メディア
ニュース
» 2010年07月20日 16時16分 公開

2010年のMEMS市場は成長率が2けたに回復、iSuppli社が予測ビジネスニュース 市場予測

[R. Colin Johnson,EE Times]

 過去2年間低迷を続けていたMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)市場だが、市場調査会社である米iSuppli社によると、携帯電話機や、ゲーム機のコントローラー、デジタルカメラなどの家庭用電子機器の好調な売り上げにけん引される形で、2010年の成長率が2けたに回復する見込みだという。

 iSuppli社の予測では、MEMS市場全体の規模は2010年内に、前年比11%以上の増加となる約65億米ドルに達し、歴史的な売り上げを記録した2007年とほぼ同程度にまで回復するという。iSuppli社はさらに、MEMS市場は2014年までに98億米ドルを上回る規模に成長すると見ている。

図

 売上高が上昇しているのは、消費者製品向けのMEMSチップだけではない。車両横転検知や、車線逸脱警告、衝突防止、自動駐車などの安全システムには、高性能MEMSセンサーが必須となるため、車載アプリケーション向けの売り上げも増加傾向を見せている。iSuppli社はこのほかにも、家庭用医療機器や、工業用コントローラー、防衛・航空宇宙アプリケーションをMEMSの成長分野として挙げている。

 製品別の市場シェアでは、インクジェットプリンタ用ヘッドが今後もトップシェアを維持するものと見られており、加速度計や、圧力センサー、ジャイロセンサー、MEMSディスプレイ向け光学部品が後に続くとiSuppli社は見ている。同社の予測によれば、2011年以降は、小型プロジェクタやMEMSフラットパネルに加えて、MEMSマイクや、BAW(Bulk Acoustic Wave)フィルタ、可変容量ダイオード、カメラ付き携帯電話機向けのオートフォーカス機構などに向けたMEMS部品の出荷量拡大が見込めるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.