• 関連の記事

「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
NVIDIAがArmを買収できなくても、NVIDIAもArmも損はしない
買収に向けた流れの中で、NVIDIAもArmも既にいろいろなものを得ているような気がします。(2022/1/27)

業界の懸念を払拭できず?:
NVIDIAがArm買収を断念か、Bloombergが報道
Bloombergは2022年1月25日、NVIDIAがArm買収を断念する方向で調整していると報じた。(2022/1/26)

NVIDIA、Arm買収を断念か──Bloomberg報道
NVIDIAが2020年9月に発表したソフトバンクGからのArm買収を断念しようとしているとBloombergが報じた。この買収には当局や競合が懸念を示している。(2022/1/26)

ニトリの背中も見えてきた:
新生ハンズが地方に大量出店? 「王者」カインズの東急ハンズ買収から見える、意外な未来
業績不振に苦しんでいた東急ハンズを、ホームセンター業界の王者・カインズが買収する。ニトリの背中も見えてきた同社は、かつて時代のトレンドを生み出してきたハンズをどう変化させるのか。(2022/1/26)

両社が英国・競争市場庁に反論:
NVIDIAによる買収、失敗すればArmは業績低迷か
英国政府当局が現在進めている、NVIDIAのArm買収に関する調査の一環として発表した文書によると、もしNVIDIAによる買収提案が失敗に終わった場合、Armはスタンドアロン企業として成長していく上で、重大な障壁に直面することになるという。(2022/1/25)

スマート工場EXPO2022:
自動GUIテストもカバーするQt、買収したfroglogicの「Squish」を披露
The Qt Companyは、「第6回スマート工場EXPO」において、自動GUIテストツールの「Squish」を披露した。(2022/1/25)

IBM、自社製品の環境パフォーマンス管理向けの機能強化に向けEnviziを買収
IBMが環境パフォーマンス管理向けデータ分析ソフトウェアを手掛けるEnviziを買収した。IT基盤運用やサプライチェーン管理などの業務でコストなどと同様にGHG排出量最適化に向けた判断や関連情報のレポート体制整備を支援する。(2022/1/25)

なぜMicrosoftは7.8兆円投じてまでゲーム会社を買うのか 変革期に突入するゲームビジネス
米MicrosoftがActivision Blizzardを約7.8兆円で買収した。ZeniMax Mediaに続く大型買収だが、なぜMicrosoftはゲーム会社を次々に買収するのか。そこにはゲームビジネスが大変化しつつあるためだ。その背景をひもとく。(2022/1/24)

FAインタビュー:
オムロン ロボット事業の現在地、ロボットとラインの統合制御は実践で価値証明へ
2015年に本格的にロボット事業に参入したオムロン。買収や提携などを経て、ライン制御とロボット制御を統合して行う「ロボット統合コントローラー」なども展開する中、現状をどのように捉え、今後はどのような方向性で進むのか。オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ロボット推進プロジェクト本部長の寺山昇志氏に話を聞いた。(2022/1/21)

Xboxのトップ、「コール オブ デューティ」はActivision買収後もプレステでプレイできるとツイート
MicrosoftのXbox責任者、フィル・スペンサー氏は、Activision Blizzardの買収が完了しても、「プレイステーションでコール オブ デューティを維持する」とツイートした。「ソニーとの関係を大切にしている」とスペンサー氏。(2022/1/21)

MicrosoftがActivision Blizzardを買収 世界第3位のゲームメーカーが誕生
米Microsoftとゲーム大手の米Activision Blizzardは1月18日(現地時間)、MicrosoftがActivision Blizzardを買収すると発表した。(2022/1/19)

Microsoft、ゲーム大手Activision Blizzardを687億ドルで買収
Microsoftがゲーム大手Activision Blizzardを買収すると発表した。買収総額は687億ドル(約7兆8750億円)と同社として過去最高額。ゲームビジネスを拡充し、メタバースの構成要素を獲得する狙い。(2022/1/19)

FAニュース:
買収起点に拡大続けるコニカミノルタのセンシング事業、今後はHSI技術に期待
コニカミノルタが新たな事業成長をけん引するインダストリー事業の一角をなすセンシング事業について説明。「光源色計測」「物体色計測」「外観計測」「HSI計測」の4領域で事業を展開しているが、今後は自動車業界向けを中心とする外観計測と、2020年に買収したSpecimのHSI計測により事業成長を果たしたい考えだ。(2022/1/19)

スピン経済の歩き方:
カインズに売られた「東急ハンズ」は、なぜライバル「ロフト」と差がついたのか
東急ハンズをこよなく愛する人々の間に激震が走った。ホームセンター大手のカインズが親会社の東急不動産ホールディングスから買収することを発表したからだ。東急ハンズが低迷した背景に何があるのかというと……。(2022/1/18)

「クラスタ管理」という重要なニッチ市場:
NVIDIA、HPCソフトウェアのBright Computingを買収
NVIDIAは、かねて半導体IPベンダーArmの買収を表明しているが、今もまだ規制当局によって中途半端な状態に置かれたままだ。しかし、NVIDIAは2022年1月、Arm買収ほどの華々しさには欠けるものの、HPCソフトウェアを専業とするBright Computingの買収に成功したことを明らかにした。(2022/1/17)

組み込み開発ニュース:
インテルから独立したウインドリバー、今度はアプティブが4900億円で買収
米国の大手ティア1サプライヤーであるアプティブ(Aptiv)は、リアルタイムOS「VxWorks」や組み込みLinux「Wind River Linux」などのベンダーであるウインドリバー(Wind River Systems)を買収すると発表した。買収金額は43億米ドル(約4900億円)。(2022/1/14)

ビーズソファ「Yogibo」、日系企業に 国内代理店が米国本社を買収
ビーズソファブランド「Yogibo」(ヨギボー)の日本国内での販売を手掛けるウェブシャークが、同ブランドの運営元である米Yogibo LLCを2021年12月30日付けで買収したと発表した。買収を機に、世界的なデザインの統一を進める方針。(2022/1/13)

サイバーエージェント、映画スタジオ買収 「日本発コンテンツを世界へ」
サイバーエージェントが映画・ドラマスタジオのBABEL LABELを子会社化。制作費などを支援し、国内外のプラットフォーム向けに映像コンテンツを配信する。(2022/1/13)

「お金の使い方」を知っていますか? 教育事業参入のマネックス松本社長に聞く
マネックスグループは2021年11月26日に、STEAM教育に取り組むスタートアップ「ヴィリング」を買収した。これは、マネックスが教育事業に新規参入するということを意味する。その背景には何があるのか。松本大社長に聞いた。(2022/1/14)

「グランド・セフト・オート」のTake-Two、モバイルゲームの老舗Zyngaを127億ドルで買収
PCやコンソールゲーム大手のTake-Twoが「FarmVille」などのモバイルゲームで知られるZyngaを買収すると発表した。買収総額は約127億ドル。ZyngaはTake-Two傘下のブランドとして今後もモバイルゲームを提供していく。(2022/1/11)

SK hynix、SDD子会社「Solidigm」を発足:
Intel、SK hynixへのNAND事業売却の第1段階を完了
IntelとSK hynixは、SK hynixによるIntelのNANDおよびSSD事業買収の第1段階が完了したと発表した。これを受け、SK hynixはIntelに70億米ドルを支払う。(2022/1/12)

Google、セキュリティ企業Siemplifyを買収 クラウド事業に統合へ
Googleが「SOAR」を手掛けるセキュリティ企業Siemplifyを買収した。Google Cloudのセキュリティ部門に統合する。Siemplifyの直感的なプラットフォームで、企業の管理者はサイバー脅威に迅速かつ正確に対応できるとしている。(2022/1/5)

カインズが東急ハンズを買収へ DIY分野でシナジー期待、「東急」の名前はどうなる……?
名前はどうするの……?(2021/12/22)

業界動向:
テラDXが職人の困ったを解決する「職人さんドットコム」を買収、1万店のプロショップを網羅
2021年に創業したテラグループ傘下のテラDXソリューションズは、建設工具や建材と、職人や工事会社をマッチングさせるポータルサイト「職人さんドットコム」を買収した。(2021/12/22)

シナジー発揮:
カインズ、東急ハンズを買収 PB商品の開発力、DXのノウハウで立て直しへ
ホームセンター大手のカインズが、生活雑貨チェーンの東急ハンズを買収する。ハンズは業績の低迷が続いており、カインズのノウハウで立て直しを図る。(2021/12/22)

Oracle、医療データ企業Cernerを283億ドルで買収
Oracleは電子カルテなどを手掛けるCernerを買収する。買収総額は約283億ドル(約3兆2165億円)。医療向けクラウド事業を拡充する。(2021/12/21)

Spotify、ラジオ番組をPodcastに変換するツールのWhooshkaaを買収
Spotifyは、ラジオ番組を簡単にPodcast化するツールを手掛けるWhooshkaaを買収すると発表した。昨年買収したPodcast広告プラットフォームのMegaphoneに統合し、Podcastクリエイターの収益化を促進する。(2021/12/17)

Block(旧Square)、H&R Blockに商標権侵害で提訴される
税務申告書類作成サービスのH&R Blockが、Block(旧Square)を商標権侵害で提訴した。Blockは税務アプリ事業を買収しており、H&R Blockと直接競合すると主張している。(2021/12/17)

SBIショックと銀行、「新生銀買収」は吉か凶か 「地銀連合」との統合シナリオの実現性
 SBIホールディングスによる新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)が成立した。(2021/12/16)

産業動向:
ポーランドで再生可能エネルギー発電施設の開発事業に参画、鹿島建設
カジマ・ヨーロッパは、ポーランドで再生可能エネルギー発電施設開発を展開するPAD-RESを買収した。カジマ・ヨーロッパによるポーランドにおける企業買収は、同国で学生寮を開発・運営するStudent Depot(スチューデントデポ)に次いで2件目となる。(2021/12/15)

Twitter、メッセージングサービスのQuillを買収 DM改善のため
Twitterがメッセージングサービスの新興企業Quillを買収すると発表した。Quillのサービスは間もなくシャットダウンされる。チームはTwitterでDMの改善に取り組む見込み。(2021/12/8)

Intel、傘下の自動運転企業MobileyeのIPO計画を発表
Intelは、2017年に買収した自動運転企業Mobileyeを2022年に上場すると発表した。上場後もMobileyeの株式の過半を保有する計画だ。(2021/12/7)

競争上の懸念を示す:
FTC、NVIDIAによるArm買収案件で提訴へ
米連邦取引委員会(FTC)は、NVIDIAによるArm買収には競争上の懸念があるとして、それを阻止するために訴訟を起こすという。(2021/12/7)

NVIDIAのソフトバンクGからのArm買収は競争を阻害すると米FTCが提訴
NVIDIAが昨年9月に発表したArmの買収は半導体市場の競争を阻害するとして、買収差し止めを求めて提訴した。NVIDIAは取引完了を2022年3月ごろとしていたが、裁判は2022年8月に開廷する。(2021/12/3)

3Dプリンタニュース:
MESの先進企業買収で、AM向けソフトウェアプラットフォーム構築を加速
Materialiseは、積層造形ワークフローおよび製造実行システムに実績を持つ、Link3Dの買収オプションの行使に合意した。取引は2021年内の完了を予定しており、全株式を3350万米ドルで取得する。(2021/12/3)

Meta(旧Facebook)に対し、英競争規制当局がGIFアニメのGIPHY売却を指示
英競争規制当局のCMAは、Meta(旧Facebook)に対し、2020年に買収したGIPHYの売却を指示した。この取引がユーザーと広告主に害を及ぼす可能性があるため。Metaは控訴を検討している。(2021/12/1)

「弟子」が「師匠」飲み込むか 関西スーパー争奪戦を検証
関西スーパーは関西で老舗の中堅スーパーとして親しまれている。買収提案をしたオーケーは人材を派遣して教えを請い、現在の隆盛の原点を構築したという。「師匠」を飲み込もうとする「弟子」と、立ちはだかるH2O。関西スーパー争奪戦の背景を検証する。(2021/11/30)

マネフォ、社内向けAIチャットボット買収でUX向上とクロスセル狙う
マネーフォワードは11月30日、人事労務などの社員からの質問に答えるAIチャットボットを運営するHiTTO(東京都千代田区)を買収し子会社化すると発表した。20億円をかけて全株を取得する。(2021/11/30)

さらなる調査を開始:
英国、NVIDIAによるArm買収の調査を拡大へ
英国政府は、NVIDIAによるArmの買収について、競争や国家安全保障などの面で懸念があるとして、24週間に及ぶ追加調査を開始したという。規制当局は、初期調査に関する詳細な報告書を発表しており、「NVIDIAのArm買収によって、技術イノベーションが阻害される可能性がある」と結論付けている。(2021/11/30)

多様化戦略を展開へ:
QorvoがUnitedSiCを買収、SiC開発競争の最中に
Qorvoが、米国ニュージャージー州プリンストンに拠点を置くSiC(United Silicon Carbide)パワー半導体メーカーUnitedSiCを買収した。QorvoはこのUnitedSiC買収により、現在急速な成長を遂げている、電気自動車(EV)や産業用電力制御、再生可能エネルギー、データセンター用パワーシステムなどの市場へと対応範囲を拡大していくことになる。(2021/11/29)

新生銀社長が来年2月の退任表明「ホっとしている」
新生銀行の工藤英之社長は25日、オンラインで記者会見し、SBIホールディングスから受けたTOB(株式公開買い付け)の成立が濃厚になったことを受けて来年2月で退任する意向を表明した。TOBに対抗する買収防衛策を前日に取り下げた理由についてはSBIと経営方針で合意できたことを挙げ、「(社長ポストを)きちんとした形で引き継げることにホッとしている」と吐露した。(2021/11/26)

SBI待ついばらの道 新生銀行TOB、強気の代償大きく
SBIホールディングスの新生銀行に対するTOB(株式公開買い付け)は24日、買収防衛策の取り下げで成立の公算が大きくなったが、首尾よく傘下に収めても新生銀の経営再建はいばらの道だ。2カ月余りの攻防を通じ、株主の支持獲得に向け約束した最終利益の引き上げ目標は現行の1.5倍超。大手銀行で唯一残る公的資金の返済に道筋を付ける必要もあり、実行力が問われることになる。(2021/11/25)

60GHzまであらゆる周波数をカバー:
Sivers Semiconductors、5Gミリ波新興MixCommを買収
スウェーデンの半導体メーカーSivers Semiconductorsは最近、新興企業のMixCommを買収した。それにより、ポートフォリオを拡大して5G(第5世代移動通信)ミリ波デバイスを実現できるようになった他、無線周波数/ビームフォーミング回路や SiGe(シリコンゲルマニウム)、RF-SOIといった技術を獲得することができた。(2021/11/25)

「AirTag」競合のTile、約235億円で買収される 家族見守りサービスのLife360に
家族の見守りサービスなどを展開する米Life360が忘れ物防止タグを手掛ける米Tileを2億500万ドル(約235億円)で買収する。(2021/11/24)

Reddit、買収したTikTok競合Dubsmashのアプリを来年2月に終了へ
Redditは昨年買収したTikTokの競合Dubsmashのモバイルアプリ提供を2022年2月22日に終了する。Dubsmashの機能のRedditアプリへの統合がほぼ完了したため。(2021/11/24)

Epic Games、Harmonixを買収 「メタバースで音ゲーを」
「Fortnite」のEpic Gamesが「ギターヒーロー」などの音楽ゲームのHarmonixを買収した。Harmonixは「Epicと協力して独自ブランドの音楽ゲーム体験をメタバースにもたらす」と語った。(2021/11/24)

TOB進む公算も「物言う株主」カギ 新生銀
SBIホールディングスが実施している新生銀行への株式公開買い付け(TOB)を巡り、政府が新生銀の買収防衛策に反対する方向で検討を始めた。25日の臨時株主総会では防衛策否決の公算が大きく、SBIはTOBを継続することになる。ただ、一定の新生銀株を持つ物言う株主(アクティビスト)がTOBに応じるか分からず、新生銀の大株主として存在感を持ち続け、SBIの経営戦略に立ちはだかる可能性もある。(2021/11/24)

コロナ禍で熱を帯びるHR Tech市場【後編】
SAPやServiceNowが「HR Tech」市場に本腰 買収したベンダーや技術の特徴は?
「HR Tech」に関連するベンダーや技術の買収が相次いでいる。買収により事業を強化したSAPやServiceNowの取り組みを紹介する。(2021/11/24)

小寺信良のIT大作戦:
PC選ばずサクサク動画編集 Microsoftが買収したオンライン編集ツール「Clipchamp」を試す
ムービーメーカーが打ち切られて途絶えていたMicrosoft純正動画編集ツールが戻ってきた。(2021/11/22)

製造マネジメントニュース:
日本電産がOKKを買収、日本電産マシンツールに続き工作機械事業を本格強化
日本電産は2021年11月18日、工作機械メーカーのOKKを買収することを発表した。2021年2月に三菱重工業から買収した日本電産マシンツール(旧三菱重工工作機械)と合わせ、工作機械事業を本格的に拡大する方針だ。(2021/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.