• 関連の記事

「AV機器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!AV機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でAV機器関連の質問をチェック

組み込み開発ニュース:
「Cortex-M4」を搭載した32ビットマイコンの新製品、複合機やAV機器など向け
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4を用いた32ビットマイクロコントローラー「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」の新製品として、「M4G」グループ20製品の量産を開始した。(2021/9/17)

バルミューダが新ブランド「BALMUDA Technologies」発表 第1弾は5Gスマートフォン
バルミューダが8月6日、新ブランド「BALMUDA Technologies」を発表。IT機器やAV機器などの「技術集積度の高い製品」を扱う。第1弾製品として、11月に5Gスマートフォンを発売する。(2021/8/6)

バルミューダ、新ブランド「BALMUDA Technologies」 5Gスマホを提供
バルミューダは8月6日、IT機器やAV機器などハイテクノロジー製品に特化した新ブランド「BALMUDA Technologies」を発表した。第1弾として、5Gスマートフォンを予定している。(2021/8/6)

オンキヨーAV譲渡:
衰退止められず……気になる御三家パイオニアの行方
老舗オーディオメーカーのオンキヨーホームエンターテイメントが7月、AV機器事業をシャープと米音響機器メーカーの合弁会社に譲渡する見通しとなった。(2021/6/21)

オンキヨーAV譲渡 気になる御三家パイオニアの行方
オンキヨーホームエンターテイメントが7月、AV機器事業をシャープと米音響機器メーカーの合弁会社に譲渡する見通しだ。2015年に買収したかつての「オーディオ御三家」パイオニアのAV機器事業もまとめて手放す予定で、その行方に注目が集まっている。(2021/6/21)

オンキヨー、AV事業売却 音楽デジタル化に対応できず 
オンキヨーホームエンターテイメントが、オーディオやスピーカーなどのAV機器事業を売却することになった。オンキヨーは音楽市場で進むデジタル化への対応に遅れ2期連続で債務超過となっており、経営再建のため70年以上続けてきたAV事業を手放さざるを得なかった。(2021/5/28)

家電メーカー進化論:
AV機器メーカーが電気圧力鍋を開発、大ヒットの秘密は「なんでもできる」の廃止
テレビメーカーであるピクセラの子会社・A-Stageが、ライフスタイルブランド「Re・De(リデ)」を立ち上げ初の製品となる電気圧力鍋を発売。2年間の販売目標を8カ月で達成する大ヒットとなった。ピクセラはなぜ、畑違いの調理家電をヒットさせられたのか。A-Stage社長とピクセラ副社長を兼任する藤岡毅氏に聞いた。(2021/3/17)

工場ニュース:
パナソニックが業務用AV機器の中心拠点である岡山工場を閉鎖
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2020年10月1日、業務用AV機器事業の強化に向けた改革の一環として、岡山県岡山市の岡山工場を閉鎖すると発表した。(2020/10/5)

パナソニック、岡山工場を閉鎖へ 1973年、VTR製造工場として設立
パナソニックは、業務用AV機器などを生産する岡山工場を閉鎖する。1973年、据え置きVTRの製造工場として設立した工場だ。(2020/10/2)

機械学習を活用し収益性改善へ:
Xilinx、8Kライブ映像を「よりリアル」に見せる
Xilinx(ザイリンクス)は、次世代の放送用機器と業務用AV機器の用途に向けた同社のソリューションなどに関し、東京都内で記者説明会を行った。(2019/11/13)

OA/AV機器、産業機器向け:
東芝、Arm Cortex-M4コア搭載マイコンを追加
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-Mコアを搭載したマイコン「TXZファミリー」として、新たに「M4Gグループ(1)」を追加した。OA機器やAV機器、産業機器などの用途に向ける。(2019/4/2)

JEITAが発表:
2018年の国内AV機器出荷金額は前年比1.1%増
電子情報技術産業協会(JEITA)は2019年1月24日、2018年の民生用機器(AV機器)国内出荷実績を発表した。それによると、2018年1年間の民生用機器国内出荷実績(金額ベース)は、1兆3224億円で前年比1.1%の増加となったという。(2019/1/24)

工場ニュース:
チェコで欧州向けヒートポンプ式温水暖房機の生産を開始
パナソニックは、AV機器の生産拠点であるパナソニックAVCネットワークス チェコで、家庭用ヒートポンプ式温水暖房機の生産を開始した。地産地消に切り替えることで、欧州の市場ニーズに迅速に対応する。(2018/11/12)

動画撮影スタイルが特徴的 AV連携機能が充実した「FOMA P900iV」(懐かしのケータイ)
ヒンジ近くの側面にカメラを備え、独特の撮影スタイルが特徴のP900iV。動画撮影機能が強化されているほか、テレビへの動画出力機能を備えるなど、AV機器との連携機能が多数盛り込まれたケータイでした。(2018/1/20)

スマホだけじゃない! Spotifyが快適に楽しめるAV機器はコレだ
(2017/6/10)

ゲームだけじゃない:
AV機器としての「PS VR」の魅力と課題
「PS VR」はゲームをしないオーディオ・ビジュアルファンの心もつかめるのか。動画視聴に焦点を当ててその可能性を考えてみたい。(2016/6/22)

2015年の販売台数、4Kテレビは前年の3.2倍、ハイレゾ対応ヘッドフォンは2倍に――GfKジャパン調べ
AV機器は2015年も薄型テレビやBlu-ray Disk/DVDなどの主要製品で販売数量の減少が継続したものの、4Kテレビやハイレゾ関連オーディオ機器など高付加価値製品の需要は増加傾向にあるという。(2016/2/12)

長く使って良かったモノ:
2015年、コレ買いました――AVライター・山本敦の場合
各分野の専門家が、実際に長く使って「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はAV機器の専門家、ライターの山本敦さんです。今年のオススメAV機器は……え、スマホ?(2015/12/24)

放送メディア、IPネットワーク伝送にも対応:
放送機器/業務用AV機器向けFPGA事業を強化
ザイリンクスは、放送機器や業務用AV機器向けFPGA事業を強化する。最先端FPGA製品や開発環境、自社開発のビデオインタフェースIPなどを用意し、4k/8k映像やVideo over IPなど、あらゆるメディア/ネットワークに対応できるAll Programmableソリューションを提供していく。(2015/12/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
技術と人間の関係を再考する機会になったCEATEC
ここ数年規模が縮小しつつあるCEATECで、今年は白物とAV機器の展望に明暗が出たと語る麻倉氏。業界のご意見番が、「最先端IT・エレクトロニクス総合展」を振り返り、これからを考える。(2015/11/20)

パナソニック、65型有機ELテレビやUltra HD対応レコーダーなどを「IFA 2015」で出展
パナソニックが、9月4日独ベルリンで開催される「IFA 2015」の展示内容を発表。AV機器、白物家電、美容機器など幅広いジャンルをラインアップする。(2015/9/3)

4Kテレビ、ハイレゾ機器が成長、生活家電は増税前駆け込み需要の反動で冷え込み――GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが8月7日、家電量販店におけるAV機器および生活家電の販売動向を発表した。(2015/8/10)

実はマニアック:
ありそうでなかったものを――新しいデザイン家電ブランド「UPQ」のAV機器をチェック
8月6日に新ブランド「UPQ」(アップ・キュー)を立ち上げたUPQ。第1弾としてリリースした7カテゴリー17種のプロダクトには、低価格の50インチ4Kディスプレイをはじめ、「ありそうでなかった」AV機器が含まれている。(2015/8/7)

アンカー・ジャパン、Amazonマケプレアワード受賞を記念した1日限定最大33%オフセールを5月30日に開催
アンカー・ジャパンは、Amazonマケプレアワード「家電・カメラ・AV機器」部門のカテゴリー賞受賞を記念し、5月30日限定で最大33%オフセールを実施する。(2015/5/26)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
スマホで家電を操作する学習リモコンユニット、ラトック「REX-BTIREX1」
今回紹介する「REX-BTIREX1」は、スマートデバイスを手軽に学習リモコンとして利用できるアイテムだ。iPhoneやAndroidスマートフォンと無線接続し、AV機器やエアコンなど、さまざまな家電製品をリモート操作してみよう。(2015/2/27)

オンキヨー、希望退職100人募集
オンキヨーが希望退職者を100人募集。パイオニアのAV機器事業を買収するなどグループが変革する中、組織のスリム化が必要と判断した。(2015/1/26)

製造マネジメントニュース:
再編進む家庭用AV機器業界――パイオニアがオンキヨーらにホームAV子会社売却
パイオニアはホームAV機器子会社の株式を、一部を残してオンキヨ―およびベアリング・プライベート・エクイティ・アジアに売却することで基本合意した。オンキヨ―のホームAV事業と統合を進め、縮退するオーディオ市場での生き残りを目指す。なお「パイオニア」「オンキヨ―」の両ブランドについては継続する。(2014/6/25)

パイオニア、AV事業の抜本的見直し検討 「船井電機などと売却交渉」報道にコメント
パイオニアがAV機器事業の売却に向け船井電機などと交渉を進めているという一部報道についてコメント。(2014/5/15)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
増税前の駆け込み推奨モデル! ソニー「VPL-VW500ES」とパイオニア「SC-LX87」の自腹インプレッション
消費税が上がる前に、ちょいと値の張る欲しいモノを入手しておこうとお考えになる方も多いようだ。かくいう筆者も、どうしても欲しかった高級AV機器を2モデル手に入れた。そんな訳で自宅での使用リポートをお届けしたい。(2014/3/24)

PR:ほんとに安心?「PC無料回収」お願いしてみた 1台からOK、家電やAV機器もおまかせ
「PC無料回収」はPCだけじゃなかった! プリンタ、デジカメ、電子レンジにエレキギターまで……大掃除や引っ越しの強い味方、編集部が試してみた。(2014/2/28)

ピンクだらけのイヤフォン「PINK PINK PINK」に新シリーズが登場
エレコムは、ピンクにフォーカスした「PINK PINK PINK」シリーズ第5弾として、AV機器用とスマートフォン対応のカナル型イヤフォンをリリースした。(2014/1/14)

パナソニック MN88541:
4系統分のチューナと復調回路を1チップに集積、パナソニックの地デジ用LSI
「MN88541」は、RFチューナとOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)復調回路を各4系統、および誤り訂正用メモリなどを1チップに集積した地上デジタル放送受信フロントエンドLSIである。車載/携帯型AV機器などの用途に向ける。(2013/12/26)

テクトロニクス PA1000:
「IEC62301 Edition2」準拠のテストを容易に、テクトロニクスのパワーアナライザ
PA1000はAV機器や白物家電製品などの待機電力を低減するための電源設計に向けたパワーアナライザである。標準装備された「PWRVIEWソフトウェア」を使えば、2014年3月より適用される「IEC62301 Edition2」に準拠したテストを容易に行えるという。2014年3月末までにPA1000を購入すれば、ブレイクアウトボックス「BB1000」を無料で提供する。(2013/12/4)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
AVアンプに新風を吹き込むか? NuForceの3製品を試す
米国のベンチャーがAV機器に新風を吹き込もうとしている。米NuForceから登場したAVプリアンプ「AVP-18」、マルチチャンネル・プリアンプ「MCP-18」、そしてパワーアンプの「MCA-20」を一気にチェックした。(2013/11/14)

ビジネスニュース 企業動向:
パナソニック、個人向けスマートフォン事業から撤退を発表
パナソニックは2013年9月26日、個人用スマートフォンの新製品開発を休止すると発表した。新製品開発休止に伴い余剰となるモバイル通信技術などICT関連の経営資源は、AV機器事業などに再配置し、AVとICTの融合による事業強化を図る。なお企業用スマートフォンや個人用携帯電話機(フィーチャーフォン)については事業を継続する。(2013/9/26)

人材募集中:
TSUTAYAが家電販売に参入、「AV機器にとどまらない」
「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが家電販売を手がける。しかも、「TSUTAYAからイメージされるAV機器にとどまらない」(同社)(2013/8/1)

“何となく”なスピーカーで聞く音楽、それは……とても悲しいこと:
NEC×ヤマハの国内タッグが追求するPC内蔵スピーカーのクオリティ、そして「ナチュラルサウンド」
NECとヤマハが開発・監修した高品位スピーカーシステム「YAMAHAサウンドシステム」を搭載するPCがある。AV機器ライターの野村ケンジ氏が「AV機器として評することが可能なレベル」というクオリティは、いかにして実現できたのか。NEC×ヤマハの開発担当者に話を聞いた。(2013/4/24)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第6回 PCならではの利点も──「DLNA系機能」にムフフ
豪華AV仕様のテレパソ「VALUESTAR G タイプW」をAV機器目線でチェックすると、家庭用AV機器にはないPCならではの“キラリ”と光る利点がかなりある。今回はDLNA配信を軸にしたネットワーク連携機能をチェックしてみた(2013/3/11)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第5回 普通のレコーダーより“イイ”ところもある、「SmartVision」の魅力
テレパソをAV機器目線で使うと、PCではあたり前のことも「あれ、そういえばそうなのか」といういい面が見えてきたりする。今回はレコーダー系機能+テレビ統合ソフトの使い勝手を確認する。(2013/2/7)

LEDライト付き:
湯船に浮かぶ防水ワイヤレススピーカー「UQUA」
山善のオリジナルAV機器ブランド「Qriom」より、Bluetooth対応の防水ワイヤレススピーカー「UQUA」が登場。湯船に浮かべて利用できる。(2013/1/30)

国内のオーディオ機器販売には影響なし:
船井、フィリップスの家庭用AV機器事業を取得
船井電機が蘭Royal Philips Electronicsの家庭向けオーディオ・ビジュアル機器事業を取得する(2013/1/29)

陶磁器っぽい:
スマホとAV機器の架け橋、ソニーの“パーソナルコンテンツステーション”「LLS-201」
ソニーは1月21日、「2013 International CES」で披露した新機軸のストレージ製品“パーソナルコンテンツステーション”を国内発表した。発売は4月末。(2013/1/21)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第4回 普通のテレビと比べ、「VALUESTAR G タイプW」が勝っていた部分、感心した部分
最近のテレビPCは、AV機器目線で見ても「想像以上に、“テレビ”として使えるクオリティがある」ことが分かった。今回は一般的な家庭用テレビに対してVALUESTAR G タイプWが勝っていた部分、感心した部分を紹介する。(2013/1/17)

計測面から見るHDMI(3):
HDMIの測定と評価――TMDS電気レイヤ測定
デジタル家電/AV機器用のデジタルI/Fとして登場したHDMI。今回はTMDSチャネルの電気的なパラメータ測定について紹介する。(2012/12/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
今年もやります! 2012年版、麻倉怜士の「デジタルトップ10」(前編)
年に一度の総決算――AV評論家・麻倉怜士氏が1年間を振り返り、とくに印象に残ったものや優れたデバイスをランキング形式で紹介していく「デジタルトップ10」。AV機器のみならず、BDタイトルやデジカメまでワイドにカバーする同氏が感銘を受けたデジタルトピックスとは?(2012/12/26)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第2回 「VALUESTAR G タイプW」のYAMAHAサウンドシステムをチェックする
AV機器目線で見た「VALUESTAR G タイプW」は、どのくらい“AV機器”しているか。今回は23型フルHD+IPS液晶ディスプレイによる映像、そしてYAMAHAサウンドシステムによるサウンド具合をチェックする。(2012/12/26)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第1回 「VALUESTAR G タイプW」をAV機器目線でチェックする
PC+テレビ+レコーダー+音楽プレーヤー、1台4役に使える液晶一体型デスクトップPCが「VALUESTAR W」シリーズ。実は、YAMAHAスピーカーやHDMI入出力なども付いていたりし、意外と侮れない豪華なAV仕様だったりする。というわけでいつもとは少し視点を変え、AV機器レビュワーが「AV機器目線」で使い込んでみる。(2012/12/13)

男性はPCや家電、女性はファッション――ネットショッピングで購入するもの
ネットショッピング利用者に購入したことのある商品を聞くと、男性では「PC・関連機器・ソフト」や「家電・AV機器」が上位だったが、女性では「ファッション用品」がダントツだった。アサヒグループホールディングス調べ。(2012/11/28)

nasne使うなら一緒に導入せよっ:
最大600Mbps、国内最速スペックの無線LANルータ「WZR-D1100H」をチェック
802.11acの“技術の一部”を取り入れたという、現時点国内最速スペックの無線LAN機器が「WZR-D1100H/E」だ。どんな利用シーンに向くか──ずばり、リビングルームにあるAV機器の無線化である。(2012/11/7)

ロジテック、極薄設計のBluetoothステレオイヤフォン「LBT-HPC10」シリーズ
ロジテックは、極薄設計のBluetooth 3.0対応ワイヤレスステレオイヤフォン「LBT-HPC10」シリーズを発売する。AV機器向けとスマートフォン向けの2タイプを用意した。(2012/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.