メディア
ニュース
» 2017年01月31日 13時30分 公開

IoTの通信方式は適材適所へ マルチプロトコルの現状シリコンラボに聞く(2/2 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

2017年中にダイナミックまでサポート

水谷章成氏。手に持っているのは、マルチプロトコルSoCのレファレンスデザインとなる静電タッチ型 調光スイッチである (クリックで拡大)

 多くの人がマルチプロトコルと聞いて想定するのが、4つ目のダイナミックとする。各プロトコルが一定間隔でネットワークをシェアする形となる。切り替えを行うタスクを動作させるだけのため、「マイクロ秒級」(水谷氏)と瞬時に切り替えが可能だ。顧客が開発しやすいよう、各プロトコルの動作をどうプログラミングするかが今後の課題となる。

 5つ目の同時動作は、同時に動作しているようドライバに値するソフトウェアで切り替え処理を行うことで、エンドユーザーが通信方式の切り替え操作を行うことなく、それぞれの通信を行えるようにする。Bluetoothなど時間の管理を厳しく行わなければ接続エラーとなるプロトコルでは難しく、時間的制約が比較的緩いZigBeeとThreadネットワークに継続して参加する方法を現在検討しているという。

 Wireless Geckoでは現在、プログラマブルまでサポート。2017年3月までにはスイッチング、2017年中にはダイナミックまでをサポートする予定としている。

 水谷氏は「一番重要なのはハードウェアが共通で、プログラムだけ書き変えればいい状態である。通信用チップが組み込まれている強力なプロセッサではなく、低消費電力のマイコンを搭載したSoCでマルチプロトコルを行えるのが当社の強み」と語る。

レファレンスデザインも提供

 同社は、Wireless Geckoポートフォリオの1つである「Mighty Gecko」を用いた、ビルディングオートメーション向けのレファレンスデザインも提供している。静電タッチ型 調光スイッチと磁気コンタクトセンサーに加えて、2016年12月には人感センサーとスマートコンセントも追加した。照明機器向けのレファレンスデザインや、ZigBeeやThreadに対応したゲートウェイなども展開。システム構成やデバッグ、ソフトウェア開発キット(SDK)は、同社が無償で提供するツール「Simplicity Studio」でサポートする。「IoTアプリケーションの開発期間を短縮化することが可能」(水谷氏)と語る。

レファレンスデザインに新しく追加した人感センサーとスマートコンセント (クリックで拡大)

 水谷氏によると、同社のZigBeeメッシュネットワークを用いた照明ソリューションは、これまでラスベガスのAria HotelやIKEAで採用されてきた。マルチプロトコルに関しては「このようなコンセプトが欲しかった」と関心を示す顧客は多いが、どのように活用できるのか未知な部分もまだ多い。普及に関しては「これから」(水谷氏)と語る。

 「マルチプロトコルのシナリオタイプでいうダイナミックのように、エンドユーザー視点では同時動作として扱えるほど複数の無線が高速切り替え可能になると、それぞれの無線の長所を最大限生かした新たなユーザー体験に結び付けられるかもしれない。例えば、Bluetoothの一般的なビーコンでは双方向通信ができず、ネットワークには接続されていない。マルチプロトコルによって、ネットワーク接続とビーコン動作を同時に実現することで、ビーコンの管理や、発する情報により多くの表現力を与えることが可能だ。マルチプロトコルは、未知なる可能性を広げる技術といえるだろう」(水谷氏)

 今後は、Wireless GeckoでSIGFOXなどのプロトコルにも対応させる予定としており、マルチプロトコルソリューションによる新たなユーザー体験の訴求を狙うとした。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.