• 関連の記事

「ブルーレーザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブルーレーザー」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
生きた線虫をロボットに改造 レーザー光で行動を制御
線虫を生きたままで麻痺させ、筋肉をレーザー照射で動かす。(2021/9/17)

3Dスキャナーニュース:
重量570gで片手操作も容易な工業測定用3Dスキャナー
APPLE TREEは、同社が日本総代理店を務めるSCANTECHの工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」の取り扱い開始を発表した。同製品はハンディタイプの非接触式3Dスキャナーで、本体サイズが203×80×44mm、重量が570gと、工業測定用でありながら小型・軽量化を実現し、優れた携帯性を備える。(2021/8/25)

電気自動車:
古河電工と日亜化学が電動車部品向けレーザー加工を強化、2025年に100億円見込む
古河電気工業と日亜化学工業は2021年4月26日、電池やモーター、インバーターなどの電動車の部品で必要となる銅のレーザー溶接に関して、業務提携に合意したと発表した。(2021/4/27)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(9):
いまさら聞けない 3Dスキャナーの選定基準
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第9回は、その特徴や方式の違いなどに触れながら、3Dスキャナーの選定基準について詳しく解説する。(2021/2/16)

FAニュース:
3Dレーザー変位センサー組み込みスマートカメラ、簡単設置、簡単設定を実現
コグネックスは2021年2月1日、組み込み型画像処理システム「In-Sight 3DL4000」を発売した。「誰でも使える」「どこでも使える」「画像がゆがまない」をコンセプトとし、画像処理システムの活用拡大を進めていく。(2021/2/1)

TCT Japan 2021:
レーザーとLED、2つの光源を備えた最新3Dスキャナー「EinScan HX」
日本3Dプリンターは3Dプリンティング&AM技術の総合展示会「TCT Japan 2021」に出展し、2021年発売予定のShining 3D製最新3Dスキャナー「EinScan HX」による高精度3Dスキャンのデモンストレーションを披露した。(2020/12/21)

金属加工技術:
EVで増える銅加工を容易に、古河電工がハイブリッドレーザー技術を製品化
古河電工は2020年11月16日、青色ダイレクトダイオードレーザー(青色DDL)と近赤外(IR)ファイバーレーザーを組み合わせたBlue-IRハイブリッドレーザー「BRACE(ブレイス)」を2021年1月18日に発売すると発表した。(2020/11/17)

3Dスキャナーニュース:
黒色塗装面や光沢面を高精度に、3Dスキャナーの弱点を克服した「MetraSCAN 3D」
アメテック クレアフォーム事業部(Creaform)は2020年8月4日、都内で新製品3Dスキャナー「MetraSCAN BLACK」に関する記者発表会を開催し、製品概要の説明と併せて、実機によるデモンストレーションを披露した。(2020/8/19)

医療技術ニュース:
光を照射して神経細胞を刺激、サルの手を動かす
自然科学研究機構 生理学研究所は、サルの大脳皮質運動野に光遺伝学を適用し、サルの手を動かすことに成功した。電気刺激に替わる、光による脳深部刺激療法などヒトの病気治療への応用につながる成果だ。(2020/7/16)

金属加工技術:
銅溶接をスパッタレスで、青と近赤外のハイブリッドレーザー技術を開発
古河電気工業は2020年6月5日、日亜化学工業と高出力青色レーザダイオードモジュールを共同開発し、高出力青色レーザー発振器と近赤外レーザーを組み合わせたハイブリッドレーザーによる溶接ソリューションを展開すると発表した。(2020/6/8)

拡大する電動車市場を狙う:
高出力青色LDモジュールで「最高レべル」の純銅溶接
古河電気工業は2020年6月5日、純銅のレーザー溶接における「世界最高レベル」の品質、深度、加工速度を実現する新しいレーザー溶接ソリューションを開発した、と発表した。日亜化学工業と共同開発した「高出力青色レーザーダイオード(LD)モジュール」などを用いたハイブリッドレーザーによるもので、同社は、「xEV構成部品の設計自由度の向上ならびに軽量化を実現する」としている。(2020/6/8)

医療機器ニュース:
眼底の約80%の領域と断層画像を1台で撮影できるレーザー検眼鏡を発売
ニコン子会社のOptosは、眼底の約80%の領域を1回で撮影可能で、その領域の断層画像も取得できる、SS-OCT付き超広角走査型レーザー検眼鏡「Silverstone」を開発した。(2020/4/13)

組み込み開発ニュース:
最後のデジタルデバイドである「水中」、水中無線技術は日本を救うか
ALANコンソーシアムは2019年10月8日、東京都内で会見を開き、同団体が行っている水中用LiDAR(Light Detection and Ranging、ライダー)や光無線通信、光無線給電などの技術開発について、進捗を説明した。(2019/10/15)

イノベーションのレシピ:
パナソニックが世界最高輝度の4Kプロジェクターを投入、生産拠点の門真工場も公開
パナソニックは2019年9月6日、業務用3チップDLP(Direct Light Projection)プロジェクターの新製品「PT-RQ50KJ」を同年12月から発売すると発表した。同製品は4K(4096×2160)プロジェクターとして、世界最高(同社調べ)となる5万ルーメンの最大輝度を誇る。(2019/9/11)

3Dスキャナーニュース:
Creaformのポータブル3Dスキャナー新製品、光沢や詳細形状のスキャン精度が向上
アメテック クレアフォーム事業部は、同社の3Dスキャナー新製品「HandySCAN BLACK」および「Go!SCAN SPARK」について詳細を明かした。(2019/6/26)

electronica 2018:
停電時でも医療機器を消毒できる、TDKのプラズマ発生素子
TDKはドイツ・ミュンヘンで開催された「electronica 2018」(2018年11月13〜16日)で、開発中の技術を含め、車載向けや産業向けの製品を展示した。(2018/11/21)

JIMTOF2018:
フィン造形やギア加工が1台で! ハイブリッド複合加工機の魅力
ヤマザキマザックは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、青色レーザーを用いた金属積層造形、摩擦撹拌(かくはん)接合、ギア加工・計測機能を備えた“ハイブリッド”複合加工機をそれぞれ展示し、同社が持つ工程集約技術を訴求した。(2018/11/9)

人とくるまのテクノロジー展2018:
レーザーヘッドランプ向けに提案、自由に形状を制御できる単結晶蛍光素子
TDKは、「人とくるまのテクノロジー展2018」において、形状を制御して製造できる単結晶蛍光素子「スマートクリスタル」を展示した。高級車への搭載が始まっているレーザーヘッドランプ向けなどに提案する。(2018/5/29)

これはもう高級インテリア? ソニー、人工大理石を使った4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」発売
ソニーが“Life Space UX”シリーズの新製品「LSPX-A1」を発表した。天板の人工大理石など、既存のオーディオ&ビジュアル機器とは一線を画す外観と素材を採用した4K超短焦点プロジェクターだ。(2018/3/13)

LED照明を置き換える可能性も?:
中国がレーザー照明の試験運用を開始
中国がレーザー照明を使った街灯の実証実験を行う。レーザーダイオードのコストという課題はあるが、高価なケーブルを使用せずにエネルギーを削減できる照明技術として期待されている。(2017/9/1)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
映像は誰のもの?――麻倉怜士の「デジタルトップ10」(後編)
2016年のデジタル業界を総括する「デジタルトップ10」。後編はトップ3と番外編2の発表だ。驚くべきことに、今回のトピックは全てビジュアルで占められた。……え、番外編は「ガッカリ賞」ですか?(2016/12/31)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
エプソン「EH-TW8300W」で分かったHDRコンテンツとスクリーンの相性
HDR対応の4Kプロジェクターが各社から登場している。高価な製品が多い中、筆者が実際の画質とプライスタグを見て、これなら多くの映画ファンにお勧めできると確信したのが、8月に発売が開始されたエプソンの「EH-TW8300W」だ。(2016/10/27)

文字や絵も表現できる:
光を自在に操るMEMSレーザー照明が登場
スタンレー電気は、モーターなどを使わず、自在に照射領域を変更できる新しい照明「MEMSレーザー照明」を2016年10月4日から開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2016」(シーテック ジャパン)で公開した。(2016/10/6)

5分でわかる最新キーワード解説:
光ディスク多層化の限界を超える、1枚2TBの「超大容量ホログラムメモリ」
データを点としてではなく面としてディスクに書き込むホログラムメモリ。従来の光ディスクでは限界とされていた1TBを超え、DVDの約400倍となる2TBを実用的な速度で利用できる技術が開発検証されました。(2016/2/23)

医療機器ニュース:
全自動尿中有形成分分析装置の次世代モデルを発売
シスメックスは、尿沈渣(ちんさ)検査分野の新製品として、全自動尿中有形成分分析装置「UF-5000/4000/3000」を発売した。海外でも広く利用されている現行製品から、さらに精度や分画能が向上している。(2015/9/28)

メモリーテックが開発した“究極のCD”、「UHQCD」とは?
メモリーテックが新しい高音質CD「UHQCD」(Ultimate High Quality CD)を発表した。“Ultimate”(究極)を冠した新しいCDは、一体どういうものなのか。詳しい話を聞いた。(2015/4/22)

価格は500万円! ソニーが超短焦点4Kプロジェクターを正式発表
ソニーが国内でも“Life Space UX”の超短焦点4Kプロジェクター「LSPX-W1S」を正式に発表した。全額前受けによる受注生産で、「銀座ソニービル」での対面販売のみとなる。(2015/1/29)

サンワ、3色レーザーを使い分けできるスティック型レーザーポインタ
サンワサプライは、照射光の3色切り替えが可能なレーザーポインタ「200-LPP021」の販売を開始した。(2015/1/15)

メモリ/ストレージ技術:
BDで1ラック当たり1ペタバイトを実現、HLDSの光ディスクライブラリ
日立エルジーデータストレージ(HLDS)は、ブルーレイディスク(BD)を用いて、1ラックあたり最大1P(ペタ)バイトの総記憶容量を実現できる光ディスクライブラリ「Optical library HL200」を発売した。(2014/10/27)

ノーベル物理学賞に青色LEDの中村修二氏ら日本人3氏 「世界を照らした新しい光」
2014年のノーベル物理学賞は青色LEDの発明に貢献した赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の日本人3氏に贈られる。(2014/10/7)

SOHO/中小企業に効く「プロジェクター」の選び方(第2回):
今さら聞けない「プロジェクター」選びのポイント(その2)
会議や取引先へのプレゼンに欠かせないプロジェクター。そんなビジネス用プロジェクターの選び方を紹介する本連載の第2回は、前回に引き続き、製品選定の基本ポイントをチェックしていく。(2014/5/29)

2014 International CES:
ソニー「Life Space UX」が提案する“部屋まるごと臨場感”とは?
今回のCESでは何かと話題の多いソニー。ブースの中でも目玉になっているのが、「Life Space UX」と書かれたショウルームスペースだ。(2014/1/9)

業界初、レーザー光源の液晶プロジェクター ソニーが発売
業界で初めてレーザー光源を使用した液晶プロジェクターがソニーから。(2013/7/3)

この規格の普及を阻むものは何なのか?:
Blu-rayの蹉跌
光ディスクの新規格として、大きな期待を背負って登場したBlu-ray。しかし、その普及率は、当初の予測をはるかに下回っている。なぜ、Blu-rayはこのような状況に陥ったのか。本稿では、その理由を明らかにするために、Blu-rayがたどってきた道のりと、周辺状況の変化について解説する。その上で、同規格の特徴が生きる市場とはどのようなものなのかを簡単に検討してみる。(2010/11/1)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
「CEATEC JAPAN 2010」総括(1)、展示会場で見つけたトレンド
18万人以上の入場者を集め、盛況のうちに閉幕した「CEATEC JAPAN 2010」。展示会場では、裸眼立体視対応の3Dテレビやスマートフォンが注目を集めたが、AV評論家・麻倉怜士氏はどこに着目したのだろうか。(2010/10/16)

CEATEC JAPAN 2010:
1枚で1Tバイト、TDKが16層の光ディスクを公開
TDKは1枚で1Tバイトの容量を実現する光ディスクを参考展示している。直径12センチのディスクに16の記録層を重ね、片面で512Gバイト、両面では1024Gバイト(=1Tバイト)の容量を実現した。(2010/10/6)

メモリ/ストレージ技術:
レーザー光を一瞬当てるだけで状態が変わる、光ディスクへの応用に期待
東京大学大学院の教授である大越慎一氏は、二酸化チタンから、光ディスクの記録層に使える新材料を発見した。二酸化チタンは顔料や触媒に使われるごくありふれた物質で、安価に入手できる。(2010/7/30)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
中国独自規格「CBHD」でHD DVDが復活する……のか?
東芝がBDドライブ搭載ノートPCを発表した2009年秋に、HD DVDをベースに開発したCBHDプレーヤーが中国で登場。国慶節に速攻で購入して“しまった”そうな。(2009/10/23)

お勧めタイトルも紹介:
新たな高音質CD、「Blu-spec CD」を聴き比べる
高音質再生を実現する新しいCD「Blu-spec CD」の技術説明会を兼ねた試聴会が、都内のSME乃木坂スタジオで催された。同時にサンプル盤も入手することができたので、Blu-spec CDの実体とそのサウンドについて迫ってみよう。(2008/11/20)

BD技術で高音質CD「Blu-spec CD」 SMEが開発
Blu-ray Discの素材と製造技術を応用し、通常のCDよりも高品質な音を楽しめるという「Blu-spec CD」を、SMEが開発した。(2008/11/5)

インタビュー:
「DVDにハイビジョン録画」はBD陣営の自己否定――東芝・片岡氏
H.264による「DVDメディアに長時間ハイビジョン保存」を可能とする技術を備えたレコーダーが複数登場する。東芝の「RD-A301」もその1台だが、同社はこの機能を新たなパラダイムシフトとして打ち出す。RDシリーズの父、片岡氏に話を聞いた。(2007/11/2)

新約・見てわかる パソコン解体新書:
第4回 HD DVDとBlu-ray Discメディアの仕組み
「見てわかるパソコン解体新書」の第4回めは、次世代メディアのHD DVDとBlu-ray Discメディアを整理します。(2007/6/1)

2007 International CES:
BDとHD DVD、両互換ドライブは消費者に恩恵をもたらすか?
LG電子が「2007 International CES」でHD DVDとBDの互換プレーヤーを発表した。会場でデモされたように、両規格のディスクを再生することが可能だ。しかしこの技術、この製品は消費者をフォーマット戦争による不利益から守ってくれるのだろうか?(2007/1/8)

「HD DVDはもう第2世代」 東芝、5万円切る普及プレーヤーを年末商戦に投入
東芝がHD DVDプレーヤーの新製品2機種を年末商戦向けに投入する。国内では初投入となる実売で5万円を切る普及モデルも含まれ、次世代DVDの普及に弾みをつけたい考え。「東芝はもう第2世代」とアピールすることも忘れない。(2006/11/15)

小寺信良:
HD映像を記録する「AVCHD」とはどんな技術か?
既存DVDメディアにHD映像を記録する新しい規格が登場する。どんな技術なのか。そしてその可能性や次世代DVDとの関係はどうなるのか、筆者なりに謎をひも解いていこう。(2006/9/4)

「圧倒的に魅力的」 Blu-ray“決起集会”で国内75タイトル一斉発表
Blu-ray Disc陣営が、国内で11月以降に投入する75タイトルを一斉発表。HD DVDの本格展開からは遅れる形になったが、映画からアニメまで豊富なソフトをアピール。秋以降の展開に自信を見せた。(2006/8/29)

青色LEDの中村教授、ミレニアム技術賞受賞
フィンランドのMillennium Prize Foundationは、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授にミレニアム技術賞を授与すると発表した。(2006/6/16)

日立マクセルと三菱化学、共同開発Blu-ray/HD DVDメディアを量産化へ
日立マクセルと三菱化学メディアは、青色レーザー採用の次世代DVDメディアとなるBlu-ray Disc/HD DVDの製品設計完了を発表した。(2006/6/5)

極薄ディスク100枚をカートリッジ化、テラバイト級ストレージに
日立マクセルは、DVDの13分の1という超薄型光ディスク100枚を6.5センチ厚のカートリッジに収め、テラバイト級に大容量化する新技術を開発した。(2006/4/19)

次世代DVD戦争火ぶた切る 消費者巻き込み
東芝が初のHD DVDプレーヤーを発売し、次世代DVDの規格争いは本格的に市場で雌雄を決する段階になった。だが25年前の「VHS対β」のように、市場競争に巻き込まれるのはメーカーだけではなく、製品を自ら購入する消費者でもある。(2006/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.