• 関連の記事

「ハイエンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイエンド」に関する情報が集まったページです。

Googleさん:
自動翻訳、日本語書き起こしもできる「Pixel 6」登場 Proも登場しハイエンド復帰の内容は?
Googleが「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を正式発表しました。初のオリジナルSoC「Google Tensor」搭載でも無印は先代から価格据え置き。Proはスペックも価格もハイエンドです。(2021/10/20)

Appleが新型チップ「M1 Pro」「M1 Max」を発表 新型「MacBook Pro」に搭載
Appleが、ArmベースのSoC「Apple M1」をベースとするハイエンドSoCを新型MacBook Proに搭載する。主にCPUコア、GPUコアの追加やユニファイドメモリの増量が目立つが、プロ向けということで動画の処理能力も強化されている。(2021/10/19)

ハイエンドSSDが新時代に! 176層/PCIe 4.0 x4の新製品2モデルを試す
176層の3D TLC NANDフラッシュメモリを搭載した、PCI Express 4.0 x4対応SSDが続々と登場している。Crucialと日本シーゲートの最新モデルをチェックした。(2021/10/15)

Bluetooth+Logi Bolt接続:
ロジクールが無線キーボード「MX KEYS」のテンキーなしモデルを追加 11月11日発売で直販1万3860円
ロジクールが、ハイエンドワイヤレスキーボード「MX KEYS」のテンキーレスモデルを発売する。設置面積を約3割削減したことが特徴だ。時代の変化に合わせて、絵文字やマイクミュートのショートカットも用意している。(2021/10/14)

PR:待望のAMDモデル! 16コアCPU+RTX 3090のパワーを引き出す「Endeavor Pro9050a」の実力に驚く
16コア32スレッドのモンスターCPUを搭載可能なエプソンダイレクトのハイエンドデスクトップPC「Endeavor Pro9050a」。NVIDIAのGeForce RTX 3090を採用したモデルを細かくチェックした。(2021/9/28)

ProMotion可変リフレッシュでヌルヌル動くハイエンドiPhone 「iPhone 13 Pro」を細かくチェック
「iPhone 13 Pro Max」と並び、スペック的にはシリーズ最高峰の「iPhone 13 Pro」。前世代の同クラスモデルである「iPhone 12 Pro」と詳細な比較をしてみた。(2021/9/22)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
総務省とキャリアの“いたちごっこ”に終止符は打たれるのか? 20年間の競争と規制を振り返る
モバイル市場のこの20年間を、競争と規制という視点から振り返ってみたい。2000年代前半には、“日本型販売奨励金モデル”により、半年〜1年程度型落ちのハイエンド端末が、ほぼゼロ円で手に入った。総務省は「分離プラン」の導入を要請したが、キャリアとのいたちごっこが続いている。(2021/9/13)

Lenovoが5G対応Androidタブレットを発表 ワイヤレスイヤフォンも発売へ
Lenovoが5G通信に対応するAndroidタブレットを投入する。比較的ハイエンドなモデルと、ミドルレンジモデルを取りそろえているが、日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1 III」の“いいところ”と“不満点”/スマホはやっぱりカメラで選ぶ?
ソニー製の5Gスマートフォン「Xperia 1 III」は、いろいろな機構を備えるハイエンドモデルです。その“いいところ”と”不満点”をまとめた記事がとても良く読まれました。(2021/9/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ4機種で撮り比べ(後編):人物や夜景の撮影に強いモデルは?
2021年夏に発売されたハイエンドスマホのカメラ機能を確かめる連載の後編だ。今回は「人を撮る機能」と「夜景」の撮り心地を確認する。どの端末も使い勝手の異なるカメラ機能を持ち、撮影した画像の色味もかなり違う。(2021/9/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ4機種で撮り比べ(前編):超広角から望遠まで画質チェック
2021年の夏は、シャープとライカが協業して生まれた「Leitz Phone 1」や、ソニーの「Xperia 1 III」などのハイエンド端末が多く発売された。いずれも特徴的なカメラ機能を搭載しており、撮影時の画像の色味もさまざま。実際に同じ場所、同じ時間に撮影して比べてみよう。(2021/8/30)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
打倒中華格安5Gスマホ! Samsungが本気で作った「Galaxy A22 5G」
Samsungの「Galaxy A」シリーズは普及価格帯を中心とした製品展開を行っています。モデル名は数字2桁で、10の位の数字が大きいほどハイエンド、また1の位はモデルの投入シーズンを表します。XiaomiやOPPOなどが攻勢をかける中、Galaxy Aシリーズで対抗しています。(2021/8/26)

CFD、“AORUS GAMING PC”ブランドからRyzen 9搭載ハイエンドゲーミングPCなど2製品を発売
シー・エフ・デー販売は、「AORUS GAMING PC」ブランドからミドルタワー型筐体採用のゲーミングデスクトップPC計2製品を発表した。(2021/8/23)

PR:最新ハードウェアがもたらす最上級のゲーミング体験!! 「G-Tune HP-Z」のススメ
「G-Tune HP-Z」は、マウスコンピューターのゲーミングデスクトップPCでハイエンドに位置する製品だ。同社が「ユーザーのあらゆる希望をかなえるハイエンドモデル」とうたう、本製品のパフォーマンスをチェックした。(2021/8/24)

MSI、クリエイター向けノート「Creator 17」にDisplayHDR 1000対応4K液晶搭載のハイエンドモデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、DisplayHDR 1000対応の17.3型4K液晶ディスプレイを搭載したクリエイター向けハイエンドノートPC「Creator-17-B11UH-009JP」を発表した。(2021/8/19)

“ユーザーのあらゆる希望をかなえるハイエンドモデル”「G-Tune HP-Z」をじっくり眺める
マウスコンピューターの「G-Tune HP-Z」は、Intelプラットフォーム採用のハイエンド向けゲーミングデスクトップPCだ。まずは写真でじっくり見ていこう。(2021/8/13)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルが自社開発プロセッサをPixel 6に搭載――ハイエンドモデルからエントリーモデルへの展開はあるのか
Googleが、自社開発スマートフォン「Pixel(ピクセル)」の新モデルをチラ見せした。最大の特徴は、自社設計したプロセッサ「Tensor(テンサー)」なのだが、このプロセッサを搭載する「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」を、どこまで本気で売るつもりがあるのだろうか……?(2021/8/13)

Xiaomiのハイエンド「Mi MIX 4」はベゼルレスでカメラの切り欠きなし 888 Plus搭載
Xiaomiが3年ぶりにベゼルレスハイエンドのMIXシリーズ新モデル「Mi MIX 4」を発表した。インカメラはディスプレイの下に埋め込まれている。Qualcommの最新5GSoC「Snapdragon 888 Plus 5G」を搭載し、価格は4999元(約8万5000円)から。(2021/8/11)

防水/防じん対応でさらに盤石に:
格安ながら機能はハイエンド! 税込み2980円のネットワークカメラ「ATOM Cam 2」を試す
圧倒的な低価格で人気を集めたATOM techのネットワークカメラ「ATOM Cam」に、後継モデルが登場した。新モデル「ATOM Cam 2」は何が変わったのか、実機を使って試してみた。(2021/8/10)

MSI、第11世代Core i9+17.3型WQHD液晶を備えたハイエンドゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第11世代Core i9を採用した17.3型ゲーミングノートPC「GS76-11UH-192JP」を発表した。(2021/8/5)

Ice Lakeベース:
デスクトップワークステーション向け新CPU「Xeon W-3300」登場 最大38コアでPCI Express 4.0は64レーン用意
Intelが、サーバ/データセンター向けに続いてデスクトップワークステーション向けにも新しいXeonプロセッサを投入する。Ice LakeアーキテクチャベースでAI処理を高速化したことが特徴で、Coreプロセッサと比較するとハイエンド用途でも使える改良が施されている。(2021/7/30)

XP-Penの野望 エピソード2:
ハイエンド機でタイマン勝負!「Artist Pro 16TP」はワコムの牙城を崩せるか
XP-Penがワコムの「Cintiq Pro 16」と丸かぶりのハイエンドモデル「Artist Pro 16TP」を投入してきました。実際の使い勝手はどうなのか、refeia先生が入念にチェックしたよ。(2021/7/27)

4キャリアで比較! 最新Androidスマートフォンの価格まとめ(2021年夏編)
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの2021年夏商戦向けスマートフォンが出そろった。ミッドレンジからハイエンドまで、バランスよくそろっているが、端末価格はどれくらいか。4キャリアの最新Androidスマートフォンの価格をまとめた(全て税込み)。(2021/7/20)

PR:「Wi-Fi 6」対応でより快適に! TP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco X90」の魅力をチェック!
特殊な間取りの家や広い家では、Wi-Fi(無線LAN)の電波を家中に行き渡らせるのが難しいケースも多い。そんな時に便利なのが「メッシュWi-Fiルーター」だ。この記事では、TP-LinkのハイエンドメッシュWi-Fiルーター「Deco X90」の特徴を紹介する。(2021/7/20)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
OPPO傘下になったOnePlus、コスパモデル「Nord」は日本上陸もある?
ハイスペックモデルに特化したメーカーとして知られるOnePlusですが、2020年から価格を抑えた「Nord」シリーズの展開を強化しています。そしてつい先日、2021年6月にOPPOの傘下に入ることを発表しました。これによりOPPOの弱いハイエンドモデルをOnePlusの製品でカバーできるようになります。(2021/7/19)

HUAWEI、スリムな超狭額縁デザインを採用した28.2型4K液晶ディスプレイなど3製品を投入
華為技術日本は、4Kを超える高解像度表示に対応したハイエンド仕様の28.2型液晶ディスプレイ「HUAWEI MateView」を発表した。(2021/7/13)

石野純也のMobile Eye:
OPPO「Reno5 A」の対抗馬に Xiaomi「Mi 11 Lite 5G」の実力と狙いを検証する
Xiaomiが日本向けに新型スマートフォン「Mi 11 Lite 5G」を7月2日に発売する。性能を限りなくハイエンドに近づけつつ、薄型化も追求した。Mi 11 Lite 5Gが狙うのは、SIMロックフリースマートフォンで最もボリュームの大きなミドルハイの市場だ。(2021/6/26)

ドコモは約11.6万円、ソフトバンクは約13.4万円――Leicaカメラ搭載の「AQUOS R6」が6月25日発売
シャープのハイエンド5Gスマートフォン「AQUOS R6」の発売日が6月25日に決まった。NTTドコモ向けモデル(SH-51B)、ソフトバンク向けモデル共に、発売記念のポイント(キャッシュ)バックキャンペーンも開催される。(2021/6/17)

Mobile Weekly Top10:
ドコモのXperia 1 IIIは15万4440円、AQUOS R6は11万5632円/画面が“伸びる”スマホは日の目を見るか?
NTTドコモが2021年夏モデルのオンラインショップ価格を公表しました。ハイエンド5Gスマホは10万円を超えることは珍しくなくなりましたが、それでも一万の位の四捨五入で20万円となれば、結構ビックリしてしまいがちです……。(2021/6/11)

AMD、RDNA2アーキテクチャを採用したWS向けGPU「Radeon PRO W6000」シリーズを発表
米AMDは、プロフェッショナル向けのハイエンドGPU「Radeon PRO W6000」シリーズの発表を行った。(2021/6/9)

TSUKUMO、RTX A5000を搭載したプロフェッショナル向けタワー型PCを発売 税込み54万9800円
Project Whiteは、プロ向けハイエンドGPUを採用したタワーデスクトップPC「QA9A-F211/XT」を発売する。(2021/6/7)

古田雄介の週末アキバ速報:
「行列の3割はゲーム目的の人」――GeForce RTX 3080 Ti搭載カードが登場!
NVIDIAの新しいハイエンドGPU「GeForce RTX 3080 Ti」を搭載したグラフィックスカードが一斉に店頭に並んだ。発売翌日の夕方にも在庫が見られた他、RTX 3070カードの在庫も多くのショップで確認できた。(2021/6/5)

AI処理性能は4EFLOPS:
NVIDIA「A100」を6000基搭載したスパコン「Perlmutter」
NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。(2021/5/28)

ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」が5月28日から順次発売 18GBメモリ搭載の「Ultimate」も
ASUS JAPANが、5Gに対応した最新ゲーミングスマートフォン「ROG Phone 5」と「ROG Phone 5 Ultimate」を日本で発売する。放熱性能を改善し、ゲームプレイのショートカット操作を充実させた。ROG Phone 5 Ultimateはストレージ512GB、メモリ18GBというハイエンド仕様だ。(2021/5/26)

FAニュース:
サブストレートの検査も可能に、ヤマハ発動機の3D光学外観検査装置
ヤマハ発動機は2021年5月19日、高速性能と高精度を両立させた、ハイエンドクラスの3Dハイブリッド光学外観検査装置「YRi-V」を2021年7月1日に発売すると発表した。(2021/5/20)

長野剛コラボもあり:
MSIが第11世代Core搭載のゲーミング向け「アルティメットノート」を発表 5月20日から順次発売
MSIが、第11世代Coreプロセッサ搭載のゲーミングノートPCを順次発売する。ハイエンドからエントリーまで幅広いラインアップを用意している。(2021/5/17)

1億800万画素カメラにも対応:
MediaTek、ミドルハイエンドスマホ向け5G対応SoC
MediaTekは、5G(第5世代移動通信)対応のスマートフォン向けSoC「Dimensity 5G」シリーズとして、ミドル−ハイエンドモデルに向けた新製品「Dimensity 900」を発表した。(2021/5/17)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(52):
Apple、Samsung、Huawei――出そろった5nmチップを比較する
Apple「iPhone 12」シリーズを皮切りに、ハイエンドスマートフォン市場では5nmプロセスを適用したプロセッサを搭載したモデルが続々と投入されている。一通り出そろった5nmチップを比較してみよう。(2021/5/13)

ついに8コア16スレッド対応! IntelがTiger Lakeベースの「Core H45」「Xeon W-11000」を発表
Intelが、Tiger Lakeベースのモバイル向けCPUの新製品を発表した。同アーキテクチャでは初めての4コア超のCPUを投入することで、エントリーからハイエンドのゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCにおけるモメンタムを高める。(2021/5/11)

FAニュース:
ハイエンドCNCに最新のマルチコアCPUを採用した高速モデルを追加
ファナックは、2020年1月にリリースしたCNC「FANUC Series 30i/31i/32i-MODEL B Plus」に高速モデルを追加した。高速CPUとCPU性能を最大限に引き出すソフトウェアにより演算能力を高め、CNC基本性能を大幅に向上させた。(2021/5/7)

組み込み開発ニュース:
ルネサスとSiFive、RISC-V技術を活用した次世代車載半導体の共同開発で提携
ルネサス エレクトロニクスとSiFiveは、車載用次世代ハイエンドRISC-Vソリューションの共同開発で提携した。ルネサスはSiFiveからRISC-VコアIPポートフォリオのライセンス供与を受け、次世代車載半導体を開発する。(2021/5/6)

Mobile Weekly Top10:
5月10日「AQUOS」新モデルが登場へ/ahamoに有料の「店頭サポート」
シャープが5月10日にAQUOSスマートフォンの新モデルを発表します。時期的にハイエンドの新モデルを発表するものと思われますが、そのモデル名に注目しています。(2021/5/5)

PR:性能も体験もワンランク上のハイエンドゲーミングノートPC「G-Tune H5」を試して分かったこと
マウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune」シリーズに加わった「G-Tune H5」は、240Hzの高いリフレッシュレートとメカニカルキーボードを備えたハイエンドモデルだ。その実力を確かめてみた。(2021/4/26)

TSUKUMO、RTX 3090を2基搭載したハイエンドデスクトップを販売開始 119万8000円〜
Project Whiteは、グラフィックスカードとしてGeForce RTX 3090を2基搭載したマルチGPU構成のハイエンドデスクトップPCを発売した。(2021/4/21)

「いびつなiPadファミリー」は解消される? Appleの発表イベント「Spring Loaded.」で登場するかもしれないiPad ProとiPad miniのうわさまとめ
ハイエンドなのに2世代前のSoCという「歪み」は解消されるだろうか。(2021/4/20)

サードウェーブ、WQHD液晶/RTX 3070を搭載したクリエイター向けハイエンドノートPC
サードウェーブは、クリエイター向けのハイエンド17型ノートPC「raytrek R7」の販売を開始した。(2021/4/16)

古田雄介のアキバPick UP!:
ワイドミニ液晶に700Wファンレス電源! とがったパーツが続々登場するアキバ
MSIのハイエンドZ590搭載マザーボードや700Wファンレンス電源に1600W電源、ガンダム液晶など、先週は特徴的なパーツが複数登場している。(2021/4/12)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「折りたたみ、ハイエンドカメラ、カジュアル」 Xiaomiが狙う「スマホ世界シェア2位」
2021年3月26日〜27日にXiaomiが中国・北京で新製品発表会を開催し、スマートフォンのフラグシップモデルやスマート家電、そしてスマートEV(電気自動車)への参入を発表した。今回の発表会での一番の目玉となる製品は折りたたみディスプレイを搭載する「Mi Mix Fold」だ。「スマートフォン市場のリーダーはXiaomi」という印象を全世界にアピールした。(2021/4/9)

Lenovoのハイエンドゲーミングスマホ「Legion Phone Duel 2」は冷却ファンもバッテリーもダブルで799ユーロから
Lenovoがフラグシップゲーミングスマホの2代目「Legion Phone Duel 2」を発表した。6.92型の大画面でバッテリー、ファン、USB-Cポートを2つずつ備える。価格は799ユーロ(約10万円)から。(2021/4/9)

ツクモなんば店で店舗限定MSIコラボ構成のハイエンドゲーミングPCが販売中 Ryzen 9+RTX 3080搭載
Project Whiteは、同社店舗「ツクモなんば店」限定でRyzen 9 5900X搭載ハイエンドゲーミングPCの販売を開始した。(2021/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.