「CEO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chief Executive Officer:最高経営責任者

OpenAI、安全およびセキュリティ委員会を設立 トップはアルトマンCEO
OpenAIは、AGI開発を含むプロジェクトとに関する安全とセキュリティをレビューするための委員会を設立したと発表した。率いるのはサム・アルトマンCEOなど3人の理事。次世代モデルのトレーニングを開始したことも発表した。(2024/5/29)

公式アップデートはもう不要? 「低コスト型ERP」の運用方法
企業はいったいどのような考え方をすれば、ERP投資を効率良く実行できるのか。リミニストリート流の方法を米本社のCEO兼会長Seth Ravin氏と、日本法人社長の脇阪順雄氏に聞いた。(2024/5/29)

日本企業のDXを加速 米通信ベライゾン・ビジネスCEOに聞く5G世界戦略
米国3大キャリアの通信企業、ベライゾンが日本市場でのビジネスに注力している。なぜ、同社は日本市場に注目しているのか。法人向け部門ベライゾン・ビジネスグループのカイル・マレイディーCEOに聞いた。(2024/5/27)

Metaはなぜ、AIを無料公開するのか? ザッカーバーグ氏がインタビューで回答
なぜ、MetaはAIを無料公開するのか? CEOのMark Zukerberg氏がインタビューで回答していたので、内容をまとめてみました。(2024/5/27)

ビジネスの軸足を「クリエイション」に:
ソニーG会長が語る経営方針、過去6年で1.5兆円投資したイメージセンサーの役割は
ソニーグループは同社会長兼CEO(最高経営責任者)の吉田憲一郎氏が、同社の経営方針を説明。同社の半導体事業の主力であるCMOSイメージセンサーにの役割についても言及した。(2024/5/24)

“AIにおけるWin32”を提供:
「Copilot+ PC(そしてWindows)はAIアプリケーション開発の強力なプラットフォーム」、ナデラCEOがBuildで説明
Microsoftは、Copilot+ PCで進化するWindowsが生成AI戦略における重要な柱であることを、Microsoft Buildで強調した。Windows Copilot Runtimeでローカル生成AIアプリ開発のためのAPI群を順次リリースする。(2024/5/23)

NVIDIA、AI需要で過去最高の売上高 「次の産業革命が始まった」とファンCEO
NVIDIAの2月〜4月の決算は、売上高は前年同期比約3.6倍の260億4400万ドル、純利益は約7.3倍だった。AI需要でデータセンター向けGPUが快調で、ファンCEOは「次の産業革命が始まった」と語った。(2024/5/23)

製造マネジメント インタビュー:
パナソニックHDはなぜ“危機的状況”なのか、楠見氏が語るその理由
パナソニック ホールディングス グループCEOの楠見雄規氏は報道陣の合同インタビューに応じ、中期経営目標の最終年度となる2024年度の取り組みや、現在のそれぞれの事業の状況について説明した。本稿ではその中で「危機的状況の解釈」についての質疑応答の内容を紹介する。(2024/5/23)

PwCがサイバーリスクに関する調査結果を発表:
デジタル法規制による自社への影響 CISOに比べてCEOは過小評価する傾向がある
PwC Japanは、サイバーリスクに関する調査「Global Digital Trust Insights」の結果を発表した。増加するデジタル分野の法規制について、日本企業の経営層は「大幅なコンプライアンスコスト増加や業務改革に迫られている」と認識していることが分かった。(2024/5/21)

OpenAI、退社したライケ氏のAGI警鐘に応じるも具体策は明示せず
OpenAIでAIの安全性に取り組んできたライケ氏が退社に当たって投稿した警鐘に対し、ブロックマン社長がアルトマンCEOと連名の長文をポストした。アルトマン氏は別途、同社の退社合意書について高まる批判に対し「知らなかったが、知っておくべきだった」とポストした。(2024/5/19)

OpenAIでアルトマンCEO解任騒動の首謀者の1人で共同創業者のサツケバー氏が退社へ
OpenAIでの昨年11月のCEO解任騒動の首謀者とみられる共同創業者でチーフサイエンティストのイリヤ・サツケバー氏が退社する。「個人的に意味のあるプロジェクトを始める」としている。(2024/5/15)

AWSのCEOが交代、6月3日付でMatt Garman氏に Adam Selipsky氏は退任
米Amazon Web Servicesは、同社のCEOが6月3日付でAdam Selipsky氏からMatt Garman氏に交代すると発表しました。(2024/5/15)

SIE、西野秀明氏とハーマン・ハルスト氏のCEO二人体制に
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2024年9月に退任したジム・ライアンCEOの後任として、西野秀明氏とハーマン・ハルスト氏を指名したと発表した。暫定CEOを務めてきたソニーグループの社長、COO、CFO兼任の十時裕樹氏はSIEの会長に留まる。(2024/5/14)

「GPT-4o」はなんて読む? 女性の声はスカーレット・ヨハンソン(her)似?
OpenAIが発表した新たなマルチモーダル生成AIモデル「GPT-4o」。モデル名の読み方やその由来を紹介する。また、このモデルの音声とアルトマンCEOが好きだという映画「her」の声を聴き比べてみよう。(2024/5/14)

Payments Dive:
毎月5億件に上る攻撃、Visaはどう対応? サイバーセキュリティに「数十億ドル」を費やすワケ
Visaのライアン・マクイナーニ氏(CEO)は、2024年3月4日の週の投資家会議において「私たちは、このエコシステムとネットワークを守るために戦っている」と述べた。Visaの今後の取り組みを確認してみよう。(2024/5/14)

「サンバノバ」の正体【後編】:
“NVIDIA一強”に低コストで勝負 米AI企業CEOに聞く「一緒に働きたいエンジニア」
“NVIDIA一強”の現状に、効率化と低コストで一石を投じようとする米SambaNova Systems。同社のトップは経営者として何を考えかじ取りをしているのか。一緒に働きたいと思うエンジニアの条件は? 生成AIの未来は? (2024/5/13)

OpenAI、Google I/O前日に何かを発表へ 「GPT-5でも検索でもないよ」とアルトマンCEO
OpenAIは、5月13日午前10時に「ChatGPTとGPT-4に関する更新」についてのライブ配信を行うと発表した。アルトマンCEOは「GPT-5でも検索でもない」と言うが、この日時はGoogleの年次カンファレンス基調講演の24時間前に当たる。(2024/5/11)

ソフトバンク、LINEヤフー株の追加取得で韓国ネイバーと協議 総務省「次回の報告をしっかり確認したい」
情報漏えいで揺れるLINEヤフーの資本関係について、ソフトバンクの宮川潤一氏(同社代表取締役社長執行役員 兼 CEO)は、5月9日の決算会見でLINEヤフーの株式取得を含めた協議を韓国NAVER側と行っていることを明かした。具体的な比率についてはまだ決まってないとしている。(2024/5/11)

Broadcom、AWSによる「VMware Cloud on AWS」の販売が終了したと発表 「サービスはなくならない」
AWS上のVMwareサービスである「VMware Cloud on AWS」は、今後AWSや同社のパートナーから販売されないことが明らかになった。Broadcom CEOのホック・タン氏は、サービスがなくなるわけではないと述べている。(2024/5/10)

ファン待望「Xiaomi 14 Ultra」日本投入のきっかけは“CEOへの要望” 20万円切りは「頑張った」
Xiaomi 14 Ultra 日本投入のきっかけは「ファンの直訴ツイート」だった。社長と商品企画担当者が明かす舞台裏。(2024/5/10)

「サンバノバ」の正体【前編】:
NVIDIA製を“28倍”効率化 生成AI時代のゲームチェンジャー「サンバノバ」の正体
米SambaNova Systemsは、AIに強いプロセッサーを開発しており、市場の大部分を占めるNVIDIA製のチップに代わるものとして期待が集まっている。同製品を28倍、効率化したと称するサンバノバ共同創業者のロドリゴ・リアンCEOにインタビューした。(2024/5/10)

マイナカードで不正に機種変更 ソフトバンク宮川社長「一部の店舗で本人確認が不十分だった」 目視ではなくIC読み取りが求められる
民放が「何者かがソフトバンク契約者本人になりすまし、偽造したとされるマイナンバーカードを使って、ソフトバンクの携帯端末を機種変更し、端末にひも付けられていたクレジットカードで高級腕時計を購入した」事例を報じいる。ソフトバンクの宮川潤一社長兼CEOは「現状、店舗でのオペレーションでは、マイナンバーカードの原本の確認と、本人確認の二重チェックを行う」とした。さらに、「一部の店舗でそのプロセスが不十分であった」と述べた。(2024/5/9)

新iPad Proの動画「Crush!」炎上、世界に広がる
Appleが新iPad発表に合わせて公開したプロモーションビデオ「Crush!」への批判が高まっている。当初は主に日本のユーザーが不快感をXにポストしていたが、24時間以上経過し、ティム・クックCEOのポストには9000件以上の批判的な返信が欧米からも寄せられている。(2024/5/9)

Marketing Dive:
「Gemini時代」のGoogleの広告ビジネスはどう変わる? ピチャイCEOが語ったこと
テック業界の巨人の第1四半期決算発表で議論の中心となったのは、生成AIおよび「YouTube ショート」の収益化の進展だ。(2024/5/8)

岸田新社長が決算発表会に初登場:
ニデックの23年度決算は増収増益も、車載事業は大幅赤字
ニデックの2024年3月期(2023年度)通期決算は、売上高が2兆3482億円、営業利益は1631億600万円で、過去最高を更新した。決算発表会には、2024年4月1日に新社長兼CEOに就任した岸田光哉氏も登場し、今後の戦略を語った。(2024/5/8)

【新連載】教えて、スタートアップ失敗談:
パートナーが産後うつに──上場金融ベンチャーCEOが語る、スタートアップ経営と家庭の両立
スタートアップ経営者が、自らの過去の失敗を語る本企画。2021年12月に東証マザーズ上場を果たしたFinatextホールディングス(HD)の林良太CEOが話した失敗とは。(2024/5/8)

Appleの1〜3月期は減収減益 「AIについて披露するのが楽しみ」とクックCEO
Appleの1〜3月期決算は、ハードウェアが軟調で減収減益だった。ティム・クックCEOは電話会見でAIについて「近いうちに非常にエキサイティングなものを披露する」と語った。(2024/5/3)

Microsoft、マレーシアの生成AI・クラウドに22億ドル投資
クアラルンプール訪問中のMicrosoftのナデラCEOは、同国のクラウドとAIインフラ推進のために22億ドル投資すると発表した。日本、UAE、インドネシアに続く大型投資だ。(2024/5/2)

「朝倉未来VS.平本蓮」でTHE MATCHの視聴数を超えられるのか? RIZIN榊原CEOに聞いた
格闘技ビジネスにとどまらず日本の興行史に残る記録となったTHE MATCH 2022。超RIZIN.3では、その記録を超えられるのだろうか。RIZIN榊原CEOに戦略を聞いた。(2024/5/2)

テスラの「充電器部門」閉鎖、自動車業界に動揺 米GMは「状況を注視」
米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が急速充電器「スーパーチャージャー」部門の従業員を突然解雇したことを受け、充電網対応の新EV販売の準備に取り掛かっていた自動車メーカー各社の間で動揺が広がっている。(2024/5/1)

CIO Dive:
CloudflareがHugging Faceとの連携機能を提供 AI開発の課題解決をいかにサポートするか
CloudflareがHugging Faceと連携するAI開発用サービスをリリースした。同社CEOが「ちょうど良い位置にある」と話す同サービスの特徴とは。(2024/5/1)

米政府、AIの安全利用を助言する委員会にアルトマンCEOなど大手AIトップを招致
米国土安全保障省はバイデン大統領の指示の下、AIの安全利用に関する諮問委員会を立ち上げた。委員には、サム・アルトマン氏やサティア・ナデラ氏など、AI関連大手のトップなど22人が招致された。(2024/4/28)

MetaのザッカーバーグCEO、最近ゴールドチェーンを着けている理由を説明
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOはいつもグレーのTシャツを着ていることで知られていたが、最近は黒や白のTシャツのこともある。さらに最近ではゴールドチェーンを着けている。このチェーンについて、自身のInstagramで説明した。(2024/4/27)

「THE MATCHの視聴数を超える」 RIZIN榊原CEO、「朝倉未来VS.平本蓮」への期待を語る
RIZINの榊原信行CEOが、ITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じ「朝倉未来と平本蓮が闘う『Yogibo presents 超RIZIN.3』(7月28日開催)で、THE MATCH 2022の視聴者数を超えたい」と話した。(2024/4/26)

独自のLLM搭載:
AIが瞬時に「自然で適切な言い回し」の文章を提案 CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力
独スタートアップDeepLは4月25日、大規模言語モデル(LLM)を搭載したビジネス向けの新サービス「DeepL Write Pro」を発表した。英語での文章作成をサポートするサービスで、グローバル展開する企業の社内コミュニケーションや、顧客向けのメッセージなど、ビジネスにおける多様なシーンでの活用を見込む。CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力は……?(2024/4/26)

Microsoft、AI需要で2桁台の増収増益 「CopilotがAIの新時代を推進」とナデラCEO
Microsoftの1〜3月期決算は、予測を上回る増収増益だった。「CopilotはAI変革の新時代に、あらゆる業界でビジネスを推進している」とナデラCEO。(2024/4/26)

Alphabet、クラウドと広告が好調で2桁台の増収増益 「Gemini時代は順調」とCEO
Googleの持株会社Alphabetの1〜3月期決算は、アナリスト予測を上回る2桁台の増収増益だった。ピチャイCEOは「Gemini時代は順調に進んでいる」と語った。(2024/4/26)

「シリーズ 企業革新」日立編:
日立の好業績を牽引する“巨大事業”の正体 日立デジタルCEOに聞く
日立は2009年当時、日本の製造業で過去最大の赤字だった状況から再成長を果たした。復活のカギとなった巨大事業、Lumadaのビジネスモデルとは――。日立デジタルの谷口潤CEOにインタビューした。(2024/4/26)

Metaの1〜3月期、予想を上回る増収増益 「AIへの大規模投資は続ける」とザッカーバーグCEO
Metaの1月〜3月期の決算は、売上高は前年同期比27%増、純利益は117%増と校長だった。サッカーバーグCEOは「世界をリードするAI構築に向けた新たな一歩」と語った。(2024/4/25)

TikTok禁止法案にバイデン大統領が署名 「ユーザーのために法廷で闘う」とチュウCEO
バイデン米大統領は、中国ByteDanceが傘下のTikTokを1年以内に売却できなかった場合、米国内でのTikTok利用を禁止する項目を含む法案に署名した。TikTokのチュウCEOは「法廷で闘う」とTikTokに投稿した。(2024/4/25)

Apple、新iPad発表オンラインイベントを5月7日開催へ
Appleは5月7日にライブイベントを開催すると発表した。ティム・クックCEOがポストした動画にはApple Pencilのようなペンが描かれており、iPad関連のイベントとみられる。(2024/4/24)

「10年で80億ドルは最低限」 オラクルが日本市場に巨額投資を決めた背景
日本オラクルは、国内のクラウド市場拡大に向けて、今後10年で約80億ドル(約1兆2000億円)以上の投資をすると発表した。来日したOracleのCEOのサフラ・キャッツ氏が戦略投資の背景を説明した。(2024/4/24)

“究極のAI”実現に向けて
Meta、ザッカーバーグ氏が語る「GPU」に投資する理由と“AIの失敗”
Metaが2023年期の決算を発表し、同社のAI技術とそれを支えるデータセンターへの注力ぶりが明らかになった。同社CEOマーク・ザッカーバーグ氏は、AI技術開発の鍵をどこに見いだしているのか。(2024/4/24)

「Meta Horizon OS」がAndroidのようなオープンに MicrosoftやASUSがMRヘッドセットを開発中
Metaは、MRヘッドセット「Quest」シリーズのOSを「Horizon OS」としてオープン化すると発表した。既にASUSなどが独自ヘッドセットを開発中だ。「Appleのようなクローズドである必要はない」とザッカーバーグCEO。(2024/4/23)

オラクルCEOが語る「1.2兆円投資」の真意 生成AIがクラウドのスタンダードに
ソフトウェア大手の米Oracle(オラクル)は、今後10年間で1.2兆円以上を日本に投資する。同社のサフラ・キャッツCEOが会見で明かした内容をお届けする。(2024/4/22)

CIO Dive:
Snowflakeが新CEO就任でAI戦略を強化 新たに1000人の従業員雇用を予定
Snowflakeの新CEOにスリダール・ラマスワミ氏が就任した。同氏はこれまでAI担当シニアバイスプレジデントを務めていた人物だ。同社はこれを受けてAI戦略に大きく舵を切る計画だ。(2024/4/20)

台湾TSMC、AIへの需要好調で純利益9%増 CEOが語る今後の見通し
世界最大の半導体メーカーであり、AppleおよびNvidiaの主要サプライヤーでもある台湾積体電路製造(TSMC)は、人工知能(AI)アプリケーションに使用される半導体需要の波に乗り、第2四半期売り上げが30%も増加する可能性があると予想した。AIへの需要は引き続き好調だ。CEOが語る今後の見通しは?(2024/4/19)

Google、ハードウェアとAIの部門を再編 トップはオステルロー氏に
GoogleのピチャイCEOは、AI推進の一環として、AI、ハードウェア、ソフトウェアを融合させる部門再編を発表した。新設Platforms & Devicesチームを率いるのはPixelなどのハードウェアトップだったリック・オステルロー氏。(2024/4/19)

新SNSの技術とコミュニティーの未来を模索 「Bluesky」交流イベントの様子
新しいSNS「Bluesky」(ブルースカイ)のユーザーや開発者らによる交流イベント「Bluesky Meetup in Tokyo」(ブルースカイ ミートアップ イン トーキョー)が13日午後、東京・紀尾井町のLINEヤフー本社で開かれ、会場とオンラインで約200人が参加した。米ブルースカイ社の開発者、ジェロミー・ジョンソン氏が来日して登壇したほか、同社のジェイ・グレイバーCEOもオンラインで参加。来場者からの質問に答えたり、ゲストとパネルディスカッションを行ったりして議論を深めた。(2024/4/15)

OpenAI、更新版「GPT-4 Turbo」を「ChatGPT Plus」などで提供開始
OpenAIは、ChatGPTの有料版であるPlus、Team、Enterpriseで、最新LLM「GPT-4 Turbo」の提供を開始した。アルトマンCEOは「大幅に賢く、使いやすくなった」とポスト。(2024/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.