• 関連の記事

「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SaaSに続く成長事業を目指す:
クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企業や地方自治体の利用を想定。(2022/7/4)

OSSコミュニティーとの架け橋に:
日本企業にも広がるOSPO、サイバートラストが設立した理由は
サイバートラストが、オープンソースプログラムオフィス(OSPO)を社内に設立したと発表した。電子認証、IoT、Linuxを事業の3本柱とする同社はOSPOについて、これまで自発的に行われてきたOSS活動を、組織として正式に支援する狙いがあるとしている。(2022/7/4)

ICT:
クラウドで遠隔地から建設現場の安全を確認・検証・改善するアプリを開発、大成建設
大成建設は、西尾レントオールとともに、施工中に得られる膨大なデジタルデータを活用して、現場管理の支援や生産性向上を図る統合プラットフォーム「T-iDigital Field」にアプリケーション「KIZUKIAI」を導入した。KIZUKIAIは、適用することで、現場での警報などのさまざまな安全情報をリアルタイムに確認・共有でき、取得した情報の記録・分析に基づく事後の確認・検証・改善により安全性の向上が図れる。(2022/7/4)

「イベント主催者が安心できる仕組みを構築したかった」:
PR:イベント運営支援会社のプロアクティブが“最強の組み合わせ”としてさくらのクラウド×FortiGateを選んだわけ
オンライン、オフラインを問わず、ビジネスイベントでは企業や個人のさまざまな情報のやりとりが発生する。そうしたイベントを運営する企業はどのようなセキュリティ対策を実施しているのか。(2022/7/4)

国土強靭化:
国土強靭化新時代へ 災害時にリアルタイムで情報共有するブイキューブのコミュニケーション電子地図
災害発生などの緊急時での対応は、コミュニケーションの精度や効率性が問われる。ブイキューブでは、国土強靱化新時代に向け、リアルタイムな情報共有を支援する防災DXソリューション「V-CUBE コミュニケーションマップ」を自治体を中心に提供を開始した。(2022/7/1)

製造IT導入事例:
三菱自動車がシンクロンの保守部品価格管理ソリューションを導入
シンクロンの価格設定ソリューション「Syncron Price」を、三菱自動車工業が保守部品の価格管理に向けた基盤技術として導入した。複雑なアフターマーケットの課題を差別化要因に変更するために設計されており、生産性向上やコスト削減を支援する。(2022/7/1)

クラウド移行が進む中で浮上する課題は? IDCが国内企業のIT投資動向を調査
IDCは国内企業のIT投資動向の2022年版を発表した。同調査から、大企業を中心にクラウド移行が進んでいることが分かった。IDCはクラウド移行が進む中で浮上する課題を指摘し、ITサプライヤーがユーザー企業をどう支援すべきかを提言した。(2022/7/1)

名古屋市の子育て支援事業「BABY YELL!」が好評 ミルクやベビーフードのプレゼントに「羨ましい」「これは引っ越したくなる」の声
利用者が投稿した写真がTwitterで話題に。(2022/7/1)

抽選でAmazonギフト券が当たる
営業支援システム・顧客管理システムに関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/7/1)

英国政府肝いりの「5G活用」の行方【後編】
Open RANとは? 英国政府「脱2G、3Gからの5G移行」の切り札
「5G」の普及に向けて、英国政府はさまざまな連携や組織の支援に注力している。国を挙げて高速通信のインフラを整えるべく、具体的には何に取り組んでいるのか。(2022/7/1)

太陽光:
日本最大級70MWの太陽光を「バーチャルPPA」で供給、村田製作所と三菱商事が協業
村田製作所と三菱商事は2022年6月24日、カーボンニュートラル社会の実現に向けた協業の枠組みに合意下と発表した。村田製作所の国内工場における再エネ電力や水素の利活用を三菱商事が支援する他、自律分散型コミュニティの構築事業などにも取り組むという。(2022/6/30)

最長10年間までICTインフラを保守 日鉄ソリューションズら3社が協業を開始
日鉄ソリューションズとアラクサラネットワークス、サイバートラストの3社は、協業によって装置の保守期間を最長10年間まで提供する。機器群の調達や廃棄を軽減する他、短いスパンで発生していた機器関連の計画業務に割かれていたリソースを別分野に充てることで企業の成長を支援する。(2022/6/30)

新成人のボーナス事情:
新成人に聞く「初ボーナスの使い道」 趣味や買い物をおさえた1位は?
就職支援会社のジンジブが、4月1日に新成人となった高卒新社会人(18〜20歳)を対象に、新成人になってからの変化やボーナス事情に関するアンケートを実施した。(2022/6/29)

講座を実施:
コンビニバイト経験を「ガクチカ」に ファミマが就活生に“自己PRの書き方”を教える理由
ファミリーマートは、店舗で働く大学生を対象に、就活支援オンライン講座を開催する。店舗での接客や売場づくり、新人指導などの業務を、学生時代に力を入れた「ガクチカ」として、自己PRやエントリーシート作成に生かす方法を伝える。大学生スタッフの就活を手厚くサポートすることで、アルバイト希望者を募る。(2022/6/28)

NEC、富士通……先端技術で農業支援 AI活用し効率化
生産者の減少に直面する農業の分野で、電機メーカーなどが先端のデジタル技術を使って効率化を図るための取り組みを活発化させている。(2022/6/27)

赤十字支援型の和菓子自動販売機を設置 和菓子を食べて社会貢献
売上の一部が寄付される。(2022/6/25)

最高裁の中絶の権利を認めない判断を受け、多数の米IT企業が従業員保護を表明
米連邦最高裁は、妊娠中絶は女性の権利だとした判決を覆す判断を示した。これを受け、GoogleやAppleなど、多数の企業が従業員の中絶のための医療を支援すると表明した。(2022/6/25)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第11回):
“視線で話す”アプリ「Look to Speak」 発話が不自由な人のコミュニケーションを支援 使い勝手は?
発話が不自由な人のコミュニケーションを支援するGoogleのアプリが「Look to Speak」だ。スマホで発音したいフレーズを視線で選ぶため、身体が不自由な人でも使える。使い勝手を試してみた。(2022/6/25)

政府の節電ポイント、参加する家庭にまず2000円相当を付与へ
政府が検討を進めている「節電ポイント」施策。参加する家庭にまず2000円相当のポイントを付与し「もう1段の節電」をした場合に電力会社が実施する節電ポイントに国が上乗せする形で支援するという。(2022/6/24)

AWS、プログラミングを機械学習で支援する「Amazon CodeWhisperer」プレビュー公開 コメントを書くとコードを提案
AWSが、機械学習を用いてプログラミングを支援する「Amazon CodeWhisperer」をプレビュー公開した、オープンソースリポジトリなどから数十億行のコードを基にした機械学習により、プログラマーが書き始めたコードの続きを提案してくれるサービスという。(2022/6/24)

車載ソフトウェア:
GitHubが車載ソフトのISO26262準拠を支援、ウーブン・プラネットと連携
GitHubは、トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスとの連携により、コーディング規約であるCERT C++とAUTOSAR C++に準拠した「CodeQL」クエリをリリースしたと発表した。これによって「GitHub Code Scanning」に、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に準拠しない記述を警告表示する機能が加わる。(2022/6/24)

日本ものづくりワールド 2022:
家電製品などのIoT化をワンストップ支援、Dynabook子会社がノウハウ生かす【訂正あり】
シャープの子会社であるAIoTクラウドは「日本ものづくりワールド 2022」において、ワンストップで製品のIoT化をサポートする「カンタンIoT開発支援サービス」の紹介を行った。(2022/6/24)

スマートビル:
ビットキー、東京建物/鹿島の六本木複合型ビルを丸ごとDX
ビットキーは、東京建物と鹿島建設が共同で所有する六本木和幸ビルで、入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進などを目的にビットキー製品が採用されたことを発表した。(2022/6/24)

施工:
AIモデルを活用しシールドマシンの掘進方向制御を支援する新システム、西松建設
西松建設は、熟練オペレーターの操作技術などを数値化し、シールドマシンの掘進方向制御をAIモデルで支援するシステムを開発した。新システムは、導入することで、シールドマシンによる掘削精度の向上や施工の効率化を図れる。加えて、個人差があったオペレーターの操作技術を数値化し、システムのAIモデルに学習させるため、熟練者から細かい技術を学ばなくてもシールドマシンの掘進方向制御を行えるようになる。(2022/6/24)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

カカクコム「価格.com 旅行・トラベル」の提供開始 国内宿泊施設の一括検索・比較が可能に
 カカクコムの運営する購買支援サイト「価格.com」は、6月20日より新サービス「価格.com 旅行・トラベル」の提供を開始した。国内ホテルや旅館について、複数の旅行サイトの宿泊プランの一括検索・比較サービスを提供する。(2022/6/23)

転職市場で平均年収が高いIT職種 2位は「セキュリティエンジニア」 1位は?
平均年収が最も高いIT職種は?──パーソルキャリアが転職支援サービス「doda」の情報を基に実施した調査によれば、2位は「セキュリティエンジニア」、3位は「プリセールス」だった。1位の職種は。(2022/6/23)

法隆寺クラファンに1億円集まる 一部返礼品が尽きるほどの「想定をはるかに超える支援」
法隆寺が設備の維持管理費を募るために始めたクラウドファンディングに、1億円の支援が集まった。プロジェクト終了日まではまだ36日あるが、すでに目標金額の5倍に達している。(2022/6/23)

地域のデジタル実装を目指す:
インテル、デジタル人材の育成支援で包括的な活動
インテルは、「インテル・プレスセミナーQ2 ’22」を開催。この中で、2022年下半期におけるPC/クラウド市場の展望と同社の取り組み、デジタル人材育成を支援する活動などについて、その概要を説明した。(2022/6/23)

世界と繋ぐ越境EC 国内累計2700サイト以上をサポート BEENOS・直井聖太社長
越境ECが世界的に拡大している。国内のECサイトが日本の商品を海外へ販売する際、言語や決済、流通を支援する事業で好調なのがBEENOSだ。直井聖太社長は、社名の由来でもあるミツバチのように、インターネットの世界を飛び回るという。(2022/6/23)

組み込み開発ニュース:
電子部品のディスコンに早期対応、代替品の検討が可能な支援センターを設立
パーソルR&Dは、半導体電子部品の代替品の検討や対応を支援するため、「EOLセンター」を設立した。電子部品の短いライフサイクルに素早く対応し、半導体製品の安定供給に貢献する。(2022/6/23)

無償ではない:
GitHubが、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」を個人開発者向けに一般提供開始
GitHubは、同社がAIペアプログラマーと呼ぶコーディング支援ツール「GitHub Copilot」を、個人開発者向けに一般提供開始した。企業向けのライセンスは、2022年中に提供開始するという。(2022/6/22)

2022年度「IT導入補助金」を徹底解説――「インボイス制度」対応を支援 PCも補助対象に
2022年1月19日、政府は2022年度のIT導入補助金の概要について公表しました。今回、企業間における取引のクラウド化拡大やデジタル化の推進、インボイス制度の導入や、新たな類型などが大きなポイントです。本記事では、どの部分が強化されたのか詳しく解説します。(2022/6/22)

「1000万円あげるから短編映画作らない?」 講談社がクリエイター支援企画 CGやVRもOK
「1000万円さしあげますから、ショートフィルムを作りませんか?」。国際映画祭での受賞を目指す映像の企画書を募集する「シネマクリエイターズラボ」を講談社が発表。講談社の編集者が完成まで伴走する。(2022/6/21)

鴻池運輸、Salesforceで国際物流を支えるプラットフォームを構築 物流専門業務の支援を強化
鴻池運輸は、同社の物流業務支援サービス「KBX」の基盤としてSalesforce製品を採用した。顧客、パートナーと同社をつなぎ、物流業務における情報の一元管理と拡張性を確保したプラットフォームを提供する。(2022/6/20)

在宅ワーク用ブースの決定版! サンワサプライ「パネルデスク」を試す
サンワサプライから、在宅ワークを強力に支援してくれる製品が登場した。自ら組み立てて完成させる「パネルデスク」を組み立てて試し、分かったことをお伝えする。(2022/6/16)

AI活用で加工用トマトの営農支援 カゴメとNEC、ポルトガルに合弁会社設立へ
生産者の減少に直面する農業では、電機メーカーなどが先端技術を使って負担軽減や効率化を図る取り組みを活発化させている。(2022/6/16)

AI活用で加工用トマトの営農支援 カゴメとNEC、ポルトガルに合弁会社設立へ
カゴメとNECが、AIを活用した加工用トマトの営農支援サービスを行う合弁会社をポルトガルに設立する。センサーなどを使った農場の可視化と熟練の栽培方法の再現で収穫量の向上につながるとしており、海外展開を進めていく。(2022/6/16)

カーボンニュートラル:
大成建設がCO2評価ツールを開発、建物のライフサイクルで生じるCO2排出量を算出可能
大成建設は、建築物のライフサイクルで生じるCO2の概算値を短時間で容易に算出するツール「T-LCAシミュレーターCO2」を開発した。T-LCAシミュレーターCO2は、建築物のライフサイクル「調達、施工、運用、修繕、解体」で生じるCO2排出量や削減効果を、建築物の初期計画段階からライフサイクルまでの概算値として算出することが可能で、顧客のCO2排出削減目標を意識した建設計画を支援し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。(2022/6/16)

「テストベッドの聖地」山梨県、新たな実証実験を募集 最大750万円を支援
山梨県は15日、最先端技術を持つスタートアップなどの実証実験を支援するプロジェクトを始めた。補助金は経費の最大4分の3、最大750万円と「全国トップレベル」という。(2022/6/15)

「シャドーIT」をAIで検知 「メタップスクラウド」新機能の提供開始
 DX支援事業などを行うメタップス(東京都渋谷区)は6月14日、提供するSaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」において、「シャドーIT」機能(β版)の提供を開始した。また、正式リリースに向け、検証パートナーを募集する。(2022/6/15)

Spotify、第三者による「安全諮問委員会」設立
Spotifyは第三者によるSafety Advisory Council(安全諮問委員会)を設立した。委員会は、Spotifyがクリエイターの表現を尊重しつつ、ポリシーとサービスを安全に進化させるのを支援する。同社は1月、人気Podcastでの新型コロナウイルスワクチンに関する不正確なコンテンツを放置したとして批判された。(2022/6/15)

京セラが法人向けスマホ「DIGNO SX2」「DIGNO WX」を発売 「京セラモバイルサポート」に対応
京セラが、メーカーブランドの法人向けスマートフォンを順次発売する。同社が導入から保守修理までトータルに支援するサービス「京セラモバイルサポート」にも対応する。(2022/6/15)

BMWが新型「2シリーズ アクティブツアラー」発売 ファミリー、若年層を狙う
独BMWの日本法人、ビー・エム・ダブリュー(東京)は14日、新型の多目的車(MPV)「2シリーズ アクティブツアラー」を発売した。2代目モデルで、スタイリッシュなデザインや快適な室内空間、最先端の運転支援技術などを備える。買い物やレジャーなど幅広い用途で活用でき、ファミリー層や若年層などに売り込む。(2022/6/15)

ACT FUTTSU:
千葉・富津にグランピング施設 五感を開放し自然に触れる体験で癒されるひとときを提供
全国累計約100施設のリゾートホテル・グランピング施設の開業支援、運営受託、コンサルティングを行うDot Homes(東京都品川区)が、7月1日、千葉県富津市に「ホテル&グランピング ACT FUTTSU」を開業する。(2022/6/15)

日本の雇用課題にメスを:
氷河期支援、正規30万人増めざす→実績は3万人 国の施策が機能しない根本的な矛盾とは?
政府が直近3年間で就職氷河期世代の正社員を30万人増やす目標を掲げていたが、実績はわずか3万人に留まる。政府の施策のどこに問題があるのか。(2022/6/15)

現場管理:
渋滞防止に貢献する工事車両管理支援システムを開発、大林組
大林組は、渋滞の防止や現場作業の円滑化に貢献する工事車両管理支援システム「FUTRAL」を開発した。加えて、2021年10〜12月に大阪府此花区夢洲内にある2つの建設現場で工事車両の入退場予定や通行ルートの確認を行い、工事車両管理におけるFUTRALの有用性を実証した。(2022/6/15)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 3位「スマートニュース」、2位「GVE」、1位は?
人材・資金支援事業を手掛けるフォースタートアップス(東京都港区)は、スタートアップ関連情報を扱うプラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」にて2022年6月6日時点の「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。(2022/6/14)

「ウクライナ支援」と検索で10円を避難民の支援活動に寄付 Yahoo! JAPANが取り組みを開始
19日までの6日間。(2022/6/14)

「LINEクリエイターアカウント」開始 著名人の収益化を支援
LINE公式アカウントに「LINEクリエイターアカウント」が新設。著名人やクリエイター、インフルエンサーの収益化をより強力に支援する。(2022/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.