• 関連の記事

「イリノイ大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イリノイ大学」に関する情報が集まったページです。

「LK-99は超電導体ではない」 Nature誌が掲載 世界中の科学者の追試結果を紹介
LK-99は超電導体ではない──英学術誌「Nature」は、そんなタイトルの記事を公開した。韓国チームは7月、「常温常圧で超電導性を示す物質を合成した」とする査読前論文を公開していたが、Natureはこれを否定する研究者たちの証言を紹介した。(2023/8/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
できる上司が気持ちよく部下に動いてもらうためにやっていること3選
「できる」「頼もしい」といわれるリーダーの共通点。その1つは、周りの人が気持ちよく動いていることではないでしょうか。メンバーが快く動ける関係はストレスがなく、組織全体の業績アップにもつながります。そんな、自分も相手も気持ちよくやりとりするための秘訣を、世界のエビデンスにもとづいて紹介する書籍『面倒なお願いでも、相手に気持ちよく届く伝え方は?』から抜粋・再編集して紹介します。(2023/2/2)

Innovative Tech:
4足歩行ロボット「MARVEL」 韓国と米国チームが開発 90度の壁を登り、天井を逆さに這う
KAIST(韓国科学技術院)と米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に所属する研究者らは、金属製の建物や構造物の壁や天井を登ることができる、磁気を帯びた脚を持つ作業用4足歩行ロボットを提案した研究報告を発表した。(2022/12/26)

結晶の純度や品質の高さに起因:
1μm厚の3C-SiC、熱伝導率がダイヤモンドを上回る
大阪公立大学とイリノイ大学、エア・ウォーター、東北大学および、ジョージア工科大学の研究グループは、半導体材料「3C-SiC」(立方晶の炭化ケイ素)が、結晶の純度や品質を十分に高めることで、理論値相当の高い熱伝導率を示すことが分かった。(2022/12/20)

乗客に暴言を吐いたバス運転手、発覚後に「辞めたくない」 自主退職を迫った上司はパワハラ?
本件は、路線バスの運転手が退職強要、人格否定などのパワハラを受けたとして、取締役や上司らに対して共同不法行為に基づき、会社に対し使用者責任に基づき慰謝料などの支払いを求めた事件。(2022/12/21)

Innovative Tech:
他人のスマホの“ネット広告”を盗み見る攻撃 旅行先や性的指向など個人情報を窃取
チェコのBrno University of Technology、米Louisiana State University、米University of New Havenに所属する研究者らは、他人のVR HMDとコンピュータに侵入してソーシャルVRを介した攻撃が可能なことを実証した研究報告を発表した。(2022/11/22)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(5):
投資初心者が見つけた“黄金の組み合わせ”
2022年初頭から、“投資初心者”として、投資の勉強をひたすら続けてきました。その初心者の私に最も適した投資の方法としてたどり着いたのが、インデックス投資です。ランダムウォーク分析×現代ポートフォリオ理論という“黄金の組み合わせ”から成るものです。(2022/7/28)

CPUの「周波数スケーリング」技術を狙った「Hertzbleed」脆弱性 リモートで暗号化キーが抽出される可能性
テキサス大学やイリノイ大学、ワシントン大学の研究者らが、CPUの周波数スケーリングを対象にした新たなサイドチャネル脆弱(ぜいじゃく)性である「Hertzbleed」を発表した。(2022/6/15)

IBM、カナダ・ケベック州に量子コンピュータシステム導入で提携 イノベーションハブ構築を加速
IBMは、イノベーションハブ構築を進めるカナダ・ケベック州に量子コンピュータシステム「IBM Quantum System One」を導入する。量子コンピューティング、AI、HPCなどを活用したエネルギー、ライフサイエンス、サステナビリティ分野の研究・開発を支援する。(2022/2/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
見知らぬUSBはどうすればいいのか 会社のPCに差し込んではいけないワケ
FBIが、USBメモリを使ったサイバー攻撃手口が増加していると警鐘を鳴らしている。どんな手口が増えているのかというと……。(2022/1/13)

Innovative Tech:
ジョジョのキャラクター風に顔写真を変換する「JoJoGAN」 1枚の画像からAIが学習
米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームは、入力した1枚の顔画像を漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター風に変換する機械学習フレームワークを開発した。「空条承太郎」など、作中のキャラクターに似せた顔に変換する。(2022/1/6)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Google、Microsoft、Adobe、IBM、Twitter なぜインド出身CEOはイケてるTech企業を導くのか?
その秘訣(ひけつ)はどこに? トップ企業の変革や成長を担うインド人CEOのパワーに迫る。(2021/12/13)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
リモート監視の普及と懸念 Webカメラでテレワークが監視される時代
このコロナ禍はまだしばらく続きそうだが、テレワークで重要なのが、プレゼンスと監視の問題だ。(2021/9/1)

コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【前編】
未曾有のコロナワクチン配布プロジェクトから見えた「適切な情報共有」の本質は
新型コロナウイルス感染症の予防接種を希望する人にワクチンを届ける世界各国の取り組みには、連携の強化や徹底した情報共有などサプライチェーンの改善に関する多くのヒントが含まれている。学ぶべき教訓は。(2021/5/18)

国別では米国、1人当たりのGDPが高い国も貢献:
誰がなぜ「優れたアルゴリズム」を開発しているのか、MITの研究者に聞く
優れたアルゴリズムは高速なハードウェアに勝るとも劣らない価値がある。開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」はアルゴリズムの開発主体について研究するマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者にインタビューを行い、誰がなぜアルゴリズムを開発するのかを聞いた。(2021/3/26)

Innovative Tech:
“人間らしさ”にディズニーの技術を使った対話型ロボット リアルな視線を再現
ディズニーのアニメーション、アニマトロニクスがロボットに進化をもたらす。(2021/2/2)

コンソーシアム発足から2カ月:
スパコンの無償提供でコロナ対策支援、IBMなど
スーパーコンピュータを活用して新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に立ち向かうプロジェクトが米国で発足して、約2カ月がたった。どんなプロジェクトが進行しているのか。(2020/6/4)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(27):
π>3.05を証明せよ ―― 東大の伝説の入試問題をプログラムで解く
円周率が3.05より大きいことを証明せよ。「π>3.05を証明せよ」と書けば、たった11文字。この伝説ともなっている東京大学の入試問題をプログラミングで解いていただくのが今回のテーマです。(2020/6/2)

高度なマルウェア対策をどう考えるか イランの核施設を狙った「Stuxnet」を振り返る
技術の進歩に伴い、サイバー攻撃も巧妙化してきた。高度化して知的に振る舞うマルウェアに対して、どのような対策を施せばいいのか。2010年代にイランの核施設を狙ったマルウェア「Stuxnet」の例を考える。(2020/5/13)

プロジェクト:
国交省が5Gを活用した建設向け通信システムと品質管理の高度化技術を公募
国土交通省は、第5世代移動通信システム「5G」を活用した技術を建設現場に導入し、生産性向上を図るため、民間企業などから技術を広く募る。(2020/4/8)

医療データは攻撃者にとっても価値が高い
病院がセキュリティ対策に手を抜いてはいけない納得の理由
米医療費回収機関AMCAの医療データ流出は、同社の破産のきっかけとなった。医療データの保護は病院にとっても不可欠だ。それはなぜなのか。(2019/10/11)

SSD内のデータを「タイムトラベル」:
イリノイ大がランサムウェア対策のデータ復元支援ツールを開発、SSDの性質を利用
イリノイ大学の研究チームは、ランサムウェアに感染しても、ファイルを復元できるツールを開発した。PCに搭載された一般的なSSDの動作を制御して、作成後3日目までのファイルを復元できるようにした。(2019/6/5)

トップは時給1000ドル:
米国でAI技術者の争奪戦、超売り手市場で賃金上昇
AIの導入拡大に伴い、高いスキルを持ったこの分野の技術者が不足する事態が起きている。(2018/10/24)

VRニュース:
VRの歴史は意外と長く、学生たちは失禁やもちもち感を再現する
デルは2018年7月24日、都内で「VR研究会 第1回会合」を実施した。「VR研究会」は同社が2018年3月に設立した産業向けVRの普及を推進するための組織である。今回の特別講演には奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 サイバネティクス・リアリティ工学研究室 教授 清川清氏が登壇。(2018/8/16)

小さな親切、大きなお世話? 無償で配られるUSBデバイスやメモリのリスク
米朝首脳会談では、プレス向けにさまざまな「ノベルティ」が配られましたが、その1つ、USBで給電できる扇風機が話題に。ネット上では、USB扇風機を接続したPCがマルウェアに感染するのではないか、とリスクを指摘する声が上がりました。(2018/6/29)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

電子ブックレット:
エネルギーを吸収するディスプレイ、通信も
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、未来のディスプレイの1つの形になるかもしれない、光を吸収する特性を持つディスプレイについて紹介します。(2017/10/22)

Apple「Swift」のクリス・ラトナー氏、Teslaを経てGoogle Brain入り
Appleで「Swift」を開発し、Teslaで自動運転部門トップを数カ月務めたクリス・ラトナー氏が、Googleの人工知能部門「Google Brain」に参加する。(2017/8/15)

おま、本当に哺乳類!? ハダカデバネズミは無酸素状態でも18分間生き続けることが判明
米イリノイ大の教授らが発表しました。(2017/4/25)

発電や通信が可能な表示装置:
エネルギーを吸収するディスプレイ、通信も
可視光を用いて情報だけでなく、エネルギーを送受信できるディスプレイを米イリノイ大学の研究チームが作り上げた。ユーザーインタフェースに新しい切り口が加わる他、環境光を電力として取り組むことが可能になる。(2017/4/3)

オンリーワン技術×MONOist転職(9):
高精度技術はスマホから宇宙へ――中島田鉄工所
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第9回。今回は、スマホの極小ネジ製造装置から航空宇宙関連事業まで、高精度な加工・組み立て技術で挑戦を続ける中島田鉄工所を紹介する。(2017/3/3)

推定100歳前後 米・シェッド水族館が世界最高齢の魚の死を発表
1933年から84年もの間展示されてきました。(2017/2/9)

電子機器設計の課題解決に貢献?:
AIを設計の向上に活用するプロジェクト、米で始動
米国で、人工知能(AI)を電子機器設計に活用することで、設計における課題解決や設計スピードの向上を図るための取り組みが始まっている。(2017/2/7)

コウモリのように飛ぶドローンが開発される より効率的な飛行を実現する可能性も
コウモリは自在に羽の形を変えるのが特徴です。(2017/2/6)

Tesla、AppleのSwift責任者を引き抜き、自動運転ソフト担当幹部に指名
完全自動運転を目指すTeslaが、Appleのプログラミング言語「Swift」を開発したクリス・ラトナー氏を自動運転ソフト担当副社長に迎える。(2017/1/11)

メガチップスと協業:
アナログIPでSoC設計を変える、米新興企業
アナログの専門家たちによって2015年に設立された新興企業Omni Design Technologiesは、主にSoC(System on Chip)向けにアナログIP(Intellectual Property)を開発している。その同社とメガチップスが、次世代のアナログプラットフォームの共同開発を行うという。(2016/11/18)

自然エネルギー:
人工光合成の新機軸、二酸化炭素からペットボトルを作れるか
人工光合成の目的は、二酸化炭素と水から有用な化合物を作り出すこと。研究目的は大きく2つある。1つは高い効率。もう1つは狙った物質を作ることだ。東芝は2個の炭素原子を含む有用物質を作る実験に成功。太陽電池から得た電力を用いて、二酸化炭素と水からペットボトルの原料物質を合成した。(2016/11/4)

郵便受けに危険なUSBメモリが入れられる事件 PCに接続しないよう豪警察が警告
オーストラリアで被害が報告されています。(2016/9/24)

VRで74歳男性に「なって」みる――テクノロジーが広げる高齢者医療の世界
(2016/8/21)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(5):
インターネット時代の幕開け
今回は、シリコンバレーの発展に欠かせない要素であるPCとインターネットの歴史について、触れてみたい。これら2つは、シリコンバレーだけでなく世界を大きく変えることになった。(2016/8/12)

シャドーマスクを使用:
室温でグラフェン回路をフレキ基板上に形成
米大学の研究チームが、室温環境でフレキシブル基板上にグラフェン回路を形成する技術を開発した。(2016/5/12)

「OpenPOWER」技術を研究のベースに:
IBMとイリノイ大学、コグニティブコンピューティングの研究で協力体制
米IBM Researchとイリノイ大学がコグニティブコンピューティングに関する新たな研究センターを開設。機械学習/ヘテロジニアスコンピューティングに関する研究を推進する。(2016/4/19)

人工知能で肥満解消? 社会問題を解決する「シェフ・ワトソン」
シェフ・ワトソンの開発に参画していたイリノイ大学准教授、ラブ・ヴァーシュニー氏がシェフ・ワトソンの持つ可能性について講演を行った。(2015/10/14)

センシング技術:
細菌から超高感度の湿度センサーを作る、グラフェン量子ドットの利用で
米イリノイ大学が、細菌の胞子を高感度の湿度センサーに応用できる技術を開発した。胞子をグラフェン量子ドットで被膜するというもの。冬眠状態の細菌が、湿度の変化に敏感に反応するという性質を利用している。(2015/4/7)

お酒を少し飲んだほうが創造力が増す? 問題解決に最適なビール「The Problem Solver」登場
仕事あるからちょっとビール飲んでくる。(2015/1/8)

津田建二の技術解説コラム【入門編】:
PR:半導体の基礎知識(3)――IoTに見るマイコンとアナログの周辺
最近は、IoT(Internet of Things)という言葉をよく耳にします。IoTは、インターネットにつながるモノを指したり、あるいはその技術やシステム体系を指したりします。要は、モノがインターネットにつながる時代に入ったと認識することがこれからのビジネスや成長を考えるうえで重要なのです。今回は、IoTのセンサー部分を担うモノの基礎技術を紹介します。(2014/4/14)

津田建二の技術解説コラム【歴史編】:
PR:半導体の温故知新(1)――スマホの源流から未来を探る
急速に普及してきたスマートフォン。スマホは、コンピュータと通信、半導体の三位一体となった製品です。くしくもこれら3つの技術はほぼ60年ごろ前に生まれました。これらの発展から、未来を照らす技術を探しましょう。(2013/11/13)

太田智美のビビビ「TEDTalks」ピックアップ!:
「電気を通す魔法のペン」で、紙を電子回路に
「TEDTalks」の中から、編集部の太田が「ビビビ」と感じた動画をピックアップし、定期的に紹介する新企画。今回取り上げる動画は、「How to "sketch" with electronics」だ。(2013/2/8)

A123システムズのことはさておき:
米政府が次世代電池研究の集中拠点を設立へ、5年間で1億2000万ドルを投入
米国エネルギー省は、電気自動車やスマートグリッドに用いる次世代二次電池の研究開発を目的に、アルゴンヌ国立研究所を中心とした研究拠点を設立する。5年間で1億2000万米ドル(約98億8000万円)を投資する計画だ。(2012/12/3)

Project Gutenberg、電子書籍の無料投稿サービス「Project Gutenberg Self Publishing」をオープン
著作権が切れた著作物を電子化して提供しているProject Gutenbergが個人制作の電子書籍を無料投稿できるサービスを開始した。(2012/7/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.