• 関連の記事

「次世代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「次世代」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PCIM 2022、Wolfspeed:
高温動作を実現、新世代SiC MOSFETダイとパッケージング技術
Wolfspeed(旧Cree)は、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」(2022年5月10〜12日、ドイツ)に出展し、同社が開発する新世代(Gen 3+)車載用SiC(炭化ケイ素)MOSFETのダイおよび先端パッケージング技術と組み合わせたソリューションなどを紹介した。(2022/5/20)

海外医療技術トレンド(83):
EUで加速する保健データ越境利用の共通ルールづくり
本連載70回で、欧州のデータ駆動型次世代健康戦略を取り上げたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関わる制限が緩和される中、社会実装に向けた制度的仕組みづくりが本格化している。(2022/5/20)

書籍「Visual Studio Code完全入門」が全文無料公開 5月21日まで
インプレスは、書籍「Visual Studio Code完全入門 Webクリエイター&エンジニアの作業がはかどる次世代エディターの操り方」を同社特設ページ上で全文無料公開すると発表した。期間は5月21日まで。(2022/5/19)

富士通と理研、創薬分野のDXでタッグ スパコン「富岳」活用で次世代IT創薬技術の確立へ
富士通と理化学研究所は、次世代IT創薬技術の共同研究を開始した。スパコン「富岳」を活用し、2026年度末までに新たなIT創薬プロセスを構築する。製薬企業などに普及させ、新薬開発の期間や費用の削減を目指す。(2022/5/19)

PCIM2022:
2kV耐圧のSiC MOSFETとダイオードを発表、Infineon
Infineon Technologiesは2022年5月10日(ドイツ時間)、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」において2kV耐圧のSiC MOSFETおよびダイオードを発表した。需要が高まる1500VDCのアプリケーション向けで、「出力密度向上とシステムコスト低減を実現し、次世代の太陽光発電、電気自動車(EV)チャージャー、エネルギー貯蔵システムの基盤を提供する」としている。(2022/5/16)

無人搬送車:
2台で協調して自律搬送するロボットシステム、SGHD倉庫で実証し3人分の作業削減
NECと、SGホールディングスグループのSGシステム、佐川グローバルロジスティクスの3社は2022年5月12日、2台の協調搬送ロボットでさまざまな種類の台車や荷物が来ても問題なく搬送できる自律搬送システムの実証を推進中であることを発表した。実証はSGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内の通販専用のプラットフォーム「EC Logi Tokyo」で実施。試算では搬送作業に関わる人員3人分の作業を補えるとしている。(2022/5/13)

MetaのザッカーバーグCEO、次世代ヘッドセットで見えるカラーのMR世界を紹介(本体はモザイク付き)
Metaは次世代ヘッドセットでのカラーの現実世界と仮想世界をミックスする「Passthrough MR」の映像を紹介した。ヘッドセットの年内リリースに向けて、開発者に対応コンテンツの開発を呼び掛けた。(2022/5/13)

Google、「Pixel 7」を“チラ見せ” 次世代「Google Tensor」搭載 秋に登場予定
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、新型スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」の概要を発表した。(2022/5/12)

旧スポーツスターの正統後継機、現る! ハーレーダビッドソンの新型「ナイトスター」を早速チェック
新世代となる水冷ハーレーの2機種目も登場! クラシカルスタイルにリヤ2本サス、スポーツスター本来の姿を好むファンのモヤモヤを払拭してくれそうなモデルになりそうです。(2022/4/30)

安全システム:
日産がLiDAR採用の運転支援技術、2段階の衝突回避で複雑な場面に対応
日産自動車は2022年4月25日、障害物や車両との衝突を緊急回避するための次世代センシング技術を発表した。障害物を操舵アシストで回避した後に歩行者を検知してブレーキを制御するというように、2段階での緊急回避を実現する。この運転支援技術「グラウンド・トゥルース・パーセプション」は技術開発を2020年代半ばまでに完了させ、新型車に順次搭載する。(2022/4/26)

太陽光:
新型・次世代太陽電池の世界市場、2035年に8300億円規模に成長
調査会社の富士経済は2022年4月20日、有機薄膜太陽電池やペロブスカイト太陽電池などの新型・次世代太陽電池の世界市場に関する調査結果を発表した。2035年の市場規模は、2021年比で22.6倍の8300億円に拡大すると予測している。(2022/4/26)

CAEニュース:
次世代CFDソルバーを提供するマルチフィジックス解析向け統合ソリューション
ケイデンス・デザイン・システムズは、自動車やターボ機械、船舶、航空宇宙といったさまざまな市場に向けて、マルチフィジックスシミュレーションのパフォーマンスと精度を大きく向上させる包括的な数値流体力学(CFD)ソリューション「Cadence Fidelity CFD Software」を発表した。(2022/4/26)

人材不足はツールで補う:
PR:Webアプリケーション開発者に寄り添う次世代WAFの実力を探る
Webアプリケーションを狙うサイバー攻撃の高度化は、機械学習機能を組み込んだbotによる同時多発攻撃などとどまるところを知らない。従来のWAFでは防ぎ切れない攻撃にどのように立ち向かうべきなのか。(2022/4/28)

プロジェクト:
東京都墨田区で次世代の賃貸マンションが竣工、キッチン・洗濯機・調理器具はシェア
三井不動産レジデンシャルは、東京都墨田区で開発を進めていた賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」が完成したことを公表した。パークアクシス錦糸町スタイルズは、シェアキッチンや家具のサブスクリプションサービス付きで、調理器具や家電製品を持たない入居者でも生活しやすい環境を構築している。(2022/4/25)

カメラとAIで人件費25%削減 トライアルGOが取り組む自動値下げや顔年齢確認の可能性
トライアルは4月20日、福岡県宮若市において新型店舗「トライアルGO脇田店 in みやわかの郷」をオープンした。「日本で初めて」という年齢確認付きの顔認証決済や、「世界初」という売り場カメラと電子棚札が連動する「自動値下げ」などを実現した「次世代型スマートストア」と位置づける。(2022/4/22)

Medtec Japan 2022:
ソシオネクストがワイヤレス超音波プローブで次の一手、「viewphii64」を披露
ソシオネクストは、「Medtec Japan 2022」において、ワイヤレス超音波プローブ向けの次世代LSI「viewphii(ビューフィー)64」と、viewphii64を搭載した超音波プローブを披露した。現在開発を進めており、2022年秋〜冬にかけて発売する方針だ。(2022/4/22)

次世代自動車の鍵となる半導体【後編】
フェラーリが採用するクアルコムの半導体とは? 次世代カーに使われるSoC
半導体ベンダーQualcommが注力する分野の一つが自動車だ。Ferrariとの提携を発表した同社の半導体は、自動車においてどのような役割を果たすのか。(2022/4/22)

電気自動車:
次世代高容量高入出力リチウムイオン電池の開発へ、マツダがNEDO事業で
マツダは2022年4月19日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募する「グリーンイノベーション基金事業/次世代蓄電池・次世代モーターの開発」で、マツダが提案した「次世代高容量高入出力リチウムイオン電池の開発」が採択されたと発表した。(2022/4/20)

工場ニュース:
尾張旭市にFA制御システム製品の新拠点、5G通信やAIを活用した次世代工場
三菱電機は、愛知県尾張旭市に、FA制御システム製品の新しい生産拠点を設立する。次世代工場として、5G通信やAIの活用、高度な物流と生産マネジメント体制を構築し、納期の短縮、高品質かつ高効率な生産を目指す。(2022/4/20)

アプリケーションは外部からの攻撃における最大の原因:
WhiteSource、静的アプリケーションセキュリティテスト(SAST)について解説
WhiteSourceは、静的アプリケーションセキュリティテスト(SAST)に関する解説記事を公式ブログで公開した。SASTの目的や仕組み、特徴、新世代製品のメリット、ツールの選び方、導入方法を解説している。(2022/4/15)

「立川高島屋S.C.」百貨店の営業を終了へ 次世代の顧客獲得に向け全館を専門店に
高島屋は4月11日、連結子会社の東神開発(東京都世田谷区)が運営する「立川高島屋S.C.」の百貨店区画である高島屋立川店の営業を終了すると発表した。(2022/4/12)

「今の科学では困難」とされる課題に挑戦 NEC、AIで新型コロナワクチン開発
NECが「AIを活用して次世代型ワクチンを作る」と表明した。目指すのは、新型コロナウイルスの近縁種にも適用でき、変異株の登場にも強く、効果が長続きし、多くの人に適合するワクチンだ。(2022/4/8)

電動化:
大排気量の新開発ディーゼルエンジンで、マツダは「電動化の移行期」に打って出る
マツダは2022年4月7日、新世代ラージ商品群の第1弾となるクロスオーバーSUV「CX-60」の日本仕様を公開した。日本では2022年秋に発売予定だ。価格や販売目標について現時点では公開しなかったが、パワートレインは4種類設定し、既存モデルの「CX-5」の乗り換えから上質さを志向する新規ユーザーまで幅広くカバーする。(2022/4/8)

プラチナバンド再配分「強い政治判断を」 楽天モバイル矢沢社長インタビュー
楽天モバイルの矢沢社長は、割り当てを求めている「プラチナバンド」の再配分について「強い政治の判断が必要だ」と指摘した。一方、課題である通信品質の改善に利用するとし、次世代の第5世代(5G)移動通信システムへの転用は否定した。(2022/4/8)

独自のAI技術生かす:
NEC、次世代ワクチン開発を表明 変異株や他のコロナウイルスにも効果期待
NECは新型コロナウイルスのさまざまな変異株や別のコロナウイルスにも効く汎用型の「次世代ワクチン」の開発に着手すると発表した。(2022/4/8)

電動化:
価値を算定できない中古車EVのバッテリー、SCiBの技術を応用して電池状態を診断
ファブリカコミュニケーションズ、丸紅プラックス、東芝の3社は、中古車EVの安全性と流通の活性化を目的とした新サービスの検討を目的に、中古車EVの電池状態診断技術の実証実験を行うことで合意したと発表した。実証実験を通じて、3社共同で次世代に向けたEV普及に寄与するソリューションやサービスの創出を進めていく方針。(2022/4/7)

Zoned StorageなどD2PF技術で:
SamsungとWD、次世代ストレージ技術標準化に向け協業
ソリッドステートストレージ大手のSamsung Electronics(以下、Samsung)とWestern Digital(以下、WD)が、複数のストレージ技術規格の統一に向けて協業すると明らかにした。まずは、Zoned Storageソリューションから着手するようだ。(2022/4/6)

ウィンボンド・エレクトロニクス W25Q64NE:
64Mビット1.2VシリアルNORフラッシュメモリ
ウィンボンド・エレクトロニクスは、64Mビットの1.2VシリアルNORフラッシュメモリ「W25Q64NE」を発表した。消費電力を削減できるほか、次世代SoCにもレベルシフターなしで直接接続できる。(2022/4/6)

人工知能ニュース:
AIアプリケーション向け、2枚のウエハーを貼り合わせた3D WoW IPUを発表
グラフコア(Graphcore)は、3次元半導体技術による3D WoWプロセッサ「Bow IPU」を発表した。次世代AIコンピュータシステム「Bow Pod」の心臓部として、従来のプロセッサより最大40%高い性能と、16%高い電力効率を提供する。(2022/4/5)

情シス責任者やデータ基盤責任者の方必見:
PR:データウェアハウスの処理性能向上と大幅なコスト削減、そしてBI+AIのポテンシャルを最大化する次世代データ基盤アーキテクチャ「レイクハウス」の実力
データ経営の重要性の高まりを受け、AI活用を含めてデータの潜在能力を最大限に引き出す必要性が生まれている。だが従来のデータウェアハウスではパフォーマンスが足りないだけでなく、複雑かつ非常に高価で投資に見合った価値を発揮し切れていない。(2022/4/5)

自動運転技術:
PR:高解像度、広視野角とコスト低減を同時実現する「自動車用イメージングレーダー」
インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方の用途に対応する次世代型イメージングレーダーは、信頼性と経済性に優れたテクノロジーです。しかし、選定に当たってはコスト効率や実用性、信頼性が重要な基準となります。この最優先の基準に加えて、導入時に必要となる隠れたコストや労力、リソースについても考慮する必要があります。(2022/4/1)

MaaS:
次世代の都市型交通システム、低コスト/自動運転/自由設計の自走型ロープウェイが開発支援
自走型ロープウェイ「Zippar」を構想するZip Infrastructureは、鉄道や交通ビジネスの専門商社ヤシマキザイとスポンサー契約を締結し、自走型ロープウェイの開発支援を獲得した。(2022/3/31)

通信の可視化でネットワーク最適化
「次世代SD-WAN」で通信トラブルを根本から解消 製品選びのポイントは?
テレワークによってインターネットやクラウドサービスへの接続が増え、企業はネットワークの見直しを余儀なくされている。そうした中「SD-WAN」に注目が集まるものの、実は“落とし穴”がある。それは何なのか。どう解決できるのか。(2022/3/31)

次世代原子炉で工程表策定へ 経産省、実用化向け開発推進
CO2を排出せず、高い安全性を持つとされる次世代の革新的原子炉について、経済産業省が開発・実用化の工程表を策定することが分かった。4月末までに原子力小委員会に専門のワーキンググループを新設し、工程表づくりに着手する。(2022/3/29)

蓄電・発電機器:
リチウム空気電池の寿命を2倍に、実験ロボットとデータ科学で新たな電解液を開発
NIMSが電気化学自動実験ロボットとデータ科学的手法を組み合わせた新しい材料探索手法を確立。この手法を次世代電池として期待されるリチウム空気電池用の電解液材料探索に適用した結果、充放電サイクル寿命を約2倍向上させる電解液材料の開発に成功したという。(2022/3/29)

セキュリティ組織にデータ民主化を――「次世代セキュリティDWH」大解剖(終):
運用維持コストを抑えられたか? 次世代セキュリティDWHがもたらす効果と運用の泥臭い苦労話
マーケティング分析で用いられているデータ基盤サービスを活用した、リクルートの「次世代セキュリティDWH」の構築事例を中心に、最新のセキュリティログ基盤の動向を紹介する連載。最終回は、得られた効果、運用の泥臭い苦労話、今後の展望を紹介する。(2022/4/6)

GaNパワー半導体入門(1):
GaNパワートランジスタとは
省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとして、化合物半導体である窒化ガリウム(GaN)を用いたパワー半導体が注目を集めている。本連載では、次世代パワー半導体とも称されるGaNパワー半導体に関する基礎知識から、各電源トポロジーにおけるシリコンパワー半導体との比較まで徹底解説していく。第1回である今回は、GaNパワートランジスタの構造や特長、ターゲットアプリケーションなどについて説明する。(2022/3/30)

白バイに「乗れる」ぞぉぉ! 東京モーターサイクルショーに出展、魅惑の「新世代のはたらくバイクたち」もすごいんです
「街中で見かける」はたらくバイクもかっこいい〜。気になるバイクもたくさんありますよ。(2022/3/25)

PCIeとEDSFF基礎の基礎【後編】
次世代NVMe SSDの大本命、EDSFFフォームファクターとは何か
EDSFFが次世代フォームファクターの最有力候補になりつつある。どのような形状で、PCやストレージ製品にどのように実装されるのか。EDSFFの全体像を解説する。(2022/3/25)

2022年の熱いIT投資先【後編】
次世代RPA「ハイパーオートメーション」が急成長か Gartnerが予測
Gartnerは、2022年に大幅な成長が見込まれる分野として「ITサービス」と「ハイパーオートメーション」を挙げる。これらの2つの分野が伸びる理由とは。(2022/3/25)

KDDIとソニーが「5G SA」の技術検証 デモで分かったゲーム体験の違い
KDDIとソニーは、次世代通信技術「5G SA」を活用したゲームストリーミング技術の実証実験を公開した。実証実験では、5G SAのPSリモートプレイに特化したスライス(仮想的な専用回線)を作成。混雑する5Gエリアでも、PS5/PS4のリモートプレイを快適に実施する様子を見られた。(2022/3/24)

キオクシア、データセンター向けPCI 5.0対応SSD「KIOXIA CD8」のサンプル出荷を開始
キオクシアは、次世代データセンター用をうたった高速転送対応SSD「KIOXIA CD8」シリーズを発表した。(2022/3/23)

プラスチックパッケージで提供:
新たな宇宙空間向け低コストICを開発、STマイクロ
STMicroelectronics(以下、ST)の耐放射線ICの最新シリーズは、地球低軌道(LEO)での使用を念頭において設計された、最大50キロrad(Si)の耐放射線性を備えたプラスチックパッケージである。これにより、次世代衛星では、比較的安全なLEOから地球観測とブロードバンドインターネットの提供ができるようになる。従来の宇宙空間に別れを告げ、新たな宇宙空間を活用する時が目前に迫っている。(2022/3/23)

日本ものづくりワールド 2022:
CFRP対応大型3Dプリンタ、独自プロセスと高耐熱樹脂で金属並みの強度を実現
マークフォージド・ジャパンは「日本ものづくりワールド 2022」内の「第4回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、最新の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)対応の大型工業用3Dプリンタ「FX20」を訴求。同社独自の連続カーボンファイバー強化プロセスと、FX20で使用可能な高耐熱樹脂「ULTEM 9085」を組み合わせることで、アルミニウム合金と同等レベルの強度と軽さを実現するCFRPパーツを造形できる点をアピールした。(2022/3/23)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【前編】
NFTや仮想通貨を盗む「ソーシャルエンジニアリング」はWeb 3.0でも“最恐”か
Cisco Systemsのセキュリティ研究機関によると、次世代Web「Web 3.0」の構成技術を狙った攻撃の手口は驚くほど古い。だからこそ油断は禁物だ。Web 3.0を狙った攻撃に企業はどう備えるべきか。(2022/3/23)

日本ものづくりワールド 2022:
純国産ペレット式金属3Dプリンタの実働デモや3Dプリントオフィス家具を訴求
エス.ラボは「日本ものづくりワールド 2022」内の「第4回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、ペレット材に対応する材料押し出し積層方式の金属3Dプリンタ「GEM200DG」のデモ展示と、バイオマスプラスチック材料を用いた3Dプリントオフィス家具の参考展示を行った。(2022/3/18)

導入事例:
CO2排出ゼロを可能にする次世代圧入機「ジャイロパイラーGRV0611e」をオランダ世界遺産PJで導入、技研製作所
技研製作所は、電動の鋼管杭回転切削圧入機「GRV0611e」と電動化させた「GRBシステム」を開発し、2022年1月にオランダの現場に適用した。(2022/3/17)

欧州6箇所で拠点を新設、拡張:
Intel、ドイツ工場建設などEUに330億ユーロ投資へ
Intelは2022年3月15日(米国時間)、EUでの新たな半導体工場建設や拡張、研究開発に330億ユーロ以上を投資する計画の概要を明かした。同社は今後10年間で800億ユーロをEUで投資する計画であり、今回の発表はその第1段階の内容となる。同社は、「この投資によって、Intelは欧州に最先端の技術を導入し、欧州の次世代半導体エコシステムを構築、よりバランスのとれた弾力的なサプライチェーンの必要性に対処していく」と述べている。(2022/3/16)

次世代化に必要な「3つの要素」とは IDCがネットワーク運用管理ソリューションの動向に関する調査結果を発表
IDCは、次世代のネットワーク運用管理ソリューションの動向に関する調査結果を発表した。同社は企業のネットワーク運用管理を次世代化するには、3つの構成要素が必要だとしている。(2022/3/16)

IoT向け有線通信プロトコルの1つに:
次世代HD-PLC、TTC標準JJ-300.20の認定受ける
パナソニックは、情報通信技術委員会(TTC)の定める「TTC標準JJ-300.20」として、次世代HD-PLC技術が認定されたと発表した。(2022/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.