• 関連の記事

「撤退」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「撤退」に関する情報が集まったページです。

電力供給サービス:
値上げや事業撤退が続く新電力、契約企業の7割は「今後も利用を継続」の意向
電力市場価格の高騰を受けた値上げや、事業撤退が続く新電力。帝国データバンクが実施した企業の電力会社の利用状況に関するアンケートでは、新電力と契約する企業の約7割が継続利用の意向を示しているという。(2022/5/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアに進出している企業はどうなる? 撤退は「吉」か、継続は「凶」か
ロシア国内で海外の各企業はどのような対応を取っているのか。大手外国企業1000社以上のロシア国内での動きをウォッチしている、ある研究所のデータによると……。(2022/5/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
苦境の新電力、“ソシャゲ感覚”で撤退? 1年で14件、倒産過去最多
企業信用調査最大手の帝国データバンクが4月公表した「『新電力会社』倒産動向調査」によれば、2021年度における新電力の倒産は過去最多となる14件となった。倒産までいかなくとも、電力の小売事業から撤退を余儀なくされた事業者も含めると、その数は31社と過去最悪のペースとなる。(2022/5/2)

撤退する新電力を支援するサービス、エネチェンジ提供 背景に夏への警戒感
ENECHANGEは21日、やむを得ず小売電気事業から撤退する企業を支援するサービスを始めると発表した。契約者対応などを代行する。(2022/4/22)

料理宅配サービス「DiDi Food」日本撤退へ 5月25日でサービス終了
料理宅配サービス「DiDi Food」を手掛けるDiDi フードジャパンは、日本でのDiDi Foodのフード宅配サービスを5月25日をもって終了する。(2022/4/20)

タクシー配車事業は継続:
「DiDi Food」日本撤退へ 5月25日サービス終了
DiDiフードジャパンは4月20日、「DiDi Food」の日本でのフード宅配サービスを終了すると発表した。サービス終了日は5月25日。(2022/4/20)

60社が撤退:
「脱ロシア」日本企業で加速 1カ月で約2倍に急増
ロシアでの事業から撤退する企業が相次いでいる。帝国データバンク調べ。(2022/4/16)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ホンダ、中国でアキュラ生産中止 EV化に乗れず衰退する日系メーカーの象徴との声も
ホンダの中国合弁会社・広汽本田汽車が今月8日、高級車ブランド「アキュラ」の生産を年内で終了すると発表した。ホンダは2030年以降、中国での新型車は全て電動車とする方針で、その一環。しかし中国の消費者からは、日本車メーカーの衰退を象徴する“撤退”とも受け取られている。(2022/4/14)

Marketing Dive:
電通など世界の主要広告代理店が撤退 ロシアの広告業界は機能停止に
Omnicomと電通がロシアから撤退した。これにより主要なグローバルエージェンシーは全て同国から離脱したことになる。(2022/4/13)

裁判から「解雇」の誤解を紐解く:
裁判結果が話題 「会社に貢献できない人はクビ」と主張する外資企業のウソ・ホント
「会社に貢献できない場合に退職を求められるのは、外資系金融機関では常識」「日本の判例で男性の解雇が無効とされれば、国際企業は日本から撤退する」」と主張する会社と退職を迫られた元幹部が争った裁判結果が話題になっている。(2022/4/8)

新電力、1年で14社倒産 撤退は計31社に 帝国データバンク調べ
帝国データバンクは30日、新電力会社の倒産が2021年度は過去最多の14件に上ったと発表した。直近1年以内に電力小売事業から撤退した事業者を含めると31社に上る。(2022/3/30)

電力供給サービス:
エルピオとウエストHDが電力小売から撤退、市場価格高騰で新電力の契約停止も相次ぐ
電力小売事業者のエルピオとウエスト電気が電力事業から撤退を発表。また、電力卸売市場の長期にわたる価格高騰を受けて、新規契約を一時停止する新電力も急増中だ。(2022/3/28)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「マクドナルド」「IKEA」「スタバ」他、ロシアからグローバルブランド続々撤退で現地雇用への影響は?
経済制裁の大合唱がクレッシェンドする中、市井の人々へのインパクトも甚大になっています。(2022/3/21)

“日の丸アーチェリー”復活:
従業員10人の町工場が手掛けた「下町アーチェリー」 東京・江戸川区からパリ五輪へ
かつて世界に誇るアーチェリー専門ブランドがあった日本。バブル崩壊後の不景気や少子化などで事業撤退を余儀なくされ、“日の丸アーチェリー”は2000年代初頭までに事実上、消滅したが、約20年の時を経て、昭和感が残る下町の小さな町工場がそのDNAを引き継いだ。いかにして、国産アーチェリーは復活を遂げたのか。その舞台裏を取材した。(2022/3/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
赤字ローカル線存廃問題 「輸送密度」だけで足切りするな
地方ローカル線は、従前からの過疎化と少子化に加えて、疫病感染対策の長期化で危機的状況にある。特に輸送密度2000人未満の線区が課題とされるが、そもそも民間企業が赤字事業から撤退できないという枠組みがおかしい。公共交通は応益主義であるべきだ。そこで存廃問題で使われる「輸送密度」について考える。(2022/3/20)

衰退時こそ問われる:
春のダイヤ改正、「撤退戦」で鉄道各社はどんな戦略を示すのか
コロナ禍で利用者が減り、苦しい状況が続く鉄道業界。それは3月のダイヤ改正にも反映されている。首都圏の鉄道各社は、どのような戦略を示しているのか。(2022/3/9)

企業の撤退が相次ぐ:
ビザとマスター、ロシアでの業務停止
ロシアのウクライナ侵攻を受け、米企業でロシアから撤退する動きが広がっている。米クレジットカード大手のビザとマスターカードは5日、ロシアでの業務停止を発表した。米決済サービス大手ペイパルも事業凍結を表明した。(2022/3/7)

日本企業は:
企業のロシア離れ加速 ブランド棄損リスクも
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、ロシアでの事業の停止や、撤退を決める欧米企業が相次いでいる。西側諸国による経済制裁が厳しさを増す中、ビジネス環境が悪化していることに加え、ロシアの非人道的な行為に対する強い抗議の意図もある。一方で日本企業は……。(2022/3/7)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンが作る「アパレル店舗」は成功するのか?
米アマゾンは今年、新たなアパレルストア「Amazon Style」の出店を計画している。しかし、Amazon 4-StarやAmazon Booksの撤退が決まるなど、アマゾンの実店舗事業は苦戦している。そんな中、このAmazon Styleは成功できるのだろうか? シリコンバレー在住の筆者が考察する。(2022/3/7)

Mobile Weekly Top10:
終息したはずの「G'zOne」はなぜ復活した?/ドコモがポイントプログラムを改訂
カシオ計算機の人気ケータイブランド「G'zOne」をau、カシオ計算機、京セラが協力して復活させました。なぜauはG'zOneを復活させなければいけなかったのでしょうか。そして、なぜカシオ計算機は携帯電話事業を終息したにも関わらずG'zOneの復活をアシストしたのでしょうか。(2022/3/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ドラえもんがつくった地下鉄は公共交通か? ローカル線問題を考える
『ドラえもん』に「地下鉄を作っちゃえ」という話がある。のび太がパパのためにつくった地下鉄は公共交通と認められるか。この話をもとに、公共交通になるための過程、利用者減少から撤退への道のりを考えてみたい。(2022/3/4)

工場ニュース:
三菱電機が京都製作所を解消、業務用プリンタ撤退と屋内映像製品の自社生産終了で
三菱電機は2022年3月1日、同年3月末で業務用プリンタ事業を終息し、屋内用映像マルチシステムについても自社生産を終了することを発表した。併せて、これらの生産拠点となっていた京都製作所を解消し、2022年4月1日からリビング・デジタルメディア業務部と家電映情事業部の京都地区駐在部門と改組する。(2022/3/2)

なぜ撤退した「G'zOne」が復活したのか KDDIとカシオに聞く「G'zOne TYPE-XX」誕生秘話
カシオ計算機がデザインを担当、京セラが製造する4G LTEケータイ「G'zOne Type-XX」。さらにauが販売する3社のコラボによって生まれた「異例」のケータイは、いかにして発売にこぎ着けたのか。KDDIの企画担当者と、カシオ計算機のデザイナーに開発秘話を聞いた。(2022/2/27)

売却益は390億円:
キリンHD、中国の清涼飲料事業から撤退へ 中国系投資ファンドへ約1150億円で売却
キリンホールディングスは現地企業と合弁で展開していた中国での清涼飲料事業から撤退すると発表した。キリンHDが保有する全株式を中国系投資ファンドに総額1150億円で譲渡する。これに伴い、キリンHDは2022年12月期連結決算に約390億円の売却益を計上する。(2022/2/16)

本田雅一の時事想々:
“SEGA”ではなくなっても、ゲーセンが生き残る理由
「SEGA」ブランドで運営している全国のゲームセンターの名称が「GiGO」ブランドに変わる。運営元の商号もGENDA GiGO Entertainmentへ変更された。セガは撤退したが、GENDAがゲーセンを続ける理由は何なのか。(2022/2/16)

電気自動車:
現代自動車がEVとFCVで日本再参入、アリアbZ4Xソルテラの競合モデルを展開
Hyundai Motor(現代自動車、ヒョンデ)は2022年2月8日、乗用車で日本に再参入すると発表した。同社は2009年12月に日本の乗用車市場から撤退していた。2022年5月から電気自動車(EV)「IONIQ 5」(アイオニック5)と燃料電池車(FCV)「NEXO」(ネッソ)の受注を開始し、同年7月から納車する。(2022/2/9)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
家庭用ビデオカメラが終わりつつある件について、JVCムービーカム愛用者が語り合った
歴史あるビデオカメラメーカー、JVCの市場撤退。JVC製ビデオカメラを愛用していた2人の編集者が語り合った。(2022/2/4)

約1000人に聞いた:
コロナ後に「飲み会」復活を希望する年代 2位は「20代」、1位は?
コロナ終息後の飲み会開催に最も意欲的なのは60代、次いで20代。20代は、社会人としての人脈形成のために飲み会を活用したいと考える傾向にある。(2022/2/4)

JVC、ビデオカメラ撤退 1984年から累計3600万台を出荷
JVCケンウッドは、民生用ビデオカメラの生産を昨年10月に終了したと明らかにした。成長事業にリソースを集中する。(2022/2/3)

ジョー・ローガン氏、Spotifyで物議を醸している新型コロナコンテンツについてInstagramに動画投稿
Spotifyからの複数ミュージシャン撤退の原因となっているPodcastのクリエイターが、この件についての動画をInstagramに投稿した。問題とされているコンテンツは「主流と意見を異にする専門家との会話」であり、自分では正否は分からないと語った。「将来的にバランスを取るために最善を尽くす」(2022/1/31)

ジョニ・ミッチェルもSpotifyから撤退宣言 人気のコロナ誤情報Podcast放置に抗議
ニール・ヤングに続き、ジョニ・ミッチェルもSpotifyから全曲引き上げを宣言した。いずれもSpotifyと独占契約している人気ポッドキャスター、ジョー・ローガン氏による誤情報配信への抗議だ。(2022/1/30)

セガ、ゲームセンター事業から完全撤退 店名から「SEGA」消える
GENDAがセガからGENDA SEGA Entertainmentの全株式を取得。セガグループはゲームセンター事業から完全撤退することになる。SEGAブランドで運営しているゲームセンターの店舗名は「GiGO」に変更する。(2022/1/28)

4年に及ぶ地道な交渉:
カシオの“G-SHOCK携帯”、9年ぶりの新機種 復活の狙いと舞台裏をKDDIに聞いた
2000年代、アウトドアファンを中心に根強い人気を誇ったカシオのタフネス携帯「G'zOne」シリーズ。カシオの事業撤退もあり、その歴史に終止符を打っていたが、KDDIは12月、9年ぶりに新機種を発売した。復活の狙いと舞台裏を担当者に聞いた。(2021/12/30)

フードデリバリー「foodpanda」、日本撤退 理由は「競合他社の増加や配達員不足」
フードデリバリーサービス「foodpanda」を手掛ける、ドイツのDelivery Heroは、日本での事業を売却すると発表した。売却の理由は「グループ内の他の成長優先事項に注力するため」としており、2022年第1四半期内に売却する予定。(2021/12/23)

マツキヨ、ポケモンGOから撤退 元旦にすべてのポケストップ消去
マツモトキヨシは20日、ポケモンGOとのスポンサー契約を年内で終了すると発表した。ジム、ポケストップは2022年1月1日に全て消去する。(2021/12/21)

パナソニック、テレビの開発機種16%削減 生産委託で合理化
パナソニックは14日、ユーザーのニーズに即した商品開発に集中するため、今年度中にテレビの開発機種を16%削減することを明らかにした。テレビ事業では、これまでに欧州などの生産拠点撤退や低価格機種の生産委託を進めており、開発機種も絞ることで黒字定着へ向けて事業体制の再構築を図る。(2021/12/15)

直営店価格は5万2800円:
auのタフネスケータイ「G'zOne TYPE-XX」は12月10日発売 なぜ9年ぶりに復活? 実機はどんな感じ?
カシオ計算機がau(KDDIと沖縄セルラー電話)向けに供給していたタフネス携帯電話「G'zOne」が約9年ぶりに登場する。KDDIはなぜ、携帯電話事業を終息してしまったカシオ計算機のブランドを“復活”させようと考えたのだろうか。【訂正】(2021/12/6)

auの「CDMA 1X WIN」が2022年3月31日をもって終息 VoLTE“非対応”の「au 4G LTE」「UQ mobile」音声端末も
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の3Gサービス「CDMA 1X WIN」の終了日が2022年3月31日に決まった。VoLTEに対応しない「au 4G LTE」「UQ mobile」の音声端末についても、同日をもってサービスを終了する。(2021/11/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
LGの「ベストセラー5Gスマホ」になる……はずだった「Q92 5G」
2021年7月末で惜しくもスマートフォン市場から撤退してしまったLGエレクトロニクス。LGが2020年夏に出した「Q92」は5G対応でインカメラも高性能、若い世代に売れまくるはずだった戦略的モデルでした。筆者の住む香港の輸入スマートフォンショップのいくつかの店で、Q92がかなり安い価格で売られていました。(2021/11/8)

LINEがマッチングアプリから撤退 参入から2年足らず
LINEが、マッチングアプリ「HOP」の提供を11月で終了する。理由は「全社的に選択と集中を進めた結果」という。(2021/10/27)

池袋サンシャイン通りにセガの新ゲーセンがオープンへ 惜しまれつつ閉店した旧池袋GiGOのすぐ向かい側に
撤退したと思ったら1カ月で帰ってきた!(2021/10/16)

国内たばこ事業CEOに聞く【後編】:
たばこ事業の一本化で「競争に勝つ」 他社が“紙巻撤退”を目指す中、JTの決断は?
日本市場を含むたばこ事業の本社機能統合と約3000人の人員削減、九州工場の廃止などたばこ事業の合理化を進めるJT。市場が大きく変化する中、JTはどう進んでいくのか。前編に続いて同社のたばこ事業本部、国内たばこ事業CEO福地淳一専務執行役員に聞いた。(2021/10/15)

太陽光:
ソーラーフロンティアが太陽電池生産から撤退、事業構造転換へ
ソーラーフロンティアが太陽電池生産から徹底。宮崎県の国富工場で行っているCIS薄膜太陽電池の生産を、2022年6月末を目途に終了する。今後は発電所のEPC事業やO&M事業などを強化し、事業構造の転換を図るとしている。(2021/10/13)

新・たばこビジネス【後編】:
マールボロブランドが消滅 フィリップ モリス インターナショナルCEOに聞く「たばこビジネスの展望」
「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。陣頭指揮を執るオルザックCEOはIQOS ILUMAやTEREAの開発にも深く関わってきた。今後のPMIのビジネスについてオルザックCEOにインタビューした。(2021/10/8)

新・たばこビジネス【前編】:
フィリップ モリス インターナショナルCEOを直撃 IQOSをいかにして日本市場に訴求したのか?
「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。(2021/10/7)

セブン-イレブン、ポケモンGOから撤退 10月末にすべてのポケストップ消去
セブン-イレブン・ジャパンは6日、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」とのコラボレーションを終了すると発表した。セブン-イレブン店鋪の「ポケストップ」は10月末に全て消去する。(2021/10/6)

磯部孝のアパレル最前線:
小売り覇権に陰り? 丸井の衣料PB撤退が意味するもの
店舗ブランド「OIOI(マルイ)」としておなじみで首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する丸井。その丸井がプライベートブランド(PB)事業からの撤退を決めた。(2021/10/1)

テナント撤退が完了した世界貿易センタービルの夜の姿がまるで“黒い箱” 「今だけ見られる光景」「寂しい」
真っ暗……。(2021/9/20)

15億円の広告事業から撤退しSaaSに賭けるFringe81の決断
8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。(2021/9/7)

コロナ終息後、タイ人が日本に期待する観光は? 3位「桜」、2位「ランドマーク施設」、1位は?
アジア・インタラクション・サポート(名古屋市)は、「タイ人の訪日に関する意識調査」を実施した。今、タイ人が期待する日本の観光は?(2021/8/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.