メディア
ET & IoT Technology 2018 特集
ニュース
» 2018年08月29日 15時35分 公開

ET展は「エッジテクノロジー総合展」に位置付けを変更2018年11月14日開幕へ(2/2 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「エッジテクノロジー領域で勢いのある人を招く」

 カンファレンスについても「従来のように大企業の幹部だけでなく、企業規模を問わず、エッジテクノロジー領域で勢いのある人を招く形に改める」(カンファレンス委員会委員長山田敏行氏)。“クラウドからインテリジェントエッジへ”というコンセプトの下で「エッジ」「次世代モビリティ」「組み込みAI」「セキュリティ」「医療」などテーマの基調講演を実施。Intel日本法人技術本部長の土岐英秋氏、日本マイクロソフトのロドニー・クラーク氏、FogHorn Systems副社長の遠藤雄太氏らの登壇が決定している。

ET2018のカンファレンス概要 出典:組込みシステム技術協会

併催イベント内容も変更

 ET展で恒例になっている「ETロボコン」や「ET/IoTアワード」などの併催イベントは今回も継続実施するが、「内容は、変更する」(渡辺氏)。例えば、技術者育成を目的に行っている「ETロボコン」「IoTイノベーションチャレンジ」については、組み込みシステム技術領域に限らず、クラウド連携や事業企画などまで網羅する内容を加える。

ET2018で実施する技術者育成イベントの概要 出典:組込みシステム技術協会

 ET/IoTアワードについても、従来の表彰に加え、スタートアップ部門を新設する他、従来は会期中に行っていた受賞企業の発表を会期前の2018年10月末に発表する形式に変更している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.