• 関連の記事

「課題解決」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Marketing Dive:
Googleが広告業界の救世主になると勝手に期待してはいけない理由
GoogleによるサードパーティーCookie廃止を目前に控え、広告業界はターゲティングや計測の課題を解決する方法を模索している。マーケターが現実的に取り得る手段とはどのようなものか。(2024/2/19)

月額1万2000円から:
ChatGPTと連携してコンテンツ作成を支援 「シャノン コンテンツアシスタント」を提供開始
マーケティングのコンテンツ制作業務における「時間がかかりすぎる」や「複数案の提案が難しい」といった課題解決を目指す。(2024/2/14)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:「6つのメガトレンド」に照準 2023年の難局を切り抜け、長期成長の基盤を固めたMicrochip
5GやIoT、データセンター、eモビリティなど「6つのメガトレンド」にフォーカスして事業展開を進めるMicrochip Technology。2023年は世界的に半導体需要が減速する中にあっても、長期的成長に向けた戦略を推進し、難局を突破した。引き続き需要の先行きが見えない2024年だが、マクロ経済環境が好転した際に機を逃さない万全の態勢を整備し、主要メガトレンド分野における顧客の課題を解決するトータルシステムソリューションを強化しているという。今回、同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/2/8)

分かっていても徹底できないことはある:
PR:セキュリティ対策コスト削減の鍵は「点検作業の自動化」にある
働き方が多様化する中、エンドポイントを狙う攻撃は後を絶たない。セキュリティツールを導入する以外にもPC設定の見直し、OSアップデートなど対策はあるが、手動では限界がある。課題解決の鍵は「設定の点検自動化」にある。(2024/2/2)

FAニュース:
分解能1μm以下のX線源を搭載したナノ-マイクロマルチフォーカスX線傾斜CT
マーストーケンソリューションは、分解能1μm以下のX線源を搭載したX線傾斜CT「MUX-6410」を発表した。従来のX線源の、高出力だとX線焦点が大きくなり分解能が低下するという課題を解決している。(2024/2/1)

スマホ不要の生体認証で買い物可能な時代へ
“安全と利便性”を両立した「生体認証」活用で東武鉄道と日立がめざす未来とは
東武鉄道と日立製作所は生体認証を活用することで、消費者の利便性向上や社会課題の解決をめざす。両社が共同開発したデジタルアイデンティティーの共通プラットフォームについて、求められた技術要件や課題、今後の展望と併せて紹介する。(2024/2/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
生成系AIの焦点はどこ? 最新レポートから見えてきたユースケースと課題解決策
ビジネスの在り方を変革し、新たなイノベーションをもたらすものとして期待される生成系AI。最新の調査結果からは、ビジネスの現場における生成系AIの活用状況のみならず、克服すべき課題が見えてきた。(2024/1/31)

イノベーションのレシピ:
リコーの共創活動拠点「RICOH BIL TOKYO」が20倍に拡張、最新AIで課題解決を加速
リコーが、品川エリアにリニューアルオープンする顧客との価値共創活動拠点「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE TOKYO(RICOH BIL TOKYO)」を報道陣に公開。最新のAI技術を活用した同所の特徴やリニューアルオープンの狙いについて説明した。(2024/1/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

元エンジニアに学ぶ「スクラムセールス」 1年で受注額を4.5倍にした「脱・分業」型営業とは
営業全員で全顧客・全プロセスに対応する「スクラムセールス」――従来の分業型セールスの課題を解決し生産性を大幅に向上させるための方法とは。(2024/1/26)

ICT:
戸田建設など4社がレーザー投影墨出しの「Mechasys」へ出資 量産モデル展開を支援
戸田建設や東急建設など4社は、建設業/製造業向けのレーザーレイアウトシステムを開発するカナダのMechasys(メカシス)へ出資した。Mechasysのシステムが墨出し作業の課題解決につながるとして、日本国内での普及を促す考えだ。(2024/1/26)

B2Bマーケターのための広報入門【第5回】:
広報を迷わせる5つの理由とその解決方法
広報業務はマーケティングとは似て非なるものです。故にその効果測定のあるべき形に悩む人は少なくありません。課題解決のヒントとなる考え方を紹介します。(2024/1/15)

今からでも遅くない!:
壁打ち、英語で返信……生成AIおすすめプロンプト3選
今回は「英語のメールに返信する」「イベントの企画を考える」「身勝手な後輩への対応方法を相談する」――という3つのビジネスシーンを想定。生成AIにどのような質問を投げかければ課題解決に役立つのか、具体的なプロンプトを紹介したい。(2024/1/9)

Intel、Samsungの動きにも注目:
2030年までに1nm製造へ、TSMCがロードマップ実現に自信
TSMCは2023年12月に開催された「IEDM 2023」で、半導体製造プロセスのロードマップについて言及した。同社は2030年までに、1nm世代での製造を開始する予定で、それまでに技術面や財務面での課題を解決できると自信を見せた。(2024/1/9)

照明演出:
建材カンパニーが間接照明ユニット「N-PITA」紹介サイトをリニューアル
野原グループの建材カンパニーが、間接照明ユニット「N-PITA」の製品紹介サイトをリニューアルした。設計者が抱える間接照明の納まりに関する課題を解決すべく、N-PITAの特長や設計通りに納まる理由、さまざまな照明方式への対応例などを紹介している。(2024/1/9)

ノートPC不要の時代がすぐそこに【前編】
「ノートPC不要論」を再燃させた“シンクライアントの進化”とは
ノートPCはしばしば、管理作業の複雑さや、デバイスが重く持ち運びしにくいことが課題として挙げられる。こうした課題を解決するのが、シンクライアントだ。ノートPCがシンクライアントに完全に置き換わる未来はあるのか。(2024/1/6)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
富士通の時田社長「日本語の生成AI開発は重要」 改良を続けることに「ゴールはない」
富士通の時田隆仁社長に、2024年の展望を聞いた。生成AI、社員の行動変容、社会課題の解決に向けた新事業「Fujitsu Uvance」。同社はどこへ向かっていくのか――。(2024/1/5)

マーケティングにおけるコンテンツ制作の課題を解決:
シャノン、ChatGPTと連携してコンテンツ作成を支援する「シャノン コンテンツアシスタント」を発表
企業がマーケティング活動をする上で避けて通れないコンテンツの作成の課題を解決する。(2023/12/26)

素材/化学メルマガ編集後記:
試験合格の目的化は甘いワナ、学ばせて課題解決で使わせる教育こそ人材育成の近道
使える教育方法についてつらつら語っています。(2023/12/25)

企業の再エネ導入のハードルを下げる:
PR:製造業の「再エネ活用」の課題を解決、京セラが展開する新事業とは?
製造業の経営課題となっている再エネ活用だが、その具体策の選定に悩む経営層や企業のCSR担当者も多い。京セラがこうした製造業の再エネ活用の課題解決に向けて、再エネ導入のハードルを下げる新サービスを発表した。その内容とは?(2023/12/27)

読者アンケート実施中!!:
【終了しました】「2024年問題の対応状況と建設ICT導入の実態」に関するBUILT読者調査
BUILT編集部では、建設業の課題解決となるメディア作りのため、毎年恒例の「読者アンケート」を2023年も実施していす。アンケートは10分ほどで終わる内容です。ご回答いただいた方の中から抽選で6名様に、Amazonギフトカード5,000円分をプレゼントいたします。(2023/12/21)

「グリーンAI」の実践例を紹介
SubwayもCoca-Colaも使うサステナビリティツール「Ubuntoo」とは?
サステナビリティ(持続可能性)推進に悩む企業にとって、AIツールは課題解決の一つの手段となる。その具体的な機能や活用方法とは。Subwayの導入事例と併せて紹介する。(2023/12/21)

赤字ローカル線は「バス転換」より「自家用車転換」 JR出身の専門家が提言
ローカル線の廃止といえば「バス転換」が主流だが、バスよりも自家用車に「転換」するべきだと提言する研究者がいる。その先には自動運転による課題解決も視野に入る。(2023/12/18)

近大のチョウザメ研究で「メスだけを生む“超メス”」選抜に成功 養殖キャビアの生産効率向上に期待
ロシアチョウザメは外見では雌雄を見分けられないため、生殖腺が発達するまでの数年間はオスも飼育する必要があるという課題の解決に期待。(2023/12/15)

クルマ、家だけではなく「人」もシェアリング 高齢化進む地方創生のカギになるか
民泊やカーシェアなど、モノやスペース、資産を個人間で共同利用、共有するサービス「シェアリングエコノミー」。地方では、「人口減や高齢化といった社会的課題の解決に役立つのでは」と注目されている。(2023/12/14)

医療機器ニュース:
医療とヘルスケア領域でマルチモーダル基盤モデルを用いた新事業を開始
PFDeNAは、健康寿命の延伸と医療分野における社会課題解決を目指し、医療およびヘルスケア領域において、マルチモーダル基盤モデルを活用した新事業を開始した。医療、ヘルスケアのデータで訓練した基盤モデルを開発する。(2023/12/14)

ローコード×機械学習でアイデアを形にする:
PR:課題解決型学習を通して地域課題を解決する公立千歳科学技術大学の挑戦
学生たちは地域の課題を解決するために、ローコード開発ツールとAppleが提供する機械学習モデル作成ツール「Create ML」を組み合わせて、支笏湖の鏡面現象予測アプリを構築した。(2023/12/12)

体系的な知識が「自信」と「キャリアアップ」につながる:
PR:非エンジニアがAWS認定資格を取るべき「2つのワケ」は?
「AWS認定資格はエンジニアのためのもの」という認識は古くなりつつある。「DX」と「SX」によりワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーであるTOPPANホールディングスでは全社的に同資格の取得を推進している。AWS認定資格取得で得られる「全社的なIT知識の底上げ」が個々の従業員のキャリアアップと事業にもたらすメリットとは。(2023/12/25)

確実な事業継続を可能にするには
「これからのストレージ」に求められる4つの視点とは? あるべき姿を再考
「サステナビリティの追求」や「データドリブン経営」といった現代の企業の課題解決においては、ストレージが重要な役割を担う。ストレージ構築で考慮すべきことは容量の設計だけではない。“理想のストレージ”を実現する方法とは。(2023/12/7)

社内AI人材育成の実際は? DX推進担当者の声、受講者の声:
ポーラ・オルビスホールディングスが取り組むAI人材育成 現場の声は
ポーラ・オルビスホールディングスがAI人材育成を進める。非IT人材にプログラミングの基礎から本格的なデータ分析の手法までを教育し、業務課題の解決につなげている。データ分析やAI人材育成をテーマに執筆活動などを幅広く手掛ける筆者が研修の企画者と受講者にそれぞれの感触を聞いた。(2023/11/29)

ZEB:
最も厳しい“景観条例”の京都市で実現、外皮を変えない既存建物のZEB化
京都市は、民間企業の技術を活用した公民連携の課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」を展開している。その一環で、パナソニック エレクトリックワークス社は、市と連携して、既存建物をZEB化するプロジェクトに乗り出した。(2023/11/28)

足元を温める意外な方法で爆売れ! 細かなニーズに対応した“踏むヒーター”はどうやって誕生したのか
「眠くならないようにしたい」「オフィスで目立ちすぎるのはちょっと……」といった足元を温めるグッズに感じていた課題解決を目指した新商品が完売した。足を置くとつま先のほうからすぐに温かい風が穏やかに出るというアイディアが生まれた背景を聞いた。(2023/11/21)

導入事例:
PR:SPDMの活用によりハブベアリング設計業務の課題を解決したNTNの取り組みとは
製品の要求仕様や性能が多様化・高度化し、CAE活用と解析関連のデータを一元管理して資産化するSPDM運用の重要性が高まっている。精密機器メーカーのNTNはハブベアリングの設計業務の課題に対し、SPDMを基盤とする独自の統合計算自動化システムを構築することで解決を図った。(2023/11/27)

日本情報通信株式会社提供Webキャスト:
PR:EDIデータを統合して管理を効率化、製造業・流通業のDXを後押しするOMSとは?
取引先ごとに独自の仕様が存在するEDIは、製造業・流通業において、さまざまな課題を発生させる原因となっている。これらの課題を解決するには、EDIデータの統合・管理を実現するOMS(Order Management System)の導入が必要だ。(2023/11/17)

企業よ、ランサムウェア対策の前に“サイバーセキュリティ負債”を解消せよ
ランサムウェア攻撃が激化する中、これに向けた対策は企業の喫緊の課題だ。しかし企業が抱えている「サイバーセキュリティ負債」がこの課題の解決を阻んでいるという。(2023/11/10)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
クラウドビジネスを最適化、事例に学ぶサブスク型インフラサービスの活用方法
顧客のニーズに応えるため、ファイル共有サービスの提供に踏み切った「FRT」。そのサービス基盤としてサブスクリプション型のインフラサービスで利用できるストレージソリューションを採用し、コストや運用面の課題解決につなげている。(2023/11/29)

課題山積で「クラウドスマート」が必要な時代
ビジネス目的とシステム特性に応じてスマートに使えるハイブリッドクラウドとは
クラウド活用が進んだ結果、ビジネスニーズを満たすためにハイブリッドクラウドでシステムを運用する企業が増えている。それに伴い顕在化した課題を解決し、ITインフラを最適に活用するにはどうすればいいのか。(2023/11/15)

いつでもどこでも無線で充電:
メタサーフェスで、無線電力伝送システムの伝送効率を大幅に向上
九州大学は、無線電力伝送(WPT)システムにおいて、送信機と受信機間の磁場を制御するための「メタサーフェス」を新たに開発した。これを応用することでWPT利用時の伝送距離や位置ずれといった課題を解決し、これまでにはないワイヤレス充電環境を実現できるという。(2023/11/2)

日立が組織再編を発表 AI時代に対応することが目的か
日立はグローバルでの組織再編を発表した。変化するビジネス環境に適応し、企業が抱える課題の解決に貢献するという。(2023/11/1)

9600万の顧客基盤を基に流通小売業の課題を解決する「ドコモリテールDXプログラム」、GAFAにない強みとは?
NTTドコモが保有する9600万を超えるdポイントクラブ会員の属性情報や位置情報などを活用。小売業向けのDX支援プログラムを提供する。(2023/10/31)

電子ブックレット(メカ設計):
設計現場の課題解決に役立つヒント集
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、設計者や設計現場が抱える課題にスポットを当て、その課題解決に役立つセミナーやイベント講演を厳選した「設計現場の課題解決に役立つヒント集」をお送りします。(2023/10/30)

セキュリティ対策としてのAWS移行のススメ:
中堅・中小企業がビジネスとセキュリティを両立するためのAWS活用術
セキュリティ対策かビジネスのミッション達成か――。これまで中堅・中小企業が抱えていた課題を解決するためにAWSが有効なワケとは。(2023/10/27)

AIとクラウドの活用で2030年までに1.9兆円相当の生産性向上効果:
中堅中小企業のクラウド導入を加速させる「重要な5つの推奨事項」 AWSが発表
AWSは、AIとクラウドを活用して社会課題の解決に取り組む中堅中小企業に関するレポートを発表した。中堅中小企業がクラウド主導の技術を採用することで、2030年には医療、教育、農業の分野全体で年間総額1兆9000億円相当の生産性向上効果と520万人の雇用が生み出されるという。(2023/10/26)

ジャパンモビリティショー2023:
改めて品質第一を訴える日野自動車、物流2024年問題への対応で子会社が存在感
日野自動車が「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」でプレスカンファレンスを開催。重視する「総合品質」を訴えるとともに、カーボンニュートラルへの貢献や、2024年問題に代表される人流/物流の課題解決への取り組みを紹介した。(2023/10/26)

流通小売企業向け「ドコモリテールDXプログラム」提供 9600万超のdポイントクラブ会員データを活用
NTTドコモは、流通小売業のマーケティングをサポートする「ドコモリテールDXプログラム」を提供開始。同社が保有する各種データを組み合わせ、独自AIエンジン活用で統計化して課題解決をサポートする。(2023/10/25)

相互運用性、効率性、パフォーマンスが向上:
OSSのストレージフレームワーク「Delta Lake 3.0」公開 DWHの課題を解決
Linux Foundationはデータレイク上にレイクハウスアーキテクチャを構築できるオープンソースのストレージフレームワークの最新版「Delta Lake 3.0」の一般提供を開始した。(2023/10/24)

製品導入の検討段階から導入まで包括的にサポート:
PR:IT担当者の課題解決を全方位的に支援する、デル・テクノロジーズの「5つの無償サービス」
企業が本当に実現したいことは製品の導入ではなく、その先にある課題解決だ。まずは、あるべき姿をイメージしながら実現手法を考えることが重要だ。(2023/11/2)

データドリブンなクラウド対応製品開発プラットフォーム:
PR:QCD実現と売れる商品開発を両立、プロセス・部門・人をつなげるコラボ環境とは
製造業の「QCD実現」「売れる商品の開発」を阻むさまざまな課題。製品開発に関わる全てのデータや情報をシームレスに連携させて人と部門間およびプロセス間のスムーズなコミュニケーションを実現するコラボレーション環境が課題を解決する。(2023/10/23)

CEATEC 2023:
スカウター型スマートグラスはなぜ見にくい? ソニーが樹脂導光板で課題解決
ソニーは、「CEATEC 2023」において、現在開発中のスカウター型のスマートグラスを披露した。聴覚障害者の会話支援や、外国人との会話におけるリアルタイム翻訳などの用途を想定している。(2023/10/20)

CEATEC 2023:
三菱電機、スマホで遠隔操作できるロボットやプラスチックリサイクル技術を披露
三菱電機は、「CEATEC 2023」において、力の入れ具合などをビジュアルでフィードバックを受けながら遠隔操作できるロボットソリューションや、プラスチックの効率的な分別技術など、さまざまな社会課題解決につながる先進技術を紹介した。(2023/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.