• 関連の記事

「パラダイム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パラダイム」に関する情報が集まったページです。

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(1):
【新連載】“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト:AIブームの潮流
ここ数年、国が旗振り役となって推進しているi-Constructionの進捗により、土木分野でのAI活用が進んでいる。本連載では、「土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会」で副委員長を務める阿部雅人氏が、AIをどのように使いこなしていくかの観点から、AIと土木の現状や課題、その先の将来ビジョンについて考えていきます。連載第1回は、これまでに3度起きたAIブームを振り返ります。(2021/5/18)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
iモード全盛期からスマホアプリまで 20年のモバイルコンテンツと文化を振り返る
今から20年前の2001年といえば、携帯電話からインターネットサービスが利用できる「iモード」が普及し始めた頃だった。2006年頃からは、PCで人気となっていたSNSがモバイルの世界に入ってきた。その後、スマホが普及したことで、コンテンツ市場にもパラダイムシフトが起きた。(2021/4/30)

ネットワークも「クラウドネイティブ」に
テレワーク普及で「ネットワークの存在感」が消滅? セキュリティも変化
多様な働き方を推進する上で企業がつまずきがちなのは、ネットワークとセキュリティをどう変えればいいのかという問題だ。さまざまなパラダイムシフトが起こる中、従来のネットワークとセキュリティ対策はもはや“正解”ではない。(2021/1/25)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
日立の考えるニューノーマルのパラダイムシフトとQoLを高めるビル空間の創造
コロナ禍でクローズアップされた“ニューノーマル(新常態)時代”には、これまでの考え方を変えるパラダイムシフトが必要とされる。その中心にあるのは、「感性価値の充実が幸福につながる」という考えだ。これまでは、スピードや量といった数字で表現できる価値が重視されてきた。しかし、ニューノーマルでは、地球が持つ生命環境の容量を前提として、多様性に富んだ組み合わせをどれだけ提供できるかが問われるという(2021/1/6)

ベンダーのロードマップは3年先まで把握済み:
JTが構築してきたベンダーとの”いい関係”、パラダイムシフトを乗り越えるIT活用とは
ニューノーマル時代の到来と共に、世界中で産業構造が変わろうとしている。そのような中、「たばこ離れ」という文化レベルのパラダイムシフトを乗り越えてきたJTは、ITをどのように生かしているのか。同社でデジタル変革を主導する、CIO グローバルオフィス担当部長の引地久之氏に話しを聞いた。(2020/7/8)

マーケティング未経験からの出発、東京ガスはどうやってデータドリブン文化を実現したのか
都市ガスの小売全面自由化によりビジネスモデルをパラダイムシフトしてきた東京ガス。しかし、対応するまでには大きな困難があった。(2020/4/9)

半径300メートルのIT:
危機が浮き彫りにしたリスク、火事場泥棒は肩越しにのぞく
「改革していきましょう」と提唱してもなかなか浸透しなかったのが嘘のように、働き方のパラダイムシフトが進んでいます。これまでの常識が通用しない時代でも、普遍的なリスクを忘れないようにしましょう。(2020/3/17)

Autodesk University Japan 2019:
「CIM導入には社内の“パラダイムシフト”が必須」、独自の資格制度など八千代エンジが説く
「Autodesk University Japan 2019」の中から、総合建設コンサルタント・八千代エンジニヤリングのセッションをレポートする。同社は、2015年から全社を挙げて、BIM/CIM推進に取り組んできた。講演では、CIM推進室 室長 藤澤泰雄氏がこれまでの歩みを振り返るとともに、CIMの導入に舵を切った5つの理由を示し、目標とすべき技術者像について説いた。(2020/2/20)

守るべきなのは「境界」か「データ」か:
PR:「常に信用しない」ゼロトラストが昨今のマルウェア対策に有効な理由
昨今のIT環境やサイバー脅威の変化に伴って、「境界」で区切って守る従来のセキュリティ対策には限界が見えてきた。そこで注目されつつある新しいパラダイムが「ゼロトラストネットワーク」だ。(2019/12/26)

オートモーティブ 年間ランキング2019:
みんな気になる○○○の電動車戦略、60年に1度のパラダイムシフトを目撃
MONOistのオートモーティブフォーラムでも、さまざまなニュースや連載を掲載してきました。ここで、2019年に公開された記事の中から、年間ページビュー(PV)のトップ10を振り返ります。(2019/12/24)

世界を「数字」で回してみよう(61) 働き方改革(20) 最終回:
長時間労働=美徳の時代は終わる 〜「働き方改革」はパラダイムシフトとなり得るのか
20回にわたり続けてきた「働き方改革」シリーズも、今回で最終回を迎えました。連載中、私はずっと、「働き方改革」の方向性の妥当性は認めつつ、「この問題の解決はそれほど簡単なことではない」という反骨精神にも似た気持ちの下、それを証明すべく数字を回してきました。これは“政策に対する、たった1人の嫌がらせ”とも言えます。そして最終回でも、この精神を貫き、“たった1人の最後の嫌がらせ”をさせていただこうと思っています。(2019/8/29)

モノづくり最前線レポート:
世界で最も3Dプリンタに期待しない日本、“小さな鋳造工場”をどう生かすか
国内製造業の設計、開発、製造・生産技術担当役員、部門長らが参加した「Manufacturing Japan Summit(主催:マーカスエバンズ)」が2019年2月20〜21日、東京都内で開催された。開会基調講演では、GEアディティブ日本統括責任者のトーマス・パン氏が登壇し、「パラダイムシフト:アディティブ製造がもたらすモノづくり変革」をテーマに、積層造形技術の持つ可能性や、GEアディティブの取り組みについて紹介した。(2019/7/11)

覇権争いは原発からクラウドへ:
DMM亀山会長らが語り合う「10年後のパラダイムシフト」――世界の“インフラ勢力図”はどう変わるのか?
変化の激しい時代にチャンスをつかむには、どうすればいいのか。DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏ら、時代の先端を行くトップランナーたちが語り合った。(2019/5/17)

車載電子部品:
ミリ波レーダーに「60年に1度のパラダイムシフト」、高周波アンテナで新構造
日本電産は2019年4月12日、滋賀技術開発センター(滋賀県愛知郡)で説明会を開き、次世代高周波アンテナ技術について発表した。プリント基板を用いる従来のパッチアンテナとは異なり、金型成形で製造した金属製の導波路を重ねて3次元で配置する。これにより導波路損失やアンテナ効率をパッチアンテナの性能から改善するとともに、性能安定性を高めることができるという。(2019/4/15)

製造業IoT:
製品を売るだけでは「昭和の考え」、パラダイムシフトにどう立ち向かうか
「第18回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nano tech 2019)」において「超スマート社会におけるオープン&クローズ 戦略、知財マネジメント」をテーマとした特別シンポジウムが開催され、その中で産学連携推進機構理事長 妹尾堅一郎氏が「産業パラダイムの大変容を俯瞰する」と題し、第4次産業革命における産業構造の変革について語った。(2019/2/15)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
セキュリティ対策のパラダイムシフト“予防”+“検知”が必要――エフセキュア
@ITは、2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、エフセキュアの講演「サイバー攻撃の被害を最小化する、エフセキュアの「人+マシン融合」アプローチとは?―今考えるべき対策と人工知能と機械学習の役割―」の内容をお伝えする。(2018/8/7)

Over the AI ―― AIの向こう側に(22):
官能の人工知能 〜深層学習を最も分かりやすく説明するパラダイム
深層学習を正しく理解するのは困難を極めます。ですが、あるパラダイムで考えると、大変に分かりやすくなるのです。そのパラダイムとは、これまであらゆるテクノロジーの進化と発展をけん引してきたと言っても過言ではない、最も偉大なるコンテンツ――そう、「エロ」です。【追記あり】(2018/6/4)

CW:Windows 7サポート終了まで残り2年
Windows 10はIT部門が責任を放棄するチャンス
業界の専門家は、口をそろえてWindows 10への移行を勧めている。Windows 10への移行はIT管理のパラダイムシフトを促し、「IT部門が責任を放棄するチャンスだ」という。しかし、IT部門の仕事は終わらない。(2018/3/22)

「天才を殺す凡人」から考える 大企業でイノベーションが起きないメカニズム
パラダイムシフトの時代、社内変革の必要に迫られている企業が増えている。しかし、変革を主導する人が道半ばで“殺されて”しまうことも少なくない。変革の火を消さないために企業ができることとは。(2018/3/6)

財務特集スタート:
資金調達の「常識」が変わろうとしている
資金調達を巡るパラダイムシフトが起きている。背景にあるのは、金融とITを結び付ける新しいテクノロジーの台頭である。資本は経済の原動力であり、その流れが変わるということは、ビジネスの仕組みそのもにも影響が及ぶ。新しい資金調達の手法やその可能性、そしてリスクについてまとめた。(2018/2/22)

PR:IoT時代にオンプレミスが見直される理由 カギは「エッジコンピューティング」
あらゆる業界から注目されるIoTだが、その最新トレンドを読み解く上でのキーワードの1つがエッジコンピューティングである。黎明(れいめい)期のIoTにおいては各種センサーデータの収集から分析、インテリジェンスの提供まで、重要な全ての役割をクラウドプラットフォームが担っていた。しかし、デバイスレベルでより高度なインテリジェンスをリアルタイムに処理することが求められるようになった現在、新しいアーキテクチャへのパラダイムシフトが進行している。この変化に拍車をかけているのがエッジコンピューティングなのだ。(2018/2/19)

ADLINKジャパン 社長 服部幹雄氏:
PR:パラダイムシフトに対応、キーワードはAIの進化
新たな応用市場の開拓に取り組むADLINK。ロボティクスやスマートシティ関連市場で、同社のインダストリアルIoTプラットフォームが注目を集める。ほぼリアルタイムでデータ伝送が可能なDDS技術などが強みとなる。ADLINKジャパンの社長を務める服部幹雄氏が、今後の事業戦略などについて語った。(2018/1/16)

IIJがコンテンツ取り放題サービスを開始 グルメギフト券ももらえる
パラダイムシフトが提供するコンテンツ取り放題サービス「取り放題.jp」が、インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJmio」で提供開始。100以上の定番コンテンツが使い放題となるほか、グルメギフト券や割引クーポンの配布を行う。(2017/11/6)

AIとIoTが生み出すモノづくり革新:
PR:AIとIoTが生む製造業のパラダイムシフト、「全自動衣類折りたたみ機」が示した革新
IoTやAIへの注目が集まる中、日本の製造業でもデータを基軸とした新たなビジネスモデル構築に大きな注目が集まっている。しかし、現実的には新規ビジネス構築は日本の製造業が苦手とする領域で戸惑う企業が多い。その中でAIやIoTを活用し「全自動衣類折りたたみ機」を世に送り出そうとするのがセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズだ。同社の事例を元に製造業がAIやIoTで新たな革新に取り組むポイントについてお伝えする。(2017/11/6)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

ホワイトペーパー:
次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?
「個人向けエンターテインメント」という印象が強いiPhoneシリーズだが、業務用デバイスとして活用する企業も多い。iPhone導入による効果と、これから登場するだろう「iPhone 8」をはじめとする2017年のモバイルデバイス動向をチェックする。(2017/9/22)

デジタル改革塾:
IoTは何を壊し、何を創造するのか 2つの大きなパラダイムシフトを読み解く
私たちの仕事やくらしを大きく変えつつあるIoT。このトレンドは、社会にどのような価値をもたらし、IT部門の仕事をどう変えていくのだろうか。(2017/9/13)

規格策定の完了は急務:
5Gはミリ波のパラダイムシフトになる
5G(第5世代移動通信)では、ミリ波帯の活用が鍵になる。ミリ波対応チップを開発する米Anokiwaveは、5Gは、ミリ波通信技術が民生機器に適用されるという点で、パラダイムシフトだと語る。(2017/8/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?
個人向けデバイスの印象が強いiPhoneシリーズだが、業務用に活用する企業も多い。iPhone導入の効果と、これから登場するとみられる「iPhone 8」(仮称)をはじめとする2017年のモバイルデバイス動向をチェックする。(2017/6/9)

大企業の8割が“デジタルトランスフォーメーションに本腰” その背景は
「今、まさにパラダイムシフトが起こっている。2017年が変化点になる」――。日本企業のデジタルトランスフォーメーションに対する取り組みについてこう話すのは、IDC Japanの木村聡宏氏。今、企業で何が始まっているのか。(2017/4/7)

“iPhone 8”はAR対応で大幅進化?
AppleはARでパラダイムシフトを起こそうとしているのかもしれない。そのとっかかりはごく小さな部品、iPhone 8の内蔵カメラだ。(2017/3/24)

デジタル改革時代の“ITの基礎”を学びたい人、集まれ! 「デジタル改革塾」、4月11日に開催
4月11日(火)、エンタープライズ編集部主催の勉強会、「デジタル改革塾」を開催します。ITの進化によってこれまでにないパラダイムシフトが起ころうとしている今、その変化の本質を知り、チャンスに変えていくための知識を身につけませんか。(2017/3/21)

Mobile World Congress 2017:
“5G時代”にドコモが果たす役割とは――吉澤和弘社長に聞く
MWCに日本の通信キャリアとして唯一、毎年出展しているNTTドコモ。今回、MWCの会場で吉澤和弘社長に単独インタビューをする機会を得た。5Gを中心に業界全体のパラダイムシフトが近づく中で、ドコモはどのような姿勢で臨むのか。(2017/3/2)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(4):
パラダイムシフトの時が来た! IIoT時代の生産設備の保守・管理は劇的に変化する
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するためには、現状の工場の仕組みを大きく見直す必要がある。今回は、生産設備とITの融合によって起きる生産設備の「保守・管理」の劇的な変化と、生産設備に対する考え方のパラダイムシフトについて取り上げる。(2017/2/27)

デジタル改革時代のITトレンドを学びたい人、集まれ! 「デジタル改革塾」、3月9日に開催
3月9日(木)、エンタープライズ編集部主催の勉強会、「デジタル改革塾」がスタートします。ITの進化によってこれまでにないパラダイムシフトが起ころうとしている今、その変化の本質を知り、チャンスに変えていくための知識を身につけませんか。(2017/2/20)

過去のお荷物を捨てよ
未来のサーバOSに求められるパラダイムシフト
現在、サーバには多くのソフトウェアスタックが組み込まれている。この複雑性を解消するために、未来のサーバOSはどうあるべきか?(2017/2/17)

ハリウッド映画のような技術はまだ来ない
“iPhone 8”でパラダイムシフトは起きるか? 2017年の3大注目技術
IT部門はモバイルに関する最新の進歩に精通していなければならない。だが、企業にとって最も重要な要素は何だろうか。モバイル技術の未来を決定づける3つのトレンドを紹介する。(2017/1/14)

コネクテッドカーが直面する最大の課題とは?
コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音
Gartnerのアナリストは、コネクテッドカーは利益を上げるチャンスだと言う。しかし、待ち受けるパラダイムシフトに悩むメーカーもある。彼らが抱える悩みやジレンマの正体とは?(2016/12/8)

大きなチャンスと大きな課題
ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと
ブロックチェーンがパラダイムシフトを起こし、勝者と敗者を生み出そうとしている。この巨大なデジタル革命の時代に、CIOは何をやるべきなのか。(2016/9/15)

Computer Weekly:
ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと
ブロックチェーンがパラダイムシフトを起こし、勝者と敗者を生み出そうとしている。この巨大なデジタル革命の時代に、CIOは何をやるべきなのか。(2016/9/7)

蓄電・発電機器:
エネルギー産業に巻き起こるゲームチェンジ、対応すべき4つのトレンド
「エネルギー産業は大きなパラダイムシフトに直面している」と、グローバルでエネルギー事業を展開するシーメンスは警鐘を鳴らす。(2016/9/2)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:第4世代フラッシュストレージの衝撃
巻頭特集はFacebookのオープンソース戦略をレポート。自社開発したコードを公開するメリットとは? 他に、ビッグデータをセキュリティ対策に効果的に応用する方法、10人の未経験者にプログラミング教育を提供する企業の取り組み、アプリケーションにパラダイムシフトをもたらす第4世代フラッシュストレージ動向をお届けする。(2016/8/1)

シナジー効果は不透明だが全領域に関わる――ソフトバンクがARM買収で目指すもの
ソフトバンクグループが英ARMを買収する。「人類史上の最も大きなパラダイムシフト」だというIoT時代の到来に向けて投資をすることが狙い。現時点でのシナジー効果は不透明だが、全領域に関わるという。(2016/7/18)

ソフトバンク孫社長「次のパラダイムシフトはIoT」「ARMと英国の将来に賭けている」
孫社長はARM Holdingsの買収についての記者会見で、「インターネット、モバイルに次ぐIoTという大きなパラダイムシフトに賭ける」と意欲を語った。(2016/7/18)

テストシステムも“スマート化”へ:
PR:IoT時代の計測システムには、パラダイムシフトが必要だ
IoT(モノのインターネット)機器の台頭により、自動テストシステムに大きな変化が訪れている。テスト要件が多岐にわたるからだ。こうした要件を満たすテストシステムを構築するには、「ベンダーが提供するターンキーソリューションを使う」というこれまでの“常識”を、打ち破る必要がある。(2016/7/13)

熱設計のパラダイムシフトにどう対応するか:
「大気放熱」から「基板放熱」へコンセプト転換
KOAは、「JPCA Show 2016」で、「熱設計のパラダイムシフトに対応するために」と題するプレゼンテーションを行った。電子部品の高密度実装化などにより熱設計が深刻となる。熱問題について、取り組むべき課題や温度測定時の注意点などを紹介した。(2016/6/7)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTがもたらす2つのパラダイムシフト」
IoTによって私たちの生活やビジネスがどのように姿を変えていくのか、社会基盤と「モノの価値」の2面から見ていきましょう。(2016/5/16)

次世代モノづくりの姿:
PR:インダストリー4.0の波に向け、日本の製造業が今やるべきこと、考えること
インダストリー4.0などモノづくりの巨大なパラダイムシフトが世界中で加速している。この変革の時代に日本のモノづくりはどう対応していけばよいのか――。本稿では、これらの動きに対し、政府や団体活動などで最前線に立つ有識者によるパネルディスカッション「インダストリー4.0の波に向けて〜日本のものづくりのこれからを検証する〜」の内容をお送りする。(2016/1/12)

Meet Recruit:
情報処理力から情報編集力へ 「東京都で義務教育初の民間校長」を務めた藤原和博が語る、教育環境のパラダイムシフト
18年間勤務したリクルートを退社し、義務教育初となる民間人の中学校校長になった経歴を持つ藤原和博氏。現在は教育改革実践家として、自らが提唱する正解がない答えに向き合うための教育を軸とした「よのなか科」を、講義、著書、『受験サプリ』などで発信。リアルな教育現場を知る藤原さんに、日本の教育環境の変化や今後求められる教育の在り方について伺った。(2015/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.