• 関連の記事

「調査会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2023年の世界でのスマートフォンベストセラーリスト、iPhoneが7位まで独占──Counterpoint Research調べ
調査会社Counterpoint Reserachは、2023年の世界でのスマートフォンの年間ベストセラーリストを発表した。7位までをAppleのiPhoneが独占。トップは「iPhone 14」だった。(2024/2/22)

パワー製品は25億ドル規模に:
化合物半導体基板市場、年平均17%成長で29年に33億ドル規模へ
市場調査会社のYole Groupによると、化合物半導体の基板市場は2023年から2029年までの間、年平均17%の成長が期待されている。2029年には33億米ドル規模の市場に成長する見込みだという。(2024/2/20)

2024年以降のPC市場と「AI PC」【前編】
売れなかったPCが「やっと売れ出す」と予見された“なるほどの理由”
世界的な景気低迷が続く中、世界のPC出荷台数は前年比減が続いてきた。ただし、調査会社は「PC業界の展望は悪くない」と評価する。その意味は。(2024/1/30)

Open RANの未来は明るいか【後編】
通信事業者が「5G」に苦戦する中でも「Open RAN」には期待できる訳
調査会社Dell'Oro Groupによれば、Open RAN市場の売上高が減少に転じた。通信事業者が5Gのビジネスに苦戦しているという声も聞こえてくる。今後はどうなるのか。(2024/1/29)

2400人に聞いた:
「人間関係リセット」4割が経験、なぜ? 転職繰り返す人も
職場やプライベートなど、さまざまなシーンにおいて人間関係をリセットした経験がある人は4割に上ることが、市場調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。人間関係をリセットしたきっかけとは――。(2024/1/19)

2023年スマホ世界シェア、Appleが初の1位に 13年間トップだったサムスン陥落
米調査会社のIDCが、2023年のスマートフォン市場調査結果を発表した。米Appleが史上最高の市場シェアを獲得し、通年シェアで初めて首位に立ったという。2010年から韓国Samsung Electronicsがシェアトップをキープし続けていた。(2024/1/18)

急成長のNVIDIAが初のトップ5:
2023年の世界半導体売上高ランキング、Intelが3年ぶりにトップ
米国の市場調査会社Gartnerによると2023年の世界半導体売上高(速報値)ランキングで、Intelが3年ぶりにSamsung Electronicsを上回り、売上高トップとなった。メモリベンダーの落ち込みは顕著で、前年5位のMicron Technologyはトップ10外に。一方急成長のNVIDIAが初のトップ5入りを果たした。(2024/1/17)

Apple、Samsungが13年守った世界スマートフォン通年シェアの首位を奪う──IDC調べ
調査会社IDCに2023年通年の世界スマートフォン市場の調査報告によると、Samsungが13年守った首位をAppleが奪った。市場全体の出荷台数はここ10年間で最低だったが、Appleは前年比で出荷台数を増やし、過去最高のシェアを獲得した。(2024/1/17)

開発と運用で重みを増す「自動化」【前編】
「手作業の運用管理は非効率」 調査が示す、IT管理者の悲鳴
手作業によるシステム運用管理は、どれほどの生産性損失につながるのか。調査会社Forrester Researchのレポートから、IT運用に関わる現場の声を紹介する。(2024/1/15)

“プレミアムスマホ”の世界市場、折りたたみ隆盛で拡大──Counterpoint調べ
調査会社Counterpoint Researchは600ドル(約8万5000円)以上のスマートフォンをプレミアムスマホと定義し、その世界市場に関する2023年の調査結果を発表した。スマホ市場全体が縮小する中、前年比6%増だった。(2024/1/3)

23年は2桁減、Gartner予想:
24年の世界半導体売上高は2桁成長、6240億ドルで過去最高を更新へ
米国の調査会社Gartnerによると、2023年の世界半導体売上高は、前年比10.9%減の5340億米ドルになる見込みだ。一方、2024年はメモリ市場がけん引する形で成長し、同16.8%増の6240億米ドルになると予想した。(2023/12/12)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【後編】
Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?
「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/7)

市場は底打ちも回復は緩やか:
半導体テスト装置市場、23年2Qは大幅に縮小し3年ぶりの低水準に
市場調査会社Yole Groupによると、半導体テスト装置市場は2023年第2四半期には大幅に縮小したものの、その後回復基調にあるという。(2023/11/17)

今後6年間で大規模データセンター全体の能力が現在の約3倍に、生成AIの利用拡大で Synergey Research Groupの予測
調査会社の米Synergey Research Groupが、今後6年間でいわゆるハイパースケールデータセンター全体の能力が、現在の約3倍に達するとの予測を明らかにした。生成AIの利用が拡大することによるものという。(2023/10/31)

今日のリサーチ:
モバイル広告予算が世界全体で増加、日本では?――Moloco調査
Molocoが調査会社Ipsosとの共同調査「モバイルアプリ パフォーマンスマーケティング グローバルレポート(2023年版)」を発表しました。(2023/10/25)

サイバーセキュリティとクラウドインフラがけん引:
2023年のマネージドサービス市場、全世界で12.7%成長 CiscoとCanalys
Cisco Systemsと調査会社のCanalysは、世界のITマネージドサービス市場の予測結果を発表した。2023年のマネージドサービス市場は全世界で12.7%の成長が予想され、4720億ドルに達すると予測した。(2023/10/16)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第17回】
調査会社や人材会社で頭角を現す――より良い社会をつくる女性リーダー
英Computer Weeklyの年次アワード「Most Influential Women in UK Technology」。民間企業に勤務しながら表彰され、殿堂入りを果たした女性を紹介する。(2023/10/6)

生成AI(人工知能)の台頭、サーバレスアプリケーションの変化に注目:
ソフトウェアインフラ市場、2027年末には約2倍の3580億ドル規模に
英国の調査会社Omdiaは、世界のソフトウェアインフラストラクチャ市場の予測を発表した。2022年末時点で、ソフトウェアインフラ市場は約1670億ドル規模であり、2027年末には市場規模が推定3580億ドルに達すると予測した。(2023/10/5)

蓄電・発電機器:
燃料電池市場は2040年度に18兆円規模に、2022年度比で45倍以上の拡大予測
調査会社の富士経済が燃料電池(FC)関連の世界市場の調査結果を発表。2040年度の市場は2022年度比45.2倍の18兆2320億円まで拡大すると予測している。(2023/9/25)

頭脳放談:
第280回 Huawei採用の謎プロセッサ「Kirin 9000s」はゲームチェンジの前触れか、それとも……
Huaweiの新しいスマートフォン「Mate 60 Pro」は、衛星通信に対応するなど、意欲的なものとなっている。カナダの調査会社が、この「Mate 60 Pro」を分解、中国国内で製造した「Kirin 9000s」というプロセッサを搭載していることを明らかにした。中国製造の「Kirin 9000s」が意味するところ、そしてその後の方向性について、筆者が想像たくましく考察してみた。(2023/9/22)

本を最もよく読む世代は? 「若者の読書離れ」実際は……
「半年に1冊以上本を読む」とした人は52%に上ったことが、マーケティング調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/9/21)

3Qからは回復の見込み:
23年2Qの世界ファウンドリー市場、上位10社は1.1%減
台湾の市場調査会社TrendForceは2023年第2四半期の半導体ファウンドリー市場調査結果を発表した。それによると、上位10社の売上高は前四半期比1.1%減のマイナス成長となったが、第3四半期からは回復に向かう見込みだという。(2023/9/12)

CAGR31%で成長へ:
SiCパワーデバイス市場、2028年に90億米ドル規模に
フランスの市場調査会社Yole Groupによると、SiCパワーデバイス市場は2028年に約90億米ドル規模にまで成長するという。xEVが市場をけん引し、2022年から2028年まで年平均成長率(CAGR)31%で成長を続ける見通しだ。(2023/9/5)

人工知能ニュース:
AI半導体の売上高は2027年までに倍増へ、2023年は534億米ドルの見込み
米国の調査会社ガートナーは、AI実行用の半導体の市場予測を発表し、2023年に前年比20.9%増となる534億米ドルとなる見込みを示した。(2023/8/24)

製造マネジメントニュース:
「生成AI」は“過度な期待のピーク”、ガートナーのハイプサイクル2023年版
米国の調査会社Gartnerは「先進技術におけるハイプ・サイクル2023年版」を発表した。“過度な期待のピーク期”では「生成AI」や「クラウドネイティブ」「拡張AI」などが挙がった。(2023/8/22)

米Gartnerが「先進テクノロジーのハイプサイクル2023年」発表 生成的AIとクラウドネイティブは過度な期待のピーク
米調査会社のGartnerが、「先進テクノロジーのハイプサイクル2023年」を発表した。生成AIとクラウドネイティブは「過度な期待のピーク」枠に。(2023/8/18)

グローバルのクラウドインフラ市場シェア、AWSがトップ維持、Google Cloudは成長率キープ 2023年第2四半期
調査会社の米Synergy Research GroupとシンガポールCanalysが、2023年第2四半期のグローバルにおけるクラウドインフラのシェアをそれぞれ発表した。(2023/8/16)

5Gのミリ波普及の課題は【後編】
5Gの“本命”だった「ミリ波」が全然普及しないのは何が理由?
5Gが扱うミリ波はサブ6に比べて扱いが難しいことから、活用が遅れている。調査会社のIDTechExはミリ波の用途を3つ挙げて分析し、それぞれの現状と課題を評価した。(2023/8/2)

2位Samsungはシェア下げる:
首位ソニーが3年ぶりシェア拡大、2022年CIS市場
フランスの市場調査会社Yole Groupによると、2022年のCMOSイメージセンサー市場は212億9000万米ドルと前年からほぼ横ばいに推移した。ランキング首位のソニーは3年ぶりにシェアを拡大し、Samsung Electronicsら後続との差を広げたという。(2023/7/27)

チタン合金フレームも:
iPhone 15向け新型CISに供給不足の懸念、TrendForce
台湾の市場調査会社TrendForceによると、2023年秋の発売が見込まれるAppleの「iPhone 15」および「iPhone 15 Plus」で採用予定のソニー製新型CMOSイメージセンサー(CIS)および、チタン合金フレームの供給不足が懸念されているという。(2023/7/25)

iPhoneでの採用も:
GaAs/InP系化合物半導体、民生用途が市場を加速へ
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年7月、ガリウムヒ素(GaAs)およびインジウムリン(InP)系化合物半導体に関する市場分析を発表した。同社は民生アプリケーションへの採用拡大が両市場の成長を加速するとしている。(2023/7/18)

インテージ調べ:
23年上半期、売上の伸びが大きかったもの 3位「口紅」、2位「強心剤」、1位は?
2023年上半期、どういったジャンルの商品が特に売り上げを伸ばしたのか。調査会社のインテージが小売店販売データ「SRI+」(全国小売店パネル調査)をもとにまとめた。対象は食品、飲料、日用雑貨品、医薬品など。(2023/7/12)

Pixelが世界で最も出荷されたのは日本──Counterpoint調べ 徐々に勢いを増す理由は?
香港に拠点を置く調査会社Counterpoint ReserachはGoogleの「Pixel」シリーズに関する調査データを開示した。Pixelシリーズの国内出荷台数が2023年1から3月にかけて34%と世界最多になったという。なぜPixelが日本で勢いを増しているのだろうか?(2023/7/11)

2023年の国内クラウド市場規模は7兆円超 従来型のIT市場規模を上回る見込み IDCジャパン
調査会社のIDCジャパンが、、2022年〜2027年の国内クラウド市場予測を発表。内エンタープライズIT市場における従来型ITを超える規模まで拡大するとの予測も明かした。(2023/7/7)

23年後半からは回復の兆し:
逆風下のDRAM/NAND市場、Yoleが最新市場分析を発表
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年6月27日、DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ(以下、NAND)の市場分析を発表した。両市場とも、2023年後半から回復に向かうと予測する。(2023/7/7)

Social Media Today:
「4分の1のユーザーが1年後にTwitterを去る」 最新予測が納得できる理由
4分の1のアクティブユーザーが1年後にTwitterを去る――。調査会社Pew ResearchはTwitterユーザーの動向についてこのような予測を出した。その根拠は?(2023/6/14)

オリコン、「生成AI」利用環境を導入 ChatGPTではなくMS製品を選定、なぜ?
調査会社のオリコン(東京都港区)は6月13日、DX推進の一環として日本マイクロソフトの「Azure Open AI Service」を導入し、社内で生成AI(ジェネレーティブAI)が利用できる環境を構築したと発表した。(2023/6/13)

企業のIT支出における明暗【後編】
レイオフ続きでも「人材不足」、支出は増えても「デバイスが不振」の理由
調査会社Gartnerの調査によると、2023年の世界のIT支出は堅調に推移する。ただし全ての分野が堅調なわけではない。明暗が分かれる分野と、その理由とは。(2023/6/9)

信用調査会社が進めるクラウド利用【後編】
信用調査会社が「AWS」を優先する端的な理由 狙いの一つは素早い意思決定
信用調査会社Experianが自社システムをAWSのクラウドサービスに移行することを決めた。同社はなぜAWSを選択し、業務の何を変えようとしているのかを探る。(2023/6/6)

TrendForceが予測:
AI需要増で2023年のAIサーバ出荷台数は40%増に
近年のAI需要の高まりを受け、AIサーバの出荷台数が2023年、前年比38.4%増と飛躍的に増加するという。台湾の市場調査会社TrendForceが予測を発表した。(2023/5/31)

PCはどれくらい「売れていない」のか【第1回】
PCが「全然売れなくなった」のはなぜ? 次に売れる日は
世界のPC出荷台数が減少している。下落幅はどの程度なのか。なぜ出荷台数が伸びないのか。再び売れるようになるのは、いつなのか。調査会社のデータから考える。(2023/5/31)

企業のIT支出における明暗【前編】
Gartnerが分析「CIOはIT支出が堅調だからこそ“あれ”を考えるべし」
調査会社Gartnerが2023年の世界全体のIT支出予測を公開した。IT支出が堅調に推移するとの予測になる中、同社は企業にとって何が重要になるとみるのか。(2023/5/29)

信用調査会社が進めるクラウド利用【前編】
信用調査会社が優先パートナーAWSとのクラウド活用で期待する“3つの改善”
クラウド移行のパートナーとして、信用調査会社ExperianはAWSを指名した。ExperianはAWSのサービスに何を期待し、どのような業務改善を実現しようとしているのか。(2023/5/22)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【前編】
「6G」は実用化が早まっても“すごい技術”だけでは浸透しない 何が駄目なのか
「6G」の商用化に向けた準備が進み、数年後には活用が始まる可能性がある。その際、“あること”が6Gサービスの普及に欠かせないと調査会社は指摘する。そのあることとは。(2023/5/18)

グローバルのクラウドインフラ市場シェア、AWSとAzureの差が9ポイントにまで縮まる 2023年第1四半期、Synergy ResearchとCanalysの調査結果
調査会社の米Synergy Research GroupとシンガポールCanalysが、2023年第1四半期時点のグローバルにおけるクラウドインフラのシェアをそれぞれ発表。AWSとAzureの差が縮まりつつある。(2023/5/16)

ITマネージャー、ITワーカー双方に悪影響:
士気の低下、不安の増大、離職……従業員監視ツールの導入がもたらす悪影響とは
1Eは、調査会社のWakefield Researchと共同で実施した従業員監視ツールについての調査結果を発表した。(2023/4/20)

SD-WANを採用する理由は? 管理レベルは?:
ほとんどの組織ではSD-WAN展開に少なくとも1年かかる――世界のSD-WAN利用状況調査で分かったこと
市場調査会社のTeleGeographyは、世界のエンタープライズ利用におけるSD-WANの調査を発表した。(2023/4/17)

スマホへの採用で急拡大へ:
短波長赤外イメージング市場、2028年に29億ドル規模に
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年4月、短波長赤外(SWIR)イメージング市場が2022年の3億2200万米ドルから年平均成長率44.2%で成長し、2028年には29億米ドル規模になるという予測を発表した。(2023/4/13)

APACのCIOが重視するIT分野【第2回】
「脱パブリッククラウド」が当然のように起きている“意外な理由”
調査会社IDCの調査によれば、アジア太平洋地域の企業がパブリッククラウドから従来のデータセンターへとシステムを戻す傾向があることが分かった。何が理由なのか。(2023/4/5)

山根康宏の中国携帯最新事情:
OPPOが中国の折りたたみスマホでシェア1位に急上昇 今後のトレンドは“縦折り”か
世界の折りたたみスマートフォン市場でシェアのほとんどを握っているメーカーはSamsungだ。中国市場ではHuaweiが強いが、折りたたみスマートフォンを出しているメーカーはこれら2社だけではない。中国の調査会社CINNO Researchによると、2023年1月の中国の縦折りスマートフォンで、シェア1位はOPPOとなった(2023/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.