メディア
ニュース
» 2021年11月24日 15時00分 公開

Samsungがテキサス州に新工場、2024年後半に稼働開始投資額は約170億ドル

Samsung Electronics(以下、Samsung)は2021年11月24日(韓国時間)、米国テキサス州テイラーに新しい工場を建設すると発表した。投資総額は約170億米ドルになる見込み。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Samsung Electronics(以下、Samsung)は2021年11月24日(韓国時間)、米国テキサス州テイラーに新しい工場を建設すると発表した。投資総額は約170億米ドルになる見込み。

 新工場では、モバイル、5G(第5世代移動通史)、HPC(High Performance Computing)、AI(人工知能)などに向け、最先端プロセスのチップを製造する予定だ。Samsungはプレスリリースでは具体的なプロセスノードに言及していないが、日経新聞(2021年11月24日付)は「3nmの次世代品を生産するとみられる」と報じている

 建設開始は2022年前半で、操業開始は2024年後半になる予定だ。

 Samsungは新工場の建設でテキサス州の他、ニューヨーク州とアリゾナ州とも交渉していると報じられていた。最終的に、半導体エコシステムやインフラの安定性、地元政府からのサポートといった複数の要因から、テキサス州テイラーに決定したという。Samsungはオースティンに工場を所有していて、テイラーはオースティンから北東に25kmほどに位置することから、今後この2工場でインフラやリソースを共有できる点も大きいとした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.