• 関連の記事

「サプライチェーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サプライチェーン」に関する情報が集まったページです。

SolarWinds事件の実行グループが新たに「国家的活動」を開始 その活動実態は?
Microsoftはロシアの脅威アクター「NOBELIUM」に関する情報を公開した。同社はNOBELIUMを2020年に発生したSolarWinds製品に関連した一連のサプライチェーン攻撃を引き起こした団体と同様だと分析している。(2021/10/27)

製造マネジメント インタビュー:
サプライチェーンから外されないためのサイバーセキュリティ対策
サプライチェーンの安全性確保を目的としたサイバーセキュリティ対策は「プロセス」と「エコシステム」の2つの観点から取り組む必要がある。特に最近では、大企業の要請で対策に取り組む中小企業も少なくない。対策を怠りチェーンから外されることは大きな経営リスクだ。(2021/10/27)

半径300メートルのIT:
実態調査で明らかになった「セキュリティ無関心層」の真実、IT担当の打ち手を考える
日本HPはIT部門とオフィスワーカーのセキュリティ意識に関する実態調査を発表しました。レポートによれば、約半数のオフィスワーカーがセキュリティリスクよりも、目前の業務を間に合わせることを優先していることが明らかになりました。(2021/10/26)

製造マネジメントニュース:
「現場」起点で融合、パナソニックとブルーヨンダーが歩むサプライチェーン改革
パナソニックの新たな事業会社の1つ「パナソニック コネクト」となる予定のパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社の戦略について2021年10月22日、同社社長の樋口泰行氏、同社上席副社長の原田秀昭氏、2021年9月に買収が完了したBlue Yonder CEOのGirish Rishi(ギリッシュ・リッシ)氏が、報道陣の合同取材に応じた。(2021/10/25)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
半導体“ビジネス”を清々しく感じられる日々はまだ遠く
ビジネスのところは、ドロドロ。(2021/10/26)

自動車メーカー生産動向:
自動車のサプライチェーン混乱、稼働調整した2020年8月を大きく下回る
半導体不足や東南アジアのロックダウンなど、世界的なサプライチェーンの混乱による自動車生産への影響が本格化してきた。日系乗用車メーカー8社合計の2021年8月のグローバル生産台数は前年同月から17.4%減少し、7月の同2.6%減から大幅に悪化した。台数ボリュームの大きな大手3社が軒並み2桁パーセント減らすなど、部品供給難の深刻さが伺える結果となった。(2021/10/25)

何が起きているのか:
ASEANでモテモテだった日本の企業 その将来に漂う暗雲
ビジネスシーンで、ASEANの有力財閥にモテモテだった日本企業。誠実な姿勢が評価されていたが、安心していられない事態になっていると筆者は主張する(2021/10/25)

DX時代のPLM/BOM導入(2):
製造業DXに必要なPLMの3段階デジタル化
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第2回はDXを実現するまでに必要な「3段階のデジタル化」を解説する。(2021/10/25)

湯之上隆のナノフォーカス(43):
TSMCが日本に新工場を建設! 最大の問題は技術者の確保と育成
TSMCが日本に工場を建設することを公表した。「なぜ」という疑問は残るが、それを考えていても仕方がないので、本稿ではTSMCが日本の熊本に新工場を建設し、継続して工場を稼働させるときの問題点を指摘したい。(2021/10/22)

頭脳放談:
第257回 TSMCが熊本に半導体工場を建設 でも本当に半導体不足なの?
TSMCが熊本に半導体工場を建設すると発表した。足元では半導体不足が続いており、これで半導体不足も解消される、という報道も見かける。でも、待ってほしい。本当に半導体は不足しているのだろうか? 半導体不足の原因を筆者なりに推測してみた。(2021/10/22)

PR:働き方が“リモートファースト”の時代に突入 企業がデジタルを前提とした環境構築で考えるべき“最重要課題”とは
(2021/10/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
気温1ケタ台の10月後半に届いた扇風機、家庭に迫る半導体不足
既に年末ムード漂うドイツでの出来事。(2021/10/21)

機械メーカーも部品調達遅れ、供給網見直し 東南アジア感染拡大で
東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大の影響が、機械メーカーにも広がっている。三菱電機は部品供給の遅れを受け、家庭用冷蔵庫の生産を一時停止。ダイキン工業やクボタもサプライチェーンの見直しを加速させている。(2021/10/21)

燃料電池車:
日本国内の水素関連市場は2035年度に4.7兆円、2020年度比268倍に
富士経済は2021年10月19日、日本国内の水素関連市場の調査結果を発表した。水素燃料から水素の輸送、供給、利活用を含めた水素関連市場は、2035年度に2020年度比268.6倍の4兆7013億円に拡大すると見込む。水素を使うための設備の普及から燃料の販売増加にビジネスが移行することで市場がけん引される。(2021/10/21)

攻撃者にとってテレワーカーは「魅力的なターゲット」:
約半数が「信頼できる有名なソフトウェアがあればサプライチェーン攻撃は怖くない」と認識 アクロニスがサイバー攻撃に関するレポートを発表
アクロニスは「Acronis Cyber Readiness Report」を発表した。それによるとテレワークへの移行準備ができていない企業の割合は80%を超えており、テレワーカーが攻撃者にとって「最も魅力的なターゲット」になっているという。(2021/10/21)

サイバー犯罪サービスの市場が成熟化:
70ドル以下で手に入る攻撃ツール、Microsoftがサイバーセキュリティレポートを発表
Microsoftはサイバーセキュリティ動向に関する年次レポート「2021 Microsoft Digital Defense Report」を発表した。「サイバー犯罪の現状」「国家の脅威」など6つの分野に焦点を当てている。5つの対策を実施することで基本的なセキュリティ対策を講じることができ、攻撃の98%を防ぐことが可能だという。(2021/10/20)

Microsoft、クラウド利用に伴う「サプライチェーン排出量」を可視化するツールを公開
Microsoftは、同社のクラウドサービスの利用に伴う二酸化炭素排出量を可視化するツール「Microsoft Emissions Impact Dashboard」を公開した。月別、サービス別、データセンター別に排出量情報を掘り下げることができる。(2021/10/21)

電気自動車:
トヨタが米国で車載用電池を生産、2030年までに3800億円投資
トヨタ自動車は2021年10月18日、EV(電気自動車)向けを含む駆動用バッテリーの生産で、2030年までに米国で3800億円(約34億ドル)を投資すると発表した。(2021/10/19)

製造ITニュース:
自動車業界向けクラウドERP、AWS 東京リージョンでの運用を開始
インフォアジャパンは、AWS アジアパシフィック(東京)リージョンで、自動車業界向けマルチテナント型クラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」のアプリケーション運用を開始した。(2021/10/19)

企業が抱える3つの気候変動リスク:
AI活用で気候変動リスクはどこまで低減できるか
世界経済フォーラムの「Global Risks Report 2021」が今後10年間で起こる可能性の大きい企業にとっての3大リスクとして「異常気象」「気候変動対策の失敗」「人間による環境破壊」を挙げるように、気候変動リスクへの対応は企業にとって大きな課題だ。ツールの活用でリスクはどこまで低減できるか。(2021/10/19)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
脱炭素を追い風にするために
村田製作所の脱炭素の取り組みが、エレクトロニクス業界に新たな追い風が吹くことになりますようにーー。(2021/10/18)

Supply Chain Dive:
P&Gやコカ・コーラら大手が結集 配送センターの集配、デジタルで非接触化の動きは定着するか
食料品や消費財の製造企業や大手の物流企業らが結集し、物流拠点でドライバーらが紙の書類をやりとりしていた従来の業務を本格的にデジタル化、効率化する技術の業界標準を策定した。ドライバーの滞留時間を短縮する他、これまで標準がなかった企業同士のデジタル情報のやりとりも標準化する。具体的にどのような動きが実現したのか。(2021/10/18)

機器の一元管理で人材、予算不足を解決
「UTM」の“もったいない”をなくす 機能性とパフォーマンスを両立させるには
企業のセキュリティ対策の基盤となるUTMはさまざまな機能を備える半面、全てを生かそうとすると処理に支障が出る恐れもある。UTMを使って最新のセキュリティ対策を実施しつつ、管理性も高めたセキュリティ運用はどうすれば実現できるのか。(2021/10/19)

NEC、ドコモの5G+ローカル5Gの“ハイブリッド5Gネットワーク”を構築
NECは共創施設「ローカル5Gラボ」へパブリック5Gとローカル5Gのネットワークを設置し、ハイブリッド5Gネットワークを構築したと発表。両ネットワークの切り替えに成功し、個別のニーズ対応やシームレスなデータ連携を可能とする。(2021/10/15)

EV販売台数は500万台に:
電動化加速でさらに高まる半導体需要、EVメーカーの対応は
英国の市場調査会社IDTechEXは、EVのバッテリー駆動のパワートレインによって車両に搭載される半導体は2倍以上に増えることから、「2021年の半導体需要は74億米ドル増加する」と予想している。しかし、クラウドコンピューティングやスマートフォンなど、パンデミックによって需要の拡大した他の分野と競合するため、ほとんどの自動車メーカーは減産を余儀なくされている。(2021/10/15)

Supply Chain Dive:
IT予算がないなら戦略で勝負だ 中小企業がサプライチェーンを劇的に改善する3つのポイント
AmazonやWalmartといった大手が巨額の投資を実行して倉庫にイノベーションを起こす一方、小規模なサプライチェーンを抱える中小企業にとっては「少ない投資で、大きな効果」を狙えるデジタル戦略が重要になる。今こそ役に立つ3つのポイントとは。(2021/10/15)

連載・DX時代のプライバシー:
改正個人情報保護法、業界で分かれる対応 DX企業はどう受け止めているのか
2022年4月に全面施行される改正個人情報保護法。DXを推進している企業、パーソナルデータの利活用を進める企業は、今回の改正をどのように受け止め、対応しているのか。(2021/10/22)

Supply Chain Dive:
Amazon vs. Walmart 出願特許に見るサプライチェーン効率化の知恵比べ
米国のリテール業界をけん引するAmazonとWalmartがリテールテックだけでなく物流関連技術の特許出願でもしのぎを削っている。直近の出願特許に見る両社の注力領域は全く別のベクトルを向いたものだった。今後のサプライチェーンの方向性を占う。(2021/10/14)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(1):
グローバルで戦う日本企業の戦略人事 今見直すべき“3つのポイント”
日本企業が、グローバル市場で活躍するには何が必要なのか?変化の激しい状況の中、今まさに求められている経営戦略・人事戦略のポイントを3つに絞り紹介する。(2021/10/14)

多要素認証を導入しただけで満足していませんか? 認証が回避される4ケースを紹介
多様な働き方に対応した認証基盤の構築に向け、多くの企業で多要素認証の導入が進んでいる。だがこれを“導入するだけ”では不完全だ。イスラエルのセキュリティ企業が認証を回避する4つのケースを解説する。(2021/10/13)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

IoTセキュリティ:
TCP/IPスタックの脆弱性「INFRA:HALT」に見る、組み込み業界の課題と対策
2021年8月に発表された制御機器で広く利用されているTCP/IPスタック「NicheStack」の脆弱性「INFRA:HALT」。この脆弱性を発見したForescoutのダニエル・ドス・サントス氏とJFrogのシャハール・メナーシュ氏の講演では、INFRA:HALTや組み込みシステムのサプライチェーンが抱えるセキュリティリスクの解説に加えて、セキュリティリスクに強い仕組み作りへの提案などが行われた。(2021/10/12)

自然エネルギー:
エネオス、再エネ大手のジャパン・リニューアブル・エナジーを2000億円で買収
エネオスが再エネ大手のジャパン・リニューアブル・エナジーを2000億円で買収。再生可能エネルギーなどの新事業の強化を図る。(2021/10/11)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
“欧州の野望”の実現を目指す「European Chips Act」
実現に必要な「3要素」とは。(2021/10/11)

「企業にとっての大きな脅威になり得る」:
PR:「ID、パスワードに頼り続けるのはリスク」――認証を強化する新たな一手とは
当たり前のように使っている「IDとパスワード」。流出すれば大きな被害が発生すると分かっていても、その仕組みを変えることは難しい。だが、有識者は「最も大きな問題は『流出した事実に気付けないこと』だ」と指摘する。(2021/10/1)

技術的主権の強化を目指す:
欧州が欧州半導体法「European Chips Act」の策定へ
欧州委員会委員長であるUrsula von der Leyen氏が2021年9月15日(現地時間)、一般教書演説の中で、「European Chips Act(欧州半導体法)」の策定に関する発表を行った。中国政府が半導体イノベーションに数十億米ドル規模の資金を投じていることや、米国議会が半導体の戦略的価値について合意に達したことなどを受け、EUは、主体的な最先端技術の実現を目指す法案を策定し、競争に参入していく考えを表明した。(2021/10/8)

次の仕事用マシンはWindowsか、Macか、Chromebookか、エンジニア3万人の声と経営者の見解
従業員の仕事用マシンに何を支給するのが最適だろうか。初期費用や管理費などの所有コストは判断の大きな指針となるが、それが全てではない。初期投資コストだけでなく生産性や運用のコストパフォーマンスに関する情報も精査して考える必要がある。(2021/10/11)

脱炭素:
既存システムともAPI連携可能、全事業所の電力消費量を可視化するデータ基盤
マクニカは「第1回 脱炭素経営 EXPO 秋」において、工場やビルなどを対象としたクラウド型のエネルギー管理プラットフォーム「Kisense」を展示した。(2021/10/8)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「脱炭素」は製造業の新たな飯の種になるのか
自社の省エネだけではなく新たなビジネスを立ち上げられる可能性があります。(2021/10/7)

コロナ禍でマイナス成長だった国内ITサービス市場 2021年、プラスの回帰の鍵は――IDC
IDCによると、国内ITサービス市場は、2020年に新型コロナウイルス感染症の影響などを受け、前年比2.8%減のマイナス成長となったものの、2021年以降はプラス成長に回帰する見通しだという。(2021/10/7)

「あなたのブランド買い取ります」 Amazon出品者を買収して海外展開するセラシオが日本上陸
Amazonなどで物販を行っている中小中堅の業者を買収して、海外展開などを行い事業を成長させる取り組みをしている企業がある。米国で急成長し、2021年から国内での活動も本格化させたセラシオだ。(2021/10/7)

サプライチェーン改革:
NECやOKIなど参加、サプライチェーンの調整業務効率化目指すコンソーシアム
NECは33の企業や組織と共同で、サプライチェーン上で発生しているさまざまな調整業務の効率化を目的とした「自律調整SCMコンソーシアム」を設立した。企業、組織、個人間での利害や挙動の調整業務の効率化を目指す。(2021/10/6)

Google CloudのCEOが描くインテリジェントオートメーションの姿
Google Cloudはどのようなオペレーションオートメーションの未来を描いているだろうか。同社が持つ技術、提携によって実現する機能を見ることで、Google流のインテリジェントオートメーションの未来像が見えてきた。(2021/10/6)

Armの新しい取り組み:
クラウドベースの車載ソフト開発を加速する「SOAFEE」
Armは2021年9月15日(現地時間)、ソフトウェアフレームワークプロジェクト「SOAFEE(Scalable Open Architecture For Embedded Edge)」を発表した。この取り組みには他の企業も参加しており、今後もさらに多くの企業が参加する予定だという。Armは、SOAFEEを「リアルタイムに動作し、安全性に配慮したオープンなソフトウェアアーキテクチャおよびリファレンスソフトウェア実装」と定義している。(2021/10/7)

もっと大きなことをしたい 独自性は堅持する――FCCL大隈社長インタビュー
2021年4月、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の社長が交代した。FCCLの発足以来社長を務めてきた齋藤邦彰氏からバトンを受け継いだのは、Lenovo出身の大隈健史氏だ。PC USERでは、大隈社長にインタビューする機会を得た。その模様をお伝えする。(2021/10/5)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米長期金利は上昇、米債務上限問題や供給網の混乱が重荷。インフレの長期化も懸念事項に
債務上限問題やサプライチェーンの混乱が重荷となり、ダウは月間で昨年10月以来の下落率となりました。先週のFOMCで量的緩和縮小の前倒しが示唆されてから、1週間を通じて米長期金利の急ピッチな上昇が目立ちました。(2021/10/5)

サイバースパイが日本を破壊する【後編】:
“中国依存”は大いなるリスク 日本の経営者が経済安全保障を重視しなければならない理由
岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。後編では日本の経営者に求められる経済安全保障への対応を聞く。(2021/10/5)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
重要インフラ行動計画、環境の変化を考慮して継続的に改定していくことが重要――NISC 結城則尚氏
我が国の重要インフラ防護政策は、2000年から開始され、20年が経過したところ。サイバーを取り巻く脅威はとりわけ近年増大しており、こうした状況を踏まえ、事業者の成熟度、多様性を考慮した改善策が今日的な課題となっている。(2021/10/5)

需給は高まるが脆弱性も増加:
OSSのサプライチェーン、脆弱性に課題あり
オープンソースソフトウェアは供給、需要のどちらも大幅な伸びを見せている。しかし脆弱性の管理に弱点がある。ソフトウェアサプライチェーン管理プラットフォームを手掛けるSonatypeが発表した年次調査の報告書によれば、人気の高いプロジェクトでより多くの脆弱性が見つかっている。(2021/10/4)

製造マネジメントニュース:
パナソニック新体制の主役は事業会社、“裏方”HD会社はDXとGXを積極推進
パナソニックは2021年10月1日、2022年4月の持ち株会社制への移行を見据え、従来の社内カンパニー制度を廃止し、新体制における8つの事業会社を想定した仮想的な組織体制へと移行した。これに伴い、パナソニック グループCEOの楠見雄規氏が新体制による方向性について説明した。(2021/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.