メディア
ニュース
» 2010年10月25日 16時17分 公開

ノキア シーメンス、インドでTD-LTEのデモを披露無線通信技術 LTE

[Kariyatil Krishnadas,TechOnline India]

 ノキア シーメンス ネットワークス(NSN)はインドのバンガロールで、時分割複信(TDD:Time Division Duplex)方式を適用したLTE(Long Term Evolution)の標準規格「TD-LTE」のデモをインドのブロードバンド用周波数帯を用いて披露した。このデモでは、市販のハードウエアに第4世代(4G)の無線技術を実装し、2.3GHzの周波数帯を利用して20MHz帯域幅の通信を実演してみせた。

 ノキア シーメンスの幹部は、今回のデモが2.3GHzのTD-LTEの商用化に向けて前進する上でのマイルストーンになると述べている。また同社は、高解像度ビデオのストリーミングや3方向対応のビデオ会議などのデモも行なった。

 ノキア シーメンスのインド事業部門を率いるUrs Pennanen氏は、発表資料の中で、「今回のデモは、インドでTD-LTEのエコシステムを構築する上で、重要なマイルストーンとなる。TD-LTEをブロードバンド無線アクセス用の周波数帯に用いれば、通信事業者は一般大衆に向けて音声やデータのサービスを提供できるようになるため、TD-LTEの実用化は、この国にとって重要な意味を持つ」と述べた。

 また、同社のモバイル営業部門を率いるJuha Lappalainen氏は、「ペア/非ペアの周波数帯のTD-LTEをグローバルに普及させる上で、インドは重要な役割を担う。当社は、インドがTD-LTEをけん引する市場になると確信している」と付け加えた。

 インド政府が2010年6月に行った無線周波数帯の入札では、11の企業が参加して85億米ドルの値が付いた。ノキア シーメンスが今回実施したTD-LTEのデモは、この入札を落札した企業に向けたものである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.