メディア
特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年06月10日 13時30分 公開

センサープラットフォーム、日本でも標準化狙うIoT市場を活性化する切り札となるか(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

2016年6月から順次出荷

 M2.COMモジュールはまず、Wi-Fi対応の「WISE-1520」を2016年6月より出荷する。引き続き、超低消費電力ネットワーク規格「LoRa」に対応する「WISE-1510」、Bluetooth Smart対応の「WISE-1530」、LTE(Long Term Evolution)対応の「WISE-1570」などを順次、市場に投入していく計画である。

M2.COMモジュールで提供されるソフトウェアとハードウェアの構成 (クリックで拡大) 出典:アドバンテック

 システム評価向けに、WISE-1520を実装したIoTセンサーノードスタータキットも用意した。

WISE-1520を実装したIoTセンサーノードスタータキットも用意した (クリックで拡大) 出典:アドバンテック

「標準化された小型組み込みプラットフォームが必要」

 アドバンテックの社長兼日本地区最高責任者を務めるマイク小池氏は、「(当社のビジネス対象となる範囲に限定すれば)IoT関連市場は、2025年にほぼ1000兆円規模に達すると推定されている。需要が爆発的に立ち上がる時に、これまで提供してきたIoTゲートウェアとワイヤレスセンサーのソリューションでは十分に対応しきれない。センサー端末のための標準化された小型の組み込みプラットフォームが必要になる」と話す。このため、センサー技術や無線通信技術といったコアテクノロジーを保有するアームやボッシュなどのパートナーと連携し、日本市場においてもセンサー端末のプラットフォームとして同規格の標準化を推進していくことにした。

記者発表会に参加したメンバー。左から3人目がマイク小池氏

 さらに、M2.COMのコアテクノロジーメンバーとなっているアームやボッシュ(ボッシュセンサーテックジャパン)、センシリオン、日本TIおよびセムテック・ジャパンの責任者/担当者が、IoT関連市場に向けた自社の取り組みなどについて紹介した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.