• 関連の記事

「チタン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チタン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東芝、双日、ブラジルCBMM:
次世代リチウムイオン電池の商業化に向け共同開発へ
東芝と双日、ブラジルCBMMは2021年9月24日、ニオブチタン系酸化物(以下、NTO)を用いた次世代リチウムイオン電池の電池の商業化に向けた共同開発契約を締結したと発表した。(2021/9/28)

組み込み開発ニュース:
容量密度は黒鉛の2倍、NTO採用のEV向けリチウムイオン電池が2023年度に商業化へ
東芝と双日、ブラジルのCBMMの3社は、ニオブチタン系酸化物(Niobium Titanium Oxide:NTO)を用いた次世代リチウムイオン電池の商業化に向けた共同開発契約を締結したと発表した。EV向けに、高エネルギー密度かつ急速充電が可能な次世代リチウムイオン電池として2023年度の商業化を目指す。(2021/9/27)

工場ニュース:
積層セラミックコンデンサーの原材料を生産する材料棟を新設
太陽誘電は、群馬県高崎市の八幡原工場に、新材料棟を建設すると発表した。今後の需要拡大が見込まれる、積層セラミックコンデンサーの原材料となるチタン酸バリウムを製造する。(2021/6/29)

積層セラコンの需要増に対応:
太陽誘電、チタン酸バリウムの製造棟を建設
太陽誘電は、八幡原工場(群馬県高崎市)に新材料棟を建設する。積層セラミックコンデンサーの需要増加に対応し、その原材料となるチタン酸バリウムを製造する。(2021/6/18)

3Dプリンタニュース:
抗菌作用を持つ光触媒を配合した3Dプリンタ向け光硬化型樹脂を開発
B´fullは、3Dプリンタ向け光硬化型樹脂として、抗菌、抗ウイルス作用を持つ酸化チタンを配合した光触媒配合樹脂を開発した。衛生的なマスク関連商品や日用品など、光触媒機能を有した商品の開発を予定している。(2021/5/21)

3Dプリンタニュース:
ニコン、チタン合金による金属造形に対応した光加工機の最上位機種を発売
ニコンは、チタン合金による金属造形に対応した光加工機「Lasermeister 102A」を発表した。顧客要求に応え、使用できる粉種にチタン合金の造形用粉体を新たに加え、生産性と品質を向上させた。従来製品と比較して約2倍の造形速度を実現し、再利用粉体の使用も可能になった。(2021/4/28)

新たな発現機構に基づく磁歪現象:
名古屋大、磁場中で体積変化する反強磁性体を発見
名古屋大学の研究グループは、磁場を加えると体積が大きく膨張する反強磁性体を発見した。チタン酸ジルコン酸鉛(PZT)に替わるアクチュエーター材料として期待される。(2021/4/15)

時間分解X線吸収分光法を開発:
BaTiO3におけるBaとTiの静電相互作用を発見
広島大学と東京工業大学、静岡大学、高エネルギー加速器研究機構およびラトビア大学らの研究グループは、新たに開発した時間分解X線吸収分光法を用い、チタン酸バリウムにおけるバリウムイオンとチタンイオンの静電相互作用を、リアルタイムで観測することに成功した。(2021/3/10)

レノボ、チタン筐体を採用した第11世代Core搭載の薄型2in1ノート
レノボ・ジャパンは、チタン素材による薄型筐体を実現した2in1ノートPC「ThinkPad X1 Titanium」など2製品を発表した。(2021/2/9)

FAニュース:
高品位な穴加工を支援、自社開発のリニアモーターを搭載した細穴放電加工機
ソディックは、自社開発のリニアモーターを搭載した細穴放電加工機「K4HL」を発表した。細くて深い穴を高精度に高速加工でき、切削が困難なチタン合金やニッケル合金などの難削材においても高品位な穴加工ができる。(2020/11/27)

変換効率が20%を超える:
結晶シリコン太陽電池、正極側に酸化チタン薄膜
産業技術総合研究所(産総研)らの研究チームは、酸化チタン薄膜を正極側に配置した結晶シリコン太陽電池を新たに開発し、20%を超える変換効率を達成した。(2020/10/26)

サファイアガラスを採用した「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」10月2日に発売
ファーウェイ・ジャパンは、10月2日にスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」を発売。チタン素材とサファイアガラスを採用し、通常使用で約2週間持続する強力なバッテリーも備える。価格は3万1800円〜3万5800円(税別)。(2020/9/24)

3Dプリンタニュース:
金属付加製造市場予測、材料開発は進むが需要の中心はチタンに依存
グローバルインフォメーションは、金属付加製造市場の現状や今後の動向について発表した。市場の拡大は今後も続き、多様な設備や材料の開発、導入が進むものの、需要の中心はチタンに依存すると予測している。(2020/9/23)

金属魂特別編:
PR:チタンをここまで仕上げるか──「オシアナス」初の本格ダイバーズモデル
今回、僕の撮影スタジオに送られてきたのは「オシアナス」のスポーティーライン「カシャロ」。200m防水とダイビングログ機能を持つ本格的なダイバーズモデルは、「オシアナスブルー」が目をひくエレガントな金属だった。(2020/8/20)

導入事例:
田根剛氏設計の「弘前れんが倉庫美術館」で、日本製鉄の意匠性チタンが屋根材に採用
日本製鉄の意匠性チタン「TranTixxii(トランティクシー)」が、青森県弘前市に2020年7月11日にオープンした芸術文化施設「弘前れんが倉庫美術館」の屋根材に採用された。(2020/8/25)

宇宙開発:
「HAKUTO-R」で月面着陸に挑むランダーの最終デザイン公開、シチズン独自素材を用いた試作品も
月面開発ベンチャーのispaceは、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のMission1で、月面着陸ミッションに挑戦するランダー(月着陸船)の最終デザインを公開した。また、コーポレートパートナーであるシチズン時計は、ランダーの着陸脚の一部パーツに採用予定である独自素材「スーパーチタニウム」を用いた試作品が完成したことを発表した。(2020/7/31)

「ガンダリウム合金製ガンダム」、22万円で発売 バンダイが設定に基づいて合金を本当に精製
合金のもともとの名前「ルナ・チタニウム」をもとに、高純度のチタンを月面の低重力下で精錬したと同様の効果が見込める工法で実現したそうです。(2020/7/21)

新建材:
日本製鉄のチタンが“増上寺”の屋根瓦に採用、過去最大の施工規模
日本製鉄が世界初のチタンブランドとする「TranTixxii(トランティクシー)」が、増上寺大殿の屋根に採用されることが明らかになった。チタン製の屋根瓦としては、過去最大の工事規模になるという。(2020/6/11)

存在感ぱねぇ……! ポルシェ911のエンジンを再現したエスプレッソマシンが超かっこいい
マシンにはアルミニウム合金やチタンなども使用しています。(2020/5/14)

材料技術:
日本製鉄の意匠性チタンが富士フイルムのミラーレスデジカメ「X-Pro3」に採用
日本製鉄は、富士フイルムのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」のボディー外装に、同社の意匠性チタン「TranTixxii(トランティクシー)」が初めて採用されたことを発表した。(2020/3/16)

新建材:
隈研吾×日本製鉄、「木」の質感を持つチタン製ルーバー4月に発売
建築家・隈研吾氏と日本製鉄のコラボレーションから生み出された「木」の質感を備えた金属製ルーバーが、2020年4月に発売する。(2020/3/10)

建材:
意匠性チタン「TranTixxii」が新潟県の基幹スポーツ施設「謙信公武道館」で採用
日本製鉄が2017年にリリースした意匠性チタン「TranTixxii」は、軽量(比重は、鉄の60%、銅の50%程度)で、高所作業の効率化や工期短縮、耐震性向上による躯体構造への負荷軽減に役立つ点などで評価されており、堅調に導入件数を増やしている。2019年12月1日には、新潟県上越市で開業した「謙信公武道館(新潟県立武道館)」の外装(屋根)とサインにも採用された。(2019/12/25)

チタン製「Apple Card」の美しさを保つには、革やデニムは厳禁──サポートページ公開
Appleが、米国で提供を開始した「Apple Card」のチタン製物理カードの取り扱いについて説明するサポートページを公開した。革の財布やジーンズのポケットに入れると洗い落とせない変色を起こす可能性があると注意している。(2019/8/22)

Apple Watch Series 5はセラミックとチタニウム?
次期Apple Watchでセラミックケースが復活するとの情報が。(2019/8/19)

PS4の無線コントローラーの新色「ローズ・ゴールド」と同色の無線ヘッドセット、今秋数量限定発売
ソニー・インタラクティブエンタテインメントがPS4のワイヤレスコントローラーの新色「ローズ・ゴールド」「チタン・ブルー」「エレクトリック・パープル」「レッド・カモフラージュ」を今秋数量限定で発売する。「ローズ・ゴールド」のみ、ワイヤレスサラウンドヘッドセットも発売する。(2019/8/16)

Apple、日本でも「Apple Card」と「Apple Cash」の商標登録を出願
チタン製のApple Cardは日本でも発行されるだろうか?(2019/8/6)

FAニュース:
省スペースでチタンなど難削材にも対応、高速、高精度の立形マシニングセンタ
DMG森精機は、省スペースで自動化できる立形マシニングセンタ「DMP 70」を発売した。優れた動的性能と高速、高精度加工により、自動車部品の量産加工から医療部品、難削材の加工に柔軟に対応する。(2019/7/26)

3Dプリンタニュース:
自動車から医療まで、量産積層造形向け金属材料4種類を発表
EOSは、量産積層造形向けの新しい金属材料を発表した。「EOSステンレス鋼CX」「EOSアルミニウムAlF357」「EOSチタンTi64グレード5」「EOSチタンTi64グレード23」の4種で、自動車から医療まで幅広い用途に利用できる。(2019/6/7)

ネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」6月下旬発売 スマホで充電可能
ファーウェイ・ジャパンは、6月下旬にネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」を発売。ワンステップでペアリングが可能で、Type-C OTG機能に対応するスマホに差し込めば手軽に充電できる。9.2mmダイナミック型ドライバーユニットに複合チタンメッキダイアフラムを採用した(2019/5/21)

Mac PerfectのApple Watch用チタンストラップが登場 2万7970円
Mac Perfectは、5月10日にApple Watch用チタンストラップ「NOMAD Titanium Ban」の先行予約を開始。耐久性や耐食性を備えたチタンを採用し、純正よりも低価格かつ軽量化を実現している。価格は2万7970円(税込)で、手首のサイズに合わせて容易にリンクを調整できるツールキットを同梱する。(2019/5/10)

Apple Cardの物理カードはチタン製 誰でも持てるリッチなカードに?
どえらいカードが誕生したのかも。(2019/3/26)

物理カードはチタン製:
iPhoneから申し込めるクレジットカード「Apple Card」登場 米国で2019年夏発行開始
AppleがGoldman Sachsと提携したクレジットカードを米国で発行する。iPhoneでの利用に最適化されており、カード番号やサインパネルなどがないチタン製の物理カードも発行される。(2019/3/26)

Apple、クレジットカードを米国で今夏開始 チタン製物理カードも
米Appleは、クレジットカードサービス「Apple Card」(アップルカード)を今夏に米国で開始すると発表した。(2019/3/26)

Garmin、ハイエンドスマートウォッチシリーズ「MARQ」 1500ドル(約17万円)から
Garminが約17万円からのハイエンドスマートウォッチシリーズ「MARQ」を4〜6月期に発売する。筐体はチタン製でセラミックのベゼルインレー、ディスプレイはサファイアクリスタル。iOSおよびAndroid端末と連携する。(2019/3/15)

高い入出力とエネルギー密度を両立:
ハイブリッドキャパシターの開発に成功
科学技術振興機構(JST)は、ナノ結晶化チタン酸リチウムを用いた「ハイブリッドキャパシター」の開発に成功したと発表した。(2019/3/13)

ドローン:
ドローンが300℃の火の中を飛ぶ、チタンとマグネシウム、ジルコニア塗装で
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とドローンメーカーのエンルートは2019年3月6日、東京都内で記者会見を開き、火災現場への進入と火元での近距離空撮が可能な耐火型ドローンを開発したと発表した。2019年10月から受注を開始し、2020年春から納入する。価格は現時点では非公表。目標販売台数は500台。(2019/3/7)

導入事例:
日南海岸に面する“塩害に悩む”国名勝の神社にチタン材が初採用、新日鐵住金
新日鐵住金のチタン材は、宮崎県・日南海岸内の海岸に面する国が指定した名勝となっている神社の屋根材に採用された。(2019/1/18)

太陽光:
結晶シリコン太陽電池の高性能化を実現、名古屋大が新材料
名古屋大学が太陽電池への応用に有望な電気的特性を示す酸化チタン極薄膜を開発。結晶シリコン太陽電池のさらなる高性能化につながる成果だという。(2019/1/9)

e☆イヤホン、ハイブリッドドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤフォンを独占販売
e☆イヤホンは、ハイブリッドドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「KONG-X HMC-K980TWS」を独占販売。BAドライバーとチタンフィルムを採用したダイナミックドライバーを搭載し、メカニカルなデザインと携帯性も高めたモデルに仕上がっている。価格は1万2980円(税込)。(2018/9/21)

褒めない上司、ダメ会議をITの力でしなやかにたたき直す? SI営業「チタン女子」の働き方改革
なぜ、営業女子は、結婚や出産を機に現場を離れてしまうのか――。そんな課題をITの力で解決しようと立ち上がったのがNSSOLのSI営業「チタン女子」。ブロックチェーンやしゃべるクマを使って、どのように働き方を変えたのか。(2018/8/13)

起源となるワイル・ノード:
酸化物薄膜を高品質化、異常ホール効果を発見
理化学研究所(理研)と東京大学らの研究グループは、磁性半導体である「チタン酸ユーロピウム(EuTiO3)」の高品質な単結晶薄膜を作製し、異常ホール効果の値が、磁化によってさまざまな値となることを発見した。(2018/7/31)

Garmin、音楽、決済、地図機能を搭載したGPSウォッチ「fenix 5 Plus Series」発売
Garminは、6月28日にプレミアムGPSウォッチ「fenix 5 Plus Series」3モデルを発売。音楽機能や非接触型決済ソリューション「Garmin Pay」を搭載し、日本全域の地形図や道路地図をあらかじめ収録している。チタンの採用で前モデルより最大16%の軽量化も実現した。(2018/6/19)

医療機器ニュース:
1台で2つの波長を高速出力する超小型波長可変パルスレーザーを開発
メガオプトは、媒質にチタンサファイアを用いた超小型の波長可変パルスレーザーを開発した。特定波長のみを発振させるレーザー共振器を波長ごとに並べることで小型化し、1台で2つの波長を高速に出力する。(2017/9/11)

FAニュース:
冷却効果を備えた制振エンドミル、ステンレス鋼やチタン合金加工向け
三菱マテリアルは、難削材加工用のマルチクーラントホール付き制振エンドミル「VQ-CoolStar」シリーズを発表した。高い冷却効果を備え、航空機部品などに用いられるステンレス鋼やチタン合金などの加工用に適している。(2017/8/25)

福田昭のストレージ通信(65) 強誘電体メモリの再発見(9):
強誘電体メモリ研究の歴史(後編)〜1990年代以降の強誘電体メモリ
強誘電体不揮発性メモリ(FeRAM)の研究開発の歴史を前後編で紹介している。後編となる今回は、ジルコン酸チタン酸鉛(PZT)とタンタル酸ビスマス酸ストロンチウム(SBT)を使ったFeRAMに焦点を当てる。さらに、Intelが一時期、技術ベンチャーと共同研究していた有機高分子メモリにも触れる。(2017/8/1)

福田昭のストレージ通信(62) 強誘電体メモリの再発見(6):
代表的な強誘電体材料(前編)〜圧電セラミックス系材料
今回から2回にわたり、代表的な強誘電体を説明する。本稿では、強誘電体メモリへの応用を見込んだ最も古い材料であるチタン酸バリウムをはじめ、最も重要な強誘電体材料であるジルコン酸チタン酸鉛(PZT)、そしてPZTの対抗馬として名乗りを上げたタンタル酸ビスマス酸ストロンチウム(SBT)、ビスマスフェライト(BFO)を解説しよう。(2017/7/20)

“Androidの父”ルービン氏、ハイエンド端末「Essential Phone」発表
“Androidの父”と呼ばれる元Googleのアンディ・ルービン氏の新興企業がハイエンドな新Android端末を発表した。「Essential Phone」はベゼルレスな5.71型、チタン+セラミック筐体のロゴなしデザイン。「Moto Z」のようなモジュール追加可能なマグネティックコネクタを備える。(2017/5/31)

カメラの性能向上に期待:
高屈折率の酸化チタン薄膜の実用的作製法を開発
東北大学大学院工学研究科と日本電気硝子は、高屈折率材料でありながら高価な作製方法しか存在しなかったルチル型の結晶構造を持つ酸化チタン薄膜をより簡易に低コストで作製できる技術を開発した。(2017/4/21)

エクササイズにも使える防滴仕様のワイヤレスイヤフォン、1MORE「iBFree」
e☆イヤホンは、中国のオーディオブランド“1MORE”のBluetoothイヤフォン「iBFree」を11月12日に発売する。1MOREが特許を持つチタンとPET樹脂の2層振動板を採用。apt-Xもサポートした。(2016/11/11)

歴代ゴジラ、痛印堂に襲来! 高級チタン製の全7種展開で「シン・ゴジラ」もあるよ
8月31日予約受付開始!(2016/8/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.