• 関連の記事

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

24時間どこでも着られる:
「パジャマスーツ」で年間売上高100億円を目指す AOKIが進める新戦略
AOKIは「パジャマスーツ」の訴求を強化し、3年をめどに年間売上高100億円を目指すと発表した。(2021/10/16)

「実証実験」の結果:
写真業界は苦戦しているのに、「セルフ式の撮影」が好調の理由
プロカメラマンによる撮影や現像などを手掛ける写真業界が苦しんでいる。新型コロナによるイベント自粛などの影響を受け、売り上げが低迷しているわけだが、そんな中で「キラーン」と輝くサービスが出てきた。セルフ式の写真撮影だ。どんなサービスかというと……。(2021/10/16)

クラウドインフラサービスとSaaSが大幅な伸び:
2021年上半期にクラウドで売り上げを伸ばした企業は?
Synergy Research Groupによると、2021年上半期の主要クラウドサービスとインフラの売上高は2020年上半期比で25%増加し、2350億ドルに達した。(2021/10/15)

1回5000円、行き先は国内11ケ所から:
格安航空ピーチ、行き先を選べない“旅ガチャ”自販機を渋谷に設置 支払いはPayPay
コロナ禍で売り上げが減少した観光業界や航空業界を盛り上げようと、Peach Aviationが国内11路線の航空券購入に利用できるポイントなどが入った、カプセルトイ自販機「旅くじ」を渋谷に設置した。航空券の行き先を選べない点が特徴。決済方法はPayPayのみ。(2021/10/13)

住信SBIネット銀行、決済日翌日に売上金の受取り可能「翌日入金サービス」開始 邦銀初
 住信SBIネット銀行は10月8日、同行が決済代行会社に代わり、土日祝日を含めた決済日翌日に加盟店への入金を行うサービス「翌日入金サービス」を開始すると発表した。邦銀では初めての試みとなる。(2021/10/11)

矢野経済研究所が国内市場を調査:
量子コンピュータ市場、2030年度は2940億円規模へ
矢野経済研究所は、国内の量子コンピュータ市場(サービス提供事業者売上高ベース)を調査し、2030年までの市場予測を発表した。2021年度見込みの139億4000万円に対し、2030年度は2940億円規模に達する見通しである。(2021/10/12)

キャッシュレス決済の売上を翌日入金 SBI銀が新サービス
キャッシュレス決済日翌日に売上金を受け取れる「翌日入金サービス」を、SBI銀がスタートへ。(2021/10/8)

メルカリ内でショップを開ける「メルカリShops」開始 値下げ交渉なしで販売可
メルカリ子会社のソウゾウが、フリマアプリ「メルカリ」内でネットショップを開設できるサービス「メルカリShops」の提供を、全ユーザー向けに始めた。開設は無料で、販売手数料は売上金の10%。個人間取引と違って値下げ交渉に応じる必要がない点が特徴という。(2021/10/7)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
実は3種類ある「プリンスホテル」 売り上げ1位なのに、実態がよく知られていないワケ
規模や知名度などから、日本においてホテルの代名詞的な存在とされてきた「プリンスホテル」。2007年からは“新生プリンスホテル”として、ブランド戦略を進めている。(2021/10/7)

バスチーに次ぐ早さ:
ローソンの新スイーツ「生ガトーショコラ」 発売4日で100万個突破
ローソンが9月27日に発売した「生ガトーショコラ」が4日で100万個売上を突破した。ローソンの看板商品であるバスチーに次ぐスピードだという。ガトーショコラは昔からあるスイーツのように感じるが、なぜこんなにも売れたのだろうか? 商品の特徴は?(2021/10/5)

組み込み開発ニュース:
2031年のワイヤレス給電市場は1兆5496億円と予測、小型電子機器が中心
矢野経済研究所は、世界のワイヤレス給電市場に関する分野別動向と将来展望を発表した。世界市場は、事業者売上高ベースで、2021年は前年比111.5%の4301億円、2031年は1兆5496億円に達すると予測している。(2021/10/4)

日産「GT-R」がデジタル資産「NFT」に 世界で1台だけの「GT-R NFT」がオークションに登場、約2440万円からスタート
売上の一部は慈善団体に寄付するそうです。(2021/10/1)

都内繁華街へ初出店:
「#ワークマン女子」アルカキット錦糸町に出店 大学生とのコラボで全国トップの売り上げを狙う
ワークマンは、「#ワークマン女子」をアルカキット錦糸町店に出店する。旗艦店として全国924店中で1位の年間6億円の売り上げを狙う。店内に「インスタ映え」するフォトスポットを設け、集客へつなげる狙い。(2021/10/1)

採算より「ビジョン」を優先:
家具・家電のサブスク「CLAS」の売り上げが、3倍ペースで伸びているワケ
家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」(クラス)は、9月に総額約21億円の資金調達を発表した。毎年3倍ペースで成長している同社は、この資金調達でさらなる事業規模の拡大を狙う。どのような暮らしの未来を描き、どのような戦略で事業成長を遂げてきたのか。(2021/10/8)

家電メーカー進化論:
美容家電No.1ブランド「ヤーマン」、ブランドを支える開発力のワケ
美容家電ジャンルで確かな存在感を示す「ヤーマン」。その売上高は、2021年4月期で366億円にも達する。主力商品は美顔器や脱毛器、フェイススチーマーなどで、日本市場のほか中国市場でもブランドを確立。美容家電領域で挑戦を続ける同社の戦略について、取締役でブランド戦略本部長の戸田正太氏に話を聞いた。(2021/10/1)

組み込み開発ニュース:
旺盛な半導体需要で好調なルネサス、Dialog買収効果含め営業利益率30%も視野
ルネサス エレクトロニクスが同社の事業展開の進捗事業を説明。足元の旺盛な半導体需要もあってIIoT(産業、インフラ、IoT)事業が好調に推移しており、2021年の通期業績は当初予想からIIoT事業の売上高と利益が上振れする見込みで、全社の営業利益率も前年の19%に対して25〜30%を見込める状況にあるという。(2021/9/30)

派遣型の売春クラブ摘発、出会い系サイト悪用で年20億円超売り上げか
出会い系サイトなどを通じて募集した客のもとに女性を派遣して売春させていたとして、警視庁保安課などは売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京都内の派遣型売春クラブ責任者や20〜30代の従業員の男の計13人を逮捕した。容疑者は渋谷区と豊島区で計5つの売春クラブを経営し、1年間で計20億円以上を売り上げていたとみられるという。(2021/9/30)

セール対象外商品の売り上げは200%アップ!:
PR:店舗セールのオンライン化で「アンダーアーマー」ドーム社が実現したデジタルシフト、その秘訣とは?
コロナ禍でリアル店舗の売り上げが減る中、シークレットセールをオンライン化して成功を収めた「アンダーアーマー」で知られるドーム社。「やりたいと思ったことが全て実現できた」と担当者はうれしそうに振り返る。同社のデジタルシフトを成功に導いたのは「Adobe Experience Cloud」だ。(2021/10/4)

旭化成、海外強化へ基盤固め着々 中国で蓄電池部材合弁
旭化成が海外展開を加速させている。売上高に占める海外の比率は令和3年4〜6月期に四半期ベースで初めて5割を超えた。(2021/9/28)

COVID-19:
建設業へのコロナの影響を調査、最も深刻な時は減収企業率が84.6%に
東京商工リサーチは、建設会社などを対象に、2020年2月〜2021年3月にわたり新型コロナウイルス感染症の影響について調査した。リサーチの結果によれば、前年の同じ月と比べて売上高が減少した「減収企業率」は、緊急事態宣言下の2020年5月が最も深刻で84.6%の建設会社が減収となり、収益が半減した会社は33.0%に達した。(2021/9/27)

ファーウェイ、スマホ事業で4兆円規模の減収へ
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の徐直軍副会長兼輪番会長は24日に北京市内で行った記者会見で、今年のスマートフォン事業の売上高について「少なくとも300億〜400億ドル(約3兆3千億〜4兆4千億円)減るだろう」との見通しを明らかにした。(2021/9/25)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
クックCEOがウェイボ投稿、iPhone 13が中国で大人気の理由
アップルが9月14日、iPhone 13シリーズを発表した。同社にとって中国の重要性はマーケット、生産拠点の両面で年々高まり、今年第3四半期の売上高に占める中国の割合は18%に達した。「新規性がない」との声も多かったiPhone 13だが、予約開始時にはオンラインストアが一時ダウンし、予想以上の好調を見せている。(2021/9/23)

ネットショップの売上金で即支払い「BASEカード」発行開始
BASEは、ネットショップで売り上げを即時、VISA加盟店のECサイトで利用できるバーチャルカード「BASEカード」の提供を始める。(2021/9/22)

ワークマン、6年連続売り上げ実績1位のレインスーツをバージョンアップ 初年度は45万着販売を目指す
ワークマンは「透湿レインスーツSTRETCH」の後継進化モデル、「INAREMストレッチレインスーツ」を9月下旬に発売する。(2021/9/22)

『ウマ娘 プリティーダービー』が1000万ダウンロード突破 イベント実施やフィギュア化も発表
『ウマ娘 プリティーダービー』が1000万ダウンロードを突破したと発表した。同時にイベントの実施やフィギュアの商品展開も発表。ゲームにとどまらないクロスメディア展開によって売り上げの拡大を狙う。(2021/9/21)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
ワイヤレス給電、2031年に約1兆5500億円市場へ
矢野経済研究所は、ワイヤレス給電の世界市場(事業者売上高ベース)を調査、2031年までの用途別市場規模を予測した。市場規模は2021年の4301億円に対し、2031年は1兆5496億円に拡大する見通しである。(2021/9/21)

市場は成長も長期的には鈍化の懸念
「5G」スマホ新興市場で「Android」が「iPhone」に“圧勝”の理由
高速で遅延の少ない「5G」による通信が可能なスマートフォンは、2025年にかけて大きく売上高を伸ばす見込みだ。特に「Android」スマートフォンが成長のけん引役になるとの見方がある。その理由は。(2021/9/17)

図書館と契約したデータベースの情報を横流しさせる「違法バイト」が横行 被害企業は「売上に影響が出ている」
被害に遭ったA社に取材しました。(2021/9/16)

カップヌードル公式、容器をスーパー合体し“近未来サイボーグ四天王”に 4人の戦士で売上最強を競う
新味「スーパー合体シリーズ」の勢いがすごい。(2021/9/15)

AWSやMSとの協業も拡大へ:
NECがDX事業を強化へ 中核となる3つの取り組みを発表
NECは、「2025中期経営計画」に向けてDX関連サービスを強化、拡充する。2025年度に「コアDX事業」の売上収益5700億円、調整後営業利益率13%を目指すというが、その中核となる3つの取り組みとは。(2021/9/14)

ダウンタイム対策としての「レジリエンス」【前編】
「ダウンタイム」が招くコストを正確に見積もる方法
ダウンタイムは重大な損失につながりかねない。評判を損ねたり、売り上げを失ったり、余計なITコストが発生したりする恐れがある。こうしたコストを見積もる方法は。(2021/9/14)

20年度の決算業績、「減収」となった企業が約6割 売上高が減った・増えた業種は?
帝国データバンクの調査で、20年度決算の企業業績が「減収」となった企業は58.3%と、19年度と比べ18.0ポイントも増加していることが分かった。業種別で売上高の増加率を分析してみた。(2021/9/13)

「電子契約サービス市場は今後も堅調に成長」:
2025年度には売上金額は440億円に ITRが国内電子契約サービス市場を予測
ITRは、国内電子契約サービス市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比72.7%増の100億7000万円。2021年度は同75.0%増の176億2000万円の見込み。2025年度には440億円に達すると予測する。(2021/9/13)

EC売り上げ、700%UPの企業も:
全員退職、数億円の借金──どん底で生まれた“接客DX”アプリ「STAFF START」は何がすごいのか
スタッフのECやSNSなどへの投稿をきっかけに、どれだけ商品が購入されたかを可視化するサービス「STAFF START」。導入企業の中には、店舗スタッフたちの活躍でEC売り上げが700%アップした例や、一人で月間9000万円以上を売り上げたスタッフもいるという。アパレル業界の期待を背負うSTAFF STARTだが、開発までの道のりは決して平たんではなかった──。(2021/9/13)

携帯市場、9月初週の中古iPhoneの売り上げが前年比2.7倍と発表 「SE 2」「XR」が上位に浮上
スマートフォンの中古販売を手掛ける携帯市場は、2021年9月1日から7日までの中古スマホの売り上げが前年同期比の約2.7倍、販売台数は約1.6倍になったと発表。(2021/9/10)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済の売り上げを毎日入金 JCBとpringの実証実験で見えたこと
キャッシュレス事業者から店舗への入金は即日であることは少なく、場合によっては「翌日の仕入れ」に影響しかねない。そうした課題を解決するために、pringアプリを通じてJCBから店舗へ売上金を毎日入金するという実証実験を行っている。店舗側の潜在的なニーズを探ることも目的の1つだ。(2021/9/10)

Appleの利用停止通告から4年:
車載で存在感を増すImagination、AIとのシナジーも強化
25年以上にわたりGPUコアを提供している英Imagination Technologies(以下、Imagination)は、順調に売上高を伸ばし、新しいGPUコアのシリーズを立ち上げ、その製品ラインアップを増やしている。オートモーティブはImaginationにとって中核市場の一つだ。(2021/9/7)

Docker Desktopが有料化へ 従業員数250人未満・年間売り上げ1000万ドル未満の組織などは引き続き無料
Docker社がこれまで無料で提供してきたDocker Desktopの有料化を発表した。従業員数250人未満かつ年間売上高1000万ドル未満、個人利用、教育機関、非商用のオープンソースプロジェクトであれば、引き続き無料で利用できる。(2021/9/2)

東京商工リサーチ調べ:
主要百貨店の2020年度決算、4年ぶりの大幅赤字 新型コロナによる苦境続く
東京商工リサーチは、主要百貨店70社の2020年度決算の調査結果を発表した。売上高合計は4兆996億7800万円と、調査開始以来5期連続の減収となり、純利益は4年ぶりの大幅赤字に転落した。(2021/9/2)

バンダイが「シャア専用不織布マスク」を発売 狙いは?
バンダイは8月30日、「機動戦士ガンダム」シリーズのグッズとして、シャアをイメージした不織布マスクを発売した。5枚セットで550円。人気IP(知的財産)を使ったマスクを発売することで売り上げの拡大を狙う。(2021/9/1)

「企業経営者が評価すべき7つの分野」とは:
トレンドの評価をしていない経営陣は重要な動きを見逃す Gartner
Gartnerは「効果的な戦略計画を立てるために評価すべき7つのトレンド」についての見解を発表した。将来の売り上げ成長に向けた戦略計画の策定には7分野のトレンドに関する評価が重要だという。(2021/8/31)

顧客が選べるギフトに勝機あり:
PR:激変するマーケティングに「デジタルギフト」という一手 「贈って」顧客接点を作り、育む効果とは?
コロナが生んだ「会わない、触らない」という新常識、そしてサードパーティーCookieの規制による個人情報保護など、マーケティング業界は今、一大転換期を迎えている。今までの常識にとらわれることなく、顧客接点を拡大し、売り上げにつなげるためには何が必要なのか? 「デジタルギフト」という新しい切り口で多くの集客・販促施策を支援するギフティに聞いた。(2021/8/31)

au PAYの決済手数料、無料期間を2022年9月末まで延長
KDDIは加盟店向けに、au PAYの決済手数料を無料とするキャンペーンを、2021年10月1日から2022年9月30日まで実施する。新規だけでなく既存の店舗も対象となる。売り上げ規模の条件も設けていない。(2021/8/30)

2100億円超:
コロナ禍のブームが追い風 20年度の自転車販売市場は過去最高を更新
帝国データバンクの調査によると、自転車販売市場が20年度に売上過去最高を更新した。コロナ禍による感染リスクの低い移動手段としての人気の高まりや、ウーバーイーツなどの配達員の自転車需要が増えたことが要因のようだ。(2021/8/30)

2025年度には売上金額が1200億円に達する:
「AIは『ビジネスユーザーのための道具』として足場を固めている」 ITRがAI関連の主要8市場の市場規模を予測
ITRは、AI関連の主要8市場について、市場規模の推移と予測を発表した。ITRは2020年度の売上金額を対前年度比19.9%増の513億3000万円、2020〜2025年度の年間平均成長率を18.7%と見込んでいる。(2021/8/30)

「データを使ったコミュニケーション」で何が実現するか:
PR:データは「21世紀の石油」、集計作業「ゼロ時間化」で現場活用の仕組みを構築
ビジネスにおいてデータ活用は不可欠だ。手作業や属人化、サイロ化を防ぎ、誰でもすぐにデータ活用の恩恵を受けられるような仕組みを作れば業務の効率や生産性を上げられる。その最初の一歩として、従業員が必要な売り上げデータを呼び出せるよう、柔軟な仕組みを構築した例を追った。(2021/9/24)

懐かしさを訴求:
ファミマ、「サークルK・サンクス」や「am/pm」の人気商品を復刻 40周年記念イベント
ファミマは8月31日〜9月20日、「ファミリーマート 懐かしの看板商品復活祭展示会」を開催する。ファミマ、am/pm、サークルK・サンクスの人気商品を復刻することで、売り上げを拡大するのが狙い。(2021/8/26)

楽天ペイ、中小店舗の決済手数料を1年間無料に 楽天ポイントが集客の強みに
楽天ペイメントは、年商10億円以下の新規加盟店を対象に、「楽天ペイ」のコード決済の手数料を、2021年10月1日から2022年9月末まで実質0円とする。楽天の決済サービスで同社が強みに挙げるのが「楽天ポイント」だ。加盟店になることで購買意欲の高いユーザーが来店し、売り上げのアップが期待される。(2021/8/25)

スイーツ、フィットネスジム、紙芝居 大学生社長のコンサル企業が、SDGs商品を次々とリリース
SDGs推進のコンサルティングを行うネクストエージは、10月までにSDGsを推進するオリジナル商品を続々とリリースする。同社のSDGsブランドであるENA(Ethical New Action)シリーズから発表。中小をはじめとした多くの企業にSDGsを考えるきっかけを提供することで売り上げ拡大を狙う。(2021/8/25)

目指すは上場:
育児中の主婦が立ち上げた「子ども向け英語スクール」は年商7000万円に成長 教育ビジネスの勝ち組に「異色の戦い方」を聞いた
今、ひそかに注目を集める、子ども向け英語スクールがある。SUNNY BUNNY Language Educationは、もともと2006年に当時2歳の娘を育てていた羽織愛氏が立ち上げた親子英語サークルが母体だ。設立7年で年商は7000万円、売り上げを伸ばし続ける教育ビジネスの勝ち組だ。大手企業も進出する教育ビジネスの中で、どのような戦略を実行してきたのか。代表の羽織氏に聞いた。(2021/8/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.