• 関連の記事

「工場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

JALの工場見学施設「スカイミュージアム」が全面リニューアル 7月22日から「リモート」見学ツアー受付開始
飛行機好きのキッズ、家族はぜひ〜!(2021/7/22)

製造ITニュース:
工場稼働監視とデータ分析を行うソリューションの製品連携を開始
日立ソリューションズ東日本のIoT/データ分析ソリューション「WellLine」と、新明和ソフトテクノロジの工場稼働監視ソリューション「Nazca Neo Linka」が製品連携を開始した。(2021/7/21)

5分で読める簡単解説:
いまさら聞けない「CO2ゼロ工場」
「カーボンニュートラル化」が注目を集める中、製造業にとっては工場の「実質的CO2排出ゼロ化」が大きなポイントとなります。本稿では「CO2ゼロ工場」のポイントと実現に向けてどういうことを行うのかを簡単に分かりやすく紹介します。(2021/7/21)

導入事例:
国際航業、三井住友建設の製造管理システム機能拡張開発に協力
国際航業は、三井住友建設のPCa部材の製造工場の製造管理システムの機能拡張開発に協力した。取得可能なデータ範囲の拡大により、詳細な製造ラインの稼働状況と生産実績の可視化を実現する。(2021/7/21)

Intelによる買収報道もあるが:
GFがニューヨーク州に新工場建設へ
GLOBALFOUNDRIES(GF)は2021年7月19日(米国時間)、ニューヨーク州マルタのキャンパス内に、工場を新設すると発表した。今後数年間に及ぶ生産能力の拡張計画の一環で、工場新設と、本社のある既存工場「Fab 8」への投資が含まれる。新工場が完成すると、マルタの工場の敷地面積は2倍になる予定だ。(2021/7/20)

組み込み開発ニュース:
「世界初」だらけの42インチ電子ペーパーデバイス、リコーが現場向けに発売
リコーは、建設現場や、工場・プラント、病院などにおける情報共有のデジタル化を推進する42インチの電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売する。同サイズの電子ペーパーデバイスとして、世界最薄となる厚さ14.5mm、最軽量となる5.9kgを実現しており、屋外利用を可能にするIP65の防塵(じん)と防水も世界初だという。(2021/7/19)

工場ニュース:
ルネサス エレクトロニクスが山口工場を集約
ルネサス エレクトロニクスは2021年7月16日、100%子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリング 山口工場(山口県宇部市)の機能を2022年6月末に集約することを発表した。(2021/7/19)

譲渡先確保を進める:
ルネサス 山口工場を2022年6月に集約と発表
ルネサス エレクトロニクスは2021年7月16日、同社子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリングの山口工場(山口県宇部市)を2022年6月末に集約することを決定した、と発表した。(2021/7/16)

「特殊技術の工場」とも:
日本での工場建設は「適正調査中」、TSMC CEOが言及
TSMCは2021年7月15日(台湾時間)、投資家向けカンファレンスコールにおいて、グローバルの生産拠点での投資計画に触れ、日本での半導体工場建設も視野に入れていることを明らかにした。(2021/7/16)

工場ニュース:
半導体需要に対応し中国でドライ真空ポンプのオーバーホール工場
荏原製作所の海外グループ会社である合肥荏原精密机械(以下、HEPM)は、2021年7月8日、建設していたドライ真空ポンプのオーバーホール工場が完成し、オープニングセレモニーを行った。(2021/7/16)

コマツ小川啓之社長の野望【後編】:
コマツ小川啓之社長に聞く海外戦略 スマートコンストラクションを武器にさらなる市場を開拓
コマツの売り上げの約9割は海外。建設機械車両の世界の生産拠点は81カ所、販売拠点数は58カ所にわたる日本を代表するグローバル企業だ。小川啓之社長インタビューの後編では、同社の海外戦略について聞く。(2021/7/16)

いまさら聞けないスマートファクトリー(10):
スマート化で露呈する工場のサイバー攻撃への弱さ、安定稼働を守るための考え方
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第10回では、スマート工場化で避けて通れなくなったサイバーセキュリティ対策について説明します。(2021/7/15)

マウス、「キッザニア甲子園」の「パソコン工場」パビリオンを7月20日にオープン
マウスコンピューターは、「キッザニア甲子園」に出展する「パソコン工場」パビリオンを7月20日にオープンすると発表した。(2021/7/14)

電気自動車:
マツダが初の太陽光発電設備、本社工場で生産するEVなどに1.1MW
マツダは2021年7月13日、広島本社工場に太陽光発電設備を導入し、同日から稼働したと発表した。(2021/7/14)

工場ニュース:
中国で2工場を新設、工作機械やEV用リチウムイオン電池向け需要が好調で
THKは2021年7月13日、中国国内における旺盛な需要を受け、中国の連結子会社であるTHK(常州)精工、THK(遼寧)精密工業の2工場の敷地内に新棟を増築し、生産能力を増強することを発表した。(2021/7/14)

スマートファクトリー:
ファーウェイが進めるスマート工場化、外観検査をAIで行い労働負荷を6割削減
ダッソー・システムズ主催のオンライン年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2021」(会期:2021年6月15日〜7月9日)において、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)Cloud&AI事業本部 CTOの秋元一泰氏が「画像を活用したスマート製造最前線」をテーマに、中国のファーウェイ(華為技術)におけるスマート工場化への取り組みについて講演した。(2021/7/14)

Japan Drone2021:
球体ドローン「ELIOS 2」のデモと、独自プラットフォームで運用する“送電線点検”など4用途のドローンシステムを訴求
「Japan Drone2021」でブルーイノベーションは、「ELIOS 2」の機体の展示と合わせて、プラントをイメージした模型内部でのデモ飛行を行った。他にも、独自開発したプラットフォームBEP(Blue Earth Platform)をベースに、「送電線点検」「工場内自動点検」「倉庫内在庫管理」「災害用物流」の4用途に応じるドローンサービスについて、パネル解説とそれぞれに使用する機体を紹介した。(2021/7/12)

いまさら聞けない自動車業界用語(15):
「工場の生産性向上」と一言でいっても、幾つものアプローチがある
今回のテーマは「工場の生産性改善」です。日々進められている工場の改善。具体的にどのように取り組んでいるのかについて説明します。(2021/7/12)

各業界で「無線LAN」を補う「5G」【前編】
「5G」でスマート工場を造るEricssonやJohn Deere 無線LANはもう不要なのか?
無線LANに加えて、今後各業界は5Gを広く使うようになるとの見方がある。既に先進的な製造業は5Gの活用に着手している。その一例を見てみよう。(2021/7/12)

太陽光:
初期費用ゼロで太陽光の自家消費型カーポートを導入、Looopと中電が新サービス
Looopと中部電力が、大規模駐車場を対象とするカーポート一体型太陽光発電設備(ソーラーカーポート)を活用した自家消費サービスを発表。企業は工場や店舗などの駐車場を活用し、設備費用を負担することなく太陽光発電の自家消費を行えるという。(2021/7/9)

FAメルマガ 編集後記:
トヨタやパナソニックが加速するカーボンニュートラル工場、そのカギは?
まずは今の動きを突き詰めることが重要だといえるかもしれません。(2021/7/9)

スマートファクトリー:
食品製造業のスマート工場化を支援、EdgecrossがWG活動を推進
Edgecrossコンソーシアムは、業界に特化した課題解決やソリューション構築を進めるためにワーキンググループ(WG)活動を強化。その1つが食品製造業に向けた「食品製造業向けソリューション構築WG」である。同WGリーダーを務める小玉昌央氏(サトー)に、食品製造業における課題とWGの取り組みについて話を聞いた。(2021/7/9)

スマートファクトリー:
PR:積層信号灯で現場情報を「簡単見える化」、グローバル展開目指すパトライトの挑戦
スマート工場化の最初の一歩とされる「見える化」だが、どういうデータをどのようなフォーマットで集めるのかというのは製造現場が頭を悩ます問題だ。こうした状況を「今現場で見えている情報を使う」という“逆転の発想”で解決するソリューションを提供しているのがパトライトである。パトライトの「WDシリーズ」への取り組みと今後の展望について紹介する。(2021/7/8)

FAニュース:
キリンビールがIoTで工場の設備管理と遠隔監視を実施、前川製作所と協業で
キリンビールと前川製作所は2021年7月7日、キリンビールの工場において、ビッグデータ活用による設備管理とIoT(モノのインターネット)を活用した冷凍機の遠隔監視を実施すると発表した。(2021/7/8)

工場ニュース:
群馬県桐生市にフィルター生産工場用地取得、半導体用途や医療用途で需要拡大
日本エアーテックは、群馬県桐生市の桐生武井西工業団地内に工場用地を取得した。2022年7月稼働開始予定でフィルター専用工場を建設し、フィルターの売り上げを毎年10〜20%増加させる計画だ。(2021/7/8)

製造業IoT:
電波法改正で電力線通信の利用範囲が拡大、工場や鋼船での活用が容易に
総務省は2021年6月30日付で、電波法施行規則等の一部を改正する省令を公布するとともに関連の告示も行った。主にPLC(電力線通信)の高度化に向けた「広帯域電力線搬送通信設備」に関わる省令と告示で、工場内や鋼船内、スタジアムなど上空の覆われていない建物内、地中や水中などに配線された電力線におけるPLCの利用が可能になった。(2021/7/7)

工場ニュース:
車載電池向け正極材増産、既存工場の設備増強と共に愛媛県に新工場建設
住友金属鉱山は2021年7月6日、車載用二次電池需要拡大に対応するため、二次電池用正極材の増産を行うことを決定し、別子地区(愛媛県新居浜市)に新工場を建設する他、播磨事業所(兵庫県加古郡播磨町)の設備増強を行うことを発表した。(2021/7/7)

「3D XPoint」の製造拠点:
TIがMicronのリーハイ工場を買収へ
米Texas Instruments(TI)は2021年6月30日(米国時間)、米国ユタ州リーハイにあるMicron Technology(以下、Micron)の300mmウエハー工場を、9億米ドルで買収する契約で合意したと発表した。(2021/7/7)

産業動向:
廃食用油などが原料のバイオディーゼル燃料の共同研究を開始、西松建設ら
西松建設と佐賀市は、同社が佐賀市に保有する清掃工場に設置した「次世代型バイオディーゼル燃料製造プラント」で生産される高品質バイオディーゼル燃料の実用化を目指し、共同研究を進めている。西松建設では、2021年度末までに、プラントでの製造安定性や品質の安定性を確認する。その後、建設機械、市営バス、ごみ収集車への高品質バイオディーゼル燃料の導入を推進し、廃食用油などを高品質バイオディーゼル燃料へ精製する新たな技術の実用化を図る。(2021/7/6)

HMI開発:
PR:スマート工場やドローンを革新、ダイムラーも採用するHMI開発ツールの最新事情
組み込み機器の機能が複雑化の一途をたどる中、それらを操作するのに用いるHMIの進化も加速している。スマート工場やドローン、自動車、スマートウォッチ、家庭用プリンタなどで求められているHMIのトレンドについて、HMI開発のツールキット「Qt」を展開するThe Qt Companyに聞いた。(2021/7/8)

スマート工場最前線:
福島から世界へ、デジタルツインで24時間稼働する理想の変種変量工場
ロボコム・アンド・エフエイコムは2021年6月28日、福島県南相馬市に先進デジタル技術を取り込んだスマート工場「ロボコム・アンド・エフエイコム南相馬工場」を開所した。製造現場の情報をリアルタイムでデジタル空間に再現する「デジタルツイン」により、24時間稼働の変種変量生産が可能だとしている。(2021/7/5)

「ゴーフル」の缶で作った公式“ドラムセット”が本気すぎ……! 工場スタッフによる力作が「かっこええ」「素晴らしい技術」と話題に
神戸風月堂の社長さんのつぶやきから作られました。(2021/7/5)

工場ニュース:
フィリピンのミンダナオ島でヤクルトを生産する第2工場の建設を開始
ヤクルト本社は、フィリピンヤクルトにおいて第2工場の建設を開始した。ヤクルトおよびヤクルトライトを生産する予定で、最大生産能力は1日あたり320万本を見込む。(2021/7/5)

製造業IoT:
スマート工場のノウハウをサブスクで、富士通がCOLMINAサブスクサービスを開始
富士通は2021年6月から、新たに製造業向けのDXソリューション基盤として展開する「COLMINA(コルミナ)」のサブスクリプションサービスを開始した。2017年から「モノづくりデジタルプレース」として展開してきた「COLMINA」だが、製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みの裾野が広がるフェーズに入る中、新たな提供体制を用意することで中堅以下の製造業などへの提供を狙う。(2021/7/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

製造IT導入事例:
富士通とリコー、工場全体の生産状況を可視化するシステムを共同開発
富士通とリコーは、工場可視化ソリューションを活用した工場全体生産状況可視化システムを共同開発した。リコーの沼津事業所内のケミカル工場で、既に本稼働を開始している。(2021/7/1)

工場ニュース:
オムロンが半導体・MEMS事業をミネベアミツミに譲渡、滋賀県野洲市の関連工場も
オムロンは2021年6月30日、半導体・MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)工場およびMEMS開発・生産機能を、ミネベアミツミの子会社であるミツミ電機に譲渡することを発表した。株式譲渡は、10月1日に完了する予定。(2021/7/1)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(7):
丁寧な「現品管理」でスムーズな工程管理と高い生産性を実現する
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第7回は、各工程を流れている仕掛かり品を確実に把握する「現品管理」について説明する。(2021/7/1)

成果を生むスマート工場の作り方:
PR:作業時間ばらつきを28%低減、スマート工場を実現する“超現実的”サービスの真価
工場内でデジタル技術によりデータを活用したモノづくりの競争力を高めるスマート工場の取り組みが加速している。しかし、工場でのデータ活用には、デジタル技術とモノづくりの知見の両面が必要になり、成果を出すのは簡単ではない。こうした領域を支援するのがオムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」である。「i-BELT」を活用しサイクルタイムのばらつきを28%低減したOmron Microscan Systems(オムロン マイクロスキャンシステムズ、以下OCR)の事例を紹介する。(2021/7/2)

アナログICの生産体制を増強:
ミネベアミツミ、オムロン8インチ半導体工場/MEMS開発機能を取得へ
ミネベアミツミは2021年6月30日、子会社のミツミ電機を通じてオムロン野洲事業所内の半導体/MEMS工場および、MEMS製品開発機能を譲り受けることでオムロンと合意し契約を締結したと発表した。(2021/6/30)

工場ネットワーク:
PR:スマート工場化のボトルネック、工場のネットワーク問題をどう解決するか
工場や倉庫内でIoTやAIなど先進のデジタル技術を活用したスマート化が加速している。しかし、その一方でボトルネックとなっているのがこれらのネットワーク環境である。スマート化により再整備が進もうとしている工場のネットワーク環境の課題と解決策について紹介する。(2021/6/30)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「Webへの抵抗感なし」の町工場が生んだ逆転の一手
Web戦略の構築が中小製造業にも求められる時代のようです(2021/6/29)

工場ニュース:
積層セラミックコンデンサーの原材料を生産する材料棟を新設
太陽誘電は、群馬県高崎市の八幡原工場に、新材料棟を建設すると発表した。今後の需要拡大が見込まれる、積層セラミックコンデンサーの原材料となるチタン酸バリウムを製造する。(2021/6/29)

「さよ朝」の感動が再び!? 岡田麿里監督の新作アニメ映画「アリスとテレスのまぼろし工場」が制作決定
「さよ朝」スタッフが集結。(2021/6/28)

出荷回復は7月第3週:
火災被害のルネサス工場、生産能力が100%回復
ルネサスエレクトロニクスは、火災が起きた那珂工場の生産能力が、火災前の水準まで回復したと発表。7月第3週ごろには、出荷の水準も元に戻るという。(2021/6/25)

火災から3カ月 ルネサス、半導体生産能力が100%復旧
ルネサスは、3月の火災で生産能力が低下していた子会社の半導体工場について、24日夜に生産能力が100%復帰したと発表した。(2021/6/25)

FAメルマガ 編集後記:
トヨタもはまったIoTのわな、スマート工場化よりも大切なこと
もう言い古されていますがIoTやスマート工場化はあくまでも「手段」です。基本に立ち返ることが重要です。(2021/6/25)

火災発生から3カ月:
ルネサス那珂工場、「N3棟」の生産水準が100%に回復
ルネサス エレクトロニクスは2021年6月25日、同年3月19日に火災が発生したルネサス セミコンダクタ マニュファクチャリングの那珂工場「N3棟」(300mmウエハーライン)の生産能力について、火災前と比較して100%の生産水準に復帰したと発表した。(2021/6/25)

イノベーションのレシピ:
コロナでどん底の町工場が「首掛けフェイスシールド」で復活を遂げるまで
新型コロナウイルス感染症で売上高がほぼゼロになったが、「首掛けフェイスシールド」のヒットで復活を遂げた――。こうした“奇跡の復活劇”を演じた町工場が大高製作所だ。“復活劇”はいかにして可能になったのか。同社代表取締役に話を聞いた。(2021/6/25)

エネルギー管理:
再エネ普及のカギとなる「需給調整市場」が本格始動、東電や関電がVPPで参入
再生可能エネルギーなどの出力が変動する電源の導入拡大に伴い、電力需給の「調整力」の取り引きに注目が集まっている。2021年4月には調整力を取り引きする「需給調整市場」がスタートし、東京電力や関西電力が参入を表明。工場やビルなどの電力需要家にも収益機会の可能性がある新市場だ。(2021/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.