• 関連の記事

「LEDディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LEDディスプレイ」に関する情報が集まったページです。

テレビの技術進化を総まとめ【前編】
「透明なテレビ」誕生までのテレビ技術“100年の歴史”
スマートフォンやPCが登場しても、テレビは依然として人々の主な娯楽の一つだ。テレビの技術進化も依然として続いている。1世紀前のテレビから、最新鋭テレビの進化までを振り返ってみよう。(2024/7/13)

デジタル社会関連事業をさらに拡大:
日本ガイシ、台湾のスタートアップ企業に出資
日本ガイシは、台湾のスタートアップ企業「PanelSemi」に出資した。NGKグループは新事業化品で2030年に1000億円以上の売上高を目指す計画を掲げており、今回の出資もその一貫。(2024/7/9)

BAS:
東京駅前の三菱電機ビルソリューションズ新ショールームを視察 スマートビルの技術を一堂に
2022年に三菱電機のビルシステム事業と、三菱電機ビルテクノサービスが経営統合して、発足した「三菱電機ビルソリューションズ」。エレベーターやエスカレーターなどのビル設備を販売するだけでなく、施工や保守、改修までのライフサイクルをカバーするワンストップサービスを展開している。今般、東京駅の目の前に位置する本社ビルに、最新のビルソリューションを展示するショールームをオープンした。顧客とビジョンを共有しながら、サステナビリティやスマートビルなどにつながる共創を目指す、新ショールームを見学した。(2024/6/26)

「PLATEAU」って知ってる? 日本の都市を“完コピ”した無償3Dデータとゲームエンジンでできること
UnityやUnreal Engineといったゲームエンジンは、いまやゲームだけに使われるものではない。むしろこれからは、産業用途でいかに活用するか、という点が重要になってきている。(2024/6/19)

【期間限定】「たべっ子どうぶつLAND」が2024年夏も開催決定! 360度カワイイ屋内イベント、横浜で7月12日スタート
どうぶつさんたちにまた会える!(2024/6/14)

「軍艦島で撮影」をスタジオで実現、東北新社らがバーチャルプロダクション素材 使用料の一部は保全予算に
総合映像プロダクションの東北新社は世界遺産「軍艦島」の3Dデータをバーチャルプロダクション向け背景素材として提供すると発表した。素材使用料の一部は長崎市へ軍艦島の保全予算として還元するという。(2024/6/5)

TVやスマートウォッチ用がけん引:
ミニLEDとマイクロLEDディスプレイ市場、2031年には7930万台に
矢野経済研究所は、ミニLEDディスプレイとマイクロLEDディスプレイの世界市場(出荷ユニット数量)を調査した。2031年の市場規模は、ミニLEDディスプレイが5796万4000台、マイクロLEDディスプレイは2138万台となり、全体で約7934万台に達すると予測した。(2024/5/27)

NHK技研、柔軟で伸縮するフルカラーLEDディスプレイを開発
NHK放送技術研究所は21日、ゴム基板や液体金属を使い、柔軟かつ伸縮可能なフルカラーディスプレイを開発したと発表した。(2024/5/22)

Razer、Core i9+RTX 4090の搭載に対応したハイエンド18型ゲーミングノート「Razer Blade 18」
Razerは、第14世代Core i9プロセッサを採用したハイエンド18型ゲーミングノートPC「Razer Blade 18」シリーズを発表した。(2024/5/15)

製造マネジメントニュース:
デクセリアルズが“進化を実現する”2028中計を策定、2つの成長領域で事業を拡大
デクセリアルズは、2019〜2023年度の中期経営計画で課題として残った「事業ポートフォリオの拡大」と「環境変化への対応」を実現する2024〜2028年度の中期経営計画「中期経営計画2028『進化の実現』(2028中計)」を策定した。(2024/5/15)

「バーチャルプロダクション」のレンタルサービス、ソニーPCLが開始 専門スタッフによる制作サポートも
ソニーPCLはバーチャルプロダクションのレンタルサービスを5月より提供すると発表した。撮影のためのディスプレイやシステムなどに加え、専門スタッフの制作サービスも提供する。(2024/4/15)

マイクロLEDディスプレイ分野で:
アドバンテストと東レエンジが製造関連技術で提携
アドバンテストと東レエンジニアリングは、ミニ/マイクロLEDディスプレイの製造分野で、戦略的パートナーシップを締結した。製造工程で必要となる検査や転写、実装および、データ解析といった技術を組み合わせ、ディスプレイメーカーに提供していく。(2024/4/12)

角川大映スタジオ、バーチャルプロダクション特化の新スタジオ開設 ソニー製LED採用の6Kスクリーン
角川大映スタジオは4月1日、バーチャルプロダクションなどバーチャル撮影に特化した新スタジオ「シー・インフィニティ」を、調布スタジオ内に開設したと発表した。(2024/4/4)

MSI、16型ゲーミングノート「Stealth 16」にCore Ultra 9+RTX 4090搭載のハイエンドモデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、Core Ultra 9を搭載したハイエンド仕様の16型ゲーミングノートPC「Stealth-16-AI-Studio-A1VIG-2003JP」を発表した。(2024/3/8)

8億ユーロを投資した工場は稼働目前だった:
AppleがマイクロLED搭載「Apple Watch」の開発を中止か 戦略見直しを迫られたams OSRAM
ams OSRAMは、マイクロLED戦略の中核となるプロジェクトが「予期せぬキャンセル」となったことから、同戦略の見直しを行うと発表した。同社は顧客名を明かしていないが、市場調査会社などはAppleがマイクロLED搭載「Apple Watch」開発を中止したことによるものと見ている。(2024/3/6)

ソニーのデザイン部門が札幌国際芸術祭に参画 クリエイティブセンター長に狙いを聞いた
ソニーグループのデザイン部門であるクリエイティブセンターが、アートイベント「札幌国際芸術祭 2024」にイニシアティブ・パートナーとして参画している。石井大輔ソニーグループ クリエイティブセンター センター長に、狙いを聞いた。(2024/2/20)

MSI、14世代Core i9+RTX 4090を搭載した超ハイエンド仕様の18型ゲーミングノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、第14世代Core i9プロセッサを採用した18型ゲーミングノートPC「Titan 18 HX A14V」を発表した。(2024/1/29)

300mmウエハーに収まるのは4チップだけ:
STが82平方センチの18Kイメージセンサーを開発、ラスベガスの球体シアター用に
STMicroelectronicsが、チップサイズ82.4平方センチメートルの巨大な3億1600万画素イメージセンサーを開発したという。米国ネバダ州ラスベガスの巨大な球体シアター「Sphere」のコンテンツ撮影用カメラのために特製した。(2024/1/12)

Innovative Tech:
令和のピョン吉? 光る目が愛らしい、服を引っ張り動く衣服内ロボット 慶應大が開発
慶應義塾大学の杉浦裕太研究室に所属する研究者らは、腹部に装着するウェアラブルロボットを使用し、衣服を介した視覚・触覚提示手法を提案する研究報告を発表した。(2024/1/10)

CES 2024:
ついにROGも有機EL搭載! AI対応Core UltraやRyzen 8000採用のゲーミングノートPC「ASUS ROG」シリーズ 2024年モデル発表
ASUSTeK ComputerがCES 2024に合わせて発表会を開催し、ゲーミングノートPC「ROG」シリーズの2024年モデルを発表した。いずれも新CPUを採用しているが、現時点で日本国内での展開は未定だ。(2024/1/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
AIシフトが一層進む2024年 その中で静かに進むデータの“空間化”
元旦から波乱の幕開けとなった2024年だが、PCを始めとするテクノロジーはどのような推移を見せるのだろうか。筆者なりに考察していきたい。(2024/1/5)

製造マネジメントニュース:
高度遠隔運用やCFB技術を新たな成長の芽に、OKIのイノベーション戦略
OKIはイノベーションおよび技術戦略説明会を開催。縮小均衡から脱却し成長の芽を作ることを目指す中期経営計画の実現に向け、イノベーションを生み出す組織体制やそれによって生まれた技術などを紹介した。また、同時開催のプライベート展示会で高度遠隔運用サービスやCFBなどの具体例を示した。(2023/11/21)

SHARP Tech-Day:
創業111周年を迎えたシャープのターンアラウンド 技術を軸にエッジAIで他社と連携も CTO兼R&D担当役員に聞く
シャープが操業111周年を記念し、イベント「SHARP Tech-Day」を開催する。本イベントの狙いやこれまでの取り組み、そして未来への挑戦を同社常務執行役員 CTO兼R&D担当の種谷元隆氏に聞いた。(2023/11/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
狙いはIntel Macの一掃か Appleが「M3チップ」ファミリーで描く戦略
Appleが11月7日から順次、「Apple M3チップファミリー」を搭載する新型Macを発売する。そのラインアップからは「Intel Macの一掃」という意思が伺える。M3チップファミリーのラインアップと、新型Macの布陣について考察していこう。(2023/11/2)

Razer、着脱式コントローラーを付属した6.8型ゲーミングAndroid端末「Razer Edge」にWi-Fiモデルを追加
米Razerは、Android OSを搭載した携帯型ゲーム端末「Razer Edge」のラインアップにWi-Fiモデルを追加した。(2023/10/19)

福田昭のデバイス通信(423) 2022年度版実装技術ロードマップ(47):
液晶と有機ELが高画質化で競り合うテレビ用ディスプレイ(前編)
今回から、テレビ(TV)用ディスプレイの概要を紹介する。本稿では、TV用ディスプレイの市場予測と、ディスプレイ駆動TFTの種類を取り上げる。(2023/9/29)

台湾発スタートアップが開発:
厚さ1mm、重量5kgの曲げられる55型LEDディスプレイ
Panelsemiは、薄型/軽量/低消費電力で高い柔軟性を持つLEDディスプレイの量産技術を持つ台湾発のスタートアップだ。同社製品は、従来ディスプレイと比較して、設置時間を半分、消費電力を70%削減できるという。(2023/9/25)

福田昭のデバイス通信(422) 2022年度版実装技術ロードマップ(46):
大型ディスプレイの品質を極限まで高めるマイクロLED(後編)
後編となる今回は、最も小さなディスプレイ用LEDである「マイクロLED(micro LED)」とそのディスプレイを紹介する。(2023/9/25)

MSI、Core i7+RTX 4060を搭載した高性能クリエイターノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、16型WQXGA液晶を内蔵した高性能クリエイターノートPC「Creator Z16 HX Studio A13V」を発表した。(2023/9/21)

24コアCPUにRTX 4070、Mini LEDディスプレイも搭載したラグジュアリーなゲーミングノートPC「OMEN Transcend 16」を試す
日本HPのゲーミングブランド「OMEN」シリーズから登場した薄型の16型プレミアムゲーミングノートPC「OMEN Transcend 16」の実力をチェックする。(2023/9/20)

福田昭のデバイス通信(420) 2022年度版実装技術ロードマップ(44):
フラットパネルディスプレイの進化を支えるデバイスの基礎
今回から、第2章第6節「新技術・新材料・新市場」の2番目のテーマである「次世代ディスプレイデバイス」について解説する。(2023/9/19)

現場管理:
クラウド録画サービス「Safie」とLEDディスプレイ「Field Board」が実証 施工進捗を大型ビジョンで共有
セーフィーとセイビ堂は、クラウド録画サービス「Safie」と建設現場向けLEDディスプレイ「Field Board」をAPI連携させる実証実験を行った。(2023/9/6)

MSI、Core i7+RTX 4060 Laptopを搭載したクリエイター向け16型ノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、クリエイター向けをうたったmini LEDディスプレイ採用16型ノートPC「Prestige 16 Studio A13V」を発表した。(2023/8/4)

米ラスベガスにオープンする球体アリーナがすごすぎる 「デス・スターだ」「サウロンの目のよう」と話題
フィクションの世界みたいな迫力。(2023/7/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
実は新型Echo Dotだった? スマートスピーカー「Echo Pop」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。Amazonのスマートスピーカーとして、新たに登場した「Echo Pop」を細かく見ていこう。(2023/6/20)

イノベーションのレシピ:
DNPが展開する全分野の技術を集積した共創施設をオープン、「ミニ腸」も展示
大日本印刷は、東京都内のDNP市谷加賀町第3ビルに開設した共創施設「P&Iラボ・東京」を2023年5月8日にオープンした。(2023/5/26)

解像度を下げるとリフレッシュレートがアップ! ハイエンドゲーミングノートPC「Razer Blade 16」にデュアルモードディスプレイモデル登場 4070 Laptop搭載で約55万円
RazerのハイエンドゲーミングノートPC「Razer Blade 16」にデュアルモードディスプレイを搭載する構成が追加された。まずはGeForce RTX 4070 Laptopを搭載するモデルが登場したが、追ってGeForce RTX 4090 Laptopを搭載するモデルも登場する見通しだ。(2023/5/19)

ITワード365:
【クイズ】「国内のメガバンク5行の出資会社が運営する、1件あたり10万円までの小口送金サービス」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/2)

Razer、第13世代Core i9を搭載したハイエンド16型ゲーミングノート「Razer Blade 16」
米Razerは、ハイエンド構成の16型ゲーミングノートPC「Razer Blade 16」の発表を行った。(2023/4/14)

製造マネジメントニュース:
デクセリアルズがレセプション棟を公開、自動車分野など顧客企業との共創を加速へ
デクセリアルズが本社を置く栃木事業所内に新たに建設した「レセプション棟」を報道陣に公開。今後は顧客や株主、地域住民、社員といったステークホルダーとのコミュニケーションを図るための施設として活用していく方針である。(2023/4/12)

日本HP、薄型設計のハイエンドゲーミングノート「OMEN Transcend 16」など6モデルを投入
日本HPは、同社ゲーミングブランド「OMEN」のラインアップを一新、ゲーミングノートPC/ゲーミングディスプレイ計12製品の告知を行った。(2023/4/6)

ASUS、Ryzen 9+RTX 4090を搭載したハイエンド17.3型ゲーミングノート「ROG Strix SCAR 17」など6モデルを発表
ASUS JAPANは、Ryzen 9+RTX 4090を搭載ハイエンドモデルなど「ROG」ブランド製ゲーミングノートPC計6モデルを発表した。(2023/3/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
もうただの「時計付き」じゃない! 操作ステータスの“見える化”に対応した「Echo Dot with clock」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、状態表示を目視できるようになった「第5世代Echo Dot with clock」をチェックした。(2023/3/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音質が向上し温度センサー内蔵! 大幅に進化した「Echo Dot(第5世代)」を使ってみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、バージョンアップした「第5世代Echo Dot」を試した。(2023/2/27)

FAニュース:
進化した「My V-factory」で工場はどう変わる? アマダが強める技術指向【後編】
アマダは神奈川県伊勢原市の本社敷地内に「Amada Global Innovation Center」(AGIC)を開所した。本稿では、後編としてアマダの最新IoT(モノのインターネット)ソリューションなどを展示する「Engineering FIELD」を中心にAGICを紹介する。(2023/2/14)

スマートスピーカーの入門にもピッタリ? 「Amazon Echo Dot(第5世代)」クイックレビュー
Amazonのスマートスピーカー「Echo Dot」の新モデルが発売される。一見すると先代(第4世代)と変わりないように見えるが、幾つか変わったポイントもある。簡単に特徴をチェックしていこう。【更新】(2023/2/14)

Amazonのスマートスピーカー「Echo Dot」が第5世代に スピーカーを大型化し温度センサーを新搭載
Amazonのコンパクトなスマートスピーカー「Echo Dotシリーズ」が第5世代となる。スピーカーの口径が10%増した他、新たに温度センサーを組み込んだことにより温度をトリガーとした空調のコントロールも可能となった。(2023/2/1)

FAニュース:
マイクロLEDディスプレイ製造の新プロセス技術、指定された電極だけにACFを転写
信越化学工業とデクセリアルズは、異方性導電膜(ACF)をレーザーで狙った場所に転写できるマイクロLEDディスプレイ製造の新規プロセス技術を共同開発した。(2023/2/1)

ネプコンジャパン2023:
三菱ケミカルが黄変しにくい光硬化性エポキシや柔らかいバイオエポキシを開発
三菱ケミカルは、シロキサン骨格を構造に取り入れ黄変しにくい光硬化性エポキシや柔らかく曲げられるバイオエポキシを開発した。(2023/1/31)

ARコンタクトレンズのMojo Vision、資金不足で開発停止 マイクロLEDにピボット
ARで視界に情報を表示するスマートコンタクトレンズを開発中のMojo Visionが開発を保留すると発表した。資金調達が困難になったため。従業員の75%を削減し、マイクロLEDディスプレイにピボットする。(2023/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.