• 関連の記事

「量子ドット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「量子ドット」に関する情報が集まったページです。

一部販路で予約受付開始:
ベンキューのminiLED×4Kゲーミングディスプレイ「MOBIUZ EX321UX」は5月31日発売 26万5000円
ベンキュージャパンが、MOBIUZブランドとしては初めてとなるミニLED適用ゲーミング液晶ディスプレイの発売日を5月31日に決定した。一部の販路では販売予約の受け付けも始まっている。(2024/5/15)

リモコンは独自デザイン:
パナソニックがスマートTV「VIERA(ビエラ)」のFire OSモデルを6月21日から順次発売 Fire TVシリーズ譲りの操作性を実現
パナソニックが1月に表明したスマートTVの「Fire OS」ベース化。その第1弾製品が、6月21日から順次発売されることになった。液晶パネル、有機ELパネルのいずれも選択可能で、スタンダードモデルを含めて全て4K解像度パネルを採用している。(2024/5/8)

数個の電子とテラヘルツ電磁波で:
光と電子の性質を併せ持つ「ハイブリッドな」量子状態を実現
東京大学は、光と電子の性質を併せ持つハイブリッドな量子結合状態を生成することに成功した。テラヘルツ電磁波と電子の両方を半導体ナノ構造中に閉じ込め、強く相互作用させることで実現した。大規模固体量子コンピュータへの応用を視野に入れている。(2024/3/4)

研究開発の最前線:
半導体量子ドット中における数個の電子とテラヘルツ電磁波の強結合に成功
東京大学は、半導体量子ドット中の電子とテラヘルツ電磁波との強結合状態に成功した。半導体量子ビット間の集積回路基板上での量子情報の伝送や、大規模固体量子コンピュータへの応用が期待される。(2024/3/1)

電子ブックレット(製造マネジメント):
いつ芽吹くか、2023年に発表された「イノベーションの芽」たち
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、新しい製品ジャンルや市場に挑戦した「2023年に発表された『イノベーションの芽』たち」をお送りします。(2024/2/8)

デル、CES 2024イノベーションアワード受賞のQD-OLEDディスプレイを発売
デル・テクノロジーズは、Alienwareゲーミングディスプレイ「AW3225QF」「AW2725DF」を発売した。価格はAW3225QFが15万9800円、AW2725DFが11万9800円(税込み)。(2024/2/6)

モバイルディスプレイの道:
有機EL採用でスタイラスも付属! ペンタブレットのように使える4K対応15.6型モバイルディスプレイを試す
イーホームウェイの15.6型モバイルディスプレイ「O156DSR」は、前回紹介した17型モデル「E170DSR」と何が違うのか。実機を交えてチェックした。(2024/2/1)

モバイルディスプレイの道:
量子ドット採用、付属のスタイラスでペンタブのようにも使える EHOMEWEIの17型モバイルディスプレイ「E170DSR」を試す
量子ドット方式を採用した17型のモバイルディスプレイ「E170DSR」をレビューする。付属のスタイラスタッチペンを用いたペン入力にも対応するなど、付加価値も多い一品だ。(2024/1/31)

アキラルな分子で円偏光を発生:
ペロブスカイト量子ドットからマルチカラー発光
近畿大学は、半導体材料の「ペロブスカイト量子ドット」に対し、外部から磁力を加えることで「円偏光」を発生させ、その組成を変えるだけで「マルチカラー円偏光」を発生させることに成功した。加える磁力の方向を変えれば、全ての色について円偏光の回転方向を制御できることも明らかにした。(2024/1/24)

DellのゲーミングノートPC「Alienware」もCore Ultra搭載! 最大480Hz対応の有機ELゲーミングディスプレイも
Dell Technologiesが、AlienwareブランドのゲーミングノートPCと周辺機器の新製品を発表した。Core Ultraプロセッサを搭載してAI処理能力をより高めたノートPCや、リフレッシュレート360Hzの有機ELゲーミングディスプレイなど、見どころは多い。(2024/1/9)

CES 2024:
HPがOMEN/Victus/HyperXブランドのゲーミング製品を一挙発表 可搬性を高めたゲーミングノートPC「OMEN Transcend 14」など
HPが、PCと周辺機器の新製品を発表した。この記事ではOMEN/Victus/HyperXブランドで展開される新しいゲーミング製品を紹介する。(2024/1/8)

2023年は買う基準が激変!? 試して分かった思わず口コミしたくなるアイテムはこれだ!
PCやIT業界はAIや新しいCPUの登場でさまざまなキーワードが出回っているが、日々の生活に役立つのは何もPCだけではない。ここでは、2023年に試して分かった気になるアイテムの魅力をまとめた。(2023/12/30)

研究開発の最前線:
1000兆分の1アンペアレベルの微小電流標準の確立へ、産総研とNTTが前進
産総研とNTTは、シリコン量子ドットを用いて電子を1粒ずつ精密に制御して大きさの決まったpA単位の微小電流を発生させることに成功したと発表した。fA(1fAは1000兆分の1A)までを含めた、nA以下の微小な電流を正確に発生、測定するための“微小電流標準”の開発につながる成果となる。(2023/12/21)

Amazonブラックフライデー:
MSI製ノートPCやディスプレイが最大32%もお得に買える! Amazon先行セール〜ブラックフライデー
11月22日にスタートした、Amazonブラックフライデー先行セール。MSIも先行セールに参加しており、各種ノートPCやディスプレイを出品している。割引率は最大でそれぞれ27%と約32%と、お得になっている。(2023/11/22)

JAPANNEXT、240Hz駆動に対応した27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
JAPANNEXTは、高リフレッシュレート表示をサポートした27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「JN-IPS27FHDR240-N」を発売した。(2023/11/13)

福田昭のデバイス通信(428) 2022年度版実装技術ロードマップ(52):
コンピューティングと計測・センシングの限界を打破する量子技術(後編)
今回は「2.6.5.2 量子コンピュータ」と「2.6.5.3 量子計測・センシング」の概要を紹介する。(2023/10/27)

Innovative Tech:
眼鏡レンズに搭載できる「ほぼ透明なイメージセンサー」 視界を邪魔せず眼球の動きを追跡
スペインの研究機関「ICFO」に所属する研究者らは、ほぼ透明なイメージセンサーを提案した研究報告を発表した。(2023/9/28)

量子コンピュータへの応用に期待:
高速量子ビット読み出し手法をグラフェンで実現
東北大学の研究チームは、微小なグラファイト電極を用い、二層グラフェン量子ドットにおける高周波反射測定を実現した。グラフェン量子ドット電荷計を垂直配置することで、高速/高精度な量子ビット読み出しが可能になるという。(2023/7/26)

量子コンピュータ:
量子ビットを動かせばいい、シリコン量子計算機の課題を解決する常識外れの新方式
日立製作所はシリコン量子コンピュータについて、従来より効率良く量子ビットを制御できる新方式「シャトリング量子ビット方式」の効果を検証したと発表した。(2023/6/16)

MSI、170Hz駆動をサポートした湾曲27.5型/31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュ表示をサポートした湾曲27.5型/31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ2製品を発売する。(2023/6/8)

COMPUTEX TAIPEI 2023:
大型ハイスペック曲面ディスプレイや超高速SSDで総合力を見せるMSIブース
久しぶりに対面開催となった「COMPUTEX TAIPEI 2023」は、PCを含むICT業界関係者を中心に大きなにぎわいとなっている。この記事では、台湾の大手メーカーであるMicroStar-International(MSI)ブースの様子を紹介する。(2023/6/1)

移動度は従来の1000〜100万倍:
高移動度の半導体コロイド量子ドット超格子を実現
理化学研究所(理研)は、エピタキシャル接合により作製した「半導体コロイド量子ドットの超格子薄膜」が、従来の1000〜100万倍という高い移動度になることを確認した。作製した薄膜はキャリアドープにより、金属的伝導性を示すことも明らかにした。(2023/6/1)

量子ドットに保護層を形成:
キヤノン、耐久性に優れた量子ドットインクを開発
キヤノンは、ペロブスカイト構造の「量子ドットインク(ペロブスカイト量子ドットインク)」を開発し、実用可能な耐久性があることを実証した。8K対応の量子ドットディスプレイなどに適用可能だという。(2023/6/1)

MSI、「COMPUTEX TAIPEI 2023」で最新製品を一挙公開
台湾MSIは、台北にて開催されている「COMPUTEX TAIPEI 2023」にて、同社が投入する新製品を公開した。(2023/5/30)

イノベーションのレシピ:
キヤノンがペロブスカイト量子ドットインクを開発、実用化可能な耐久性を実証
キヤノンは、次世代の量子ドットディスプレイに適用可能な材料として、ペロブスカイト構造を持つ量子ドットインク(ペロブスカイト量子ドットインク)を開発し、実用化可能な耐久性を世界で初めて実証した。(2023/5/30)

組み込み採用事例:
光配線用シリコンフォトニクスチップ向け量子ドットレーザー6万個を出荷
QDレーザは、アイオーコアより量子ドットレーザー6万個を量産受注し、2023年5月から出荷を開始する。量子ドットレーザーは、光配線用シリコンフォトニクスチップ「IOCore」に搭載する。(2023/5/17)

Meta Quest Proをハイブリッドワークで使って見る(前編)
Meta(旧Facebook)のVRヘッドセット最新モデル「Meta Quest Pro」。「Meta Quest 2」の上位モデルとなるが、まずは実機を細かくチェックした。(2023/5/16)

ITワード365:
【クイズ】「国内のメガバンク5行の出資会社が運営する、1件あたり10万円までの小口送金サービス」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/2)

MSI、QD-OLEDパネルを採用した湾曲34型ウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社初となるQD-OLEDパネル採用の34.18型ゲーミング液晶ディスプレイ「MEG 342C QD-OLED」を発表した。(2023/4/20)

スマホへの採用で急拡大へ:
短波長赤外イメージング市場、2028年に29億ドル規模に
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年4月、短波長赤外(SWIR)イメージング市場が2022年の3億2200万米ドルから年平均成長率44.2%で成長し、2028年には29億米ドル規模になるという予測を発表した。(2023/4/13)

MSI、170Hz駆動に対応した27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、170Hz駆動に対応した27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ「G274QRFW」を発表した。(2023/2/8)

グラフェンナノリボンを活用:
量子ドットデバイスを集積化合成する技術を開発
東北大学は、グラフェン量子ドットデバイスの集積化合成技術を開発した。同一基板内に複数のデバイスを形成し、その半数以上でクーロンダイヤモンドを観測するなど、大規模集積化の可能性を実証した。(2023/1/11)

半導体量子コンピュータ実現へ:
量子ドット2次元配列、微小磁石で電子スピン制御
九州大学と大阪大学の研究グループは、量子ドットを2行2列に配列したアレイで、電子スピンの制御に用いる微小磁石について、その形状を最適化する設計手法を開発した。大規模な半導体量子コンピュータの開発に弾みをつける。(2022/12/16)

次世代高効率ディスプレイ向け:
Cdフリー量子ドットでRGB画素をパターニング
シャープとシャープディスプレイテクノロジー(SDTC)および東京大学は、カドニウム(Cd)を含まない量子ドットでRGB画素のパターニングを行い、電流注入で発光させることに成功した。環境負荷が小さく、高い輝度とコントラスト、高色域を可能にした自発光型ディスプレイの実用化を目指す。(2022/12/15)

シャープ、「CES 2023」でAR/VR向デバイスを披露予定
シャープは、2023年1月5日〜8日に開催される米国のテクノロジー見本市「CES 2023」へ出展。VR用の超軽量HMDプロトタイプの他、超小型カメラモジュールや衝突を抑制する距離センサーを備えたAR/VR向けデバイスも初出展する。(2022/12/13)

量子ドットで自発光の「ナノLEDディスプレイ」実用化へ一歩 シャープと東大、RGB画素の形成に成功
シャープと東京大学は12日、量子ドットでRGBの画素を形成し、電力により発光させることに成功したと発表した。液晶や有機ELに代わる次世代の自発光ディスプレイを実現するという。(2022/12/12)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(9):
「令和版所得倍増計画」の正体 〜全国民参加の不労所得獲得戦略
今回は、「令和版所得倍増計画」について、もう一歩踏み込んで分析してみました。その結果、この計画は、「日本の国民全員参加による、不労所得の獲得戦略」であることが見えてきました。うん、ならば意外に悪くはない、一口乗ってみるかという気にもなってきます。(2022/12/1)

EE Exclusive:
「量子コンピュータ」〜社会実装は遠くても高い注目度
ここ数カ月の主な量子コンピュータを含め、量子技術関連のニュースをまとめる。(2022/11/15)

脱炭素:
人工光合成の市場調査結果を発表、ソーラー水素市場は2050年に95億円規模に
矢野経済研究所は、人工光合成の世界市場調査を実施し、研究開発動向や実用に向けた課題、ソーラー水素の世界市場規模などを公表した。ソーラー水素の世界市場は、2050年には95億400万円まで拡大すると予測する。(2022/11/14)

QDの動的構造も原子レベルで解明:
東京大、純青色発光量子ドットの精密合成に成功
東京大学は、純青色発光量子ドットを高精度かつ無欠陥で合成し、ディスプレイ発色の国際規格「BT.2020」が定める「純粋な青色(467nm)」に極めて近い発光波長(463nm)を実現した。(2022/11/14)

新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」発表 価格は22万6800円
(2022/10/12)

「Meta Quest Pro」正式発表 Meta初のハイエンドVRヘッドセット 22万6800円
米Metaは、新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」を発表した。同社のヘッドセット「Meta Quest 2」の上位モデルで、エンタープライズ用途も考慮されている。価格は22万6800円(米国は1499ドル)。(2022/10/12)

AmazonがDolby Vision QI対応「Fire TV Omni QLED」を発表 米国とカナダで販売
Amazonが米国とカナダで新型スマートTVを発売する。QLED(量子ドットディスプレイ)を採用することで鮮やかな表示を実現したことが特徴で、Dolby Vision IQにも対応する。(2022/9/29)

Amazonの秋のハードウェアイベントまとめ マルジナリア可能なKindleや睡眠サポートランプなど
Amazonが恒例の秋のハードウェア発表イベントをオンラインで開催した。書籍への書き込み(マルジナリア)可能な「Kindle Scribe」やスマートなベッドサイドランプなど多数の新製品が発表された。Kindle Scribeは日本でも発売する。(2022/9/29)

量子コンピュータの大規模化に対応:
理研、シリコン量子ビットで量子誤り訂正を実現
理化学研究所(理研)は、シリコン量子ドットデバイス中の電子スピンを用いて、3量子ビット量子誤り訂正を実証した。シリコン半導体を用いた量子コンピュータを実現するための基本技術として注目される。(2022/8/26)

日本が開発の中心地に:
PR:「中型パネル市場に革新をもたらす」、日本発の技術がディスプレイデバイスを一変する
ディスプレイの駆動や高精細化に欠かせないディスプレイデバイスIC(DDIC)。ディスプレイとともに技術の進化が続いている分野だ。実は今、ノートPCなどに使われる中型パネルの分野を一変させるDDIC技術が登場している。しかもそれを手掛けているのは、ある日本企業だ。OmniVision Group同企業を買収し、中型パネル市場でイノベーションを仕掛けようとしている。(2022/8/25)

PR:HUIONの新「Kamvas Pro」シリーズは持ち運べる液タブの注目モデルだ!
HUIONの液晶ペンタブレット新モデル「Kamvas Pro」は、持ち運びも可能な注目のシリーズだ。イラストレーターのrefeia先生がチェックしたぞ!(2022/8/10)

富士キメラ総研が世界市場を調査:
ディスプレイデバイス市場、2021年をピークに減少
近年のディスプレイデバイス世界市場は、2021年にピークを迎え、それ以降は減少傾向が続く見通しである。富士キメラ総研が、ディスプレイデバイスと関連部材の世界市場を調査した。(2022/7/28)

MSI、量子ドット技術+有機ELパネルを採用した曲面34型ウルトラワイドゲーミングディスプレイ
台湾MSIは、有機ELパネルを採用した曲面設計の34型ウルトラワイドゲーミングディスプレイ「MEG342C QD-OLED」を発表した。(2022/5/27)

組み込み開発ニュース:
量子インターネット技術の構築を促進する、新しい量子ドットを開発
大阪大学産業科学研究所は、光子−電子変換効率の高い「GaAsゲート制御型量子ドット」を開発した。量子暗号通信の長距離化や、量子インターネットに利用できる可能性がある。(2022/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.