メディア
ニュース
» 2021年11月18日 13時30分 公開

TIがテキサス州に300mm新工場、2022年に建設開始総投資額は約300億ドル

Texas Instruments(TI)は2021年11月17日(米国時間)、米国テキサス州シャーマンに300mmウエハー対応の新工場を建設すると発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Texas Instruments(TI)は2021年11月17日(米国時間)、米国テキサス州シャーマンに300mmウエハー対応の新工場を建設すると発表した。TIによれば、シャーマンの敷地内には、将来的な半導体需要に対応すべく最大4つの工場を建設する可能性があるという。第1および第2工場の建設は2022年に開始する予定で、第1工場での生産開始は2025年を見込む。

テキサス州シャーマンの新工場のイメージ[クリックで拡大] 出所:TI

 シャーマンの新工場は、既存の300mm工場である「DMOS6」(テキサス州ダラス)、「RFAB1」(同リチャードソン)および、2022年下半期に生産を開始する予定の「RFAB2」(リチャードソン)を補完するものとなる。シャーマンの新工場建設への総投資額は約300億米ドルに達する可能性があるとする。

 TIは2021年6月に、米Micron Technologyから、米国ユタ州リーハイの300mm工場を9億米ドルで買収すると発表した。同工場での生産は2023年初頭に開始する予定だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.