メディア
ニュース
» 2010年06月17日 19時21分 公開

2500万画素で53fpsと高速のCMOSセンサー、マシンビジョン向けにサイプレス社が投入センシング技術

[薩川格広,EE Times Japan]

 米Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)社は、画素数が2500万画素でフレーム速度が53フレーム/秒と高いCMOSイメージセンサー「VITA 25K」を開発した(図1)。すでにサンプル出荷を開始しており、2011年上半期(1月〜6月)に量産出荷を始める予定である。検査装置や自動制御交通システムなど、ハイエンドのマシンビジョンに向ける。

 有効画素数は5120×5120画素。画素寸法は4.5μm×4.5μm。光学フォーマットは35mm。出力インターフェイスは620Mビット/秒動作のLVDSを32チャネル集積しており、総帯域幅は約20Gビット/秒に達する。「スループットは業界最高だ」(同社)。これだけのスループットがあれば4K2K(約4000×2000画素)の映像を120フレーム/秒で出力できることから、「次世代の放送用ビデオカメラにも使える」(日本サイプレス)という。

図1 図1 2500万画素のCMOSイメージセンサー
620Mビット/秒動作のLVDS出力を32チャネル備え、2500万画素時に53フレーム/秒のフレーム速度が得られる。2010年6月9日〜11日にパシフィコ横浜で開催された産業用画像処理システムの展示会「画像センシング展 2010」に日本サイプレスが出品した。

 分解能が10ビットのA-D変換器を集積した。パイプライン方式のグローバルシャッター機能を備える。ローリングシャッターとは異なり、画素情報の読み出し中にも露光できるため、動きのある対象物を撮影する際のぼやけを抑えられる。ただし相関2重サンプリング(CDS)を使うローリングシャッター・モードも用意しており、それに切り替えればダイナミックレンジを広げることが可能だ。

 消費電力は2.5W。動作温度範囲は0℃〜70℃。価格は顧客ごとに個別に対応するとして明らかにしていない。

 なおこの2500万画素品は、同社が2010年6月初旬に発表したCMOSイメージセンサー製品群「VITA」の最上位品である。同製品群にはこのほか、130万画素品と200万画素品、500万画素品が用意されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.