• 関連の記事

「市場調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

脱炭素:
水素由来燃料の採用増えるか、カーボンニュートラル燃料の分野別市場調査
富士経済は、カーボンニュートラル燃料の市場調査結果を発表した。2050年には、液体CN燃料市場は80兆347億円、固体CN燃料市場は11兆4573億円、気体CN燃料市場は34兆8781億円になると予測する。(2022/5/16)

電動化:
EVへの懸念と実際の満足度は? サブスクで新車に乗る人は? 自工会が調査
日本自動車工業会がまとめた「2021年度乗用車市場動向調査」では、EV(電気自動車)や安全技術に対する高い関心が示された。その一方で、自動車に支払う費用に負担を感じる声も小さくない。カーシェアリングの利用経験やサブスクリプションサービスの利用意向の少なさも判明した。(2022/5/6)

日本の美術品市場の規模は2186億円、前年から7%減
「日本のアート産業に関する市場調査2021」。約2万人を対象とした購入動向調査により「美術品市場(彫刻・現代美術・写真など)」の規模を、2186億円と推計した。20年の2363億円から7%の減少となっている。(2022/5/2)

「10代人気女優」ランキング “めるる”を抑え「芦田愛菜」が1位、上位の顔ぶれは?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクトは、自社が運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で『10代女優人気ランキング』を発表した。1位は「芦田愛菜」、2位は「生見愛瑠」(めるる)だった。(2022/4/30)

「イケメンおじさん俳優人気」ランキング “キムタク”を抑え「反町隆史」が1位 上位の顔ぶれは?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクトは、自社が運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で『イケメンおじさん俳優人気ランキング』を発表した。その結果、1位は「反町隆史」だった。(2022/4/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
苦境の新電力、“ソシャゲ感覚”で撤退? 1年で14件、倒産過去最多
企業信用調査最大手の帝国データバンクが4月公表した「『新電力会社』倒産動向調査」によれば、2021年度における新電力の倒産は過去最多となる14件となった。倒産までいかなくとも、電力の小売事業から撤退を余儀なくされた事業者も含めると、その数は31社と過去最悪のペースとなる。(2022/5/2)

機材・ネットトラブルを上回る:
リアクションが薄い営業担当者は要注意! 悪印象につながるオンライン商談の特徴
オンライン商談で相手の印象が最も悪くなる場面は「相手がリアクションをあまりしてくれなかったとき」──マーケティングリサーチやイベントの企画運営を展開するone(新宿区)がB2Bの新規営業を行うビジネスパーソンを対象に行った調査で、このような結果が出た。(2022/4/28)

大企業はサービス事業者に何を求めている? IDCが国内DX支援サービスの需要動向を調査
IDCは、国内企業のDXを支援するITサービス/ビジネスサービスの需要動向調査の結果を発表した。同調査から、支援サービスの選択に当たって事業者に求められる能力が明らかになった。(2022/4/27)

70代俳優人気ランキング 「笑福亭鶴瓶」が1位、トップ3は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクトは、自社が運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で『人気の70代男性俳優ランキング』を発表した。その結果、1位は「笑福亭鶴瓶」、2位は「西田敏行」、3位は「舘ひろし」となった。(2022/4/26)

NEWS
「ひとり情シス」「ゼロ情シス」が約6割 中堅・中小企業が抱えるDXの課題とは
デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業を対象にしたIT投資動向調査の結果を発表した。中堅・中小企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際の大きな課題とは。(2022/4/22)

各社の戦略を比較:
世界半導体生産能力、57%をトップ5社が占める
米国の市場調査会社Knometa Research(以下、Knometa)によると、Samsung Electronics(以下、Samsung)とTSMC、Micron Technology、SK hynix、キオクシア/Western Digital(以下、WD)の世界シリコンウエハー生産量のシェアは、2021年末までに合計57%に拡大したという。Knometaは報告書の中で、「業界がトップヘビー構造になっていることで、これら企業のシェアは2020年から1%増加した」と述べている。(2022/4/21)

スマホ所有比率、2022年は94%に 12年で約90%増
NTTドコモのモバイル社会研究所が、スマートフォン/ケータイ所有に関する動向調査を実施。2010年は4%程度だったスマートフォンの所有比率が、2022年には94.0%になった。(2022/4/15)

電気自動車:
大出力の急速充電器の市場調査、中国は2035年までに30倍に
富士経済は2022年4月6日、電動車向け充電器の大出力化の動向調査について発表した。(2022/4/12)

外食市場 3カ月連続で前年同月比プラスも、2年前との比較ではマイナス拡大
 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏、関西圏、東海圏に居住する約1万人を対象に2022年2月度の「外食市場調査」を実施した。(2022/3/31)

IDCが調査:
仮想化導入企業で進む「ハイブリッド利用」の実態とは 2022年国内クライアント仮想化市場ユーザー動向分析調査
IDCは、国内クライアント仮想化市場の動向調査の結果を発表した。調査結果から仮想化が定着した業種におけるオンプレミスとDaaSを併用する「ハイブリッド利用」の実態が浮かび上がった。(2022/3/29)

転職率は過去6年間で最高に:
転職率増加の要因は「コロナ禍で転職活動する時間が増えた」ため マイナビが転職動向の調査結果を発表
マイナビは「転職動向調査2022年版」を発表した。2021年の転職率は過去6年間で最も高いことが分かった。(2022/3/29)

4500万円以上が半数超え:
関西の新築分譲マンション、平均購入価格「4780万円」で過去最高額を記録
SUUMOリサーチセンターは「2021年関西圏新築マンション契約者動向調査」の結果を発表・新築分譲マンションの平均購入価格は4780万円で、過去最高額を記録した。(2022/3/28)

矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが共同調査:
「コスト削減」が減り「攻めの投資」が増加 海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向調査
矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが、海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向を共同調査した。海外進出する日本企業の経営課題がDXにシフトしていることが明らかになった。(2022/3/28)

“PPAP”禁止は2割に満たず:
電子契約、電子インボイスなどの対策が進行中 ITRが「企業IT利活用動向調査2022」の結果を発表
JIPDECとITRは「企業IT利活用動向調査2022」の結果を発表した。特に「テレワークの導入状況」「電子契約の利用」「改正個人情報保護法への対応」「電子インボイスの利用」などについて調査した。(2022/3/18)

世界のスマートウォッチ出荷台数、2021年もトップは不動で2位にSamsung──Counterpoint Research調べ
Counterpoint Reserachが2021年通年の世界スマートウォッチ市場調査結果を報告した。総出荷台数はコロナ禍で低迷した前年から24%増と過去最高の増加率。トップは変わらずのAppleだがシェアを2.7ポイント落とした。(2022/3/15)

ahamo、povo、LINEMO、約5〜7割が同一キャリアから移行 MMDの調査から
MMD研究所は、3月11日に「2022年3月通信サービスの利用動向調査」の結果を発表した。メイン利用のMNO4キャリア合計は90.1%で、ahamoは76.6%、povoは84.1%、LINEMOは48.3%が同一キャリアから移行している。(2022/3/11)

設備投資額も史上最高額更新へ:
22年1月の世界半導体市場、前年同月比27%増の507億ドルに
半導体不足が続いているにもかかわらず、半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)が2022年3月3日(米国時間)に発表したデータは、半導体売上高の伸びを示している。また、米国の市場調査会社IC Insightsの調査によると、需要の増加が続いていることを受け、業界の設備投資額も史上最高を記録する見通しだという。(2022/3/11)

混乱と制裁、製造業界に広がるウクライナ侵攻の波紋
これまで市場調査会社や業界団体による分析や企業によるロシアでの事業停止などの対応が続々と公表されており、製造業界への影響が徐々に可視化されてきました。(2022/3/10)

製造マネジメントニュース:
DXニーズ旺盛でPDM/PLM市場は前年比2桁成長、製造業の市場調査レポート
富士経済は2022年2月18日、製造業のDXに関する調査結果をまとめた「2021年版 DIGITAL FACTORY 関連市場の実態と将来展望」を公開した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を背景とするDX推進ニーズの高まりとともに、設備投資需要の落ち込みからも回復傾向にある様子などが伺えた。(2022/3/9)

世界生産能力の16%:
中国の半導体生産能力が急成長、世界3位に
米国の市場調査会社Knometa Researchによると、半導体の世界生産能力に占める中国のシェアは2021年に16%に達し、韓国と台湾に次ぐ位置に付いたという。(2022/3/4)

銀行のクラウド活用の実情【後編】
銀行がクラウド活用を諦める“最大の原因”とは?
銀行はクラウドサービスを利用する上で、どのような課題を抱えているのか。全世界の金融機関を対象にしたクラウドサービス利用動向調査の結果から探る。(2022/3/4)

回答者全員に調査レポートをお届けします
「2022年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に後日、「2022年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2022/3/1)

使いたくない理由:
スマホ後払いサービスのメリットは「ポイントが貯まる」 不安は?
インターネット関連の市場調査などを行うMMDLaboは、「スマホ後払いサービスに関する調査」を実施した。その結果、スマホ後払いサービスの認知は……。(2022/2/28)

“飲み”ニケーションはいらない:
会社の社員旅行に参加したいですか? 職場での服装など「働き方」の調査
市場調査などを手掛けているジーンは、「コロナ禍での働き方に関するアンケート調査」を実施した。その結果……。(2022/2/14)

BIM:
BIMの世界市場は2026年に160憶米ドルに到達と予測、グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「BIMの世界市場(2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・市場機会」を2021年11月17日に発売した。今回の調査レポートでは、BIMの世界市場は、2021年から2026年にかけて年率14.5%で成長し、2026年には136億米ドルに達すると予測している。(2022/2/4)

10〜30代の過半数が歩きスマホ利用者 ドコモの調査より
NTTドコモのモバイル社会研究所が「スマホ・ケータイのマナーに関する動向調査」の結果を発表。歩きスマホは10代では約7ポイント減少したが、10〜30代は過半数が利用していることが分かった。(2022/2/2)

調査レポート:
2021年の世界スマートフォン出荷、2017年以来の増加に──IDC調べ
米調査会社IDCが2021年第4四半期と同年通年の世界におけるスマートフォン出荷調査結果を発表した。通年では前年比5.7%増と、2017年以来初めて増加に転じた。メーカー別では1位2位は変わらず、Huaweiは5位以内に入らなかった。(2022/2/1)

約1000人に調査:
年賀状を「51枚以上」書く人はどの程度いるのか 2022年の調査結果
年賀状を廃止する企業が相次いでいる。日本マーケティングリサーチ機構「年賀状」に関する調査を実施した。年賀状を書いた人の数や、書いた枚数などを調べた。(2022/1/27)

テレビのネット接続率:
テレビで動画サービスを見ている人に聞く、人気コンテンツや視聴時間は?
マクロミルは、2021年の「最新のテレビ利用動向調査」を実施。その結果、テレビのネット接続率は41.8%であること、推定人口は約3400万人であることが分かった。(2022/1/25)

スマホの非接触決済、利用トップは「モバイルSuica」 MMDの調査より
MMD研究所は、1月25日に「2022年1月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表。利用サービスの上位は「モバイルSuica」「iD」「楽天Edy」で、それぞれ約2割となる。(2022/1/25)

最も利用しているQRコード決済サービス、1位は「PayPay」
MMD研究所は、18〜69歳に「22年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」を実施。QRコード決済利用者に最も利用しているQRコード決済サービスは何か聞いたところ、1位は「PayPay」で45.4%だった。(2022/1/25)

QRコード決済、PayPayが若干のシェア減 最もシェアを伸ばしているのは? MMD調査
MMD研究所が「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」を発表した。「最も利用しているQRコード決済」という項目でPayPayがトップを獲得したが、21年7月の調査と比べるとポイントが若干減っていることも分かった。(2022/1/21)

利用しているコード決済、「PayPay」が大差でトップ MMD研究所の調査
MMD研究所は、1月21日に「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済の認知は94.5%となり、利用しているサービス上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」となった。(2022/1/21)

AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載か 市場調査会社が予想
2つのMicro OLEDディスプレイと1つのAMOLEDパネルを搭載するとディスプレイ専門の調査会社が予想。(2022/1/6)

クラウドニュースフラッシュ
セブン&アイが「AWS」にグループ各社のシステムを集約する“挑戦的な理由”
新システムのインフラにクラウドサービスを採用したJR九州とセブン&アイの事例や、AWSサービスの利用動向調査の結果など、クラウドの主要なニュースを6つ紹介する。(2021/12/29)

産業動向:
「建設業で若者就職者の減少は改善も、さらなる若者層の獲得が必要」年齢層別の採用状況
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年12月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、厚生労働省の「雇用動向調査」をもとに建設業における若者層と高齢者層の就職者について分析した。(2021/12/28)

MVNOサービスの回線数が約19%減 サブブランドやahamoなどの影響受け
MM総研が発表した「国内MVNO市場調査(2021年9月末時点)」によると、独自サービス型SIMの回線契約数は1239.5万回線と前年同期比19.3%減に。2021年3月末調査に続き、二半期連続で前年同期を下回る結果となった。(2021/12/21)

帝国データバンクが全国1万社に調査:
21年冬ボーナス、前年より「増加」18.5% 業種は?
帝国データバンク(TDB)がこのほど発表した、冬のボーナスに関する動向調査で、企業18.5%が「賞与が前年よりも増加」と回答したことが分かった。2020年の調査と比較すると、前年比でボーナスが増加した企業の割合は、10ポイント以上増加した。(2021/12/16)

帝国データバンクの調査:
DXの本格実施、企業の約1割 全国1600社調査で判明 理由は?
帝国データバンク(TDB)は、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する動向調査の結果を発表した。その結果、DXの取り組みを行う企業は81.8%となった。ただ、デジタル技術を活用した、DXへの本格的な取り組みを行う企業は約1割にとどまった。(2021/12/14)

4キャリアのシェアが約90%に、MVNOの利用率は10%未満に低下
MMD研究所は、12月10日に「2021年12月通信サービスの利用動向調査」の結果を発表。メイン利用の4キャリア合計は90.7%で、うちオンライン専用プランは6.8%。新プランは同一キャリアから移行が半数以上となった。(2021/12/10)

回答者全員に調査レポートをお届けします
「2022年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に後日、「2022年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2022/1/6)

「戦略やポリシーの策定ができていない組織が多い」:
DX推進担当者は「セキュリティ戦略が曖昧なこと」を懸念している トレンドマイクロがセキュリティに関する調査結果を発表
トレンドマイクロは、「DX推進における法人組織のセキュリティ動向調査」の結果を発表した。それによるとほとんどのDX推進担当者がセキュリティ対策に懸念があることが分かった。(2021/12/2)

報酬に関する市場調査 日系企業の部長年収は1362万円、課長は?
参加企業数は前年から126社増、863社と過去最多となった。(2021/11/27)

調査レポート:
「Galaxy Watch4」が「Apple Watch」のシェアを奪いSamsungが2位に浮上 WearOSのシェアも拡大
Counterpoint Reserachによる7〜9月期のスマートウォッチ市場調査によると、メーカー別ランキング1位はAppleが守ったが、「Galaxy Watch4」発売のSamsungが大きく伸び、Huaweiから2位を奪った。OS別ランキングでは「WearOS」が2位。(2021/11/24)

Audibleが2021年の利用動向調査を発表 「自宅」利用がトップに
Audibleは、同社が提供するAmazon オーディオブック配信サービス「Audible」の2021年利用動向調査の結果を発表した。(2021/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.