メディア

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック(EE Times Japan)

「大原雄介のエレ・組み込みプレイバック(EE Times Japan)」の連載記事一覧です。

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

2024年4月に、IntelとAMDの決算(2024年第1四半期)が相次いで発表され、両社とも発表後に株価が大幅に下落した。理由はなぜなのか。そして、Intelの“危うい”業績から見て取れるのは、Intelの今後の成長の鍵を握っているのはIntel Foundryだということだ。

[大原雄介, EE Times Japan] ()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

STMicroelectronicsが、次世代「STM32」MCUを、18nmのFD-SOIプロセスで製造すると発表した。この発表、実はかなり興味深い。それはなぜなのか、FD-SOIのこれまでの経緯をたどりながら解説したい。

[大原雄介, EE Times Japan] ()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

今回は、小規模FPGAを手掛ける各社の戦略を分析したい。とりわけInfineon TechnologiesとMicrochip Technologyはこの分野で真逆のアプローチを示していて、興味深い。

[大原雄介, EE Times Japan] ()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

2024年1月、IntelとUMCが、12nm世代の半導体製造プラットフォーム開発で協業すると発表した。この提携は本当のところ何を意味しているのか。Intel、UMCそれぞれの背景を見ながら、深堀りして解説したい。

[大原雄介, TechFactory] ()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。今回は、2023年を通して相次いだ半導体製造への投資を振り返り、そこから見えてきた2つの大きな課題について考察する。

[大原雄介, TechFactory] ()

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.