• 関連の記事

「市場調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

EV販売台数は500万台に:
電動化加速でさらに高まる半導体需要、EVメーカーの対応は
英国の市場調査会社IDTechEXは、EVのバッテリー駆動のパワートレインによって車両に搭載される半導体は2倍以上に増えることから、「2021年の半導体需要は74億米ドル増加する」と予想している。しかし、クラウドコンピューティングやスマートフォンなど、パンデミックによって需要の拡大した他の分野と競合するため、ほとんどの自動車メーカーは減産を余儀なくされている。(2021/10/15)

市場動向:
油圧ショベル市場に関する最新の市場調査レポートを公開
Market Insights Reportsは、油圧ショベル市場に関する最新の市場調査レポートを、2021年9月8日にリリースした。油圧ショベルの市場規模、シェア、成長、需要、2027年までの動向予測などをレポートする。(2021/10/11)

公取委がスマホOSの市場調査へ 「iOSやAndroidに他のOSが競争圧力与えているか」
公正取引委員会が、モバイル用OSの実態調査に乗り出す。OSとアプリの流通市場の構造や競争の実態を把握する。終了時期は未定だが、何らかの成果物を公表予定で、内閣官房とも連携するとしている。(2021/10/8)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に、アンケート集計後、「2021年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2021/10/1)

企業間決済「Paid」 実態調査4部門で1位を獲得
 ラクーンフィナンシャル(東京都中央区)は9月28日、提供する企業間決済「Paid」が日本マーケティングリサーチ機構の実施した企業間後払い決済サービスにおける実態調査において、4部門で1位を獲得したと発表した。(2021/9/29)

会社は推奨しているか:
「テレワークを徹底するべき」と考える人は半数以上 実施状況と差あり
日本マーケティングリサーチ機構が、テレワークの実施状況について調査をした。勤務先がテレワークを推奨している割合や、実際にテレワークを行っている頻度は?(2021/9/29)

「ふるなび」利用者満足度など3項目で1位 3年連続の獲得
 アイモバイルは9月22日、運営するふるさと納税サイト「ふるなび」が日本マーケティングリサーチ機構での調査の3項目において、1位を獲得したと発表した。(2021/9/24)

調査で判明:
たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
日本マーケティングリサーチ機構(東京都港区)がたばこ税に関する調査を実施した。(2021/9/21)

モビリティサービス:
バイクを買った理由、コロナ禍での利用頻度は? アジア7カ国で2400人に調査
矢野経済研究所は2021年9月13日、アジア7カ国(日本、インド、中国、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン)の二輪車ユーザーの動向調査を発表した。二輪車を保有する2383人(18〜69歳)を対象にアンケートを実施し、購入動機やコロナ禍での移動手段の変化などを尋ねた。(2021/9/16)

NORやSRAMを置き換える存在に:
次世代メモリ市場、2031年までに440億米ドル規模へ
米国の半導体市場調査会社であるObjective AnalysisとCoughlin Associatesは、共同執筆した年次レポートの中で「次世代メモリが、さらなる急成長を遂げようとしている」という見解を示した。次世代メモリ市場は2031年までに、440億米ドル規模に達する見込みだという。(2021/9/13)

調査レポート:
「Apple Watch」のユーザー数が1億人超え、世界でのスマートウォッチ出荷は27%増
Counterpoint Reserachによる第2四半期の世界スマートウォッチ市場調査によると、メーカー別シェアトップは引き続きApple。Apple Watchのユーザー数は1億人を突破した。100ドル以下のスマートウォッチの販売が伸びており、Appleのシェアは2.1ポイント減っている。(2021/8/27)

eKYCの利用経験は21.0%、懸念はデータの保管 MMDの調査より
MMD研究所は、8月25日に「オンライン本人確認(eKYC)に関する利用動向調査」の結果を発表。利用経験は21.0%で、未利用者の62.9%はデータの保管や手続きに不安や懸念があることが分かった。(2021/8/25)

量子コンピュータ:
量子コンピューティングへの投資動向調査、今後2年で投資増の予測
IDC Japanは、量子コンピューティングの今後の利活用、投資動向に関する調査結果を発表した。量子コンピューティングへの投資は、今後2年間で増加すると予測する。(2021/8/18)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に、アンケート集計後、「2021年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2021/8/17)

日本人の現金使用額は中国人の7倍 銀聯が日中韓のキャッシュレス動向を調査
カードブランド「銀聯」(UnionPay)を運営する中国・銀聯国際の日本支社による、日中韓300人へのキャッシュレス決済の動向調査によると、日本人の現金使用額は中国人の約7倍であることが分かった。(2021/8/16)

製造マネジメントニュース:
「DX先進企業」は従業員の動機付けを重視、心理的安全性の向上にも取り組む
IDC Japanは2021年8月10日、国内企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する動向調査について発表した。(2021/8/13)

vsCOVID-19:
建設業界がデジタル技術で新型コロナを克服するための道筋、IDC Japanの独自レポート調査から
新型コロナウイルス感染症の拡大により、建設業界でも事業環境が悪化し、いまだに脱出の糸口を見つけ出そうと模索する企業は少なくない。その一方、コロナ禍の副産物として、これまでなかなか浸透しなかったBIMや現場管理ツールなどといった業務効率化をもたらすDXが急速に普及しつつある。こうした国内の建築/建設業を取り巻く環境が様変わりするなかで、オートデスクと市場調査会社のIDC Japanは、コロナ禍で苦境に立たされた建設業が業績回復までに至る道筋を示したウェビナーを開催。IDC Japanの独自調査から浮かび上がってきたCOVID-19を克服するためのキーワードとオートデスクが提供するクラウドソリューションの有効性を説き、いかにしてネクストノーマルに備えるべきかを提言した。(2021/8/11)

Xiaomi、6月の世界スマートフォン出荷で初首位に──Counterpoint Research調べ
Counterpoint Reserachによると、6月の世界スマートフォン市場調査で中国Xiaomiが初めて首位に立った。5月はSamsung、Appleに次ぐ3位だった。コロナ禍から復調した地域で販売を伸ばした。(2021/8/6)

2021年7月調査:
スマホ決済サービス満足度調査 総合満足度1位は?
「2021年7月 スマートフォン決済サービス利用動向調査」を実施した。6サービス中、総合満足度1位に輝いたのは?(2021/8/3)

スマホ非接触決済の満足度トップは「モバイルWAON」 MMDの調査より
MMD研究所は、8月3日に「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用頻度と満足度が最も高かったのは「モバイルWAON」で、NPS1位は「QUICPay」となった。(2021/8/3)

港区のセゾンカード会員はフードデリバリーに月12万円 クレディセゾン調査
クレディセゾンは2日、会員の決済データを基にした2020年の消費動向調査結果を発表した。2020年に利用率が最も上がったのはフードデリバリーサービスだった。(2021/8/2)

コード決済の満足度はPayPay、利用頻度は楽天ペイがトップ MMDの調査より
MMD研究所は、8月2日に「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表した。利用頻度が最も高いのは「楽天ペイ」で、6サービスの総合満足度1位は「PayPay」となった。(2021/8/2)

スマートフォン非接触決済 最も利用しているサービスは?
MMD研究所は7月30日、「スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用しているサービスで最も多かったのは……。(2021/7/30)

非接触決済サービス利用上位は「iD」「モバイルSuica」、検討トップは「楽天Edy」 MMDが調査
MMD研究所は、7月30日に「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表。利用サービス上位は「iD」「モバイルSuica」「楽天Edy」で、利用検討は「楽天Edy」「モバイルSuica」「Visaのタッチ決済」となった。(2021/7/30)

検討中のサービスは:
最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
MMD研究所は、18〜69歳の男女を対象に「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」を実施。現在最も利用しているスマホ決済サービスは……。(2021/7/29)

「年末調整業務を負担に感じる」8割以上 マネフォ調査
マネーフォワードは、年末調整を行う労務担当者や年末調整を提出する従業員を対象とした「年末調整に関する市場調査」を実施した。(2021/7/28)

QRコード決済の認知は94.2%、利用率トップの「PayPay」が4割超え MMDが調査
MMD研究所は、7月28日に「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済の認知は94.2%で、利用しているサービス上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」となった。(2021/7/28)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に、アンケート集計後、「2021年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2021/7/21)

材料技術:
自動車向け炭素繊維複合材の市場は2035年に約9倍に、環境規制強化が後押し
富士経済は2021年7月15日、炭素繊維複合材(CFRP、CFRTP)の市場調査を発表した。2035年の市場規模は2020年比2.8倍の3兆4958億円と見込む。(2021/7/19)

調査レポート:
Xiaomi、世界スマートフォン市場でApple抜いて初の2位に──Canalys調べ
Canalysの4〜6月期世界スマートフォン市場調査によると、Xiaomiが出荷台数を急激に伸ばし、シェアランクで初の2位を獲得。Appleは3位に落ちた。Xiaomiと首位のSamsungの差はわずか2ポイントだ。(2021/7/16)

コロナ後はハイブリッドワークが進む:
「ワクチン普及後の出社割合は週5日」と予測する企業が約7割 IDCが働き方に関する日米の調査結果を発表
IDC Japanが実施した働き方の未来に関する企業ユーザー動向調査によると、新型コロナウイルス感染症のワクチンが普及した後は、従業員が週に5日間出社すると予測する企業の割合が日米ともに7割だった。(2021/7/7)

開催賛成派はどの程度いるのか:
東京オリンピック、感染対策をしていても「会場で見たくない」が約半数
東京オリンピックの開催が近づいている。日本マーケティングリサーチ機構が「オリンピック開催」に関するアンケート調査を行った。「会場で観戦したい」と考えている人は少なかった。(2021/7/6)

東京、神奈川、埼玉、千葉の中古マンション価格動向調査 平均価格は前月比0.3%増
首都圏における中古マンションの価格動向。1 戸あたりの平均価格は東京都下、横浜市・川崎市は下落、他エリアは上昇した。(2021/6/28)

製造マネジメントニュース:
部工会が経営動向調査、2021年度は97.8%が増収増益見込み
日本自動車部品工業会は2021年6月21日、2020年度通期の経営動向調査を発表した。会員企業427社のうち、自動車部品の売上高比率が50%以上を占める上場企業60社を対象に業績を分析した。(2021/6/22)

メーカー別ではIntelが首位:
21Q1の半導体売上高は前四半期比増に、2010年以来初
英市場調査会社であるOmdiaは2021年6月14日(現地時間)、同年第1四半期(1〜3月期)における半導体市場の売上高が1313億米ドルとなり、2020年第4四半期に比べて0.5%増加したと発表した。(2021/6/17)

調査レポート:
世界のスマートウォッチ市場調査、Appleの出荷台数は50%増でシェア33.5%
Counterpoint Reserachが1〜3月期の世界のスマートウォッチ市場調査結果を発表した。Appleの出荷台数が前年同期比50%増と好調で、シェアは33.5%と全体の3分の1を超えた。3位のSamsungは出荷台数は27%増だが、シェアは0.5ポイント減。(2021/5/28)

「n=1」から始める深いインサイト発見:
「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」 大ヒットを確信させたマーケティングリサーチの舞台裏
アサヒビールのマーケティングチームは話題の「泡の出る缶」を市場に投入するに当たり、どのように消費者の声を聞いてきたのか。マーケティング担当者と調査を担当したマクロミルに、開発の過程で実施した定性調査・定量調査の裏側を聞いた。(2021/5/27)

個人向けMVNOシェアは「楽天モバイル」、満足度は「mineo」がトップ ICT総研が調査
ICT総研は「2021年MVNO格安SIMの利用者動向調査」の結果を発表。個人向けMVNOの内訳は「楽天モバイル」の15.9%がトップで、総合満足度トップは「mineo」となった。(2021/5/26)

200mmの供給は限界間近か:
半導体不足、解消の鍵は「300mmウエハーへの移行」
8インチ(200mm)ウエハーのサプライチェーンは、控えめに言っても、かなり厳しい状況にある。これは、決して新しい問題ではない。台湾の市場調査会社TrendForceが2020年11月に発表したプレスリリースでは、「8インチウエハーの生産能力に関しては、2019年後半から深刻な不足状態が続いている」と述べている。(2021/5/25)

レストランの認知度調査 「吉野家」や「スシロー」を抑えて1位になったのは?
マーケティングリサーチ事業を展開するRJCリサーチがLINEユーザーを対象にレストランチェーンのブランド浸透度調査を実施した。(2021/5/22)

調査レポート:
1〜3月の世界スマートフォン出荷、S21好調でSamsungが首位返り咲き──IDC調べ
IDCによる1〜3月期の世界スマートフォン市場調査によると、前四半期にAppleに首位を奪われたSamsungが首位を奪還した。Appleは2位。Huaweiはついにトップ5から姿を消した。(2021/4/30)

クラウドニュースフラッシュ
マネーフォワードがFinTechサービスを「AWS」で動かす理由
時事通信社やマネーフォワードが自社サービスのシステムにクラウドサービスを活用した事例や国内のパブリッククラウド市場調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/4/30)

経営危機は不可避:
居酒屋・パブレストラン業態の3月売り上げは「前々年比32.1%」 業界団体「今年中は厳しい状況が続く」
飲食業界ではファストフード業態が持ち直した一方で、酒を提供する業態の店舗は売り上げの回復が見込めない状況が続いている。日本フードサービス協会が実施している外食産業市場動向調査によれば、2021年3月の居酒屋・パブレストラン業態の売り上げが前々年の3月に比べて32.1%にとどまり、依然として厳しい状況にあることが分かった。(2021/4/28)

製造技術やコスト面で課題:
マイクロLEDディスプレイの市場拡大はまだ先
マイクロLEDディスプレイは、OLED(有機ELディスプレイ)、LCD(液晶ディスプレイ)、量子ドットベースのディスプレイの潜在的な代替技術として派手に宣伝されているが、市場調査グループのIDTechExは警鐘を鳴らしている。同社のレポートは、ディスプレイ市場で他の技術に置き換わることに焦点を当てるとともに、新たな市場を創出することも考察している。(2021/4/28)

「DX投資の有無は業績の差に現れ始めている」:
デジタル高成長企業の3つの共通点とは 日本CTO協会が「DX動向調査レポート 2021年版」を発表
日本CTO協会は、「DX動向調査レポート 2021年版」を発表した。高成長企業ほど、DXを経営課題として認識し、推進している傾向が見られ、Webサイトやアプリ、電子契約などを活用して顧客との接点をデジタル化していた。(2021/4/14)

船も「CASE」:
CASEは自動車以外にも、陸海空のモビリティで自動運転や電動化の市場拡大
富士経済は2021年3月25日、自動車以外のモビリティでのCASE△△(※)△△対応に関する市場調査の結果を発表した。調査対象はフォークリフトやゴルフカートなど陸のモビリティ、船舶など海のモビリティ、航空機や“空飛ぶタクシー”など空のモビリティだ。(2021/3/26)

今日のリサーチ:
「ライブコマース」認知度・利用経験とも東京が最下位――トランスコスモスがアジア10都市で調査
トランスコスモス「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2021」で明らかになったアジア諸国と日本の違い。(2021/3/25)

デルが国内中堅企業約1500社が対象とした「IT投資動向調査」の最新結果を発表
デル・テクノロジーズは、国内の約1500社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の分析結果を発表した。(2021/3/24)

「povo」のトッピングをユーザーと開発 KDDIが「povo Lab」を5月に開設
KDDIは、オンライン専用の新料金ブランド「povo」でユーザーの声を反映したトッピング機能やサービスを開発・共創する「povo Lab」を5月に開設。ターゲット市場調査やアイデア立案と、アイデアのサービス化に向けてた検証を行う。(2021/3/22)

「転職動向調査2021年版」:
2020年は転職が鈍化、一方で「コロナで転職活動に積極的になった」という意見も マイナビが調査結果を発表
マイナビが発表した「転職動向調査2021年版」によると、2020年の転職率は対前年比2.1ポイント減の4.9%。転職率は2016年以降増加傾向にあったが、2020年は減少に転じた。(2021/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.