 新サーバOS「Windows Server 2025」の主な変更点
サーバOS「Windows Server」の次期バージョン「Windows Server 2025」には、幾つかの重要な変更が加えられる。ハードウェア仮想化ソフトウェア「Hyper-V」に関しては、少なくとも3つの変更点がある。何が変わるのか。(2024/5/28)

MVNOに聞く:
日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性
日本通信は、ドコモとの音声接続が合意に至ったことを受け、2026年5月に「ネオキャリア」へ進化すると発表した。この時期までにドコモはネットワークを改修し、日本通信と音声網の相互接続を行う予定だ。日本通信はこの先、どのようなサービスを投入する計画があるのか。福田尚久社長に聞いた。(2024/5/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(77):
企業ネットワーク40年の歴史とこれからの考え方
通信の自由化、東京ガス IP電話、キャリア5Gの活用──情報化研究会 40周年記念研究会で筆者が講演した「企業ネットワークの40年の進化とこれからの考え方」を紹介する。(2024/5/27)

NVIDIAは「Blackwell」を発表
「GPUの進化」は企業にとって“うれしいことばかり”ではない?
人工知能(AI)技術の活用が急速に広がる中、企業がAI技術の活用を成功させるために乗り越えなければならない課題とは何か。NVIDIAの「Blackwell」など、GPUの進化を踏まえて考える。(2024/5/27)

小寺信良のIT大作戦:
そろそろ「日本語入力」にもAIパワーを注入してみないか?
AIの活用が十分になされていないのではないかと思われる分野が、「日本語入力」だ。OS標準の入力変換エンジン以外にも、Google日本語入力やATOKといった選択肢もあるが、AIの華々しい進化の恩恵にあずかっているようには思えない。「AIが自然な言葉で受け答え」も結構だが、まずは同音異義語の正しい選択や誤変換はどうにかならないのか。(2024/5/25)

辻希美、「進化した新車」での初ドライブが異例の極み……顔以外“厳戒防備”ぶりに「こんな世の中なので正解」「何の動画なのか」
徹底している。(2024/5/24)

ソニー、アニメなどエンタメに成長の活路 知的財産の相乗効果を進化
ソニーグループは23日、経営方針説明会を開き、稼ぎ頭のゲームや音楽、映画のエンターテインメント3事業の知的財産(IP)の相乗効果を進化させ、さらなる成長を目指す方針を明らかにした。IPの価値を最大化するため、市場規模が拡大するアニメなどの技術や基盤を磨き、成長の活路を見いだす。(2024/5/24)

ソニー、次の活路は? 「21世紀は感動を作ることに貢献したい」
ソニーグループは23日、経営方針説明会を開き、稼ぎ頭のゲームや音楽、映画のエンターテインメント3事業の知的財産(IP)の相乗効果を進化させ、さらなる成長を目指す方針を明らかにした。(2024/5/23)

ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと
ポケモンGOのAR撮影機能「GOスナップショット」がアップデートされ、よりバリエーションに富んだ撮影が可能になった。コンセプトは「誰でも、簡単に、ポケモンたちと楽しい写真が撮れるカメラ」。実際に遊んでみたが、ポケモンGOの新たな楽しみ方が加わったと感じた。(2024/5/23)

“AIにおけるWin32”を提供:
「Copilot+ PC(そしてWindows)はAIアプリケーション開発の強力なプラットフォーム」、ナデラCEOがBuildで説明
Microsoftは、Copilot+ PCで進化するWindowsが生成AI戦略における重要な柱であることを、Microsoft Buildで強調した。Windows Copilot Runtimeでローカル生成AIアプリ開発のためのAPI群を順次リリースする。(2024/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.