「CEO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chief Executive Officer:最高経営責任者

「BreakingDown」“中指”立てて物議のレオ、殺害予告DMさらす “やりすぎ”主張も「誰だか特定してしばいたる」
大会CEOは「調子に乗りすぎ」としつつ「脅迫したり危害を加えてくるやつがいるなら、それは話が別」。(2024/2/20)

SEVENTEENの「THE CITY」 HYBE JAPANトップに聞く新時代のプロモーション
BTSやLE SSERAFIMなどのスターを輩出し続けるエンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業HYBE。同社がグローバルに展開しているユニークな公演ビジネスモデルが「THE CITY」だ。同社の日本本社HYBE JAPANのハン・ヒョンロックCEOに戦略を聞いた。(2024/2/16)

サービス開始から4年で上場 トリリンガルラッパーCEOの「トップに食い込む交渉力」
トリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、INFORICHを創業した秋山広宣CEO。2018年からスタートしたモバイルバッテリーのシェアリング事業ChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たしている。短期間で資金調達と事業拡大を果たせた背景には、秋山CEOの交渉力があった。(2024/2/16)

対談企画「CEOの意志」:
バッテリーシェアリング誕生の裏側 ラッパーから起業したCEOの戦略
今回対談したのは、ChargeSPOTの設置台数日本一を誇るINFORICH社の秋山広宣CEOだ。秋山CEOはトリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、2015年に創業。18年4月からサービスを開始したChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たした。短い期間で事業を大きく成長させた秘訣に迫る。(2024/2/16)

Metaの取締役にBroadcomのCEOと元Enron幹部 これで5月には10人に
Metaは、2人の新取締役を発表した。Broadcomの社長兼CEOのホック・タン氏と元Enron幹部で慈善事業家のジョン・アーノルド氏で、即日発効した。(2024/2/15)

MetaのザッカーバーグCEO、「Apple Vision Pro使ってみたけどQuest 3の方が優秀」
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOは、Appleが2日に発売した「Vision Pro」を実際に使ってみた感想動画をInstagramに投稿した。いくつか理由を挙げて「Questの方が確実に良かった」と語った。(2024/2/15)

製造マネジメントニュース:
ニデック新社長は車載事業本部長の岸田氏、後継者候補の副社長から昇格
ニデックは2024年4月1日付の社長人事を発表した。ニデック 副社長執行役員の岸田光哉氏が社長執行役員(CEO)に就任する。(2024/2/15)

Salesforceの元共同CEOテイラー氏、カスタマーサービスAIボット「Sierra」発表
Salesforceの元共同CEO、ブレット・テイラー氏とGoogleでAR/VR関連トップを務めたクレイ・ベイバー氏の新企業Sierraは、同名のカスタマーサービス向けAIボットを発表した。既にSonosなどが採用している。(2024/2/14)

ANYCOLORの田角CEO、セレン龍月の契約解除めぐり動画公開 にじさんじENのライバーもコメント
(2024/2/13)

ANYCOLOR、代表の謝罪動画を公開 「にじさんじEN」巡る問題で【全文書き起こし、日本語訳あり】
VTuberグループ「にじさんじ」などを運営するANYCOLORは、「Addressing Your Concerns」(懸念事項への対処)と題した動画を公開した。同社の田角陸CEOが出演。「NIJISANJI EN」を巡る問題について謝罪や対応などを英語で説明した。(2024/2/13)

ウクライナ軍部、ロシア占領軍によるStarlink使用を報告 マスクCEOは否定
ウクライナの国防情報局は、ロシアの占領軍がSpaceXのStarlink端末を使っていると発表した。イーロン・マスクCEOはこれを「誤報」とし、「われわれの知る限り、Starlinkが直接あるいは間接的にロシアに販売されたことはない」とポストした。(2024/2/13)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:「6つのメガトレンド」に照準 2023年の難局を切り抜け、長期成長の基盤を固めたMicrochip
5GやIoT、データセンター、eモビリティなど「6つのメガトレンド」にフォーカスして事業展開を進めるMicrochip Technology。2023年は世界的に半導体需要が減速する中にあっても、長期的成長に向けた戦略を推進し、難局を突破した。引き続き需要の先行きが見えない2024年だが、マクロ経済環境が好転した際に機を逃さない万全の態勢を整備し、主要メガトレンド分野における顧客の課題を解決するトータルシステムソリューションを強化しているという。今回、同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/2/8)

羽田卓生のロボットDX最前線(7):
AI家具移動ロボットが日常生活“カイゼン”、日々の数歩の削減で何が変わるか
本連載では「ロボット×DX」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する。第7回はPreferred Roboticsが開発した、家庭用自律移動ロボット「カチャカ(Kachaka)」について、同社で代表取締役 CEOを務める礒部達氏に取材した。(2024/2/13)

今後の注力分野は?:
YouTubeはサブスク1億人越えで広告収入も引き続き増加 絶好調の今、CEOが考えている4つのこと
Google親会社の好決算を後押ししたYouTubeのCEOが、今後における4つ注力分野を発表した。(2024/2/11)

Mozillaのミッチェル氏、CEOを退任し会長に 「AIの未来はMozillaにとってのチャンス」
Mozilla Corporationで2020年からCEOを兼任してきたミッチェル・ベイカー会長が会長に専念すると発表した。後任は3年前に取締役に就任したローラ・チェンバース氏。AIの未来を手に入れるために誰もが争う地殻変動はMozillaにとってチャンスだとチェンバース氏。(2024/2/9)

2023年第4四半期広告売上高は総額146億ドルに:
AmazonのジャシーCEOは広告付き「Prime Video」に何を期待しているのか?
Amazon.comは2024年2月1日、2023年第4四半期(10〜12月)の決算を発表した。(2024/2/7)

Bluesky、招待制終了初日に24万人がアカウント作成 一時障害も
誰でもアカウントを作れるようにした分散型SNS「Bluesky」について、米Blueskyのジェイ・グラバーCEOは開放初日に24万人の新規アカウント作成があったと明らかにした。(2024/2/7)

Twitter元CEOが立ち上げたSNS「Bluesky」が誰でも参加可能に “分散型SNSならでは”の新機能も2月中に公開
SNS「Bluesky」の招待制を廃止し、誰でもアカウントを作成できるようになった。(2024/2/7)

Bluesky、招待制終了で誰でも参加可能に 「フェデレーション」も間もなく可能に
元Twitter(現X)のCEO、ジャック・ドーシー氏が立ち上げた分散型SNS「Bluesky」の招待制が撤廃され、誰でも参加可能になった。「AT Protocol」も近く公開され、フェデレーションが可能になる見込みだ。(2024/2/7)

Apple Vision Pro、米国で販売スタート クックCEOが購入者を出迎える
米国で「Apple Vision Pro」が発売された。オープンには、Tim Cook CEOら経営陣が購入者を出迎えた。(2024/2/3)

Meta、リストラが奏功し純利益3倍に 「AIとメタバースに引き続き投資する」とザッカーバーグCEO
Metaの10月〜12月期決算は、売上高は25%増、純利益は約3倍だった。広告の復調とリストラが奏功した。ザッカーバーグCEOは、長期ビジョンはAIとメタバースだと語った。(2024/2/2)

Apple、5四半期ぶりの増収 「年内にAIの取り組みの詳細を共有する」とクックCEO
Appleの10月〜12月期の決算は、増収増益だった。増収は5四半期ぶり。クックCEOは「AIの取り組みの詳細を年内に共有する」と語った。(2024/2/2)

MetaのザッカーバーグCEO、公聴会で自殺者の写真を掲げる傍聴人に直接謝罪
米連邦議会上院司法委員会が開催したSNSでの子供の安全に関する公聴会は4時間にわたった。傍聴席にはSNS関連で自殺した被害者の親が多数並び、MetaのザッカーバーグCEOは立ち上がって彼らに謝罪の言葉を述べた。(2024/2/1)

Alphabet、予測を上回る2桁台の増収増益 クラウドとサブスクが好調
Googleを傘下に持つAlphabetの10月〜12月の決算は、2桁台の増収増益だった。「AIへの投資の恩恵を受けているYouTubeとクラウドが貢献した」とピチャイCEO。(2024/1/31)

「VTuber×生成AI」ビジネスの可能性 ホロライブ運営企業の代表は「考えていない」 その理由は?
生成AIを使ったVTuberは、ビジネスとして考えていない──VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーの社長兼CEO・谷郷元昭さんはそのように断言した。それは一体なぜか。(2024/1/30)

Amazon、iRobotの買収を「EUの承認が得られそうにない」として断念 iRobotのCEOは辞任、大規模リストラも
Amazonは2022年8月に発表したiRobotの買収契約を終了したと発表した。EU規制当局の承認を得られないとの判断だ。iRobotはCEOの辞任を含む大規模リストラを発表した。(2024/1/30)

X、児童の性的搾取対策でフルタイムのコンテンツモデレータ募集中
Xは、児童の性的搾取(CSE)対策の一環として、Trust and Safety CoEの設立を発表した。同社CEOも召喚されている米連邦議会によるCSEに関する公聴会の数日前のことだ。(2024/1/29)

武尊を大谷翔平のような世界的スターに 格闘技団体「ONE」が見いだした日本市場の魅力
格闘技団体「ONE Championship」は1月28日、東京・有明アリーナで格闘技イベント「ONE 165 : Superlek vs. Takeru」を開催する。チャトリ・シットヨートンCEOに、今大会に向けての意気込みを聞いた。(2024/1/26)

AppleのMac、40周年 「誕生ですべてを変えた」とクックCEO
Appleの初代Macintoshが1984年1月24日に発表されて40周年。ティム・クックCEOが誕生日を祝う動画をXにポストした。(2024/1/25)

話題のゲーム「パルワールド」制作チームに誹謗中傷 “殺害予告”に近い投稿も 開発企業CEO「責任は私にある」
3Dオープンワールドゲーム「Palworld」(パルワールド)を開発したポケットペアは、同ゲームの制作チーム宛に誹謗中傷が届いてると明かした。同社の溝部拓郎CEOは、責任は全て自身にあるとし、誹謗中傷は控えるよう訴えている。(2024/1/22)

「化石燃料の段階的廃止」の行方は:
COP28で産油国が議長に 「化石燃料との決別」が宣言された交渉の舞台裏
昨年開催されたCOP28の議長国は、産油国のアラブ首長国連邦(UAE)だった。加えて、議長は国営石油会社のCEOでもあった。「気候変動会議の議長を化石燃料会社のCEOがリードできるのか?」と大きな話題を呼んだCOP28、どのような結末を迎えたのか。(2024/1/22)

MetaのザッカーバーグCEO、AGI開発宣言 「AIとメタバースは繋がっている」
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社の後期的なビジョンはAGIの構築だと語った。AGIとのコミュニケーションにはスマートグラスが適しており、「AIとメタバースは繋がっている」としている。(2024/1/19)

試験の様子をYouTubeにて公開:
楽天の三木谷氏とAST SpaceMobile Abel氏、低軌道衛星と市販スマホの直接通信試験を実施
2024年1月15日、楽天グループ 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、AST SpaceMobile社 Chairman兼CEOのAbel Avellan氏と、ハワイ州の試験場所にいるAST担当者との間で、低軌道衛星と市販スマートフォンの直接通信による音声通信を実施した。同日、その模様がYouTubeにて公開された。(2024/1/18)

今日のリサーチ:
「生成AIは今後3年間で自社の価値創造の方法を大きく変える」 世界のCEOの7割が回答――PwC調査
世界105カ国・地域で4702人のCEOが2024年の世界経済の見通しを示しました。(2024/1/18)

注目のAIスタートアップ:
SambaNovaが東京オフィスを開設、官公庁や金融業に狙い
AI(人工知能)チップを手掛ける米スタートアップのSambaNova Systemsは2023年12月、東京 大手町にオフィスを開設した。官公庁や金融業をターゲットとする。SambaNovaのCEO(最高経営責任者)であるRodrigo Liang氏は、「AIを“資産”として持つことが、企業の価値向上につながる」と強調した。(2024/1/17)

世界のCEOは生成AIに“楽観的” 経営者が注目するメリットとリスク
PwCが「第27回世界CEO意識調査」の結果を発表した。自社ビジネスの存続を懸念するCEOが増える中、生成AIに対しては楽観的な見方が強いようだ。(2024/1/17)

登場から40年:
MIPSが新CEOの下で戦略を刷新 RISC-Vに軸足を移す
MIPSアーキテクチャが市場に投入されてから、ことしでちょうど40年になる。その間、さまざまな浮き沈みを経験したMIPだが、2023年に就任した新CEOの下、新しい戦略を展開しようとしている。(2024/1/17)

カーボンニュートラル実現に必要なこと:
PR:CO2の「可視化」から「削減」までをワンストップで支援――カーボンニュートラルの実現に向けて企業がまず始めるべき一歩とは?
全世界でGXの動きが加速する中、KDDIは2023年10月31日から法人向けに、カーボンニュートラル実現をワンストップで支援するサービス「KDDI Green Digital Solution」の提供を開始した。サービス開発に当たり、タッグを組んだのがCO2排出量の可視化や削減サービスなどを手掛けるアスエネだ。本記事では同社の代表取締役CEOの西和田浩平氏と、KDDI ソリューション推進本部 サービス企画部長の梶川真宏氏が対談し、世界と比べた日本企業によるカーボンニュートラルの取り組み状況と今後の動向、最初のステップとなる可視化の重要性、両社がタッグを組んだ背景などを語り合った。(2024/1/18)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
AIもいずれ感情を持つ――人間に残された仕事は「不完全さ」にある
社員一人一人の「デジタルクローン」を作製し、業務の一部を代行させているAIスタートアップのオルツ。多くの業務をAIクローンが代行できるようになった場合、私たちリアルな人間に求められる役割とは一体、何なのか。米倉千貴CEOに聞いた。(2024/1/16)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
AIが仕事を「奪ってくれる」 給与も稼ぐ“社員の分身”を生んだオルツCEOの熱意
自分の分身が業務を代行してくれる――。そんな夢物語が現実のものとなりつつある。AI開発のオルツは社員全員の「デジタルクローン」を作製。クローンの働きに応じて社員本人に給与を支給する取り組みも始めた。AIクローン社員は、従来の仕事の在り方をどう変えるのか。(2024/1/12)

Google、音声アシスタントやAR部門で大規模リストラ FitbitのパークCEOも退社
Googleは、Pixel、Nest、Fitbitなどを担当するハードウェア部門、AR部門、「Googleアシスタント」担当部門を再編すると、複数のメディアに認めた。その一環で、Fitbitの2人の共同創業者も退社する。(2024/1/11)

フェローテックホールディングス 社長兼グループCEO 賀賢漢氏:
PR:生成AIなどの新たな需要にも手応え、グローバル戦略でさらなる成長を狙うフェローテック
石英やシリコンパーツなどの半導体等装置関連事業と、サーモモジュールなどの電子デバイス事業を展開するフェローテックホールディングス。2022年に打ち出した「日本回帰」と「グローバル展開強化」の戦略に沿って、日本やマレーシアを中心に積極的な投資を続けてきた。2024年には、これらの投資の成果として複数の拠点が操業を開始する。生成AI(人工知能)で生まれた新たな需要も追い風に、さらなる成長拡大を狙う。フェローテックホールディングス代表取締役社長兼グループCEO(最高経営責任者)の賀賢漢氏に事業戦略を聞いた。(2024/1/11)

Nordic Semiconductor CEO Svenn-Tore Larsen氏:
PR:主要なワイヤレスIoT技術を一社で 「ワンストップショップ」化で市場に攻勢をかける
低消費電力の無線ソリューションに特化し、特にBluetooth Low Energy向けワイヤレスSoC(System on Chip)では世界トップレベルのシェアを誇るノルウェーのNordic Semiconductor。同社はセルラーIoT(モノのインターネット)やWi-Fi、Matter、Threadなど、主要な標準規格ベースの低消費電力ワイヤレスIoTコネクティビティーソリューションをワンストップで提供する企業に進化しているという。今回、同社CEO(最高経営責任者)のSvenn-Tore Larsen氏に、同社の強みや戦略を聞いた。(2024/1/11)

アンカー・ジャパンが被災地域にバッテリーを提供 能登地方の地震を受け 「電源が必要ならDMで連絡を」と猿渡歩CEO
アンカー・ジャパンは、石川県能登地方を震源とする地震の被害を受けた自治体に対し、モバイルバッテリーなどを提供する。同社の猿渡歩CEOがX(旧Twitter)で案内している。連絡はXのDMで受け付ける。(2024/1/3)

アンカー、被災自治体にモバイルバッテリーなど提供申し出
アンカー・ジャパンのCEOが、元日の地震被害を受けた自治体に対して、モバイルバッテリーやポータブル電源を提供すると申し出ている。(2024/1/2)

井上尚弥VS.タパレス戦に期待 米トップランク社ボブ・アラムCEO「日本市場は素晴らしい」
「NTTドコモ Presents WBA・WBC・IBF・WBO 世界スーパー・バンタム級王座統一戦 井上尚弥vsマーロン・タパレス -streaming on Lemino-」を前にした12月24日、記者会見が実施された。会見には井上選手が契約している米興行大手Top Rank(トップランク)社のボブ・アラムCEOも共同プロモーターとして出席。囲み取材では何を話した?(2023/12/25)

Bluesky、ロゴを“変容の象徴”である蝶にし、ログインせずにWebで閲覧可能に
分散型SNSサービス「Bluesky」のロゴが蝶に変わり、ログインしなくてもWebブラウザで投稿を表示できるようになった。グレイバーCEOは、蝶は「変化と変容の象徴」だと語った。(2023/12/25)

日本の地方を救う“黒船”か:
6471室を一斉開業する欧州最大ホテルチェーン 「投資は回収できる」と自信のワケ
日本に商機を見いだした欧州最大のホテル運営、仏アコーは2024年4月1日、日本初上陸となる「グランドメルキュール」12軒と、東京・銀座などで展開している「メルキュール」11軒の計23軒、6471室を一斉開業させる。CEOへのインタビューから日本を“狙い撃ち”した理由や、市場攻略のカギに迫った。(2023/12/22)

Microsoftに買収されたActivision BlizzardのコティックCEOが12月末に退社へ
Microsoftによる買収が10月に完了したActivision Blizzardのボビー・コティックCEOが12月29日に退社する。同社の各スタジオはXboxのマット・ブーティ氏直属になる。(2023/12/21)

製造マネジメントニュース:
テルモ新社長の鮫島光氏が会見「縦糸と横糸を細かく紡いで総合力を引き出す」
テルモが2024年4月1日付で新たな社長 CEOに就任する鮫島光氏の就任会見を行った。鮫島氏は、2017年から約7年間トップの任にあった代表取締役社長 CEOの佐藤慎次郎氏からバトンを引き継ぐことになる。(2023/12/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.