• 関連の記事

「時価総額」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「時価総額」に関する情報が集まったページです。

週末の「気になるニュース」一気読み!:
NVIDIAの時価総額がMicrosoftを抜いて世界一に/AppleがおすすめMacを提示する「Help Me Choose」を公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、6月16日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/6/23)

「NVIDIA」時価総額3兆3000億ドル超で世界トップに Microsoft、Appleを追い越せたワケ
(2024/6/19)

NVIDIA、時価総額で世界トップに 3.33兆ドル超 Microsoft抜く
米半導体大手NVIDIAの時価総額が6月18日、3兆3350億ドルに達し、米Microsoftを抜いて世界首位となった。(2024/6/19)

NVIDIA、Apple抜いて時価総額で世界2位に 3兆ドル突破
米半導体大手NVIDIAの株価が5日のニューヨーク市場で5.2%上昇して取引を終え、時価総額は3兆120億ドルと、米Appleの3兆30億ドルを抜いて世界第2位に躍り出た。(2024/6/6)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
NVIDIA、驚異の“株価3400倍”上昇のワケ 「時価総額世界一」の座は手に入るか
たった四半世紀の間に、米NVIDIAの株価は3400倍以上に膨れ上がった。一昔前は知る人ぞ知るIT関連企業であったNVIDIAは、どのように成長してきたのか。時価総額世界一の座を手に入れることはできるのか。(2024/5/31)

違いは:
スクエニ221億円の巨額損失……カプコン、コナミと大きな差がついた理由
スクウェア・エニックスが「コンテンツ廃棄損失」として221億円の特別損失を計上した。スクウェア・エニックスの時価総額は約7500億円だ。カプコンの1兆4146億円やコナミの1兆3600億円に比べると、半分ほどしかない。この差はどこにあるのか。(2024/5/15)

Reddit株式公開 スヌーがオープニングベル
オンライン掲示板サービスのRedditがニューヨーク株式市場に上場した。時価総額は発行済株式ベースで80億ドル。オープニングベルは同社のマスコットのスヌーが鳴らした。(2024/3/22)

バブルの34年前とは「時価総額」も様変わり、上位10社を比べる
22日の東京株式市場で、日経平均株価がバブル経済期の平成元年12月29日のの水準を超え、史上最高値を更新した。同日時点の企業の値段を示す時価総額をみると、トヨタ自動車が57兆4450億円で圧倒的首位に立ち、上位10社には製造業から通信、アパレルまで幅広い業種が入った。(2024/2/23)

バブル期のNTT超え:
トヨタ株、時価総額が日本企業で歴代最大に 背景に何が?
東京株式市場では、日経平均株価が史上最高値を更新するのかどうかが話題だが、個別株は一足先に「バブル超え」を果たした。トヨタ自動車の株式時価総額が23日、終値ベースで48兆7981億円に達し、バブル期の1987年にNTTが付けた記録を上回って日本企業の歴代最大を更新した。(2024/1/24)

大山聡の業界スコープ(73):
2023年半導体売上高ランキングと時価総額について考える
2023年の半導体売上高上位10社の時価総額を比較しながら、それぞれの企業の現状や期待度について述べてみたい。(2024/1/22)

勝手に考察!「隠れ優良企業」のビジネスモデルに学ぶ:
営業利益62% 時価総額2兆円超のモンスター企業「OBIC」のビジネスモデルを分析
ERP「OBIC7」を提供するSIerであるOBIC社、実は同業の富士通やNTTデータの利益率を大幅に上回る「62%」を記録しています。時価総額2兆円超のモンスター企業のビジネスモデルに迫ります。(2023/10/3)

時価総額1000億円減:
保険不正のネクステージ、株価急落で報道機関に「法的措置を検討」
ビッグモーターでの発覚を機に、中古車販売業界で不正が相次いで発覚。時価総額1000億円以上の損失を出したとして、ネクステージが、報道機関や取材協力者らに「法的措置を検討する」と声明を発表した。(2023/9/15)

評価額は650億ドル:
ArmがNasdaqに2度目の上場を果たす、2023年最大のIPOに
ArmのCEO(最高経営責任者)は2023年9月14日(米国時間)、Nasdaqのオープニングベルを鳴らし、2度目の上場を果たした(ティッカーシンボルは「ARM」)。IPO(新規株式公開)価格は、米国預託株式1株当たり51米ドルに設定されたが、終値は63.59米ドルとなり、時価総額は650億米ドルとなった。(2023/9/15)

ソフトバンクG傘下のArm、公開価格は1株51ドルで時価総額およそ540億ドルに
ソフトバンクG傘下のArmは、Nasdaq市場への公開での株式価格を1株当たり51ドルと発表した。48億7000万ドルを調達する。IPOは14日の予定だ。(2023/9/14)

ソフトバンクG、Arm再上場の公開価格(仮)発表 時価総額は約7.7兆円に
ソフトバンクグループは子会社ArmのNasdaq市場でのIPOの公開価格仮条件を発表した。1株当たり47ドル〜51ドルと設定。時価総額は約520億ドル(約7兆7000億円)に上る見通しだ。(2023/9/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
GEO、たった2年で「時価総額が倍増」 店舗数は減ったのに、なぜ?
レンタルショップで有名な「GEO」を運営するゲオホールディングス(名古屋市)の時価総額がここ2年足らずで倍増し、1000億円を突破した。レンタルビジネスに関する周辺環境が悪化の一途を辿る中、同社はなぜ業績を成長させることができたのか。そこには3つの勝因があった。(2023/9/1)

勝手に考察!「隠れ優良企業」のビジネスモデルに学ぶ:
時価総額は2兆円 医療IT「エムスリー」の圧倒的なビジネスモデルに迫る
医療ITベンチャーとして存在感を示す「M3(エムスリー)」の圧倒的なビジネスモデルを紹介。同社の今後の成長についても勝手に考察していきます。(2023/8/28)

勝手に考察!「隠れ優良企業」のビジネスモデルに学ぶ:
時価総額1兆超え 伝説のIT企業「モノタロウ」のすごいビジネスモデルを解説
一時期は楽天の時価総額を上回っていたB2BのIT企業「モノタロウ」をご存じでしょうか? 隠れ優良企業のすごいビジネスモデルを分析していきましょう。(2023/8/7)

わずか5年で時価総額3.5倍の秘密 日本企業でもGAFAから学べること
「DXを成功させるために何から着手すべきか?」――の悩みに目的の設定や人材育成、データ活用などのさまざまな観点から答える本連載。第4回となる本稿はデジタル時代に成功し成長している企業の共通点を探る。(2023/8/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「時価総額500億円消失」 “ウマ娘バブル”終了のサイバーエージェントが「実は心配不要」な理由
サイバーエージェントの業績に大きなブレーキがかかった。最新の決算では『ウマ娘 プリティーダービー』におけるブームの頭打ちが鮮明に。市場内外からの厳しい評価にさらされているが、筆者は心配不要だと考える。(2023/7/28)

Log4jの脆弱性の影響を受ける企業も 日本の時価総額上位25社のIT資産にサイバーリスク
Tenableは日本の時価総額上位25社の12万件以上のIT資産がサイバーリスクにさらされていると報告した。中にはTLS 1.0や旧版Log4Jをまだ利用中の企業もあった。(2023/7/17)

COMPUTEX 2023でCEOが登壇:
時価総額1兆ドル超え、生成AIブームに乗るNVIDIA
生成AIの世界的ブームの波に乗り、NVIDIAの時価総額は1兆ドルを突破した。同社CEO、Jensen Huang氏は2023年5月、「COMPUTEX TAIPEI 2023」の基調講演で登壇し、生成AIの持つ可能性や、その基盤として必要となる最新製品について語った。(2023/6/16)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアが時価総額上位25社に入る企業も行うTERを解説、日本企業の課題とは
アクセンチュアは「トータル・エンタープライズ・リインベンション(TER)」記者説明会を開催し、TERに基づいて高成長企業の特徴を紹介するとともに日本企業に必要な取り組みを提案した。(2023/6/9)

糸井重里さんの「ほぼ日」、全社員に株式を無償譲渡 一人当たり約35万円相当
コピーライターの糸井重里さんが代表を務めるほぼ日が、全社員約190人に株式を無償譲渡する。贈与する株式の時価総額はおよそ6600万円。(2023/6/7)

NVIDIA株急伸、一夜で時価総額27兆円増加 AIゴールドラッシュの“ショベル”製造企業に
GPUなどを開発する米NVIDIAの株価が5月24日夜に急伸した。時間外取引で終値305.38ドルから390ドルまで約26%上昇した。AI向けGPUの需要好調が要因だ。(2023/5/25)

Innovative Tech:
米Bloomberg、金融特化の大規模言語モデル「BloombergGPT」発表 「Appleの時価総額を教えて」などに回答
米Bloombergと米ジョンズ・ホプキンズ大学に所属する研究者らは、幅広い金融データで学習させた500億パラメータの大規模言語モデル(LLM)を提案した研究発表を発表した。(2023/4/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「ホロライブ」運営のカバー、上場で時価総額1000億円超えの可能性も? “UUUM化”回避がカギ
「ホロライブ」のカバーが3月27日に上場する。先に上場した同業のエニーカラーは、上場以降も順調に株価を高めて時価総額は1400億円以上にも達している。順調に見えるVTuberビジネスだが、「死角」はないのか。(2023/2/24)

総勢約150人のライバーが所属:
「にじさんじ」さらに7人がデビュー 収益基盤を安定化
VTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」から7名のVTuberがデビューする。初配信は19日20時から2日間に分けて実施される。運営企業のANYCOLORは、昨年テレビ局の時価総額を超え話題となった。(2023/1/18)

米Tesla株急落 年初から7割下落 トヨタ3社分の時価総額吹き飛ぶ
米Teslaの株価が急落している。12月27日(現地)の取引で11.4%急落。年初からは69.93%下落した。(2022/12/28)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
テスラ株暴落前の時価総額が驚異的過ぎた件 2022年の下落分だけで自動車大手12社に相当
2022年最後の「ほぼ週刊インフォグラフィックス」は、世界を賑わせるイーロン・マスク氏が創業者兼CEOを務めるTeslaの時価総額を取り上げます。(2022/12/27)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
【解説】中国発ファッションEC「SHEIN」は、何がすごいのか
中国発ファッションEC「SHEIN」(シーイン)が注目を集めている。推定時価総額は、ZaraとH&Mの合計時価総額を上回るとも報じられている。突如として頭角を現したこの企業は、他のファッションブランドやECと何が違うのか。その強みやテクノロジーの背景に迫る。(2022/11/25)

GAFAM株爆上げ Apple時価総額1日で27兆円増加 インフレ懸念後退で
11月10日の株式市場は大きく反発し、ハイテクIT各銘柄が大幅に上昇した。(2022/11/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
わずか1年で時価総額76兆円が消失のメタ 「脱・Facebook」の大きすぎた代償
メタバースへの投資などを理由に、Facebookから社名を変更したメタ社が、大きな苦境に立っている。株価は社名変更後のわずか1年で7割も暴落するなど、脱Facebookの代償はあまりにも大きかったようだ。(2022/11/4)

暗号資産の“電力問題”を解決? イーサリアム最大のアップデート「The Merge」を徹底解説
ビットコインに次いで世界2位の時価総額を持つ暗号資産「イーサリアム」に、大型アップデート「The Merge」が実装された。ブロックチェーン業界にどういう影響をもたらすのか。Gincoの森下真敬CTOが解説する。(2022/9/30)

長期的な成長戦略に舵を切る:
「2030年に時価総額6倍を目指す」 ルネサスCEO
ルネサス エレクトロニクスは2022年9月28日、アナリストや報道機関向けに、戦略について進捗やアップデートを説明する「Progress Update」を開催した。社長兼CEO(最高経営責任者)を務める柴田英利氏は、「これまでは、短期的に成果を上げるべく、スピード感を重視した経営を行ってきた。半導体不足の影響による追い風などに助けられつつ、一定以上の成果を出せたと自負している。ここからは、腰を据え、投資のアクセルも踏みながら、長期的な目線で胆力のある経営を行っていきたい」と語った。(2022/9/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ANYCOLOR、時価総額が日テレ・TBSを超えて3100億円へ……ナゼVTuberはここまで評価される?
 VTuber事務所「にじさんじ」を運営するANYCOLOR(エニーカラー)の株価が上場から約2倍となり、時価総額は3100億円に達した。いちVTuber事務所が、日本に存在するすべての在京キー局を、時価総額の点で上回ったことになる。(2022/9/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「後継者不足」は大企業の方が深刻? 時価総額5兆円「日本電産」が渡せないバトンの行方
後継を担う者が現れないという問題は大企業であっても例外ではない。むしろ、時価総額が1兆円を超えてくる企業の経営を引き継ぐという超弩級の仕事を担える人材を、その辺から見つけてくる方が中小企業よりもよほど難しい課題であり、経済に与える影響も大きいのではないだろうか。(2022/9/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「にじさんじ」時価総額フジテレビ超え……26歳代表資産は1000億円超、30人以上の従業員も億万長者へ
ANYCOLORを弱冠26歳で上場に導いた創業者である田角陸氏の保有株式価値は1246億円。同社の大株主リストには30人以上の従業員が名を連ねており、最も少ない株数である1万5000株の割り当てでも時価にして1億3500万円の価値がある。したがって、ANYCOLORでは30人以上の従業員が億万長者に変身したことになる。(2022/6/17)

にじさんじ「ANYCOLOR」決算好感でまたストップ高 時価総額2200億円超え
VTuberグループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORの株価が、6月15日前場でストップ高となる7700円をつけ、時価総額が2200億円を超えた。(2022/6/15)

「にじさんじ」ANYCOLOR、上場3日目もストップ高 時価総額1952億円に
VTuberグループ「にじさんじ」運営のANYCOLORの株価が2日連続ストップ高に。10日の終値ベースでの時価総額は1952億円と、東証グロース2位の規模だ。(2022/6/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
VTuber「にじさんじ」が上場、時価総額1600億円に達したワケ
仮想世界で活躍する著名タレントを擁する、バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「にじさんじ」を運営する「ANYCOLOR」が6月8日に上場した。初日は制限値幅一杯でも値段がつかず、当初の想定時価総額450億円から、9日時点の時価総額は1600億円にまで達した。(2022/6/10)

「にじさんじ」のANYCOLOR、上場2日目でストップ高 初値は公開価格の3.1倍
VTuber「にじさんじ」を運営するANYCOLORが上場2日目を迎え、前場で初値4810円(公開価格1530円の3.1倍)を付けた。その後も値を上げ、ストップ高となる5510円まで上昇。終値ベースでの時価総額は1652億円。(2022/6/9)

金融ディスラプション:
時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに ステーブルコインUSTはなぜドル連動が崩壊したのか
時価総額4兆円を超える仮想通貨でも、一夜で価値がゼロになることがある。今回、韓国のソウルに本社を置くテラフォームラボの仮想通貨「ルナ(Luna)」に起こったことがそれだ。(2022/5/13)

二束三文で買った“ワシの像”が3千カラットの人工ルビー(時価総額1千万円)だった!? 京セラと持ち主を取材
果たしてホンモノなのか……!?(2022/4/4)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大りんごと姫りんご? 「Apple to Apple」とは言えない格差がさらに拡大中。(2022/1/17)

Appleの株価、時価総額3兆ドル(約345兆円)超え 東証一部合計の半分に迫る
Appleの株価が182ドル88セントをつけ、株式時価総額が一時3兆ドル(約345兆円)の大台を超えた。(2022/1/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“人類未到のお金持ち”イーロン・マスク、個人資産がトヨタ自動車の時価総額上回る
世界一のお金持ちといえば、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が長らくその象徴といえる存在であった。そんなビル・ゲイツ氏は、今年4月に公表されたフォーブスの世界長者番付2021年版で4位に位置しており、「世界のお金持ち」の構図も随分と様変わりしたようだ。(2021/11/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
84兆円が消失した中国企業時価総額、ADRのリスクも下落に拍車?
トランプ政権下で実行された米上場中国企業の規制強化で、最も不憫(ふびん)な立場なのが、米国市場にも展開している中国企業だろう。これら中国企業は米国から締め付けをくらい、今回は中国からの締め付けによってダメージを受けているという、まさに板挟みの状況だ。(2021/7/30)

フェイスブックの時価総額1兆ドル突破 米独禁法勝訴で
米フェイスブックの株価は6月28日に急伸し、時価総額は1兆ドル(約110兆円)を突破した。米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が起こしていた反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁判事が立証不十分として訴えを退けたことが要因。(2021/6/29)

「データクラウド」が形成する新しいビジネスエコシステム:
Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼んだSnowflake。独自の製品アーキテクチャを武器に、同社が強化しているのがデータマーケットプレイスのビジネスである。(2021/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.