• 関連の記事

「就任・着任」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「就任・着任」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

石川佳純、キャスターな近影に「桐谷美玲かと」「かすみちゃん美しい〜!」と注目集まる
フジテレビ系のパリ五輪SPキャスターに就任。(2024/4/8)

進む組織再編:
日立のクラウド部門新トップは異組織出身 2万人を束ねるキーパーソンに展望を聞いた
日立製作所のクラウドサービスプラットフォームビジネスユニットCEOに新しく就任したのが、社会ビジネスユニット出身の細矢良智氏だ。(2024/4/5)

928万件顧客情報流出のNTT西日本新社長「ずさんな運用が問題拡大」 信頼回復目指す
子会社を通じて約928万件の顧客情報が流出したNTT西日本の新社長に4月1日付で就任した北村亮太氏が同日、大阪市内で会見し、「信頼回復に全力を尽くしていく」と述べ、社内の情報セキュリティー強化を進める姿勢を強調した。(2024/4/1)

ITmedia Security Week 2023冬 イベントレポート:
新社長就任の翌日にランサム被害 事例で学ぶインシデント対応の成功パターン
ランサムウェア攻撃は「いつか自社にも必ず訪れる」という意識で対策を講じる必要がある。万が一被害が発生した場合、どう動けばいいのか。詳細な被害事例からリスクコミュニケーションの成功パターンを紹介する。(2024/3/29)

クラボウ社長交代10年ぶり 次期社長の西垣氏は半導体向け事業に注力
クラボウは26日、西垣伸二取締役常務執行役員を6月25日付で社長に昇格させる人事を発表した。藤田晴哉社長は代表権のある取締役会長に就任予定。社長交代は平成26年6月以来で10年ぶり。(2024/3/27)

K-POPアイドル、日本人メンバーの“コメントなし”に物議 公式が謝罪「挨拶の言葉が重複」→「挨拶はコメントなんですか?」
エチュードの新ミューズに就任したRIIZEが告知動画に出演していました。(2024/3/25)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
東北大総長が交代へ、第22代総長 大野英男氏が築いたもの
新総長が就任する東北大学の今後が楽しみです。(2024/2/19)

製造マネジメントニュース:
ニデック新社長は車載事業本部長の岸田氏、後継者候補の副社長から昇格
ニデックは2024年4月1日付の社長人事を発表した。ニデック 副社長執行役員の岸田光哉氏が社長執行役員(CEO)に就任する。(2024/2/15)

ダイハツ、経営陣刷新を発表 新社長はトヨタの井上氏、「三つの誓い」実行へ
ダイハツ工業(以下、ダイハツ)とトヨタ自動車は2月13日、共同会見を開催し、ダイハツの経営陣を刷新すると発表した。ダイハツの奥平総一郎社長は退任し、トヨタ自動車中南米本部本部長の井上雅宏氏が新社長に就任する。(2024/2/13)

Mozillaのミッチェル氏、CEOを退任し会長に 「AIの未来はMozillaにとってのチャンス」
Mozilla Corporationで2020年からCEOを兼任してきたミッチェル・ベイカー会長が会長に専念すると発表した。後任は3年前に取締役に就任したローラ・チェンバース氏。AIの未来を手に入れるために誰もが争う地殻変動はMozillaにとってチャンスだとチェンバース氏。(2024/2/9)

森永康平の経済闘論:
景気回復に水差す「ダブル引き締め」が不安 もはや“日本の伝統芸能”
新しい首相が決まると必ず私のもとに寄せられる質問は、「新しい首相の下で日本経済はどうなるのか」「どの企業や産業に追い風が吹くのか」というものだ。2021年10月、岸田文雄氏が首相に就任した際も同様の質問が来たが、私は「財政と金融のダブル引き締めが不安だ」と語った記憶がある。(2024/2/8)

何事からも「逃げない」 日立造船新社長の桑原道氏
約80年使い続けてきた「日立造船」という社名を10月に「カナデビア」に変える節目の年に重責を引き継ぐことになり、「会社の認知度を高め、ステークホルダーの期待に応える」と意気込む。(2024/2/6)

製造マネジメントニュース:
日立のコネクティブインダストリーズセクタートップに阿部淳氏「ITとOTを熟知」
日立製作所が2024年4月1日付で行う役員人事を発表。新たな代表執行役 執行役副社長に阿部淳氏とブリス・コッホ氏が就任する。阿部氏は、日立の産業系事業を傘下に置くコネクティブインダストリーズセクタートップのコネクティブインダストリーズ事業統括本部長となる。(2024/2/1)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
JAL新社長は「女性、元CA、元東亜」 異分子トップを生んだ過去の苦い経験
JALは1月17日、鳥取三津子専務が4月1日付で社長に昇格すると発表。「女性、元CA、元東亜」というまさに異分子なトップは、どうして生まれたのだろうか? 元CAで健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/1/26)

製造マネジメント インタビュー:
ソフトウェア開発支援強化で「モノづくり大国」復活へ PTCジャパン神谷氏の戦略
2023年11月、PTCの日本法人であるPTCジャパンの社長執行役員に神谷知信氏が就任した。神谷氏はAdobeの日本法人で代表取締役社長を務め、事業のクラウド化などを推進してきた経歴を持つ。「デジタル技術を通じて『モノづくり大国』の復活に貢献したい」と熱く語る同氏に、今後のPTCの国内市場戦略を聞いた。(2024/1/23)

JAL新社長に鳥取三津子氏 CA出身で初、女性としても初めて
日本航空(JAL)は17日、鳥取三津子取締役専務執行役員が社長に昇格する人事を発表した。4月1日付。赤坂祐二社長は代表権のある会長に就く。鳥取氏は客室乗務員(CA)出身で、CA出身者の社長就任は初。女性社長も初めてとなる。(2024/1/17)

登場から40年:
MIPSが新CEOの下で戦略を刷新 RISC-Vに軸足を移す
MIPSアーキテクチャが市場に投入されてから、ことしでちょうど40年になる。その間、さまざまな浮き沈みを経験したMIPだが、2023年に就任した新CEOの下、新しい戦略を展開しようとしている。(2024/1/17)

モトローラ日本法人新社長の仲田正一氏を直撃 “ドコモ時代の知見”を生かし、キャリアビジネス拡大を狙う
ドコモ出身の仲田正一氏がモトローラ・モビリティ・ジャパンの社長に就任。同氏はドコモのプロダクト部で海外メーカーなどの端末を日本に多数導入してきた実績がある。そんな仲田氏を新社長に迎えたモトローラは、日本市場にどうコミットしていくのか。(2024/1/16)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
組織改革したくば、まず味方を探せ タニタ3代目が明かす“幹部との全面対決”
社員の個人事業主化など、さまざまな働き方改革を進めているタニタ。創業家3代目の谷田千里氏に、社長就任後に勃発した幹部との全面対決の真相を聞いた。(2024/1/15)

Apple、アル・ゴア取締役の退任とワンダ・オースティン氏の就任を発表
Appleは、元副大統領アル・ゴア氏(75)の取締役会退任と、新取締役としてアフリカ系女性のワンダ・オースティン博士(69)を迎えることを発表した。同社には75歳で取締役に立候補できないという方針がある。(2024/1/12)

エイブリック 代表取締役社長執行役員 田中誠司氏:
PR:6年で高収益体質を実現 さらなる飛躍に向け欧州で攻勢をかけるエイブリック
エイブリックは、セイコーインスツルの半導体事業を前身とするアナログ半導体メーカーだ。セイコーインスツルから分社して2016年にエスアイアイ・セミコンダクタとして営業を開始した同社は、2018年に社名をエイブリックに変更。長年培ってきた「小型・低消費電力を実現する高度なアナログ技術」を駆使した製品の開発とターゲット市場の拡大を強化している。2023年6月にエイブリックの社長に就任した田中誠司氏に、2024年の事業戦略を聞いた。(2024/1/11)

ADLINKジャパン 代表取締役社長 眞鍋知晃氏:
PR:IPCベンダーからAI、ロボット、自動運転、5Gのソリューションベンダーへと飛躍するADLINK
産業用PC(IPC)の大手ベンダーであるADLINKの日本法人、ADLINKジャパンの社長に眞鍋知晃氏が2023年11月に就任した。ADLINKの日本での事業立ち上げから関わった同氏は「ADLINKは、IPCの提供にとどまらずシステムレベルの提案ができるソリューションベンダーに変貌した。日本国内での技術サポート体制をさらに強化してソリューションを幅広く提案し、事業成長を実現したい」と抱負を語る。(2024/1/11)

平野紫耀がイヴ・サンローラン・ボーテ アジア アンバサダーに就任 リップの新CM出演
「ルージュ ピュールクチュール」の新CMに登場。(2024/1/10)

グローバルで組織再編の日立、メガクラウド・競合との距離感は 新会社社長にAWS re:Inventで聞いた
グローバルで組織再編した日立グループ。大手クラウドベンダーや競合との距離間はどう変わっているのか。新会社社長に就任予定のキーパーソンに詳細を聞いた。(2023/12/21)

製造マネジメントニュース:
テルモ新社長の鮫島光氏が会見「縦糸と横糸を細かく紡いで総合力を引き出す」
テルモが2024年4月1日付で新たな社長 CEOに就任する鮫島光氏の就任会見を行った。鮫島氏は、2017年から約7年間トップの任にあった代表取締役社長 CEOの佐藤慎次郎氏からバトンを引き継ぐことになる。(2023/12/20)

20歳の店長が就任! ドスパラ宇都宮鶴田店でウクライナ出身のYouTuberと出会った
サードウェーブが運営するPCショップ「ドスパラ宇都宮鶴田店」が12月16日にオープンした。栃木県宇都宮市の店舗に足を運んだ。(2023/12/17)

モトローラ日本法人の新社長に仲田正一氏 ドコモのiモード/Android端末企画開発などを経験した人物
モトローラ・モビリティ・ジャパンは12月12日、代表取締役社長に仲田正一氏が就任したことを発表した。同社は仲田氏をトップに据え、変化し続けるニーズに応える他、リーダーシップの発揮などを掲げている。仲田氏は長きに渡って通信業界に関わってきた人物。(2023/12/12)

NEWS Weekly Top10:
旧ジャニーズ新会社の代表はソニーグループ出身 三木谷氏などと「アイスバケツチャレンジ」も
旧ジャニーズ事務所が設立した、タレントマネジメント会社が話題を集めた。新会社の社名は「STARTO ENTERTAINMENT」で、代表に実業家の福田淳氏が就任。福田さんはこれまで、ソニーグループのコンテンツ事業に長く関わってきた。(2023/12/11)

旧ジャニーズのマネジメント業務を担う新会社名は「STARTO ENTERTAINMENT」 社長に福田淳氏
井ノ原快彦さんはCCO(チーフ・コンプライアンス・オフィサー)に就任。(2023/12/8)

アラクサラとの融合も強調:
Fortinetが考える「1つのOSで守る」という手法
フォーティネットジャパンは2023年12月1日、同社のイベント「Accelerate Japan 2023」に合わせて記者説明会を開催。Fortinetの創業者、取締役会会長 兼 CEOのケン・ジー氏と、2023年7月からフォーティネットジャパン 社長執行役員に就任した与沢和紀氏が登壇し、事業戦略を語った。(2023/12/7)

社長就任は突然に 文明堂の婿経営者はいかにして老舗企業を変革したのか
老舗企業を「婿経営者」として承継し、複数社の経営統合やコロナ禍での売り上げ減という問題に立ち向かった文明堂東京の宮﨑社長が、内田洋行が開催したイベント「UCHIDA ビジネスITフェア2023」に登壇し、変革の舞台裏について語った。(2023/12/1)

止まらない退職で、崩壊寸前のチーム 新卒4年目リーダーの逆転劇
新卒4年目でリーダーに就任。何もかも手探り状態の中、メンバーは次々と退職していく。信頼を寄せていたサブリーダー社員から退職を告げられた日は、帰宅後に後悔と悲しさで“ガチ泣き”したという。チーム崩壊──そんな言葉がよぎるような状況から、いかにして再建を成し遂げたのか。(2023/11/29)

サム・アルトマン氏、米OpenAIのCEOに返り咲き 公式Xで発表
米OpenAIは11月22日、サム・アルトマン氏が同社のCEOに就任すると発表した。(2023/11/22)

ChatGPT創業者、OpenAIサム・アルトマンCEOが“電撃”退任 理由は?
米OpenAIはサム・アルトマンCEOが退任すると発表した。同社の最高技術責任者(CTO)であるミラ・ムラティ氏が暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

OpenAIの取締役会、サム・アルトマンCEOを解任 「取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしている」
OpenAIの取締役会は、共同創業者でCEOのサム・アルトマン氏が辞任したと発表した。同氏が「取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫して率直でなく、取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしているとの結論に達した」としている。ミラ・ムラティCTOが暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

「副知事 島耕作」佐賀県に誕生 スポーツビジネスや半導体産業を後押し
佐賀県は14日、副知事として島耕作氏が就任したと発表した。大手電器メーカー、初芝電器産業で社長にまで上り詰めた経験を生かし、佐賀県の情報発信に取り組む。(2023/11/15)

成長市場に攻勢:
「完全な垂直統合」でSiCビジネスの拡張に自信、onsemi CEO
onsemiは2023年11月に記者説明会を実施し、CEO(最高経営責任者)であるHassane El-Khoury氏が、事業戦略を語った。同氏が、日本で開催された記者説明会に登壇するのは、2020年12月のCEO就任以降、初めてである。(2023/11/14)

【菜々緒】10月28日は35歳の誕生日 「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」橘カラ役や「七人の秘書」長谷不二子役など【2023年】
5月には「ジバンシィ」の新ジャパン・アンバサダーに就任。(2023/10/28)

中西アルノ、「乃木坂46」冠ラジオ番組の11月MCに就任 「距離をより近くに感じてもらえたら」
楽しみ!(2023/10/29)

まさかの内閣府コラボ 個人VTuber「宇推くりあ」が宇宙開発利用大賞PRキャラに就任 起用の決め手や意気込みを聞いた
応募を検討している人へのメッセージを届きました。(2023/10/24)

Marketing Dive:
Netflix、料金改定でも「広告付き」はお値段据え置き 責任者交代でも広告事業重視の姿勢は継続
Netflixのグローバル広告担当プレジデントを13カ月務めたジェレミ・ゴーマン氏が退任し、スタジオ運営担当副社長だったエイミー・ラインハードがその役職に就任した。(2023/10/23)

内閣府、広報に“VTuber”起用 宇宙開発利用大賞のPRキャラに「宇推くりあ」が就任
内閣府は、主催する表彰制度「宇宙開発利用大賞」のPRキャラクターにバーチャルYouTuber(VTuber)「宇推くりあ」さんが就任すると発表した。(2023/10/13)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
X(旧Twitter)CEOのリンダ・ヤッカリーノ氏は救世主? 単なる置物?
CEOとしてイーロン・マスク氏とともにX(旧Twitter)を支えるヤッカリーノ氏の手腕が注目されています。今回の無料eBookのテーマは「X(旧Twitter)の新CEO」です。(2023/10/5)

株式会社TOKIO、城島茂に“全権” 「新代表取締役社長」就任でコメント発表 「宜しくお願い申し上げます」
以前は代表権のない取締役社長だった城島さん。(2023/10/2)

新田真剣佑、「東京コミコン2023」アンバサダー就任 初参加の東京コミコンでマッツ・ミケルセンやトム・フェルトンら迎える
星矢や実写ワンピのコスがはかどりそう。(2023/9/28)

SIEのジム・ライアンCEO退任へ 十時裕樹氏が暫定CEOに
SIEの社長兼CEOを長年勤めたジム・ライアン氏が退任する。ソニーグループの社長、十時裕樹氏が暫定CEOに就任する。(2023/9/28)

Microsoftの“Surfaceの父”パノス・パネイ氏、Amazonのデイブ・リンプ氏の後任に(正式発表)
Microsoftを退いた“Surfaceの父”パノス・パネイ氏は、噂通りAmazonのデイブ・リンプ氏の後任になるとAmazonが正式に発表した。リンプ氏はベゾス氏のBlue OriginのCEOに就任すると複数の米メディアが報じている。(2023/9/28)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第2回】
商用Linux「RHEL」の対抗馬“SUSE”が打ち出すこれからの技術とは?
新しい経営体制を整え、アジアを中心にビジネス成長を目指すLinuxベンダーSUSE。今後は何に商機を見いだし、どう事業拡大を図るのか。同社の新CEOに聞いた。(2023/9/26)

東大・松尾教授がGMOインターネット顧問に AI活用を加速
GMOインターネットグループは22日、AI研究で知られる東京大学大学院の松尾豊教授が、新たに顧問に就任したと発表した。(2023/9/22)

性被害の元ジャニーズJr.、東山紀之新社長の直接謝罪を伝える “ありがとう”の言葉に「僕の中で救われました」
「本当に苦しい思いをさせてしまって申し訳なかった」(2023/9/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.