• 関連の記事

「東京大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京大学」に関する情報が集まったページです。

医療技術ニュース:
フェロモンがオス同士の攻撃行動引き起こす神経メカニズムを解明
東京大学は、オスマウス同士の攻撃行動の制御に重要なフェロモン受容体として、Vmn2r53を同定した。Vmn2r53を介した情報が視床下部の特定の神経回路に伝達され、攻撃中枢が過去の攻撃経験に依存して活性化することが明らかになった。(2022/6/27)

ロボット:
4足歩行ロボとドローンに搭載した3次元計測システムの有効性を確認、大林組
大林組は、東京大学大学院工学系研究科とともに、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで、自律4足歩行ロボットとUAVを用いたトンネル断面3次元計測の実証実験を実施し、複数の断面計測を連続的かつ効率的に行えることを確かめた。今回の実証実験は、国土交通省が推進する「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の一環で実施した。(2022/6/22)

調査レポート:
NTTと東大の研究、コロナ禍以降「肌のぬくもりに触れたい欲求」高まる
日本電信電話(NTT)は東京大学との共同研究において、新型コロナウイルス感染拡大時に、他者、動物、物など、何かに触りたいという日本人の欲求(触りたさ)に変化が生じたことを発見したことを発表した。(2022/6/17)

現行製造プロセスとも高い親和性:
FeFETによる機械学習、音声認識の精度は95.9%
東京大学は、強誘電体トランジスタ(FeFET)を用いた「リザバーコンピューティング」と呼ばれる機械学習方式を開発し、高い精度で音声認識を行うことに成功した。採用したFeEFTは現行の製造プロセスと親和性が高く、LSIの大規模化も比較的容易とみている。(2022/6/15)

ロボット開発ニュース:
指型ロボットに自己修復可能な培養皮膚を形成、義手や義足にも応用可能
東京大学は、人の皮膚細胞から作製される「培養皮膚」を利用し、細胞由来の生きた皮膚を持つ指型のロボットを開発した。人間らしく柔らかい皮膚を模倣するための被覆材として用いられてきたシリコンゴムにはない修復能力を備えており、より人間らしい機能を備えた肌を持つ指型の「バイオハイブリッドロボット」として世界で初めて作製に成功した。(2022/6/13)

高密度FeFETメモリの実現へ:
ALD法で酸化物半導体を三次元構造へ均一に成膜
東京大学と奈良先端科学技術大学院大学の共同研究グループは、酸化インジウムの成膜に原子層堆積(ALD)法を用いる技術を開発、この技術を活用して三次元垂直チャネル型の強誘電体/反強誘電体トランジスタメモリを開発した。(2022/6/13)

医療機器ニュース:
医用画像におけるAIの開発活用を目的とした技術研究組合を設立
東京大学は、CT検査やMRI検査などの医用画像分野におけるAIの開発、活用を目的として、ソフトバンク、ヤフー、クリプタクトなどと「医用画像通信技術研究組合」を設立した。(2022/6/13)

世界大学ランキング 東京大学は23位、京都大学は36位
全体では19校がランクダウン、11校がランクアップ、18校がランク維持という結果に。(2022/6/11)

生きた皮膚で覆われた指型ロボットを東大研究グループが開発 修復能力も備えた人間らしい機能を搭載
生きた皮膚で纏われた世界初のロボット。(2022/6/10)

生きた皮膚を持つ指型ロボット、東大が開発 傷がついても再生可能
東京大学大学院情報理工学系研究科などの研究グループは、生きた皮膚を持つ指型ロボットを開発したと発表した。研究チームは人の皮膚細胞から作った「培養皮膚」で立体物を被覆する手法を開発し、ロボット全体を覆ったという。(2022/6/10)

父と母を比較:
現役東大生に聞く、親はどんな存在だったのか
現役東大生220人に対し「子供のころの過ごし方」に関する複数のアンケート調査を実施。「父親、母親はどんな存在だったか」の結果を取りまとめたところ……。(2022/6/9)

小倉優子、ドラマ「ドラゴン桜」監修の東大生から指導受ける 「38年間気が付きませんでしたが今は勉強が楽しいです」
自習室での勉強風景を公開。(2022/6/7)

デジタルメンタルヘルス講座を設置:
東大、働く人の「心の健康」向上へ研究開始 富士通など15社参加、何をするのか?
職場のメンタルヘルス問題をデジタル技術で解決へ――。東京大学は、富士通Japanなどと共同で社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」を設置したと発表した。AI(人工知能)などの技術を応用し、働く人の「心の健康」の向上に役立つ研究を進めていくという。(2022/6/8)

「人・動物に触りたい欲求」コロナ禍でアップ Twitter解析で判明 NTTと東大
新型コロナウイルス感染拡大時に、人や動物に触りたいという日本人の欲求(触りたさ)がアップしていた。NTTと東京大学とのTwitter研究で判明した。(2022/5/31)

難関大の学生に聞く:
就職人気企業ランキング 東大、京大、早慶で1位だったのは?
難関大学12校の生徒を対象にした「2023年卒就職人気企業ランキング」の結果を発表した。総合商社や金融業界が人気を集めた。東大、京大、早慶共通で1位を獲得した企業は?(2022/5/31)

マイナビ、メディアの原稿作成を自動化 東大発ベンチャーELYZAのAIを活用
マイナビは自社のメディアで、原稿を自動生成する実証実験を行うと発表した。東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAが開発したAIを使い、求人原稿などの草案を自動作成する。(2022/5/30)

「宇宙はアツい!」TikTokで科学者対談 X線宇宙物理学を研究する東大教員と“ギャル系”物理学者
「TikTok LIVE」で、各分野の研究者が対談する番組「BossBトーク」がスタート。「天体物理学者BossB◆」さんのチャンネルに一線の研究者を招き、不定期で配信する。(2022/5/25)

97%以上の高い精度で個人を識別:
生体呼気で個人認証、東京大らが原理実証に成功
東京大学と九州大学、名古屋大学および、パナソニック インダストリーの研究グループは、「生体呼気」で個人認証を行う原理実証に成功した。20人を対象に行った実験では、97%以上の精度で個人を識別できたという。【訂正あり】(2022/5/26)

Innovative Tech:
音声だけで完全な長文が書ける技術、東大教授が開発 ささやき声で“改行”や“修正”などコマンドを入力
ソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)フェロー・副所長であり東京大学大学院情報学環の暦本純一教授は、キーボードやマウスなどを使用せず、音声入力だけで長い文章が書ける技術を開発した。(2022/5/25)

Innovative Tech:
音声入力時の感情に合わせて吹き出しを自動作成 興奮時なら“爆発型”など、東大が開発
東京大学の研究チームは、吹き出しを用いたテキストチャットにおける感情コミュニケーションを支援するシステムを開発した。音声でテキスト入力する際の感情を読み取り自動で吹き出しを生成する。(2022/5/24)

呼気で個人認証、原理実証に成功 精度は98%
人の呼気から得られる科学情報を個人認証に活用する技術の原理実証に成功したと東京大学大学院などの研究グループが発表した。なりすまし対策にも有効だという。(2022/5/20)

Innovative Tech:
1文字ずつ口パクでスペル入力できるシステム、東大などが技術開発 タイピング速度はスマホに匹敵
東京大学、米ジョージア工科大学などによる研究チームは、口パク(無声発話)で1文字ずつタイピングするハンズフリーの入力システムを開発した。(2022/5/19)

3分インタビュー:
東大合格者は毎年500人以上! 鉄緑会「公式ノート」が地味にスゴい
東大受験専門塾の看板を掲げる「鉄緑会」が、初の公式ノートを発売した。パッと見たところ「普通のノート」に感じるが、どのような工夫が施されているのか。開発に携わった、KADOKAWAの担当者に話を聞いたところ……。(2022/5/18)

材料技術:
ハーバーボッシュ法使わずにCO2フリーアンモニアを直接合成、IHIが共同開発へ
IHIは、北海道大学、福岡大学、東京大学、金属電極専門メーカーのデノラ・ペルメレックと共同で開発している、水と窒素からCO2フリーのアンモニアを直接合成する技術がNEDOの公募プロジェクトに採択されたと発表した。(2022/5/17)

流行が見える「メルカリ物価・数量指数」提供開始
メルカリ総合研究所と東京大学エコノミックコンサルティングが「メルカリ物価・数量指数」の提供を始めた。(2022/5/16)

導入事例:
残コン・戻りコンゼロとCO2削減を建設現場で実現するシステムを確立、鹿島建設
鹿島建設は、東京大学大学院工学系研究科 野口教授の指導を受け、建設現場で発生する残コンクリートと戻りコンクリートを、建設現場内でCO2を利用してゼロにするシステムを確立した。今後は、新システムで使用している散水装置付き振動式ふるいによる分離能力の向上などで、建設現場への適用を進めていく。将来は、新システムで利用する液化炭酸ガスに建設現場で排出される重機などの排ガスを用いて、より一層のCO2削減を実現する。(2022/5/13)

Innovative Tech:
「OK Google」「Hey Siri」の微妙な“言い方”を区別し、音声アシスタントの誤認識を軽減 東大などが開発
東京大学大学院情報学環の暦本研究室とソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)の研究チームは、「OK Google」や「Hey Siri」のような音声アシスタントを起動させる音声コマンドの誤認識を軽減する学習ベースの分類モデルを開発した。(2022/5/12)

遠隔手術装置などへの応用に期待:
深層強化学習法により、超音波モーターを最適制御
東京大学は、深層強化学習法を用いて、超音波モーターを最適駆動する制御システムを開発した。超音波モーターを手術ロボティックスや触覚提示システムなどへ搭載することが可能になるという。(2022/5/12)

光回路技術に新たな可能性:
東京大ら、トポロジカル導波路の広帯域化を可能に
東京大学と慶應義塾大学、電磁材料研究所の研究グループは、ENZ特性を持つ磁気光学材料を用いることで、帯域が広いトポロジカル導波路を実現できることを明らかにした。光回路のさらなる高密度高集積化が可能となる。(2022/5/10)

医療技術ニュース:
構造を簡素化することで、最大30倍以上伸びるゲルを開発
東京大学は、ゲルの網目の分岐数を1つ減らした3分岐構造のゲルが、30倍以上伸ばしても破断しない、強い強靭性を持つことを発見した。繰り返し負荷を与えても常に一定の強靭性を示す、ロバスト強靭性も示された。(2022/5/10)

Innovative Tech:
バーチャル内で“本当の食事”を体験できるか? 奈良先端大と東大が検証
奈良先端科学技術大学院大学と東京大学による研究チームは、VR内で実環境の食事を高い臨場感で食べるための支援技術を開発した。(2022/5/9)

Innovative Tech:
充電できる“服”、東大が開発 身体周りのスマホを自動で無線給電
東京大学川原研究室と東京大学染谷横田研究室の研究チームは、服やソファなどの布製品を充電器に仕立て、その周辺のデバイスにワイヤレスで電力伝送する繊維ベースの給電システムを開発した。(2022/5/9)

Innovative Tech:
口パクで音声入力できるマスク、東大などが開発 約8割の精度で音声を認識
東京大学と産業技術総合研究所の研究チームは、マスク着用時に口パク(無声発話)による音声入力が行えるマスク型デバイスを開発した。口パクによって変形するマスクを内蔵するセンサーで読み取り、音声アシスタントへの入力コマンドに変換する。(2022/4/28)

東大、“世界最高性能”のディープフェイク検出AIを開発 フェイクニュースやポルノなどの悪用根絶に期待
東京大学の研究チームは、動画内の人物の顔が本物かどうか判定する、ディープフェイク検出AIを開発した。このAIは、既存研究の性能を大きく上回り、世界最高性能の評価を示したという。(2022/4/26)

スピン経済の歩き方:
「日清の“謎肉”がなくなれば、日本の生命線が守られる」は本当か
日清食品ホールディングスと東京大学は、日本で初めて「食べられる培養肉」の作製に成功した。この報道を受けて、筆者の窪田氏は「日本の生命線が守られるかも」と指摘しているが、どういう意味なのか。(2022/4/26)

人工知能ニュース:
複数のAIアクセラレーターを内蔵した試作チップの動作を確認
新エネルギー・産業技術総合開発機構と産業技術総合研究所、東京大学は、AIアクセラレーター向け評価プラットフォームの実証にあたり、仕様が異なる6種類のAIアクセラレーターを内蔵した試作チップ「AI-One」を設計し、動作を確認した。(2022/4/14)

医療技術ニュース:
高出力深紫外LEDにより、エアロゾル中の新型コロナウイルを迅速に不活性化
東京大学医科学研究所は、小型、高出力の深紫外発光ダイオード(DUV-LED)照射光源を開発した。高出力DUV-LEDが、液体中とエアロゾル中の新型コロナウイルスを迅速に不活性化することを実証した。(2022/4/12)

東大生は本当に勉強好きか:
現役東大生「自ら進んで勉強」は少数派? 親の"指示受け"が6割超
ひまわり教育研究センターは、現役東大生に「子供の頃の過ごし方」に関するアンケート調査を実施した。その結果、現役東大生の男子72%、女子55%が小学生の時に両親から「勉強しなさい」と言われていたことが分かった。(2022/4/11)

観測史上“最も遠い”銀河候補を発見 135億光年先の天体を観測か
東京大学宇宙線研究所などの国際研究チームは、135億光年先の宇宙に存在する銀河の候補「HD1」を発見した。これまでに見つかっていた最遠方の銀河は134億光年先にあったが、HD1はそれよりも1億光年遠く、1億年古い特徴を持つという。(2022/4/7)

日本勢は研究への投資停滞で苦戦:
「研究分野別」世界大学ランキング、東大がアジア1位 京大は9位
各科目TOP50に入った日本の大学の科目は72で、2019年から7つ減少していた。(2022/4/7)

脱炭素:
不定期に試験を行う研究開発拠点でエネルギーマネジメント、東大と堀場製作所
堀場製作所と東京大学は2022年4月5日、研究開発拠点のカーボンニュートラルの実現に向けて共同研究を行う「環境調和型エネルギーシステム社会連携講座」を開設したと発表した。(2022/4/6)

強誘電体のフォノン励起を活用:
東京大ら、テラヘルツ領域の光起電力効果を観測
東京大学と理化学研究所らの研究グループは、強誘電体「BaTiO3(チタン酸バリウム)」を用い、テラヘルツ光照射による光電流の観測に成功した。可視光の約1000分の1の光エネルギーで発電が可能になるという。(2022/4/6)

PEFCのコスト低減を可能に:
新手法で燃料電池触媒のORR活性を2倍以上に向上
量子科学技術研究開発機構(量研)と東京大学、日本原子力研究開発機構らの研究グループは、燃料電池自動車(FCV)の動力源となる固体高分子形燃料電池(PEFC)の触媒性能を、2倍以上も向上させる新たな手法を開発した。(2022/4/5)

微視的な機構も明らかに:
結晶対称性を反映した新原理の超伝導整流現象を発見
東京大学の研究グループは、埼玉大学や東京工業大学のグループと共同で、空間反転対称性の破れた超伝導体「PbTaSe2」において、外部磁場がなくても巨大な整流特性を示すことを発見し、その微視的な機構を明らかにした。(2022/4/4)

「食べられる培養肉」の作製に日本で初めて成功 日清と東大が共同研究
独自に開発した「食用血清」と「食用血漿 (けっしょう) ゲル」を使用。(2022/4/1)

Innovative Tech:
キリンの首を再現したロボット、力強く柔軟でしなやかに動く 東工大などが開発
東京工業大学と東洋大学、東京大学による研究チームは、キリンの首を再現した多関節筋構造の空気圧駆動ロボットを開発した。(2022/3/29)

医療技術ニュース:
血液との接触で瞬時に固化する合成ハイドロゲルを開発、止血効果を確認
東京大学は、体液に接触すると、瞬時に自己固化する合成ハイドロゲルを開発した。抗凝固薬を加えたラットの血液に合成ハイドロゲルを接触させ、血液ごと瞬時に固化することを確認した。(2022/3/29)

キーワードからAIが文章生成 ニュース、メール、職務経歴書に対応 東大松尾研発ベンチャーがデモサイト公開
東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAは、キーワードから約6秒で日本語の文章を生成できるAI「ELYZA Pencil」を試せるデモサイトを公開した。キーワードを数個入力すると約6秒で日本語のタイトルや文章をAIが自動で生成する。(2022/3/28)

リノベ:
既存住宅改修での新たな環境評価手法の確立に向けた共同研究
武蔵野大学および住友不動産、東京大学大学院は、脱炭素社会の実現に向けて、既存住宅の改修における新たな環境評価手法の確立に向けた共同研究を2021年12月から開始した。全面改修で期待されるCO2排出量削減効果を可視化し、ストック型社会の実現に貢献する。(2022/3/28)

THE世界大学ランキング日本版2022:
日本の大学ランキング 2位は「東京大学」、1位は?
2022年版では、国内の273大学がランク付けされた。(2022/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.