• 関連の記事

「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

山岳トンネル工事:
山岳トンネルの遠隔臨場支援システムを開発、地質評価の現場臨場頻度を約50%カット
安藤ハザマやエム・ソフト、日本システムウエアなどで構成される「山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアム」は、坑内の施工管理を効率化する「クラウドを活用した遠隔臨場支援システム」を開発した。山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアムは、内閣府の「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)」を活用した国土交通省の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に選定されている。クラウドを活用した遠隔臨場支援システムは、2021年3月に適用結果について国土交通省へ報告を行い、2021年5月に総合評価Bの評定を得た。(2021/9/17)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【前編】
約300億円の光熱費を削減 AWS活用企業の「データ駆動型省エネ策」とは?
Carbon Lighthouseは、二酸化炭素排出量を削減しながら光熱費を節約できるよう、商業用不動産の所有者を支援する。同社の事業の鍵となっているのが、不動産から得られるセンサーデータのリアルタイム分析だ。(2021/9/17)

出荷数400万食を突破したカップ麺「一蘭とんこつ」 大阪府や北九州市に1万食を寄贈
一蘭は、新型コロナウイルス感染症患者への支援として、カップ麺「一蘭とんこつ」1万56食を各自治体に寄贈した。(2021/9/16)

「Google ニュースショーケース」日本でも開始 40以上の報道機関が参加、一部の有料記事を開放
Google Japanが報道機関を支援する取り組みとして「Google ニュースショーケース」を日本で始める。40以上の報道機関が参加。媒体ごとに記事が並ぶ新しいUIパネルを採用し、配信する記事やデザインを報道機関側が制御できる。さらに、Googleが負担する形で、一部の有料コンテンツにもアクセスできる。(2021/9/16)

ヤフー、「PayPay」ブランドの飲食店予約サービス「PayPayグルメ」 今秋開始
 ヤフーは9月15日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」ブランドを冠した新しい飲食店予約サービス「PayPayグルメ」を今秋開始すると発表した。「PayPay」と連携したPayPayクーポンの掲載や独自キャンペーン、リピーター獲得などコロナ禍で厳しい飲食業界を支援する取り込みを狙う。(2021/9/16)

IBMがWatson Assistantに新機能 大量の問い合わせ対応の自動化、効率化支援へ
IBMは、インテリジェント仮想エージェント「IBM Watson Assistant」にAIと自動化技術を使った新機能を追加した。3つの機能で自動応対やコールセンタースタッフの業務を支援する。(2021/9/16)

VRニュース:
障がいのあるスタッフの業務をMRで支援するシステムを構築
日本マイクロソフトは、障がいのあるスタッフの業務をMRで支援する、バンダイナムコウィルの取り組みを紹介した。装着すると作業手順や作業ガイドが表示される「HoloLens 2」を活用したシステムで、安全で円滑な作業を支援する。(2021/9/16)

FAニュース:
データ処理能力を向上させたファクトリコンピュータの省スペースタイプ
NECは、ファクトリコンピュータ「FC98-NX」シリーズの省スペースタイプ「FC-E20W」「FC-E22K」「FC-E29U」の販売を開始した。処理能力を向上し、生産現場や設備機器、システムなどでの生産性向上や業務効率化を支援する。(2021/9/16)

飲食店予約サービス「PayPayグルメ」今秋開始 PayPayで事前決済、ボーナス付与も
ヤフーは、新しい飲食店予約サービス「PayPayグルメ」を今秋開始。初期導入費や固定費は無料で、飲食店の無断キャンセルの抑止を支援。ユーザーには人数や利用したコースに応じたPayPayボーナスや、独自のクーポンを付与する。(2021/9/15)

eスポーツ選手の癖をあぶり出すAI、KADOKAWA子会社が開発へ プレー映像から分析
KADOKAWA子会社が、eスポーツチームのゲームプレイ映像から選手の癖や特徴を評価する機械学習モデルを開発する。指導や戦術の立案に生かし、チームのパフォーマンス向上を目指す。AWSの専門チームが技術支援をする。(2021/9/15)

GoToトラベル再開の場合、「利用したい」7割 人混み避け自然・風景が人気
国の観光支援事業「GoToトラベル」が再開された場合、約7割の人が「利用したい」と考え、旅の目的を「自然や風景を楽しむ」としている人が6割いることが分かった。調査会社「産経リサーチ&データ」が13日発表した「旅行に関する意識調査」で明らかになった。(2021/9/14)

GoToトラベル再開の場合、「利用したい」7割 人混み避け自然・風景が人気 世界遺産では屋久島 産経リサーチ&データ調べ
国の観光支援事業「GoToトラベル」が再開された場合、約7割の人が「利用したい」と考え、旅の目的を「自然や風景を楽しむ」としている人が6割いることが分かった。(2021/9/14)

JR東、自動運転バスの走行ルートを磁石で制御 宮城県のバス専用道で試乗会
JR東日本が、自動運転バスの試乗会を宮城県のバス専用道で開催した。商用車両をベースとした自動運転車を初めて使用し、走行ルートの制御には磁石と磁気センサーを活用したという。今後数年をめどに、バス専用道での運転支援などの形で実用化を目指している。(2021/9/14)

「日本版MaaS支援事業」に見る、日本のモビリティにおける課題
人々の移動をテクノロジーで変える「MaaS」に求められるもの。特に日本という環境に適したシステムはどう設計するべきか。(2021/9/14)

ICT:
スマートグラスと「Teams」を組み合わせた遠隔臨場システムを構築、NSW
日本システムウエア(NSW)は、竹中工務店と共同で、産業用スマートグラス「RealWear(HMT-1)」とMicrosoft製のビデオ会議システム「Microsoft Teams」を組み合わせた遠隔臨場システムを構築した。NSWは、引き続き竹中工務店と共にRealWearとMicrosoft Teamsを活用した現場作業のデジタル化を推進していき、熟練者の若手技術者支援や建設現場の安全巡回点検などに適用していく。(2021/9/14)

CADニュース:
3D設計の最適化を支援する国産3D CAD/CAMシステムの新バージョン
日本ユニシス・エクセリューションズは、3D CAD/CAMシステムの新バージョン「CADmeister 2021」の提供開始を発表。使い勝手の向上に加えて、IoTや解析技術との連携による設計の標準化や自動化、3D設計の最適化を支援する機能強化が図られている。(2021/9/14)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(2):
取引事実を公表したがるスタートアップ、どんなNDAを結ぶべきなのか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第2回はスタートアップとのNDAの締結方法において意識すべきポイントを具体的に解説する。(2021/9/14)

Salesforce、中絶禁止法施行のテキサス州からの従業員脱出支援を約束
Salesforceは全社Slackで、テキサス州の妊娠中絶禁止法を懸念する同州在住の従業員の転居を支援すると告知した。マーク・ベニオフCEOは「望むなら支援しよう」とツイートした。(2021/9/13)

製造ITニュース:
商品需要予測などに活用できる、製造業や小売業向けの気象データセットを発売
ウェザーニューズは、製造業や小売業向けに、商品の需要予測やデータ分析を支援するための気象データセットを発売した。天気や気温など、商品の売れ行きに影響がある気象要素のデータを提供する。(2021/9/13)

声帯摘出者に“自分のAIボイス”を無料提供 「CoeFont」運営が支援策
AI音声合成を提供するYellstonが「CoeFont CLOUD」を声帯摘出者に無料提供する。事前に声を収録することで、摘出後も“自分の声”で会話できる。今後は、すでに摘出した人も“自分の声”で会話できるよう、当時の音声データをもとに音声合成を作成できる予定。(2021/9/13)

製造業がサービス業となる日:
コロナ禍に苦しんだパナソニック松岡氏、「Yohana」でウェルビーイングの実現へ
パナソニックは、主にワーキングマザーを対象に家族を含めた私生活のウェルネスの充実を支援するパーソナルアシスタントサービス「Yohana Membership」の提供を開始した。サービス料金は月額149米ドル。まずは米国シアトルでサービスの体験利用の案内を始めている。(2021/9/13)

服飾デザインに“バーチャルヒューマン”活用 KDDIがアパレル業界のDX支援 スマートグラスでファッションショーも
KDDIとKDDI総合研究所がアパレル業界のDX支援を始める。バーチャルヒューマンやスマートグラスを使い、商品企画やデザイン時のサンプル制作を効率化。資源を最小に抑えたモノづくりに貢献するという。(2021/9/10)

JCB、コロナ禍の加盟店支援まとめサイト公開 ライブコマース導入費用割引きなど
JCBがコロナ禍で苦しむ加盟店向けに支援策をまとめたWebサイトを公開。ライブコマースの導入費用割引など、優待があるサービスをまとめて紹介している。(2021/9/10)

Netflix、東京にアニメ制作の支援拠点 「人手不足で疲弊する制作会社を支援」
Netflixが、アニメ制作の支援に特化した新拠点を同社の東京オフィス内に開設した。当面は人手不足が深刻なアニメ制作初期のコンセプトアート作りなどに注力する。(2021/9/10)

ZUUとNTTドコモの共同運営金融メディア「fuelle」「MONEY TIMES」 月間3700万PV、1100万UU突破
 金融機関のフィンテック化支援などを行うZUU(東京都目黒区)は9月9日、NTTドコモと共同運営する金融メディア「fuelle」「MONEY TIMES」の2メディア合計で、月間3700万PV、1100万UUを突破したと発表した。(2021/9/10)

メガネスーパー、在宅療養者向けに使い捨てコンタクトレンズ無償提供など支援
(2021/9/10)

AIでメロディーを提案する作曲支援アプリ ソニーCSLが無料配信 音楽制作ソフトとも連携
ソニーコンピュータサイエンス研究所が、作曲をAIで支援するiOSアプリ「Flow Machines Mobile」をリリースした。作りたい曲のスタイルを選ぶと、メロディーなどを自動生成・提案する。(2021/9/9)

Google、ハイブリッドワーク支援の「Workspace」新機能とハードウェアを発表
Googleはコロナ禍下のハイブリッドワークを支援する「Workspace」関連の複数の新機能とハードウェアを発表した。Gmailの「チャットルーム」から電話をかけられるようになる。CiscoのWebexとの相互運用も可能になる。(2021/9/9)

人工知能ニュース:
過去に凍結したAIのPoC案件の再生支援サービスを試験導入
エイシングは、企業が過去に凍結したPoC案件の再生支援サービス「Re-PoC」の試験導入を開始する。同社独自のエッジAIアルゴリズムを用いるもので、過大なモデルサイズや推論速度不足などで頓挫したPoC案件の再生を支援する。(2021/9/9)

NECとAWSが協業を拡大 グローバル5Gなど3領域を強化
NECはAWSとの協業拡大を発表した。5Gやデジタルガバメントといった領域を中心に顧客のDX支援を開始する。(2021/9/9)

ちょっとした設定ミスが不正アクセスのターゲットに:
PR:クラウドのセキュリティ診断で本番環境、開発環境の脆弱性を洗い出し、安全な活用を支援
テレワークの広がりとともに、場所を問わずに利用できるクラウドサービスの活用が一段と加速した。ただその際、ちょっとしたミスや油断で、本来公開すべきではない情報が公開され、不正アクセスを受けてしまう事件が増えている。これを防ぐには、専門的な知見やツールを生かした脆弱性診断が有効だ。(2021/9/9)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

社員の病と人事:
「働き続ける」か「療養に専念」か 病のある社員を“両輪”で支援する、日本オラクルの人事制度
日本オラクルでは、病のある社員への支援をきめ細かく行っている。どのような制度なのか。(2021/9/16)

自宅療養者に「ポカリスエット」無償配布 大塚製薬が直接支援 置き配を活用
大塚製薬は自宅療養をしている人に「ポカリスエット」などを無償配布する取り組みを始めた。自治体の負担が増している状況を見て「直接支援できる方法を模索した」という。(2021/9/7)

寄付すると香取慎吾さん作のNFTアートが受け取れる パラスポーツ支援のチャリティー企画
タレントの香取慎吾さんが、日本財団パラリンピックサポートセンターへのチャリティー企画をスタート。3900円を寄付すると、香取さん作のNFTアートを受け取れる。(2021/9/6)

預金すると、北島康介のプロチームを「推せる」 みんなの銀行「Cheer Box」、貯金額の1%相当額を支援金に
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のスマホ専業銀行、みんなの銀行は元競泳選手の北島康介氏がゼネラルマネージャーを務める「Tokyo Frog Kings」(TFK)とスポンサード契約を締結した。さらにユーザー向けに、TFKの支援を表明すれば、預金額の1%をみんなの銀行がTFKに資金支援するサービス「みんなのCheer Box」を開始した。(2021/9/6)

早く自立したい:
「就職できるか不安」が6割 高校生に就職する理由を聞く
高校生の就職支援などを行っているジンジブは、「高校生の就職活動」に関するアンケート調査の結果を発表した。その結果、「就職できるか不安」と答えた人が6割にのぼるなど、コロナ禍の影響があることが示された。(2021/9/4)

Finatext「デジタル金融の統合基盤」提供開始 三菱UFJ銀行の資産形成サービスを支援
 Finatextホールディングスの子会社であるFinatext(東京都千代田区)は9月2日、「デジタル金融の統合基盤」の提供を開始した。同時に、三菱UFJ銀行にて資産形成の総合的なサポートを目的としたサービス「Money Canvas」のシステム構築及び開発を支援する。(2021/9/3)

FAニュース:
安全スイッチ用アクチュエーター、アクセサリー拡充で対応環境を拡大
IDECは、安全スイッチ「HS1T形」「HS5」シリーズ用のスライドハンドル形アクチュエーターと、HS1T形用の可動アクチュエーターを発売した。安全スイッチ用アクセサリーの拡充により、作業環境の安全、安心の確保を支援する。(2021/9/3)

CAEニュース:
最適化アプローチを自動で実行する、最適設計支援ソフトウェアの最新版
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェア「Optimus」の最新版「Optimus 2021.1SP1」の提供を開始した。最適化アプローチを学習して自動で実行する機能など、初心者でも容易に高精度設計ができる機能が追加されている。(2021/9/3)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】
コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?
自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/9/3)

シャープ、首にかけるAIスピーカーを開発 Alexa対応、クラファンで募集開始
シャープは、音声アシスタント機能を搭載し、首にかけて使用するウェアラブルAIスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」を発表した。ワンモア(東京都渋谷区)が運営するクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」上で、支援者の募集を9月2日に開始した。募集期間は10月31日まで。(2021/9/2)

医療機器ニュース:
胃がんを対象としたAI病理診断支援ソフトウェアの汎用性を実証
オリンパスは、AI病理診断支援ソフトウェアの実用化に向けた共同研究を呉医療センター・中国がんセンターなど6施設と実施した。病理標本に対して感度100%、特異度50%以上の精度を達成し、胃がんを対象とした汎用性を実証した。(2021/9/2)

太陽光:
太陽光の「逆潮流」を防ぎ自家消費を効率化、蓄電池も制御できる新型コントローラー
コンテックが産業施設における太陽光発電の自家消費向けのコントローラーを新発売。電力消費量に応じてパワーコンディショナーや蓄電池システムの最適制御を行い、逆潮流の発生を最小限に抑え、効率的な自家消費を支援するという。蓄電池の制御にも対応する。(2021/9/2)

講談社「ゲーム開発者に最大2000万円支給」第2弾開始 インディーズゲーム支援 アナログもOK
講談社がインディーズゲーム開発者に最大2000万円を支給する「ゲームクリエイターズラボ」の第2期メンバーを募集。資金サポートに加え、編集者が担当として付く。(2021/9/1)

3日でデータ活用人材を育成 浜銀総研とSASが金融機関向けトレーニングを開始
浜銀総研とSASは、金融機関に向けたデータ利活用人材育成トレーニングを共同開発し、2021年10月25日から1回目のトレーニングを開講する。MCIFデータを駆使するデータ活用人材の育成を支援する。(2021/9/1)

【後編】沢渡あまね「DXの勘所」:
なぜ、DXが進まないのか? 企業が意識すべき「4つのポイント」
デジタル化もままならない組織が多い中で、日本企業がDXを成し遂げるまでには複数のハードルがある。本記事では350以上の企業などで組織・業務改革支援の経験を持つ、沢渡あまね氏が、DXの進め方について解説。組織の経営者やマネジャーが意識すべき「4つのポイント」を紹介する。(2021/9/1)

社員の病と人事:
いかに病のある人をインクルージョンする組織にするのか カルビーの組織開発
いかに病をインクルージョンする組織をつくっていくのか、病のある社員を支援できる組織をいかにつくるかというテーマに取り組みたい。(2021/9/1)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(1):
いきなり社長に呼ばれたらDXセキュリティ対策を丸投げされた件
中堅化学薬品メーカーのABC化学薬品に勤める新卒入社6年目の青井葵。彼女はいきなり社長室に呼ばれ、社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命される。それまで社内のセキュリティ問い合わせ担当だった青井にとって、これはいきなり荷が重すぎる! 元工場長の変わり者、古井課長の支援の下、果たしてプロジェクトの命運はいかに!?(2021/9/1)

OSS管理:
PR:ソニー、トヨタ、日立も重視、OSS管理の国際標準に対応せよ
自動車業界をはじめ、製造業の製品に用いられる組み込みソフトウェアでも採用が拡大しているオープンソースソフトウェア(OSS)。このOSSを最適に管理する仕組みの構築などを支援する「オープンソース管理ソリューション」を提供する日立ソリューションズは、国際標準になったOSS管理仕様であるOpenChainの国内唯一の公式パートナーでもある。(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.