「Flash」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アドビシステムズ社が提供する、Webブラウザのプラグイン(Flash Player)上で動作するアニメーションまたはWebアプリケーションの実行環境、もしくはその開発環境。
Flash − @ITリッチクライアント用語辞典

-こちらもご覧ください-
質問!Flash→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でFlash関連の質問をチェック

ウィンボンド・エレクトロニクス HyperRAM、SpiStack:
組み込みAIシステム構築を加速するメモリソリューションの動作確認
ウィンボンド・エレクトロニクスは、同社の「HyperRAM」「SpiStack」とルネサス エレクトロニクスのMPU「RZ/A2M」を組み合わせて動作確認した。RZ/A2Mユーザーは、外部RAM、Flashを用いて学習済みモデルなどの容量増加が可能になる。(2021/7/26)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
さようならFlash リッチコンテンツ黎明期の立役者にあらためて敬意を
半世紀にわたって私たちをワクワク、そして最後はちょっとハラハラさせたFlash。その歴史を振り返ります。(2021/4/30)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(184):
Windowsからの「レガシーEdge」「Flash」“完全削除”に立ち会う
最近、Windowsから削除されたコンポーネントがあります。2021年3月9日にサポートが終了したレガシーMicrosoft Edge、2020年12月末にサポートが終了したAdobe Flash、そしてセキュリティ上の理由で2020年7月に無効化されたRemoteFX3Dビデオアダプター(RemoteFX vGPU)の機能です。その瞬間に立ち合いました。(2021/4/28)

福田昭のストレージ通信(177) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(4):
高層化の継続で、製造コストを爆下げする3D NANDフラッシュ
今回からは、半導体メモリのアナリストであるMark Webb氏の「Flash Memory Technologies and Costs Through 2025(フラッシュメモリの技術とコストを2025年まで展望する)」と題する講演の概要をご紹介する。(2021/2/9)

福田昭のストレージ通信(172) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(1):
コロナ禍でも好調を維持する半導体メモリ市場
今回から、2020年11月にバーチャルで開催された「フラッシュメモリサミット(FMS:Flash Memory Summit)」の講演を紹介する。まずは、半導体メモリのアナリストJim Handy氏による講演「Annual Flash Update - The Pandemic's Impact(フラッシュメモリの年次アップデート-パンデミックの影響)」の要旨を報告したい。(2021/1/22)

IT基礎英語:
「exploit」の多さは筆頭級、悪用多発のFlash終了
Adobe Flashがついにサポート終了。Flashについてよく言われていたexploitという言葉について解説する。(2021/1/12)

【座談会】Flashは滅びぬ! 何度でもよみがえるさ―― あのころ、僕らが夢中になった「Flashの時代」を振り返る(後編)
前編に続いて、「Flash黄金期」に活躍した職人たちと、Flashについて語る座談会を行いました。(2020/12/28)

【座談会】Flash、今までありがとう―― あのころ、僕らが夢中になった「Flashの時代」を振り返る(前編)
いよいよあとわずかに迫った、Adobe Flash Playerのサポート終了。最後に「Flashの時代」を振り返っておこうと、いわゆる「Flash黄金期」に活躍した職人たちと、Flashについて語る座談会を行いました。(2020/12/27)

「Firefox 84」公開 M1 Macに正式対応 Flashのサポートはこのバージョンまで
米Mozilla Foundationが「Firefox 84」を公開。M1チップ搭載Macに正式対応した。「Flash Player」をサポートするのはこのバージョンが最後としている。(2020/12/16)

さよならプニキ…… Flashゲーム追悼RTAイベントが開催 「QWOP」「オワタの大冒険2」「マテリアルスナイパー」
イニシエダンジョンは神ゲー。(2020/12/12)

Adobe、Flash Playerを最終アップデート 「早めのアンインストールを」「ユーザーと開発者に感謝」
米Adobeが12月31日にサポートを終了する「Flash Player」の最終アップデートを公開した。(2020/12/10)

Flashが終了前に粋な計らい 最後のアップデート告知で「ユーザーへの感謝の言葉」つづる
「この場をお借りして、素晴らしいコンテンツを作成してくださった全てのお客様と開発者の皆様に感謝申し上げます」(2020/12/10)

「そんなことより聞いてくれ>>1よ。」──サントリー、“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画を公開
サントリーが、Flash Playerのサポート終了を目前に“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画「Flash Back Memories」を公開した。(2020/12/10)

「ゴノレゴ」「ペリー」「人生オワタ」まで―― 「Flashと歩んだ青春」を描いたサントリーのWeb動画が泣ける
サイトの作りもガチだった。(2020/12/10)

Adobeが「Flash Player」の最終アップデートを公開
米Adobeが12月8日、「Flash Player」で最後となるアップデートを公開した。機能面での不具合修正がメインとなる。(2020/12/10)

Tech TIPS:
Flashコンテンツを安全に再生する方法【Flash Playerサポート終了】
Flash Playerのサポートが2020年12月31日で終了した。その後、Flash Playerはどのように扱えばいいのか? Flashコンテンツを再生する方法はもうないのか? Windows 10を対象として解説する。(2021/7/21)

“ペリーの人”宮崎吐夢に聞く「Flashの時代」 流行当時は「ちょっと複雑な気持ち」、でも今は――
ペリーFlashの流行を、“本家”宮崎吐夢さんはどう見ていた?(2020/12/14)

Windowsフロントライン:
「Flashが終わり」を迎える2020年末、そして“復活”へ
2017年の発表から2年半以上が経過し、ついにFlash Playerのサポートが終了を迎える。その現状と今後についてまとめた。(2020/12/1)

Internet Archive、Flashコンテンツをアーカイブ プラグインなしで21年以降も閲覧可能に
米非営利団体Internet Archiveが、エミュレータを利用し、12月末で提供が終了するAdobe Flashコンテンツのアーカイブを始めた。(2020/11/20)

インターネットアーカイブ、Flashコンテンツの保存を発表 プラグインなしでこれからもFlashコンテンツを閲覧できる
インターネットの昔を体験できます。(2020/11/20)

ニコニコ実況、Flash終了受けて「ニコニコチャンネル生放送」にリニューアル torne連携は終了へ
録画したtorneで午後ローを見るという楽しみが……。(2020/11/16)

「くまのプーさんのホームランダービー!」が12月16日で引退 「Yahoo!きっず」のFlashゲーム終了に伴い
残り短いプニキとの思い出作りを。(2020/11/7)

Microsoft、公式WebブラウザでのFlash終了について説明
Adobeが年末に予定している「Adobe Flash」終了に合わせ、Microsoftが自社のWebブラウザ(Internet Explore、Microsoft Edge Legacy、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edge)でのサポート終了について説明した。(2020/9/7)

Safari 14はHTTP/3とWebPサポート Flashは消える
Appleは、iOS 14/macOS Big Surに搭載される「Safari 14」の仕様を公開した。(2020/7/6)

Adobe、Flash PlayerやFramemakerなどの脆弱性を修正
「Flash Player」「Experience Manager」「Framemaker」のセキュリティアップデートが公開された。(2020/6/10)

コード実行の脆弱性が多い:
ソフトウェア脆弱性は2019年にどう変わったのか? TheBestVPN.comが報告
TheBestVPN.comは主要なOSやWebブラウザなどで2019年に見つかった脆弱性を調査した結果を発表した。NIST(米国国立標準技術研究所)の「National Vulnerability Database」を基に分析した。OSでは「Android」、アプリケーションソフトウェアでは「Adobe Flash Player」の脆弱性が最も多かった。(2020/3/11)

Adobe、FlashやAcrobat、Readerなどのセキュリティアップデート公開
AdobeのFlash Player、Acrobat、Reader、Framemaker、Digital Edition、Experience Managerの各製品を対象とするセキュリティアップデートが公開された。(2020/2/12)

まずは産業用ロボット向けに:
可動部なしの360度Flash LiDAR、独自レンズで実現
立山科学工業は、「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)で、独自の全方位レンズを用いることで可動部なしで360度スキャンを実現した、Flash LiDARシステムを参考展示した。(2020/1/28)

フェールセーフクラスターを実現:
サイプレス、ASIL-B準拠のNOR型フラッシュ
サイプレス セミコンダクタは、「オートモーティブ ワールド2020」で、NOR型フラッシュメモリ「Semper NOR Flash」を搭載したフェールセーフクラスターや、大画面対応でハプティクス(触覚)機能などを新たに追加した、最新のタッチスクリーンコントローラIC「TrueTouch」などを紹介した。(2020/1/20)

「私の青春」「ありがとう」――PC版「アメーバピグ」10年の歴史に幕、ネットで別れを惜しむ声
サイバーエージェントが12月2日午後10時に、Flashベースのコミュニティーサービス「アメーバピグ」のPC版を終了する。米Adobe Systemsが2020年末にFlashを終了することを踏まえた判断。ネット上では「私の青春はアメーバピグと共にあった」などと別れを惜しむ声や感謝の声が上がっている。(2019/12/2)

「さようなら、Flash」 Google検索、Flashのインデクシングを終了へ
Googleが、FlashコンテンツのGoogle検索へのインデクシングを2019年内に終了すると発表。(2019/10/29)

Flash Playerの更新版リリース、深刻な脆弱性を修正
今回修正された脆弱性は2件とも、Adobeの3段階評価で最も高い「Critical」に分類され、悪用されれば攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。(2019/9/11)

FMS 2019:
3D NANDの進化が目立つ、市場は回復基調との見方も
2019年8月6〜8日(米国時間)にかけて、米国カリフォルニア州サンタクララで14回目となるメモリ技術関連のカンファレンス「Flash Memory Summit(FMS)」が開催されたが、そこではNAND型フラッシュメモリのベンダーとパートナー各社の積極的な姿勢が目立った。(2019/8/23)

「Chrome 76」が安定版に、Flashはデフォルトでブロック
Chrome 76は全てのFlashをデフォルトでブロックし、ユーザーがシークレットモードを使っていることをWebサイト側が検知できてしまう問題にも対応した。(2019/7/31)

「Chrome 76」の安定版公開 FlashデフォルトブロックやPWAのインストールボタン
GoogleがWebブラウザ「Chrome 76」を公開した。2020年には完全にサポートを終了する予定のFlashのブロックをデフォルト化した。セキュリティ関連では43件の脆弱性に対処した。(2019/7/31)

Yahoo!きっず、PC版Flashゲーム終了へ “プニキ”も終了
「Yahoo!きっず」PC版で提供してきたFlashゲームが2020年12月ごろに配信終了。「Flashゲームを別の方法で遊んでいただけないかを検討したが、とても難しく、配信を終了することになった」という。“プニキ”も終了する。(2019/7/4)

プニキが……!! 「Yahoo!きっず」のFlashゲームが2020年12月ごろに終了
アドビのFlash開発終了に伴って。(2019/7/3)

ピクシブ運営のお絵描きサイト「drawr」が12月2日にサービス終了 「pixiv Sketch」への移行ツールを公開中
Flashを使用したサービスでした。(2019/6/24)

「Flash Player」を含む3製品の脆弱性を修正、Adobe Systems
Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」「Adobe ColdFusion」「Adobe Campaign」のセキュリティアップデートを公開した。Adobe Flash Playerの脆弱(ぜいじゃく)性は、悪用されれば攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。(2019/6/12)

Adobe SystemsがAcrobatやFlash Playerなど複数製品のセキュリティアップデートを公開
Adobe AcrobatおよびAcrobat Reader、Flash Playerのセキュリティアップデートでは、多数の深刻な脆弱性が修正された。いずれも優先度は「2」と位置付けている。(2019/5/16)

さよならFlash、去らぬ脅威――FireEyeがFlashマルウェア分析ツールをオープンソース化
「Flashの提供終了後はセキュリティパッチが公開されなくなるため、脅威は増大する」とFireEyeは予想する。(2019/4/17)

さよならShockwave Player――Adobe Systemsが複数製品のセキュリティアップデートを公開
Adobe Systemsは、Adobe Flash PlayerやAdobe Acrobat Readerなど複数製品のセキュリティアップデートを公開した。またAdobe Shockwave Playerのサポートは同日の2019年4月9日で終了する。既にmacOS版は2017年3月で提供を終了しており、今回のWindows版でAdobe Shockwave Playerの提供は全て終了する。(2019/4/10)

「Yahoo!ジオシティーズ」終了 「貴重な資料消えた」──ネットから惜しむ声
ネット上では、「貴重なFlashを保管していたサイトが滅びてしまった」「資料が喪失した」など、サービス終了を惜しむ声が上がっている。(2019/4/1)

福田昭のストレージ通信(138) 半導体メモリ技術動向を総ざらい(1):
現行世代メモリと次世代メモリの違い
フラッシュメモリとその応用製品に関する世界最大のイベント「フラッシュメモリサミット(FMS:Flash Memory Summit)」。最近のFMS(2018年8月に開催)で公表された情報の1つに、半導体市場調査会社MKW Venture Consulting, LLCでアナリストを務めるMark Webb氏が「Annual Update on Emerging Memories」のタイトルで述べた、半導体メモリの技術動向に関する講演がある。その内容が興味深かったので、講演の概要をシリーズでお届けする。(2019/3/15)

PC版「アメーバピグ」終了へ 「Flash」使わずサービス提供するのが困難なため
「苦渋の決断」としています。(2019/3/12)

「アメーバピグ」PC版終了へ 「Flashから移行できず苦渋の決断」 開始から10年、ユーザーに悲しみ
Flashベースのコミュニティサービス「アメーバピグ」PC版が12月2日に終了する。Flashが2020年末に終了することを受け、Flashを使わないサービスの技術検証を重ねてきたが「別の技術で完全再現することが困難を極めた」とし、「苦渋の決断」ながら終了を決めたという。(2019/3/12)

Adobe FlashやAcrobat/Readerのアップデート公開 事前に公表の脆弱性も
AcrobatとReaderの脆弱性のうち1件については、外部の研究者によって事前に公表され、コンセプト実証コードも公開されていた。(2019/2/13)

福田昭のストレージ通信(130) 半導体メモリの勢力図(1):
DRAMとNANDフラッシュのベンダー別シェア
2018年に開催された「フラッシュメモリサミット」では、さまざまな講演が行われた。今回から始まるシリーズでは、半導体メモリ市場を分析した講演「Flash Market Update 2018」の内容を紹介する。(2019/1/10)

Adobe FlashとConnect、Digital Editionsのアップデート公開
Flashのアップデートはバグの修正のみ。ConnectとDigital Editionsではそれぞれ1件の脆弱性に対処した。(2019/1/9)

速度、大きさ、容量はどうなるのか
東芝メモリ、YMTC、SK Hynixが語る、NANDフラッシュメモリの最新テクノロジー
本稿ではNANDフラッシュメモリの新技術について解説する。東芝メモリの「XL-Flash」、Yangtze Memory Technologiesの「Xtacking」、SK Hynixの「4D NAND」を取り上げる。(2018/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.