• 関連の記事

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“大人様ランチ”に“ラムネ菓子”……「大人向け」リメイクで大成功する企業が増加のワケ
「大人様ランチ」が、5月12日から期間限定で販売されたことで、カツ丼チェーン「かつや」の月次売上高が急成長している「大人様ランチ」では「お子様ランチ」の料理を大人向けにリメイクしたものだ。このように、子供の頃に馴染みが深かった商品を「大人向けリメイク」することで成功を収める企業が近年増加している。(2022/6/24)

広告効果を自動で改善:
EC向けフィード広告最適化サービス「フォーカセル」がGoogle 広告のP-MAXキャンペーンに対応
多品種ECサイトが商品単位で広告効果を自動で改善し、広告経由の売り上げ拡大を促すことができるようになる。(2022/6/23)

ワークマン、ワークウェアの売り上げランキングを発表 「普段使い可能なアイテム」がトレンド
ワークマンが、今年の本格的スタイリッシュプロ向けウェアの売り上げランキングベスト5(シリーズごと、22年累計値)を発表した。(2022/6/23)

ITを使って「顧客忠誠度」を高める【前編】
新規開拓より高コスパ リピーターを賢く増やす「顧客忠誠度」の高め方
リピート顧客は新規顧客に比べて販売コストが低く、売上高が予測しやすい。顧客の再来を促すには、企業やブランドへの愛着や忠誠心を示す「顧客忠誠度」を高めることが重要だ。そのためには何ができるのか。(2022/6/23)

人気ゲーム「Fall Guys」基本プレイ無料に 売り上げ本数は1000万以上
ゲームスタジオの英Mediatonicが、ゲーム「Fall Guys: Ultimate Knockout」(Fall Guys)を基本無料化した。同日にはNintendo Switchなどのハードにも対応。これまでは2000円程度でWindowsやPlayStation 4向けに提供していた。(2022/6/21)

全3種類を展開:
「白くま」や「あいすまんじゅう」とコラボした「アイスみたいなパン」発売 ローソンストア100の狙いは?
ローソンストア100がアイスメーカーとコラボしたパンを発売する。認知度の高いロングセラー商品とコラボすることで、売り上げの拡大を狙う。(2022/6/21)

メルカリの売上金をビットコインに 1年以内めどに開始へ
「メルカリ」の売上金やポイント、「メルペイ」の残高を使ってビットコインの取引ができる機能を提供へ。(2022/6/20)

パナソニック、20代認知度わずか53% ブランド強化急ぐ
パナソニックホールディングスの独自調査で、日本国内の20代若年層における同社の認知度が53%だったことが分かった。ブランド戦略担当執行役員は「認知度の低さは将来の売り上げに影響する。少なくとも80%までは引き上げたい」とした。(2022/6/20)

“スーツ姿の客”がネットカフェに急増 カギは「PCなし席」と「レシートの工夫」
コロナ禍で夜間の利用者が激減し、インターネットカフェ業界は大きな打撃を受けた。そんな中、トップシェアを誇る「快活CLUB」では、昼にテレワーク利用客を取り込むことに成功、売り上げを復調させた。そのカギは「PCなし席」と「レシートの工夫」にあるという。どういうことかというと……。(2022/6/20)

メルコイン、暗号資産交換業の登録完了 23年夏までにビットコイン取引提供
メルカリ子会社のメルコインは6月17日付で、暗号資産交換業の登録を完了したと発表した。2023年度(22年7月〜23年6月)中に、メルカリの売上金やポイント、メルペイ残高を使ってビットコイン取引などを可能にする。(2022/6/17)

「にじさんじ」のANYCOLOR、上場後初の決算 純利益は前期比3倍増の27.9億円
ANYCOLORは6月14日に上場後初となる2022年4月期の決算(非連結)を発表。売上高は141.6億円(前期比85.5%増)、営業利益は41.9億円(2.9倍増)、経常利益は41.5億円(2.9倍増)、純利益は27.9億円(3倍増)となった。注目される2023年4月期の業績予想も増収増益を見込む。(2022/6/17)

製品動向:
三井ホームがテレワークしやすい戸建て住宅の新タイプを発売、ラナイやガレージを設置
三井ホームは、環境意識の高まりや多様化する暮らしのニーズに対応する戸建て住宅のタイプ「IZM」を2022年4月27日に販売開始した。IZMの販売エリアは沖縄を除く全国で、年間売上目標は200棟。(2022/6/17)

クレープ2品:
累計6200万食売上「ファミマ・ザ・シリーズ」、初のスイーツ発売
「ファミマ・ザ・シリーズ」から新スイーツ「ファミマ・ザ・クレープ」を2種類発売する。「ファミマ・ザ・シリーズ」は累計6200万食売り上げる人気シリーズ。生チョコ、ティラミスの2種類のフレーバーを販売する。(2022/6/16)

「カツサンド」を食文化に:
串カツ田中、米国に新業態のカフェブランド「TANAKA」をオープン
串カツ田中ホールディングスは、米国オレゴン州ポートランドに新業態のカフェブランド「TANAKA」をオープンする。年間売上は3600万米ドルを目標としている。(2022/6/16)

過去最高の営業利益:
丸亀製麺の夏うどん、「あさり冷かけ」など全20種を販売
丸亀製麺は「あさり冷かけうどん」など全20種の夏うどんシリーズを、全国の店舗で発売した。これから訪れる夏向けの季節商品を展開することによって売り上げの拡大を狙う。(2022/6/16)

製造マネジメントニュース:
強いプロダクトをつなげる、日立最大規模の新セクターはシナジーを生み出せるか
日立製作所は、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに組織された「コネクティブインダストリーズセクター」の事業戦略を説明。同セクターの事業目標として、2024年度に売上高で2021年度比16%増の3兆2000億円、Adjusted EBITDA率で同3.6ポイント増の13%を目指す。(2022/6/14)

週末に「へえ」な話:
移動スーパー「とくし丸」はなぜ“独走”しているのか 1000台突破の舞台裏
移動スーパー「とくし丸」の業績が好調である。クルマの稼働台数はぐんぐん伸びていて、売り上げも右肩上がり。「買い物難民をなんとかできないか」といったコンセプトでスタートしたこのビジネスは、なぜここ数年で伸びているのだろうか。同社の社長に話を聞いたところ……。(2022/6/11)

おにスゴい!:
まるで小学生が考えた! 規格外おにぎり「スゴおに」好調 エキナカ「NewDays」が込めた思い
その見た目やボリュームから、「おにぎりなのに面白い」「開発者の中に小学生がいるんじゃないか」とSNSで話題になった「スゴおに」。1年間で26種類を販売し、累計約137万個・約4億3000万円を売り上げ、一躍主力商品に躍り出た。コロナ禍にあって、駅や鉄道の利用者は減少。エキナカを中心に展開するNewDaysも暗い影響を受けるなか、スゴおには社員たちのある思いから生まれたという。開発担当者に聞いた。(2022/6/10)

6月14日発売:
ローソン×ゴディバ 新作スイーツ2品を発表 シリーズ累計4600万個売り上げ
ローソン×ゴディバの新作スイーツを2品を発表した。シリーズ累計4600万個以上を売り上げている人気コラボだ。今回はエクレア、ロールケーキの2品。(2022/6/9)

丸美屋、「鬼滅の刃」カレーを発売 コラボの売り上げは19億5000万円を突破
丸美屋食品工業は、アニメ「鬼滅の刃」のイラストをパッケージに使用した「期間限定 『鬼滅の刃』カレー<ビーフ中辛>」(173円)を発売する。(2022/6/9)

新しいかじ取り役:
売り上げよりも営業利益 オラクル出身の「イトーキ社長」に聞く“オフィス3.0”の意義
社外から初めて次期社長としてイトーキに招聘されたのが3月に社長に就任した湊宏司氏だ。湊氏はIT大手の日本オラクルで最高執行責任者(COO)を務めていた。イトーキの新しいかじ取り役に、今後の方針を聞く。(2022/6/8)

パナソニックインダストリー モーターなど生産拠点の中国集中を回避
パナソニックインダストリーが、2024年度までに年間の研究開発に対する投資額を売上高の8%にまで引き上げる方針を示した。同社はモーターなどの部品や半導体材料を生産しており、中国に集中している生産拠点を国内に分散していく。(2022/6/7)

音楽配信の売り上げ、四半期ベースで初の250億円超え
日本レコード協会は、「2022年第1四半期(1〜3月)の音楽配信売上実績」を発表した。その結果、第1四半期の音楽配信の売り上げは251億900万円で、四半期ベースでの250億円超えは、音楽配信の統計を集計して以来初となる数字。(2022/6/7)

インボイス制度Q&A:
売上1000万円以下の免税事業者も、インボイス制度に登録したほうが良い? メリットとデメリットを解説
2023年10月から適用されるインボイス制度。免税事業者がインボイスを発行するためには、課税事業者になるための手続きをしなければなりませんが、登録にはメリットとデメリットがあるようです。解説は、税理士法人クラウドフォーカス代表の村井隆紘氏。(2022/6/3)

各種キャンペーンも効いた:
「ギョーザ値上げ」したのに客数増 「餃子の王将」店舗売上高が過去最高を記録
「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが5月の月次売上高(速報版)を発表した。直営全店売上高、既存店売上高ともに過去最高を記録。5月14日にギョーザなどの主力商品を値上げしたが、客数は減るどころか増加した。(2022/6/2)

販売1カ月で売上100万本を超える:
乃が美「復刻『生』食パン」、6月末まで販売期間を延長
高級食パン専門店の乃が美は、4月27日から期間限定で販売している「復刻『生』食パン」が販売開始1カ月で100万本を売り上げたと発表した。反響を受け、5月31日までの販売期間を6月30日まで延長する。(2022/5/30)

5月31日から:
ファミマ史上最大級のボリュームの「ファミから」を発売 市場の拡大に対応
ファミマは5月26日「ファミから(醤油)」「ファミから(塩)」を発売する。同社史上最大ボリュームで提供。高まる唐揚げの需要拡大に合わせて新商品を展開し、売り上げ拡大を目指す。(2022/5/27)

ネット広告のマイクロアド上場へ 創業15年、売上高116億円
ネット広告事業のマイクロアドが東証グロース上場へ。(2022/5/27)

売上高3割増:
ちむどんどん効果、銀座に行列 「飛ぶように売れている」沖縄の特産品とは?
沖縄の特産品を扱う銀座わしたショップ本店の売り上げが好調だ。沖縄を舞台にしたNHKの朝ドラ「ちむどんどん」が影響していて……。(2022/5/28)

出店期間は5月23〜27日:
話題の“ヤクルト1000”に長蛇の列 日本橋駅に突如出店──そのワケは?
ヤクルト1000が飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている。そんな中、ヤクルトは東京メトロ銀座線・日本橋駅のイベントスペースに突如出店。連日購入者が列をなしている。なぜ、日本橋駅に出店をしたのか。また、ヤクルト1000の売り上げや現在の流通状況はどのようになっているのか。話を聞いた。(2022/5/27)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
議事録作りだけではない AI「音声認識」の可能性を考える
画像認識技術に比べて音声認識技術の用途は限定されている。ビジネスの場での活用は、コールセンターでの電話音声の文字起こしや会議の議事録作成にとどまっているのが現状だ。しかし、将来的には売り上げに貢献することが期待されているという。(2022/5/27)

BtoB企業の経営者に聞く:
売上好調の企業は、営業力アップのために何をしているのか?
2021年度に売上目標を達成したBtoB企業は、営業組織力強化のためにどのような取り組みをしているのか。マイノリティ(港区)の調査を見ていく。(2022/5/26)

8インチウエハーの需要がひっ迫:
2021年のファウンドリー売上高、前年比31%増に
米国の市場調査会社Gartnerによると、2021年の半導体ファウンドリーの売上高は、前年比31%増となる1002億米ドルに達し、半導体業界全体の成長をけん引したという。(2022/5/25)

産業動向:
ミライト・ホールディングスが統合しミライト・ワンに、目標は2030年度に売上高1兆円
通信建設会社のミライト・ホールディングスは、2022年7月にミライト・ホールディングス、ミライト、ミライトテクノロジーズの3社を統合し、ミライト・ワンを設立することを公表した。ミライト・ワンでは、2030年に向けたビジョンの「MIRAIT ONE Group Vision 2030」に沿って、「人間中心経営」「事業成長加速」「利益性トップクラス」「データインサイト マネジメント」「ESG経営基盤強化」といった5つのチャレンジを行う。(2022/5/25)

東京商工リサーチ調べ:
競馬、競輪、ボートレース、コロナ禍でも業績好調 理由は?
コロナ禍での巣ごもりを追い風に、公営競技が好調だ。東京商工リサーチの調査によると、競馬、競輪・オートレース、ボートレースの関連法人の最新期の売上高は4兆311億円(前期比7.1%増)となった。(2022/5/23)

2022年3月期Nintendo Switch用ソフトの任天堂タイトル売上本数ランキング 3位「マリオカート8 デラックス」、1位・2位は?
任天堂が、自社タイトルを対象にした「2022年3月期Nintendo Switch用ソフト売上本数ランキング」(2021年4月〜22年3月)を発表した。(2022/5/23)

スギ薬局、AWSで基幹システム構築 店舗のモバイル端末も接続可能に 現場の業務効率化を加速
スギ薬局がAWS上に基幹システムを構築した。在庫管理や発注、売上分析といった業務に関わる処理を40%以上高速化。業務用PCだけでなく、本部や店舗にあるモバイル端末からの接続にも対応した。約1500店舗の現場業務の効率化や、データを活用した売り場作りに活用する。(2022/5/23)

100%の工場稼働率を維持:
中国市場は低迷も、SMICの売上高は急増
SMICによると、同社の2022年第1四半期の売上高は、中国市場の需要低迷が警戒される中で、前年比66%増の成長を遂げたという。(2022/5/20)

6月14日から:
ローソン、「鬼滅の刃」とのタイアップキャンペーンを実施 エンタメ分野を強化
ローソンはアニメ「鬼滅の刃」とのタイアップキャンペーンを開催する。前回好評だったことを受け、遊郭編に登場したキャラクターの描き下ろし絵を追加。エンタメ分野を強化し、売り上げ拡大を狙う。(2022/5/20)

ソニー決算の3つのポイント 年1800万台出荷計画のPS5に質問集中
ソニーグループの2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期連結決算が発表されました。売上高は約10兆円、本業のもうけを示す営業利益は約1兆2000億円で、ゲーム事業がけん引する構図です。ゲーム事業の視点から見た3つのポイントを挙げてみます。(2022/5/20)

『ウマ娘』のTシャツ、折りたたみ傘が発売へ 売り上げ1000億円超えの人気ゲーム
Cygamesが開発したゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」とのコラボ商品3種を販売される。すでに予約受け付けを開始。1400万ダウンロードを突破したゲームとコラボすることによって、売り上げの拡大を狙う。(2022/5/19)

KADOKAWA、過去最高の業績 23年3月期の営業利益目標を前倒しで達成
KADOKAWAが、2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期の連結業績を発表した。売上高、営業利益、営業利益率で過去最高を達成した。(2022/5/18)

コロナ禍でも売上規模5倍に アナログとデジタル融合のiBuyer、すむたすの強さ
米国で流行のモデルなら、日本で取り組むスタートアップがたくさん出てきてもおかしくない。ところが、現在国内でほぼ唯一iBuyerモデルで事業を展開しているのが、すむたすだ。(2022/5/16)

IIJ勝社長、楽天モバイルの0円撤廃に「正しい方向だと思う」とコメント
インターネットイニシアティブ(IIJ)が5月13日、2021年度通期の決算を発表した。売り上げは2263.4億円で前期比+6.3%、営業利益は235.5億円で前期比+65.3%の増収増益。楽天モバイルが新料金プランで0円を撤廃したことについて、勝栄二郎社長は「正しい方向だと思っている」とコメントした。(2022/5/13)

ホンダ通期決算、7070億円の黒字 売上高14.5兆円 新興国で「二輪」好調
ホンダは2021年度通期決算を発表し、当期利益が7070億円(前年比496億円増)の黒字となった。売上高は14兆5526億円(同1兆3821億円増)、本業のもうけを示す「営業利益」は8712億円だった。(2022/5/13)

非公開化提案の公募も発表:
東芝の21年度決算、半導体など好調で増収増益
東芝は2022年5月13日、2022年3月期(2021年度)の連結業績を発表した。売上高は前年度比9%増の3兆3370億円、営業利益は同545億円増の1589億円、純利益は同807億円増の1947億円だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)影響の緩和や円安の追い風があるなか、全事業セグメントで増収、半導体やエネルギー事業を中心に増益となったとしている。2022年度は、半導体不足や素材高騰の影響などを見込みつつも、営業利益1700億円を目指すとしている。(2022/5/13)

バンダイナムコ決算、過去最高の業績 「ELDEN RING」などの新作が好調
 バンダイナムコホールディングスは5月11日、2022年3月期の決算を発表した。売上高8892億円(前期比20.0%増)、営業利益1254億円(同48.2%増)、純利益927億円(同89.7%増)と過去最高の業績となった。(2022/5/13)

NTT、3社の社長交代 純利益は初の1兆円超え
NTTは5月12日、澤田純社長の後任として、島田明副社長が新社長に就任する人事を発表した。同日発表した2022年3月期の決算では、売上高、営業利益、当期利益がいずれも過去最高を更新。当期利益は初の1兆円超えとなる1兆1811億円となった。(2022/5/12)

日産自の通期決算、3期ぶり黒字 純利益2155億円、売上高8.4兆円
日産自動車が2021年度通期決算を発表し、純利益が2155億円(前年は4487億円の赤字)となり、3期ぶりに黒字回復を果たした。米国市場での好調な業績などが、グローバル全体の業績をけん引した。売上高は8兆4246億円(前年比5620億円増)、販売台数は387万6000台(同17万6000台減)だった。(2022/5/12)

島村楽器で売れたモノ:
コロナ禍で売れた楽器ランキング、1位は「防音室」 2位は?
島村楽器は、21年度下半期に同社店舗で売れた楽器ランキングを発表した。その結果、20年同時期と比較して最も売上件数が伸びたのは「防音室」(前年比159%)だった。(2022/5/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.