• 関連の記事

「カリフォルニア大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カリフォルニア大学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Innovative Tech:
リードで巧みに人間を誘導する盲導ロボット犬 米カリフォルニア大が開発
盲導犬の代替を目指す4足歩行ロボット。(2021/10/6)

Innovative Tech:
飛行中にプロペラを変形できるドローン 狭い場所の通過や運搬作業など自由自在
狭い空間を通過する時などは機体を小さくできる、ホバーパイルダーがマジンガーZにドッキングする時を思わせるシーンも。(2021/10/6)

海外医療技術トレンド(75):
米国の医療DXを支えるブロックチェーンと分散台帳はオバマ政権時代からの積み重ね
本連載の第23回や第65回で触れたように、米国の保健医療行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を本格化させる中、変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術が注目されている。(2021/9/17)

3Dプリンタニュース:
マイクロスケール3DプリンタでCOVID-19検査用の高精細モデルを作製
カリフォルニア大学バークレー校が、BMFのマイクロスケール3Dプリンティングシステムを用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査用のモデルを作製した。3Dプリンタ「microArch S140」によって50μmのチャンネル造形に成功し、同一モデルに8本のチャンネルを収めることができた。(2021/9/17)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【後編】
macOSを“安全なOS”にする仕組み “安全神話”こそが最大の脅威?
“安全神話”もあった「macOS」は、どのような仕組みでセキュリティを確保しているのか。セキュリティのネックとは何か。3層で構成されるmacOSセキュリティの仕組みと、その弱点を考える。(2021/9/17)

Innovative Tech:
ゴキブリの頑丈さとスピード、チーターの俊敏さを兼ね備えた昆虫ロボット
強い力で踏まれても動き続けるゴキブリのような頑丈さと、逃げる獲物を追いかけるチーターのような俊敏性を兼ね備えた昆虫サイズのロボット。(2021/9/16)

Innovative Tech:
マスクに貼れるシールで、新型コロナを簡易検査 米カリフォルニア大が開発
使い捨てマスクを使ってコロナ感染を簡易検査する手法。(2021/9/13)

日本企業に必要なことは:
M&Aの失敗に学べ! 今こそ経営人材の育成に舵を切るタイミング
かつて一大イベントだった日本企業のM&A。今では恒常的に行われるようになってきたが失敗も目立つ。20年近くM&Aのアドバイザーとして活躍してきた筆者は、「経営人材の育成」を重視する必要があると考えている。(2021/9/13)

Innovative Tech:
読唇術で音声入力 スマホで口パクを自撮りし音声に変換「LipType」
声を出さずに音声入力するための新しい手法。(2021/9/1)

Innovative Tech:
分裂しても磁力で再結合 自己修復し泳ぎ続ける魚ロボット
分離したパーツを磁力で引き寄せるロボット。(2021/8/20)

人間に劣る危機対処能力
AIの次の鍵は「メンタル共有モデル」
人間の危機対処能力はAIをはるかに上回る。AIは異常の説明や解決能力を持たない。AIが臨機応変な対応力を獲得する鍵はメンタル共有モデルにあるという。(2021/8/17)

オランダの新興企業:
SNNを加速するニューロモーフィックAIチップを開発
スパイキングニューラルネットワーク(SNN)向けニューロモーフィックAI(人工知能)アクセラレーターの開発を手掛けるオランダの新興企業Innateraが、同社にとって初となるチップを発表した。チップの測定性能や、アーキテクチャの詳細についても明らかにしている。(2021/8/4)

頭脳放談:
第254回 IntelがRISC-Vに急接近、でも組み込み向けは失敗の歴史?
Armの対抗として注目を集めている「RISC-V」。そのRISC-Vを採用したプロセッサの設計を行っている「SiFive」とIntelが最近急接近しているという。既にIntelが、ファウンドリサービス(半導体製造サービス)でSiFiveのプロセッサを採用している。さらに、SiFiveをIntelが買収するのでは、といううわさも。ただ、それには不安な要素も……。(2021/7/26)

MGM買収で娯楽にまつわる総アマゾン化が始まる
米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが5月26日、「007」シリーズなどの製作で知られる米ハリウッドの老舗映画会社「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)」を84億5000万ドル(約9200億円)で買収すると発表しました(同日付米CNN電子版など)。(2021/6/14)

VLSIシンポジウム2021:
「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文
2021年6月13〜19日に開催されるLSI関連の国際学会「VLSIシンポジウム2021」。「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文を紹介する。これらの注目論文は、VLSIシンポジウム委員会が2021年4月に行った記者会見で紹介したものとなっている。(2021/6/8)

テレワーク・オールウェイズ2021:
「ワーケーションで生産性が上がる」のはなぜ? ユニリーバの成功例
コロナ禍で注目され始めた「ワーケーション」。実際に、制度として取り入れている企業ではどのような変化が見られたのだろうか。ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスの島田由香氏が事例を紹介する。(2021/5/25)

量子コンピュータ:
「NISQ」による量子コンピュータ応用、「Amazon Braket」がハードルを下げる
AWSジャパンが量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」や、量子コンピュータの技術動向について説明した。Amazon Braketは「全ての開発者、科学者の手に量子コンピューティングを」というコンセプトのフルマネージドサービスで、AWSの他のサービスと同様の手軽さで利用できるという。(2021/5/19)

八村塁や渡邊雄太のNBA勢も、東京五輪へ男子バスケ日本代表候補選手20人発表「バランスを考えたチーム構成を」
NBA名が出てくる日本代表熱すぎる。まじ漫画。(2021/5/14)

「青色LED生みの親」赤崎勇さん死去 2014年にノーベル物理学賞
青色LEDの発明で2014年にノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇さんが、4月1日午前に肺炎のため死去。92歳だった。(2021/4/2)

国別では米国、1人当たりのGDPが高い国も貢献:
誰がなぜ「優れたアルゴリズム」を開発しているのか、MITの研究者に聞く
優れたアルゴリズムは高速なハードウェアに勝るとも劣らない価値がある。開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」はアルゴリズムの開発主体について研究するマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者にインタビューを行い、誰がなぜアルゴリズムを開発するのかを聞いた。(2021/3/26)

Innovative Tech:
好きな視点と照明でリアルな合成画像 Googleなど「Neural Light Transport」開発
リライティングと多視点合成を同時に行える深層学習フレームワーク。(2021/3/26)

Innovative Tech:
センサーシールを皮膚に貼って「アルコール、カフェイン、ブドウ糖、乳酸、血圧、心拍数」を同時計測
超音波で血圧と心拍数をモニターし、その他は電気化学センサーで計測する、高機能なセンサーパッチ。(2021/3/20)

頭脳放談:
第250回 数奇な運命をたどる「MIPS」は「RISC-V」で復活を図る?
「MIPS」と聞いて、懐かしいと感じる人はもはや少数派かもしれない。「MIPS」は一時、Microsoftが担いで、Intelのx86対抗としたプロセッサだ。既に前線から消えて久しく、「MIPSって何?」という人も多いと思う。そのMIPS(会社の方)が、Chapter 11を申請し、投資会社の元で「RISC-V」を担いで再生するという。その背景を考えてみた。(2021/3/19)

Innovative Tech:
アイライン風センサーでまばたきを計測 ドライアイ防止や集中力の計測などに応用
メイクで隠せるまばたきセンサー。利用分野は広い。(2021/3/15)

弁護士に聞く:
従業員の不正が発覚、どう対応? 調査の進め方、社内処分、刑事告発……気になるポイントを解説
不正に手を染めてしまった従業員を処分することは当然のことですが、解雇や降格など、社内処分が重くなるほど不正当事者との法的紛争に発展するケースが多くなります。本記事では、不正を行った従業員に対する正しい対応について考えます。(2021/3/12)

HDDと同じ設計では不可
SSDでRAIDを組む意味はあるのか?
RAIDは重要な技術であり続けた。だが、SSDでもRAIDは有効なのか。使うべきなのか。結論としては有効だが、HDDと同じ設計で使ってはならない。(2021/2/26)

敵対的サンプルでAIのミスを誘発:
ディープフェイク検出システムをすり抜ける攻撃手法を実証、米国の研究チーム
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、AIをだます新しい手法とその実証結果を発表した。実際の映像を改変操作したディープフェイク動画を検出するAIが対象だ。(2021/2/15)

Innovative Tech:
Googleストリートビューのハイパーラプス、天気や時間など統一して作成する技術
ストビューを使ってスムーズな擬似ハイパーラプスを可能にする技術。(2021/1/29)

Innovative Tech:
一般人が撮影したネット上の写真から建物を高品質に3D化するGoogleの機械学習技術
観光客が撮影してネットで公開している写真を利用できる。(2021/1/28)

2021年2月にオンラインで開催:
「ISSCC 2021」の注目論文、Samsungの3nm GAA SRAMなど
2021年2月13〜22日にオンラインで開催される、半導体業界最大級の国際学会「ISSCC 2021」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今回は全てのセッションをオンラインで行う。会期以降も同年3月31日までオンデマンドで聴講が可能だ。今回は、注目論文を紹介する。(2021/1/18)

頭脳放談:
第247回 NVIDIAのArm買収で今注目の「RISC-V」って何?
NVIDIAのArm買収で、これまでArmを採用してきたベンダーは戦略変更を迫られるかもしれない。そんな中、注目を集めているのが、オープンソースのプロセッサ「RISC-V」だ。RISC-Vとは何なのか、どういったメリットがあるのかを解説しよう。(2020/12/16)

GitHubの3200万リポジトリから特定:
オンライン公開中の危険な「マルウェアソースコードリポジトリ」、特定ツールを米大学が開発
カリフォルニア大学リバーサイド校のコンピュータサイエンスの研究チームが、サイバーセキュリティ向上に役立つツールを開発した。オンラインで公開されている危険なマルウェアソースコードリポジトリを特定できる。(2020/12/15)

Innovative Tech:
AIでノートルダム大聖堂をサクラダファミリア風に──テクスチャや陰影を自在に変更できる画像編集ツール Adobeなど開発
画像の入れ替えを顔だけではなく、建築物やインテリア、風景でも簡単にできる仕組み。(2020/12/2)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

Innovative Tech:
動きで色が変わるナノフィルム “カメレオンの肌”も再現可能?
このフィルムを巻き付ければ、自在に色を変えられる。(2020/11/19)

Innovative Tech:
自撮り画像を他人が撮ったように変換する技術「Unselfie」 Adobeなど開発
自撮り写真だと丸分かりにならないよう修正ができる機能。(2020/11/2)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
宇宙で造ったビールで乾杯 とある町工場が本気で挑む“宇宙醸造”への道
宇宙という無重力空間でのビール醸造に挑戦している町工場がある。名古屋市でバルブやポンプなどの製造を手掛ける高砂電気工業だ。なぜビール造りにチャレンジするのか? 地上と宇宙で醸造方法は違うのか? プロジェクトの担当者に聞いた。(2020/11/2)

RISCの生い立ちからRISC-Vまでの遠い道のり:
最終回:RISC-Vエコシステムの発展 Arm、NVIDIAとの関係はどうなるのか?
RISCの生い立ちから現在までを振り返るこの連載もいよいよ最終回。(2020/10/12)

Good、Better、Bestで読み解く新ラインアップ:
健康の未来を先取りしたApple Watch、タブレットの水準を引き上げたiPad
Appleが恒例のスペシャルイベントを行ったが、メインのiPhoneは発表されず、新型iPadシリーズとApple Watchシリーズが登場したのみだった。しかし、その中には我々の未来に直結する重要なメッセージが盛り込まれていた。林信行氏が読み解く。(2020/9/17)

いまさら聞けないOSSの基礎知識(2):
OSSを使うなら「知らなかった」では済まされない、オープンソースライセンスの話
Open Source Initiativeの定義に適合しているオープンソースライセンスは約100種類あります。代表的なオープンソースライセンスや、その特徴を紹介します。(2020/9/15)

「データ&AIの民主化」の実現へ:
AIユニコーン企業のDatabricksが日本市場に本格参入 マーケターが注目すべきポイントは?
オープンソースソフトウェアとクラウドを軸に統合データ分析プラットフォームを提供するDatabricksが日本法人を設立。マーケターが注目すべきポイントをまとめた。(2020/9/14)

ハーバード仕込みの戦略思考:
経営者が知るべきゲーム理論 気鋭の経済学者が語る「コロナ禍の行動」と「部下の育成法」
利害関係のある相手がいる状況で、自分と相手の利益を考え、最適な行動を決めるための思考法を「ゲーム理論」と呼ぶ。不確実性の高い現代において、経営層や管理職はどのようにゲーム理論を活用すればよいのか。米国・カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院で准教授・鎌田雄一郎氏に聞いた。(2020/9/10)

RISCの生い立ちからRISC-Vまでの遠い道のり:
RISC-Vの浸透 なぜRISC-Vが使われるようになったのか、その理由を探る
RISC-V編の第2回。(2020/9/4)

RISCの生い立ちからRISC-Vまでの遠い道のり:
RISC-Vの誕生 既存の命令セットアーキテクチャでは満足できなかった、その理由
いよいよ、連載タイトルにも入っている「RISC-V」の登場である。(2020/8/31)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(30):
CMMIレベル5の会社はバグゼロで開発できるか? ―― CMMIの落とし穴(その1)
今回は、CMMIを正しく理解し、有効に活用する方法を解説します。(2020/8/31)

Innovative Tech:
口の中も自撮りで 深層学習で口腔内を自動検査
歯の検査も自撮りで。治療は自前というわけにはいかないが、予防には役立つ。(2020/8/25)

GmailとG Suiteの脆弱性、研究者の公表を受けGoogleが修正
Googleに報告してから120日を過ぎても脆弱性が修正されなかったことから、研究者が公表に踏み切ったところ、同社は、その日のうちに対策を講じた。(2020/8/21)

Innovative Tech:
“顔写真の邪魔な影”を後から消せるAI技術 UCバークレーやGoogleなどが開発
ライティングに失敗したけど二度と撮れない写真。そんな写真を修復できるかもしれない。(2020/8/21)

Innovative Tech:
複数写真から自由視点画像を生成 Googleなど「NeRF」開発
3D処理を機械学習で行い、実用に足る視点移動が可能。(2020/8/17)

Innovative Tech:
ロボット犬がリアル犬の動きを物真似 Googleが強化学習システム開発
犬に限らず、多様な動物の動きを物真似し、破綻なく動作する。(2020/8/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.