メディア
ニュース
» 2022年07月01日 09時30分 公開

DNP、薄型軽量の5G向け電波吸収シートを開発ミリ波帯対応シートは厚み0.3mm

大日本印刷(DNP)は、5G(第5世代移動通信)で用いられる特定周波数帯の電波のみを選択的に吸収する薄型で軽量の「電波吸収シート」を開発したと発表した。2023年までに製品化を目指す。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

環境にも調和、木目調の建具用シートなどと併用

 大日本印刷(DNP)は2022年6月、5G(第5世代移動通信)で用いられる特定周波数帯の電波のみを選択的に吸収する薄型で軽量の「電波吸収シート」を開発したと発表した。2023年までに製品化を目指す。

木目調の建具用シートを貼り合わせた電波吸収シート。左がミリ波帯用、右がSub6帯用出所:DNP

 開発した電波吸収シートは、5Gシステムに用いられるミリ波(28GHz帯)やSub6帯(3.7GHz帯、4.5GHz帯)で、特定周波数の電波のみを選択的に吸収する。これによって、電波干渉や通信エリアからの電波漏えいを抑えることができるという。具体的に、特定周波数の電波に対する吸収量は−15dB以下である。顧客の要求に応じて、吸収する電波の周波数帯を調整した製品も開発、供給することにしている。

 従来シートに比べ、大幅な薄型化と軽量化も実現した。ミリ波帯対応シートは厚みが0.3mmで、重さは0.5kg/m2、Sub6帯対応シートは厚みが1.6mm、重さは3kg/m2である。これにより、設置個所などの制限も少なくなった。

 さらに、独自のEB(電子線)コーティング技術を活用することで、屋外でも利用できる高い耐候性や耐傷性を実現した。また、DNP製の木目調建具用シートなどと併用すれば、周囲の景観に調和する製品に仕上げることができるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.