• 関連の記事

「GaN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

窒化ガリウム:Gallium Nitride

embedded world 2022:
センサー内で学習、推論できる6軸慣性測定ユニット
STMicroelectronicsはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日)に出展し、インテリジェントセンサープロセッシングユニット(ISPU)搭載の6軸慣性測定ユニット(IMU)「ISM330IS」のデモなどを展示していた。(2022/6/28)

AIでドラム音を生成する「ドラムガン」、ソニーCSLが開発 スタインバーグの音楽制作ソフトに搭載へ
ソニーコンピュータサイエンス研究所がAIを用いてドラム音を生成する技術を発表。スタインバーグの音楽制作ソフトウェアに搭載されるという。(2022/6/22)

CIO、楽天市場「お買い物マラソン」に参加 急速充電器やオーディオアイテムが最大66%オフ
CIOが、6月22日20時〜6月27日1時59分に開催される楽天市場の「お買い物マラソン」に参加。GaN対応急速充電器やモバイルバッテリー、ネックファンなどを最大66%オフで販売する。(2022/6/23)

FAニュース:
耐熱200℃のナノソルダー接合材料を開発、パワーデバイス組立に展開へ
パナソニックは2022年6月21日、低温かつ短時間プロセスで接合できる耐熱200℃のナノソルダー接合材料を開発したと発表した。低融点金属粒子と高融点金属粒子を組み合わせた固液反応を用いることで、200℃、10分の低温かつ短時間プロセスでの接合と200℃耐熱の両立を達成した。(2022/6/22)

パワー半導体の組み立てに適用:
ナノソルダー接合材料、低温接合で耐熱200℃を両立
パナソニック ホールディングスは、東北大学や大阪教育大学、秋田大学、芝浦工業大学と共同で、低温かつ短時間での接合と、耐熱200℃を両立させた「ナノソルダー接合材料」を開発した。(2022/6/22)

車載電子部品:
京セラがヘッドランプ用半導体レーザー、ランプのLiDAR化や可視光無線通信も視野
京セラは、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」(2022年5月25〜27日、パシフィコ横浜)において、自動車のヘッドランプや照明などに向けた半導体レーザーを展示した。半導体レーザーを活用して、ヘッドランプにセンサーとしての機能を持たせたり、ヘッドランプの光による通信機能を実現したりしていく。(2022/6/10)

富士通、6G実用化に向けドコモ・NTTと共同実験 100Gbps超の安定通信目指す
次世代通信規格「6G」の実用化に向け、富士通がNTTドコモ・NTTと共同実験。100GHz帯・300GHz帯の電波を使い、100Gbpsを超える高速無線通信を安定して実現する技術の開発を目指す。(2022/6/7)

合計最大出力245Wに対応したモバイルバッテリー&電源アダプター クラウドファンディングで登場
ロア・インターナショナルは、合計最大出力245Wに対応した「HyperJuice 245W GaN電源アダプタ」「HyperJuice 245W バッテリーパック」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売する。(2022/6/6)

切断時間が短くロスも極めて少ない:
名古屋大、GaN基板レーザースライス技術を開発
名古屋大学は、GaN(窒化ガリウム)基板の切り出しを「少ないロス」で「短時間に行う」ことができるレーザースライス技術を、浜松ホトニクスと共同で開発した。GaNデバイスのコスト削減につながる技術として注目される。(2022/6/3)

いまさら聞けない 非線形構造解析入門(1):
非線形解析って何だ!?
多くの3D CADではオプションとしてCAE機能が用意されているが、多くの方が「線形解析」での利用にとどまっており、「非線形解析」にまで踏み出せていない現状がある。本連載では、構造解析でも特に非線形解析にフォーカスし、初心者向けに分かりやすくその特長や活用メリットなどを紹介する。(2022/6/2)

シード基板の品質が成長後にも影響:
東北大ら、LPAAT成長法で高品質なGaN結晶を確認
東北大学は、日本製鋼所や三菱ケミカルとの共同研究により、低圧酸性アモノサーマル(LPAAT)法を用いた窒化ガリウム(GaN)基板の製造において、使用するシード(種結晶)基板の品質が、結晶成長後の品質に影響することを確認した。(2022/5/30)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」で最大40%オフ モバイルバッテリーや充電器ほか
CIOが、5月28日9時〜5月30日23時59分に開催されるAmazonの「タイムセール祭り」に参加。GaN対応急速充電器や高出力かつコンパクトなモバイルバッテリー、絡みにくいシリコン充電ケーブルなどを最大40%オフで販売する。(2022/5/27)

Infineon、PCIMでデモ展示:
小型高効率、GaN採用の240W USB-Cチャージャー
Infineon Technologiesは、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」(2022年5月10〜12日、ドイツ)において小型軽量で高効率の240W USB-Cチャージャーを実現するGaN(窒化ガリウム)ソリューションを紹介した。(2022/5/26)

富士経済が世界市場を調査:
パワー半導体市場、2030年に5兆3587億円規模へ
富士経済は、パワー半導体の世界市場を調査した。電動車や再生可能エネルギーの普及などによって、需要拡大が期待されるパワー半導体市場は、2022年見込みの2兆3386億円に対し、2030年は5兆3587億円規模に拡大すると予測した。(2022/5/25)

2つの大きな課題とは?:
負電圧出力DC-DCコンバーターの基本
今回は、正電圧出力に比べてそれほど一般的ではない負電圧出力(または反転)DC-DCコンバーターソリューションの基本を解説します。(2022/5/25)

車載向け耐圧1200Vデバイスも:
2022年内にGaN-on-GaNデバイスを市場投入、NexGen
米NexGen Power Systems(以下、NexGen)は、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」(2022年5月10〜12日、ドイツ)に出展し、GaN(窒化ガリウム)基板上にGaN層を形成する縦型GaNデバイス「Vertical GaN」などを紹介した。同社製品は2022年第4四半期にノートPCのAC-DCアダプター用途で出荷される予定だ。また、今後、数四半期以内に車載DC-DCコンバーターやオンボードチャージャー向けに耐圧1200Vのデバイスも出荷を開始する予定だという。(2022/5/24)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ルネサス甲府の再稼働が決定、追い上げる日本のパワー半導体
ルネサス エレクトロニクスが甲府工場を再稼働させると発表しました。決断に至った背景には、経産省(国)の存在があるようです。(2022/5/23)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ドイツから〜コロナ規制から解き放たれたリアル展示会の姿
3年ぶりのリアル開催となったPCIM Europe 2022に行ってきました。(2022/5/20)

デジタルヒューマンが京都を案内する動画、京阪グループが公開へ 好感度を調査
京阪ホールディングスは12日、AIが生成したデジタルヒューマンが登場する京都の観光案内動画をYouTubeなどで13日に公開すると発表した。(2022/5/12)

高効率の電源システムに向け:
ロームとデルタ電子、GaNデバイスの開発で協業
ロームとデルタ電子は2022年4月27日、GaNパワーデバイスの開発と量産において戦略的パートナーシップを締結したと発表した。デルタ電子の電源開発技術と、ロームのパワーデバイス開発、製造技術を組み合わせ、600V耐圧のGaNパワーデバイスを共同で開発する。(2022/4/28)

組み込み開発ニュース:
電力損失がSiの20分の1、NTTが次々世代パワー半導体AlNのトランジスタ動作に成功
日本電信電話(NTT)は、SiC(炭化シリコン)やGaN(窒化ガリウム)を上回る次々世代パワー半導体材料として期待されるAlN(窒化アルミニウム)を用いたトランジスタ動作に成功したと発表した。AlNのトランジスタ動作に成功したのは「世界初」(NTT)だという。(2022/4/25)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」で充電器などを最大39%オフ
CIOが、4月24日9時〜4月26日23時59分に開催されるAmazonの「タイムセール祭り」に参加。GaN対応急速充電器やモバイルバッテリー、絡みにくいシリコン充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。(2022/4/22)

Innovative Tech:
動画内の顔を後から「SNOW」みたいに編集できるAI技術 Adobeなどの米国チームが開発
米Adobe Researchなどの米国の研究チームは、動画内の人物や動物の顔にステッカーなどをピタッと貼り付いているように編集できる深層学習を用いた技術を開発した。(2022/4/21)

GaN/SiC半導体を高精度で評価:
テレダイン・レクロイ、1GHzプローブなどを発売
テレダイン・レクロイは、帯域幅が1GHzの高電圧光アイソレーションプローブ「DL-ISO」と「パワーデバイステスト用ソフトウェア」を発売する。これらを12ビット分解能オシロスコープと組み合わせることで、GaN(窒化ガリウム)/SiC(炭化ケイ素)半導体の特性を、高い精度で評価することが可能となる。(2022/4/20)

STマイクロ VIPerGaN50:
パワートランジスタ内蔵の50W GaNコンバーター
STマイクロエレクトロニクスは、650V耐圧のGaNパワートランジスタを内蔵する高電圧コンバーター「VIPerGaN50」を発表した。高効率のスイッチングが可能で、最大50W出力のフライバックコンバーターに適する。(2022/4/18)

最大30W出力対応のコンパクトな急速充電器 FUNMAX JAPANから
FUNMAX JAPANの充電ライフスタイルブランド「CellCube」は、急速充電器「1ポートUSB-C Fast Charger GaN Mini(PD30w)」「2ポートUSB-C Fast Charger (PD20w+12w)」を発売する。(2022/4/15)

NXP GaN RFパワーディスクリートソリューション:
32T32R無線子局向けGaN RFパワートランジスタ
NXPセミコンダクターズは、32T32Rタイプの無線子局向けGaN RFパワーディスクリートソリューションを発表した。32T32Rソリューションは、従来の64T64Rタイプと同一パッケージながら、アンテナ平均出力が倍増している。(2022/4/14)

CIOがモバイルバッテリーやワイヤレス充電器のセール 楽天市場の「お買い物マラソン」にて
CIOが、4月9日20時〜4月16日1時59分に開催される楽天市場「お買い物マラソン」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを割引価格で販売する。(2022/4/8)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタを活用し、AIが見立ててデザイナーが具現化した器を展示
ストラタシス・ジャパンとquantumは、AIデザインプロジェクト「mitate」初の展示会を開催する。3Dプリンタを用いて、「mitate AI」が見立ててデザイナーが仕立てた器を造形し、展示する。(2022/4/6)

米EE Timesが創刊50周年:
半導体業界の「次の50年」に向けて――鍵はグリーン
米国EE Timesは2022年に、50周年を迎える。当社が創刊号を発行したのは、Intelが1971年11月に、近代のコンピュータ時代の先駆けとなるマイクロプロセッサを初めて発表してから、わずか数カ月後のことだった。(2022/3/31)

GaNパワー半導体入門(1):
GaNパワートランジスタとは
省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとして、化合物半導体である窒化ガリウム(GaN)を用いたパワー半導体が注目を集めている。本連載では、次世代パワー半導体とも称されるGaNパワー半導体に関する基礎知識から、各電源トポロジーにおけるシリコンパワー半導体との比較まで徹底解説していく。第1回である今回は、GaNパワートランジスタの構造や特長、ターゲットアプリケーションなどについて説明する。(2022/3/30)

GNE10xxTBシリーズ(GNE1040TB):
ローム、ゲート耐圧8Vの150V耐圧GaN HEMTを量産
ロームは2022年3月、ゲート・ソース定格電圧(ゲート耐圧)を8Vに高めた150V耐圧GaN HEMT「GNE10xxTBシリーズ」として「GNE1040TB」を開発、量産体制を整えた。(2022/3/24)

炭化ケイ素層を用い膜剥がれ防ぐ:
ダイヤモンドと接合したGaNで、トランジスタ作製
大阪市立大学と東北大学、エア・ウォーターらの研究グループは、ダイヤモンドに直接接合した窒化ガリウム(GaN)を約800℃で熱処理し、GaNトランジスタを作製することに成功した。(2022/3/23)

異なるタスクに対応できるAI
自己教師あり学習は、「考え方を考える」強いAIを実現するか?
既存のAIは特定のタスクに特化しており、他のタスクに応用できない。IIIMが目指すのは自律的に学習して異なる複数のタスクに対応できる「強いAI」の実現だ。その研究・開発動向を紹介する。(2022/3/22)

SiCやGaNにも応用可能:
ブリッジレス方式トーテムポール力率補正コントローラーで、高いAC-DC電力変換効率を達成する手法
AC-DC変換を行う変換器は、エネルギー送電網に設置されている最も一般的な負荷の一つになっています。本稿では、ブリッジレス方式トーテムポール力率補正コントローラーで、高いAC-DC電力変換効率を達成する手法について解説します。(2022/3/9)

PR:「AIを使えない企業は衰退する」――勝機はAI活用にアリ 明大教授が訴える“知っておくべきこと”とは?
(2022/3/3)

6インチ枚葉式HVPE装置を開発:
大陽日酸、大口径ウエハー上に酸化ガリウムを成膜
大陽日酸は、東京農工大学やノベルクリスタルテクノロジーと共同で、ハライド気相成長(HVPE)法により、6インチウエハー(サファイア基板)上に酸化ガリウム薄膜を形成することに成功した。(2022/3/3)

Meta(旧Facebook)、ウクライナ標的の約40件の偽ペルソナネットワークを削除
Meta(旧Facebook)は、“コーディネートされた不正な動作”をするアカウント、ページ、グループのネットワークを発見し、これらの活動を停止させたと発表した。ウクライナの人々を標的に、西側がウクライナを裏切り、ウクライナが破綻しているなどの偽情報を組織的に投稿していた。(2022/3/1)

Innovative Tech:
画像に写りこんだ水滴を除去できる「RainGAN」 シンガポールの研究チームが開発
シンガポールのNanyang Technological Universityの研究チームは、画像に写り込んだ水滴を除去する深層学習を用いた技術を開発した。雨などによってカメラレンズの表面に直接付着した水滴を撮影後の画像から除去する。(2022/3/1)

「15分でスマホ満充電」150W急速充電をOPPOが発表 2022年後半に実用化
OPPOは2月28日、独自の充電技術「150 SUPERVOOC with BHE」を公開した。2022年後半より、OnePlusとOPPOのスマートフォンに搭載される。また、5Gの据え置き型端末「OPPO 5G CPE 2」も発表した。(2022/2/28)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」でモバイルバッテリーや充電器を最大39%オフ
CIOが、2月26日9時〜2月28日23時59分に開催されるAmazon「タイムセール祭り」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを最大39%オフで販売する。(2022/2/25)

湯之上隆のナノフォーカス(47):
界面の魅力と日本半導体産業の未来 〜学生諸君、設計者を目指せ!
今回は、「電子デバイス界面テクノロジー研究会」の歴史と、同研究会が行った、半導体を研究している学生48人へのアンケート結果を紹介する。アンケート結果は、非常に興味深いものとなった。(2022/2/24)

2000万ドルの資金調達:
ダイヤモンド材料のAkhan、半導体材料の開発加速へ
半導体業界向けダイヤモンド材料のメーカーである米新興企業Akhan Semiconductor(以下、Akhan)は、長期投資家を含む財務パートナーとの2000万米ドルの資金調達ラウンドを完了した。同社は、米国イリノイ州ガーニーにある「Diamond Mine 1」と呼ぶ施設を拡張し、商用製品の市場投入に向けて製造能力を強化する計画だという。(2022/2/22)

稼働は2024年を予定:
Infineon、20億ユーロでSiC/GaN半導体新工場を建設
Infineon Technologiesは2022年2月17日(ドイツ時間)、20億ユーロ(約2600億円)以上を投じてマレーシアのクリムにある拠点にSiC(炭化ケイ素)、GaN(窒化ガリウム)半導体のフロントエンドの新工場を建設する、と発表した。同社は、この新工場の稼働によって、「SiC、GaNベースの製品で新たに年間20億ユーロの売り上げ増が可能になる」としている。(2022/2/18)

Innovative Tech:
ポケモン風のキャラクターをAIが作成、デモページを公開 GANの高速化研究の一環として
ドイツのUniversity of TubingenとMax Planck Institute for Intelligent Systems、University Heidelbergの研究チームは、最先端のGANより学習が最大で40倍高速化する手法を開発。ポケモン風のキャラクターを生成できるデモページを公開している。(2022/2/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマには半導体が必要なのか? どうなるクルマと半導体のミライ
改めていうまでもないのだが、EVやハイブリッド車は当然として、純エンジン車にとっても半導体は欠かせない部品だ。それでもこの半導体というモノ自体が何なのか、今一つクリアになっていない。さらに深層へと迫ろう。(2022/2/17)

AutoML OSS入門(10):
Google発、ニューラルネットワークの構築に特化したAutoML OSS「Model Search」
AutoML OSSを紹介する本連載第10回は、「Model Search」を解説します。Model Searchは、TensorFlowをベースとしたDeep Neural Networks(DNNs)の構築に特化したGoogle発のOSSです。(2022/2/17)

製造マネジメントニュース:
東芝が描く2分割後の事業戦略、デバイス分野は5700億円の投資計画
東芝は2022年2月8日に開催した投資家向け説明会の中で、今後独立分社化を進める予定の、エネルギーやインフラ関連事業をまとめたインフラサービスカンパニーと、半導体やHDDなどデバイス系事業をまとめたデバイスカンパニーの事業戦略について発表した。(2022/2/10)

HDD、半導体製造装置の戦略も説明:
パワー半導体研究開発に1000億円、東芝の半導体戦略
東芝は2022年2月8日、会社分割後にできる2社の事業戦略に関する説明会を行った。デバイス&ストレージ事業をスピンオフする「デバイスCo.」では、シリコンパワー半導体のラインアップ拡充やSiC(炭化ケイ素)、GaN(窒化ガリウム)デバイス開発を加速し、パワー半導体の研究開発だけで5年間に1000億円を投入する計画などを明かした。(2022/2/9)

Innovative Tech:
「誰がモデルか、なんとなく分かる」アニメ風の顔画像に変換するAI、台湾の研究チームが開発
国立台湾科技大学の研究チームは、現実の顔のアイデンティティーを維持したままアニメ風の顔画像に変換するGANを使ったシステムを開発した。実写感を排除しているのに、元の顔の原型をできるだけ残した点が特徴だ。(2022/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.