メディア
ニュース
» 2016年03月02日 13時30分 公開

IoTデバイス設計を簡素化、マルチプロトコルSoC実運用に近いソフトウェアスタックを強みに(2/2 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

PRSを搭載

 IoTのように大規模にセンサーデバイスが展開されるときに鍵になるのは、“消費電力”だ。Wireless Geckoは、CPUのスリープ時にペリフェラルを自律的に動作させることができるPRS(Peripheral Reflex System)を搭載している。PRSに加えて、DSP機能を備えたARM Cortex-M4コアにより低消費電力を実現したとする。アクティブモードの電力消費は63μA、ウエイクアップまでは1.4マイクロ秒となっている。

「Wireless Gecko」ポートフォリオ (クリックで拡大) 出典:シリコンラボ

 Wireless Geckoでもう1点注目したいのが、統合開発環境のSimplicity Studioである。Simplicity Studioは、PCで無償ダウンロードできるアプリケーションとなっており、同社は「RF部分を容易に開発できるようになる」と語る。

 また、電力効率をリアルタイムで把握しバッテリー寿命の最適化ができる「Energy Profiler」や、ネットワークのパケットの様子を監視できる「Network Analyzer」も利用できるという。今までのマイコン開発で使用していたソフトウェアを利用可能だ。

統合開発環境ツール「Simplicity Studio」の概要 (クリックで拡大) 出典:シリコンラボ

「IoT元年」

シリコン・ラボラトリーズでIoT製品のマーケティング担当バイスプレジデントを務めるDaniel Cooley氏 (クリックで拡大)

 同社は今回、3種類それぞれの開発キットも提供し、「ソフトウェアスタックを含めて、多くの機能を実運用に近いレベルで提供できるだろう」とした。また、SoCだけでなくモジュール製品もサポートしている。

 シリコンラボでIoT製品のマーケティング担当バイスプレジデントを務めるDaniel Cooley氏は、「2016年はIoT元年となるだろう。当社は、IoTのコネクティビティで、コスト/消費電力/セキュリティを満たす製品を提供できる。IoTのリーディングカンパニーとして市場を引っ張っていきたい」と語った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.