メディア
ニュース
» 2022年06月15日 10時30分 公開

SSD市場、2027年には4億4000万台規模へ富士キメラ総研が電子機器製品市場を調査

富士キメラ総研は、情報通信機器やAV機器などエレクトロニクス製品の世界市場を調査し、2027年までの予測を発表した。この中で、ワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンやSSDなどを今後の注目製品として挙げた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォン市場は2027年に6億3000万台へ

 富士キメラ総研は2022年6月、情報通信機器やAV機器などエレクトロニクス製品の世界市場を調査し、2027年までの予測を発表した。この中で、ワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンやSSDなどを今後の注目製品として挙げた。

 今回の調査は、AV機器11品目、白物家電5品目、情報通信機器・インフラ14品目、OA機器/産業機器5品目、モビリティ/車載電装機器9品目、ユニット製品・部品9品目を対象とした。調査期間は2021年12月〜2022年3月である。

 同社は注目市場としていくつかの製品を挙げた。その1つがワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォン市場。True Wirelessタイプが好調で、2021年は3億5600万台となり、2020年比で14.5%の増加となった。今後もミドルからハイエンドモデルを中心に音質の改善や電池性能の向上が進む見通し。これにより、2027年は6億3000万台規模になると予測した。

主なエレクトロニクス製品の世界市場 出所:富士キメラ総研

 SSD市場にも注目する。HDDからの置き換えが進み市場は拡大する。主な用途であるノートPC向けに加え、据え置き型ゲーム機への標準搭載などが需要を押し上げた。今後はサーバ・データセンター向けなどに期待する。市場規模は、2021年の3億5890万台(前年比16.5%増)に対し、2027年には4億4000万台と予測した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.