• 関連の記事

「交通事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通事故」に関する情報が集まったページです。

下半身不随の猫「らい」くんのフォトブック 家族とファンに愛される明るさと人懐っこさに笑顔になる
いとおしい存在です。(2024/2/24)

KDDIとトヨタ、交通事故の“危険地点”を可視化する技術を提供 「車と自転車が近づいたらスマホに通知」も
KDDIがトヨタと連携し、交通事故が起きやすい危険地帯を予測するソリューション「危険地点スコアリング」を、法人や自治体向けに2024年春から提供する。KDDIの持つ人流データやトヨタの持つ車両データを活用。車と自転車が交差点に近づいたら、双方のスマートフォンに通知をして減速を促す機能も開発している。(2024/2/20)

製品動向:
AI道路点検サービスが「日本オープンイノベーション大賞」国交大臣賞を受賞
内閣府主催の第6回「日本オープンイノベーション大賞」国土交通大臣賞に、三井住友海上火災保険とアーバンエックステクノロジーズが開発した官民連携DXによるAI道路点検サービスが選ばれた。DXの好事例や社会貢献の観点で高く評価された。(2024/2/20)

自動車の完全自動運転に対する意識、世代別に比較 KINTOが調査
KINTOは、運転免許を保有する20〜30代と40〜60代、70代以上の男女を対象に、「完全自動運転」に関する世代別比較調査を実施した。完全自動運転の実現に期待している人に理由を聞いたところ、全世代共通で1位は「自身の移動が楽・便利になるから」だった。(2024/2/14)

ごみ出し担当のワンコ、今日も張り切って走っていると…… 驚きのハプニングに飼い主も思わず笑っちゃう【カナダ】
こんな日もあるさ。(2024/2/13)

嘉門タツオ、自粛からの活動再開を報告 被害者が後押し 2023年に飲酒運転で追突事故
65歳の誕生日である3月25日に恩人・宇崎竜童さんをゲストに迎え「反省と叱咤の会」を開催。(2024/2/10)

5年後にアクティブユーザー100万人を目指す:
JDIが健康見守りサービスを発表、OPD生体センサー搭載スマートリングで実現
ジャパンディスプレイ(JDI)は2024年2月6日、有機光検出器センサーを搭載したスマートリングを使った健康見守りサービス「Virgo(ヴァ―ゴ)」を発表した。2024年2月から企業/団体向けにトライアル提供を開始する。(2024/2/8)

「どんなに泣いても叫んでも座らせた」 悲しい事故を教訓に――チャイルドシートの必要性を描いた漫画が580万表示「乗せないほうが可哀想」
大切なことです。(2024/2/1)

“事故相手に車を買ってあげたい” 車系女性YouTuberの“同情”発言に視聴者騒然「聞いたことない」 関係者からも賛否
友人もびっくり。(2024/1/31)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高速道路SAPAの「有料化」案 しわ寄せで何が起こるのか
高速道路のサービスエリアとパーキングエリアについて、混雑緩和を目的とした有料化の検討について報じられた。しかし、有料化にはデメリットも多い。駐車スペース拡充や通行料金の見直し、トラックドライバーの地位向上などについても考える必要があるだろう。(2024/1/18)

「水ダウ」放送作家、交通事故で車が大破 心配の声集まるも……“現場画像”に物議「写真も出すの?」
大きなケガがなくて何より。(2024/1/16)

「鉄扉」の奥で2年間、家族にも口外禁止 「共通テスト」ができ上がるまでの秘話
13日と14日に実施が予定されている大学入学共通テスト。問題作成は大学入試センターの一角、限られた人しか立ち入りを許されない扉の奥で行われている。(2024/1/12)

「死亡交通事故ゼロ」を目指すSUBARU Lab:
PR:SUBARUの挑戦を支える、「AI開発を止めないストレージ」とは
「死亡交通事故ゼロ」を実現するため、技術開発を進めるSUBARU。従来の画像認識から進化するため、AI技術の導入を考える同社の前に立ちはだかった壁とは。(2024/2/2)

「葬儀では数千人が涙」 “70歳で自宅死去”の研ナオコ、変なうわさ拡散後のSNSで健在アピール マックパクつく姿に「良かったまじかと」
このYouTube動画はひどい。(2023/12/29)

「このすば」アニメ3期が2024年4月放送開始、アイリス登場の第1弾PVに「ようやくメインヒロインの登場だ…!」「最高のクリスマスプレゼント」
楽しみしかない。(2023/12/25)

アメリカで事故ってハッピーバースデーを歌ったうちの母 まさかの体験を描くエッセイマンガが「コミュ力の化身」「歌で争いが止まるのか」と話題に
最悪の状況が一転……。(2023/12/12)

あの、タクシー乗車中に交通事故 割り込み車両と衝突で「どうなるかと思いました」
ひとまず無事でよかった……。(2023/12/16)

業務停止中のロボタクシーCruise、大規模リストラ
人身事故発生後、無人タクシー業務を一時停止しているGM傘下のCruiseが、従業員の24%に影響するリストラを発表した。CEOは11月に辞任している。(2023/12/15)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマは高くなってしまったのか 高額化に恩恵を受ける人も
自動車の価格がどんどん高くなっている。製造コストや開発コストの増大に加えて、先進装備の充実や安全性向上も求められているからだ。メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとって、高額化はどのような意味があるのか。(2023/12/15)

事故死した御曹司がたどり着いた“最後の晩餐”を振る舞うお店 異色のグルメマンガ『冥天レストラン』が笑えて泣けておいしそうな大盛りストーリー
グルメ×ファンタジー×ヒューマンドラマな、コメディータッチのマンガ。(2023/1/12)

伊藤かずえ、“人命救助”買って出た交通事故の被害者に「無事だといいんですけど」 二次被害防いだ対応に賛辞「素晴らしい」
消防車が到着するまで交通整理したという伊藤さん。(2023/12/11)

素材/化学メルマガ編集後記:
満員電車について考える、コロナ禍に解消できたが元通り
満員電車についていろいろ語っています。切に思うのは未来に満員電車を解消できる通勤手段が登場することです。(2023/12/11)

ファーストサマーウイカ、面影ゼロの化け物メイクで「見つめ合ってね」 監督の指示聞き入る姿はちょっとシュール
怖……!(2023/12/10)

死んだネトゲプレイヤーの息子、父親がログインすると…… 面識のないゲームプレイヤーの絆を描いたマンガに「泣ける」「感動をありがとう」の声
(2023/12/12)

事故死した息子夫婦のカフェを「オラたちでやるべな」 老夫婦の第二の人生を描いたマンガに「号泣」「親の声を聞きたくなった」と感動の嵐
2010年、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品になった『かへ』。(2023/12/16)

鈴鹿央士、新ドラマ「闇バイト家族」でダメ主人公 ニセ家族に山本舞香、光石研ら
2024年1月5日深夜スタート。(2023/12/5)

実写「幽☆遊☆白書」初公開のシーンカットが大量放出 螢子や幻海、幽助の母親など出そろう
Netflixで12月14日から配信。(2023/12/1)

「総務」から会社を変える:
【12月から】アルコールチェック義務化いよいよ開始、見落とせない3つのポイント
いよいよ12月、社用車利用時の機器を使ったアルコールチェックの義務化が始まる。すでに目視での確認は施行されているが、さらに厳密なチェックが求められる。新たな安全運転管理業務が追加され、安全運転管理者である総務の担当者は戦々恐々としているかもしれない。義務化の概要と、見落とせない3つのポイントについて解説する。(2023/11/30)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(21):
AIと車両搭載IoTセンサーで、交通インフラの問題を解消する最新研究【土木×AI第21回】
連載第21回は、交通インフラの事故防止や維持管理の諸問題を解決する目的で、車両搭載のIoTセンサーで取得したデータをAI解析する最新研究を紹介します。(2023/11/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
商用車メーカーが自工会会長を務める理由
1週間おつかれさまでした。今週は日本自動車工業会が会長交代を発表し、その人事に驚いた方もいらっしゃるかもしれません。(2023/11/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
教習所のクルマが旧態依然としているワケ 教習車ならではの事情
運転免許取得のために通う自動車教習所で使われるクルマには、EPB(電動パーキングブレーキ)などの先端装備は搭載されていない。教習内容を厳格に定められている教習所ならではの事情があるからだ。教習車に求められている要素とは?(2023/11/26)

粉々に砕け散ったスポーツカー 猛スピードで電柱に衝突、ドライバーは約50メートル吹き飛ばされるも奇跡的に生還
無謀な運転はやめよう……。(2023/11/24)

事故で後ろ足を失った猫、義足を着けて5年がたち…… 努力がつかんだ幸せの光景にグッとくる【伊】
たくさん頑張ったんだね。(2023/11/22)

声優・八代拓、“車検切れ”車両で事故起こし謝罪 被害者へ「深くお詫び申し上げます」 人気アニメに多数出演中、新作参加も発表
事故後は“体調不良”として仕事をキャンセルしていた八代さん。(2023/11/20)

夜中にいきなり「全て失う覚悟はあるか?」と謎の注意喚起 メッセージの意図を福岡県警に聞いた
夜中にいきなり「全て失う覚悟はあるか?」の道路情報板(2023/11/12)

脱! 紙の管理:
PR:アルコールチェック義務化が開始! 車両運行管理までまとめてできるサービスがあるらしい 使い勝手はどう? ガジェット好き編集部員が使ってみた
(2023/11/10)

自動運転タクシーのCruise、“女性下敷き事故”を受け全車両をリコール
GM傘下の自動運転システム企業Cruiseは、10月初旬の人身事故を受け、ソフトウェアアップデートのため950台の全車両のリコールを実施した。(2023/11/9)

自動運転タクシーは安全か? 米国では“女性が車の下敷き”など事故相次ぐ 一部事業者は営業停止に
米カリフォルニア州やテキサス州で自動運転タクシーのサービスを展開していた米Cruiseが、相次ぐ事故を受けて営業を停止した。米国では、公道を走る自動運転車が予想外のトラブルなども発生し、安全性や実用性を巡る論議が続いている。(2023/11/9)

突然現れた痩せて汚れた野良猫、「ごはんくだちゃい」と訴えてきて…… 距離が縮まっていく姿に「涙が出ます」と100万再生
少しずつ慣れて行ってね。(2023/11/4)

F1角田裕毅、ホテル通路を小型バイクで同僚と“激走”→アクシデント発生 NG集に「ホテル内交通事故」「面白い」と反響
2台はちょっぴりきつかったか。(2023/11/2)

東京海上日動、生成AIで一部業務を約50%省力化 AIスタートアップ・ELYZAが協力
東大発のAIスタートアップ企業であるELYZAは、東京海上日動火災保険との言語生成AIの実証実験の結果、一部業務で約50%の省力化に成功したと発表した。(2023/10/31)

ジャパンモビリティショー2023:
ITSで自転車が車車間通信、出会い頭事故回避や運転者間コミュニケーションを実現
パナソニックグループは、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、ITS対応端末を搭載した自転車により、自動車との車車間通信を行い、出会い頭事故を防いだり、運転者間でコミュニケーションを行ったりするデモを紹介した。(2023/10/31)

安全システム:
日産自動車が取り組む「社会をデザインする交通安全活動」とは
日産自動車の長谷川哲男氏が「交通安全未来創造ラボ〜社会をデザインする交通安全活動〜」をテーマに行った講演の模様を紹介する。(2023/10/31)

「インパルス」堤下、1年4カ月ぶりに活動再開 複数の交通事故起こし活動自粛、運転免許は「返納しました」
2022年6月から活動を自粛していました。(2023/10/25)

スマートメンテナンス:
トヨタと鹿島ら産官学で道路DX「スマートロード」の開発着手 雨の交差点で人や車を事前検知
鹿島建設とトヨタ自動車、NIPPO、東京都市大学、米カリフォルニア大学バークレー校は、光ファイバーセンサーで道路上の自動車や自転車、歩行者などの移動体を追跡し、交通事故の撲滅につなげる道路DX「スマートロード」の開発に乗り出した。(2023/10/20)

チラ見えしてるじゃん! Netflix「幽☆遊☆白書」、北村匠海が事故現場でギラリと見つめる姿が明らかに
12月14日に世界独占配信されます。(2023/10/18)

実写を使った「飲酒運転による人身事故が体験できるVR」開発される 安全教育のために事故をリアルに再現
人身事故のシーンにはスタントマンを起用。(2023/10/18)

FF14の世界で「オタク部屋」を再現! グッズの山と生活感の生々しさに「解像度高すぎ」「現実かと思った」の声
エアコンやベランダの植物など、芸が細かい。(2023/10/17)

実写版「幽☆遊☆白書」、12月14日にNetflixで独占配信 “世界最速”の先行上映が行われる前夜祭も開催
前夜祭の特設サイトもオープン。(2023/10/12)

やさしいデータ分析:
[データ分析]円グラフやパレート図で「重要度」を可視化 〜 どの割合が本当に多いのか?
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第9回。グラフを利用して「重要度」を可視化する方法と、それに関連するさまざまな考え方を追いかけます。具体的には円グラフやパレート図、積み上げ棒グラフなどを使いますが、データの取り扱い、結果の見方などに関して、考慮すべき点や見落としがちな点について、ケーススタディーを通して見ていきます。(2023/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.