• 関連の記事

「最適化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最適化」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクとエリクソン、基地局外部から5Gネットワークの制御に成功 トラフィックの変動を高速検知
ソフトバンクとエリクソン・ジャパンは、基地局外部にある制御装置(サーバー)から5Gネットワークを高速かつ自動で最適化する機能の実証に成功。トラフィックの変動検知から最適化まで5分以内で実施できることを確認したという。(2024/2/22)

製品動向:
LTE搭載屋外向けクラウド録画カメラにエッジAI搭載モデル 人物を検出/カウント
セーフィーは電源のみで設置可能なLTE搭載の屋外向けクラウド録画カメラに、人物検出/人数カウント機能を備えた新モデルを追加する。建設現場全体の進捗管理や稼働人数の最適化、公共空間の交通量調査などに活用できる。(2024/2/22)

製造ITニュース:
電力機器の監視/運用最適化支援をSaaSで提供、東芝エネルギーシステムズ
東芝エネルギーシステムズは、電力機器の状態監視や運用保守を支援するサービス「TOSHIBA SPINEX for Energy」のSaaS版の提供を開始した。(2024/2/15)

新工法:
清水建設、鉄骨梁の側面を薄肉化 鉄骨量を3割縮減する補剛工法
清水建設は鉄骨造建物の鉄骨梁のウェブ(側面部分)を薄肉化して鉄骨量の縮減を図る補剛工法「エコウェブ工法」を開発した。既開発を含めた全5工法をシリーズ化し、鉄骨造建物の梁部材で最適化を図る。(2024/2/13)

物流のスマート化:
ニトリグループ、配送ルート最適化に富士通の量子コンピューティング技術を活用
ニトリグループのホームロジスティクスは、富士通の量子コンピューティング技術を活用した配車システムの運用を開始した。トラックの積載量や作業時間などを考慮した最適な配送ルートを短時間で作成できる。(2024/2/6)

組み込み開発ニュース:
構成可能なロジックブロックや各種アナログ回路を内蔵するPICマイコン
Microchip Technology(マイクロチップ)は、組み込みアプリケーションにおけるカスタマイズ要求の拡大に対応するため、マイクロコントローラー「PIC16F13145」ファミリーを発売する。組み込み制御システムの速度と応答時間が最適化される。(2024/2/5)

アイ・オーがUSB Type-Cドックを3月下旬に発売 ポータブルゲーミングPCを据え置き設置可能!
アイ・オー・データ機器が、各種ポータブルゲーミングPCに最適化されたUSB Type-Cドック「US3C-GCHD/HN」を3月下旬に発売する。想定販売価格は8000円弱だ。(2024/2/1)

製造工程の最適化などにも適用可能:
量子アニーリングマシンとMLを活用、新規化学材料の組成発見
東北大学の研究グループとLG Japan Labは、量子アニーリングマシンとベイズ的最適化と呼ばれる機械学習(ML)技術を連係し、これまで未探索であった目標特性値を持つ新規化学材料を発見した。今回の研究成果は、製造工程の最適化や生物分野などにも適用できるという。(2024/2/1)

キンドリルが生成AIでビジネスプロセスを最適化する新ソリューションを提供
キンドリルジャパンは、生成AIを搭載した「Kyndryl Workflow Orchestration」を発表した。デジタルワークフローエクスペリエンス強化と改善を実現する。(2024/1/31)

脱炭素:
工場またぐ熱利用の最適化目指す「HaaS」 IHIと日本IBM、北九州市が連携
IHIと日本アイ・ビー・エム、北九州市は、工場や企業における熱利用のマネジメントを通じた、北九州地域でのGX推進に関する連携協定を締結した。熱利用を最適化するマネジメントサービス「HaaS」の実証実験や事業化に向けた取り組みを進める。(2024/1/30)

サプライチェーン改革:
PR:企業経営の基本である「計画」を最適化できれば国内製造業は飛躍できる
製造業が生産や物流、要員シフトといった事業活動を行う際に必要になるのが「計画」だ。日立は、激化する社会環境の変化に合わせて最適な計画の立案を自動化するための「計画最適化ソリューション」を展開している。同ソリューションの強みについて4人の担当者に語ってもらった。(2024/1/31)

導入事例:
オリンパス、本社統合移転に伴う働き方改革をICT活用で加速 内田洋行が支援
オリンパスは本社統合移転を契機に、働き方と働く場を最適化する内田洋行のプラットフォームを採用し、さまざまな設備の利用状況を可視化できるオフィス環境を構築した。ICTインフラの導入やオフィス空間のデータ活用を通じて、オリンパスが目指す「新しい働き方」を推進する。(2024/1/25)

デジタルファブリケーション:
大成建設 技術センターに聞く 7軸自由度の“移動式3Dプリンタ”を開発した真意
大成建設は、今までになかったデザインや施工の効率化を可能にする手段として、建設用3Dプリンティングの技術開発に注力している。従来のガントリー型3Dプリンタを大幅に刷新した最新の移動式3Dプリンタは、これまで課題だった3Dプリント範囲の拡大や鉄筋かぶりの最適化などを実現し、建設用3Dプリンティングを次のステージに押し上げるデジタルファブリケーション技術として注目を集めている。(2024/1/24)

クラウドに最適なネットワークとは【第1回】
クラウド利用には「帯域幅」と「レイテンシ」の最適化が欠かせない理由
企業がクラウドサービスを使うことは当たり前になった。ネットワークチームはクラウドサービスの利用を前提としてネットワークを設計する必要がある。(2024/1/24)

ZEB:
ブラザー東京ビルの改修が完了 グループ初「ZEB Ready」認証を取得
東京都中央区京橋の「ブラザー東京ビル」の改修工事が完了した。改修に伴って使用電力の最適化や再エネ化を行い、ブラザーグループの拠点として初めて「ZEB Ready」認証を取得した。(2024/1/23)

PR:20年前に流行した「オールインワンERP」に再び脚光 令和になぜ? 「mitoco ERP」で考える“全体最適化”のインパクト
(2024/1/19)

産業動向:
鉄スクラップ循環サイクルの全体最適化 竹中工務店ら5社が連携体制構築
竹中工務店は、鉄スクラップ循環サイクルの全体最適化を目指し、鉄、非鉄金属、その他スクラップの回収や加工を担う製鋼原料加工会社、電炉鉄鋼メーカー、ゼネコンによる「サーキュラーデザインビルド」の協業体制を構築する。(2024/1/17)

CIO Dive:
AWSの新機能はどのくらいコスト効率が良いのか 次世代CPU、新ストレージクラス発表
直近のAWSの年次イベントでの発表は、クラウドコスト最適化に関連した話題が豊富だった。果たしてどの程度効果があるのだろうか。(2024/1/15)

“中の人”が執筆 「AWSコスト最適化ガイドブック」Kindle版がセールで500円に
KADOKAWAが2023年3月に発売した書籍「AWSコスト最適化ガイドブック」がAmazon.co.jpでセール中だ。AWS日本法人の社員らが書いたもので、Kindle版が499円で購入できる。(2024/1/11)

ワコム、リモート環境でのペン描画を最適化する「Wacom Bridge」の一般提供開始を発表
ワコムとスプラッシュトップは、リモート環境下におけるペン入力最適化機能「Wacom Bridge」の一般提供を開始する。(2024/1/10)

ソニー、「空間コンテンツ」制作システム発表 両眼8K HMDに専用コントローラーで、精密な3D作業実現
ソニーは、XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクト操作に最適化したコントローラーを備えた「没入型空間コンテンツ制作システム」を開発した。クリエイターが現実と仮想空間をシームレスに行き来する、没入感のある空間コンテンツの制作が可能になる。(2024/1/9)

物流のスマート化:
歩かない物流センターで60%の省人化、新開発の予知保全が自動倉庫の保守最適化
エレコムが西日本の物流拠点として開設した“人が歩かない”兵庫物流センター。そこで導入したのが、イトーキのシャトル式立体自動倉庫システムだ。(2023/12/22)

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化とは:
PR:デル・テクノロジーズと主要クラウドベンダー3社が明らかにしたマルチクラウドの最先端
ハイブリッド/マルチクラウドの在り方が急速に多様化している。デル・テクノロジーズと主要クラウド技術ベンダー3社が共同でセミナーを開催し、ハイブリッド/マルチクラウドの最適化についての選択肢を説明した。(2024/1/16)

サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストを支援:
Google Cloud、パフォーマンスとリソースの最適化に役立つ3つのOSSツールを公開
Google Cloudは、Google Cloud上のKubernetesクラスタの最適化に役立つ、サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストといったタスクを支援するオープンソースツールを公開した。(2023/12/20)

オフィス回帰で浮かび上がった「新たな悩み」:
「席がない」「会議室もない」を解決する“オフィスの最適化”とは
オフィス回帰が本格化する中、「出社したが、座る席がない」「会議室が取れない」といった不満の声が上がっている。オフィスの増床を考える前に、オフィスの利用状況を「見える化」することで問題の解決につながる可能性もある。(2023/12/19)

建機自動化:
約400km離れた場所から除雪車をリモート操作、NTT Com
NTTコミュニケーションズとARAVは、宮城県のコックピットから千葉県に設置した除雪車をリモート操作する実証実験を実施した。モバイル回線に最適化した映像伝送技術や、インターネットを経由しない通信処理技術を用いている。(2023/12/13)

3Dプリンティング:
金属3Dプリンタをプラント建設工事へ日揮グローバルが本格検討 ジェネレーティブデザインで形状最適化
日揮グローバルは、金属3Dプリンタのプラント建設工事への本格導入に向けた適用検証を行った。3Dプリンタで直接構造物を造形することで、機器や配管部材の設計から製作や施工へのリードタイムの短縮や複雑で自由度の高い造形が現地で可能になる。(2023/12/7)

BIM:
清水建設とAutodeskがMOU締結 ACCで“次世代建築プラットフォーム”構築へ
清水建設とAutodeskは、BIMの共通データ環境となる「Autodesk Construction Cloud」で施工BIMを活用し、施工図のワークフローや施工管理の最適化を実現すべく、戦略的連携を結んだ。(2023/12/5)

複雑化したIT環境の統制
クラウド運用コスト削減の要 “マルチクラウドの最適化”を進める方法とは
テレワークの普及を背景に企業でクラウドサービスの採用が加速し、企業システムの構造は複雑化している。IT人材の不足が叫ばれる中で、NECの事例からクラウド運用を効率化するヒントを探る。(2023/12/5)

ビジネス利用に最適化された生成AI「Amazon Q」登場 月額20ドルから
Amazon Web Services(AWS)が、ビジネス利用に特化した生成AIアシスタントサービスのプレビュー提供を開始した。ライセンス料金は1ユーザー当たり月額20〜25ドルと、競合企業の同種サービスよりも手頃であることが特徴だ。(2023/11/30)

AWSに新しいコスト最適化機能 リージョン・アカウント横断で料金を確認・変更可能
米Amazon Web Servicesが、新しいコスト管理機能「Cost Optimization Hub」(コスト最適化ハブ)の提供を始めた。(2023/11/27)

「プロセスマイニング」が身に付く人材育成プログラム Celonisと日本IBMが提供開始
Celonisと日本IBMは共同で、業務プロセス全体の最適化によりDXを推進する技術者育成を目指す「地域Celonis人財育成プログラム」の提供を開始した。「Celonis EMS」を活用し、プロセスマイニングや業務変革のノウハウなどを学習できる。(2023/11/27)

浜松ホトニクス C16767MA:
UV分光に最適化したミニ分光器マイクロシリーズを開発
浜松ホトニクスは、ミニ分光器マイクロシリーズ「C16767MA」を開発した。イメージセンサーの構造を改善してUV耐性を高めたほか、UVの分光に最適化すべく、回折格子の形状を改善している。(2023/11/22)

インフィニオン CYW55512、CYW55513:
Wi-Fi 6/6EとBluetooth5.4に対応したSoCを発表
インフィニオン テクノロジーズは、デュアルバンドWi-Fi 6 SoC(System on Chip)「CYW55512」と、トライバンドWi-Fi 6、Wi-Fi 6E SoC「CYW55513」を発表した。最大20dBmの送信出力に対して到達距離や出力を最適化したBluetooth 5.4 LE Audioも使用できる。(2023/11/20)

エンジニアの「経験則」に頼らない:
PR:AI活用でシステム設計の最適化は激変する! 生産性を10倍にするCadenceの最新ソリューション
エンジニアの経験則に頼っていた半導体パッケージや基板などのシステム設計が、AI(人工知能)技術の活用で大きく変わりつつある。独自の強化学習エンジンを搭載したCadenceの「Optimality Intelligent System Explorer」は、システム設計の最適化を自動化し、設計時間を大幅に短縮化するソリューションだ。ある事例では、イタレーションを従来の数千回から数百回に削減できたという。(2023/11/20)

Microsoft Ignite:
Microsoft、AI最適化チップ「Azure Maia 100」と汎用Armチップ「Azure Cobalt」
Microsoftは2つのカスタム設計チップ、AIに最適化した「Maia 100」とArumベースの汎用「Cobalt 100」を発表した。「インフラストラクチャスタックのすべての層を最適化して統合することが重要」とガスリー氏。(2023/11/16)

Azureクラウド上でNVIDIAの生成AI開発基盤が利用可能に
企業はAzureのインフラを利用しながら、生成AIに最適化されたGPUなど、NVIDIAのリソースを迅速に活用できるようになる。(2023/11/16)

確約利用割引(CUD)をマスターしよう【前編】
Google Cloudで利用できる「確約利用割引」(CUD)とは?
主要クラウドサービスには料金割引の仕組みがある。Google Cloudが用意している「確約利用割引」(CUD)の仕組みを必要に応じて使い分けることで、企業はクラウドコストを最適化できる。(2023/11/13)

プレイバック注目コンテンツ:
AIとクラウドが日本企業のCX(顧客体験)とEX(従業員体験)を変える
CX(顧客体験)とEX(従業員体験)を最適化するためのコンタクトセンターの在り方とはどのようなものか。関連記事で振り返ります。(2023/11/12)

Dolby Atmos対応ワイヤレスイヤフォン「Jabra Elite 10」発売 防水+MIL規格対応「Jabra Elite 8 Active」も
GNオーディオジャパンは、11月9日にワイヤレスイヤフォン2モデルを発売。Dolby Atmos 空間サウンドに最適化した「Jabra Elite 10」、米国MIL規格に準拠する耐久性を備えた「Jabra Elite 8 Active」を展開する。(2023/11/10)

Gartner Insights Pickup(325):
長期的なセキュリティ最適化を支える継続的な脅威エクスポージャ管理(CTEM)
さまざまなサイバー攻撃に対して、企業は対策を自動化したり、セキュリティパッチを導入したりしているが、全ての攻撃を防ぐことはできない。継続的に、ビジネスを大きく脅かす脅威への対処に注力すべきだ。(2023/11/10)

Google、広告サービス「P-MAX」に生成AI採用の新機能 テキストと画像の生成・カスタマイズなどが可能に
Googleの広告部門は、生成AI採用の広告サービス「P-MAX」に数クリックで最適化されたアセットを生成する機能と、プロンプトで画像の背景を変えられる機能を発表した。まずは米国で提供開始する。(2023/11/8)

OpenAI、改良版生成AIモデル「GPT-4 Turbo」を「GPT-4」より安価に提供へ
OpenAIは開発者会議DevDayで生成AIモデル「GPT-4 Turbo」を発表した。パフォーマンス最適化でGPT-4と比較してトークンの価格を大幅に値下げした。また、トレーニングデータを2023年4月までにした。(2023/11/7)

脱炭素:
収益を最大化する蓄電池の充放電計画を自動立案できるAIを開発
グリッドは社会インフラ特化型SaaS「ReNom Apps for Industry SaaS」の蓄電池制御最適化エンジン「ReNom Charge」を開発したと発表した。(2023/11/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
クラウドビジネスを最適化、事例に学ぶサブスク型インフラサービスの活用方法
顧客のニーズに応えるため、ファイル共有サービスの提供に踏み切った「FRT」。そのサービス基盤としてサブスクリプション型のインフラサービスで利用できるストレージソリューションを採用し、コストや運用面の課題解決につなげている。(2023/11/29)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
令和に蘇った「メタルギア」に不満続出!? ゲーム好きマンガ家が潜入捜査(プレイ)した
10月24日発売の「METAL GEAR SOLID MASTER COLLECTION vol.1」。各プレイ環境に対する最適化がキチンとされていないようです。(2023/11/4)

大規模言語モデルを企業ごとに最適化 KDDIが数十億円規模投資
KDDIの高橋誠社長が、自動で文章などを作成する生成AIの基盤となる大規模言語モデルを、利用する業界や企業ごとにファインチューニング(最適化)するためのスタートアップとの連携などに数十億円規模の投資を行う考えを明らかにした。(2023/11/2)

エネルギー管理:
「同時市場」で変動性再エネ電源をどう扱うか、FIT/FIP制度との整合性が論点に
現在導入に向けた制度設計が進んでいる「同時市場」。kWhとΔkWを同時最適化するこの市場において、重要な論点となるのが太陽光や風力といった変動性再エネ電源(VRE)の取り扱いだ。その方針について、主要な論点と具体的な制度の方向性をまとめた。(2023/11/2)

東芝 TLP3475W:
通過特性が1.5倍、高周波信号スイッチ向けフォトリレー
東芝デバイス&ストレージは、半導体テスターなどの高周波信号スイッチ向けフォトリレー「TLP3475W」の出荷を開始した。パッケージの最適化により、高周波信号の通過特性が従来比約1.5倍の20GHz(typ.)に向上している。(2023/11/1)

AI活用の「スマートビル」提供へ ソフトバンクと日建設計、合弁会社設立
携帯大手のソフトバンクと設計大手の日建設計は25日、ITや人工知能(AI)技術を用いて建物内の設備やデータを自動で最適化する「スマートビル」の構築を支援する合弁会社を12月1日に設立すると発表した。ソフトバンクの情報通信技術と日建設計の建築技術を掛け合わせ、自律管理や運営を行い、自ら進化するビルを広く普及させることを目指す。(2023/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.