メディア
ニュース
» 2010年07月20日 16時32分 公開

ルネサス、消費電力量を85%減らしたUSB3.0ホスト・コントローラを発表高速シリアルインタフェース技術 USB3.0

[笹田仁,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは、USB3.0ホスト・コントローラーの新製品「μPD720200A」(図1)を発表し、サンプル出荷を開始した。PCやサーバに向けたものだ。USB端子に周辺機器を接続していない状態での消費電力量を既存製品「μPD720200」と比べて85%減らし、50mWに抑えたことが特長。ノートPCの2次電池による駆動時間の延長に貢献できるとしている。さらに、既存製品のデバイスドライバソフトウエアを流用することも可能。

 端子配置をμPD720200と互換にしたことも特長。既存のプリント基板や設計を流用できる。PCなどの機器との接続インターフェイスはPCI Express 2.0 x1。μPD720200Aに、2つのUSB端子を接続可能。パッケージは176端子のFPBGA。

図1 図1 ルネサス エレクトロニクスの、USB3.0ホスト・コントローラー「μPD720200A」
既存製品に比べて機器を接続していない状態での消費電力量を85%減らした。

 USB3.0(Super-speed:5Gビット/秒)だけでなく、既存のUSB規格にも対応する。転送速度は、Low-speedが1.5Mビット/秒、Full-speedが12Mビット/秒、High-speedが480Mビット/秒。

 サンプル価格は1個1000円。量産は2010年10月から開始する予定。量産価格は1個300円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.