メディア
ニュース
» 2010年06月17日 17時25分 公開

東芝と富士通が携帯事業の統合に合意、携帯の国内シェア1位を目指すビジネスニュース 企業動向

[前川慎光,EE Times Japan]

 富士通と東芝は、携帯電話事業の強化を目的に、両者の事業を統合することに合意したと発表した。基本合意にもとづき、10月1日をめどに新会社を設立する。この新会社に東芝の携帯電話事業を移管した上で、富士通が新会社の株式の過半を取得する予定である。

図

 富士通はこれまで、NTTドコモ向けに携帯電話機プラットフォームを開発したり、防水防塵や指紋センサーといった独自機能を搭載した携帯電話端末を提供してきた実績がある。一方の東芝は、液晶テレビ事業で蓄積した映像技術やスマートフォン関連技術に強みを持つ。今回の統合によって、国内における携帯電話端末の開発基盤を強化し、競争力のある携帯電話端末を開発することで国内の市場シェア1位を目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.