メディア
ニュース
» 2023年08月25日 14時00分 公開

全固体電池セルで300Wh/kgの重量エネルギー密度達成ソフトバンクとEnpower Japan

ソフトバンクとEnpower Japanは、リチウム金属負極を用いた全固体電池セルで、重量エネルギー密度を300Wh/kgまで向上させることに成功した。

[馬本隆綱EE Times Japan]

正極活物質−電解質の界面抵抗を低減する技術などを開発

 ソフトバンクとEnpower Japanは2023年8月、リチウム金属負極を用いた全固体電池セルで、重量エネルギー密度を300Wh/kgまで向上させることに成功したと発表した。

開発した全固体電池セルの外観 開発した全固体電池セルの外観[クリックで拡大]出所:ソフトバンク

 固体電解質を用いる全固体電池は、リチウムイオン電池に比べ電解液の発火や液漏れがなく、安全性に優れている。寿命特性や温度特性の向上、作動電圧範囲の拡大なども期待されているという。

 一方で、正極活物質−電解質の界面における密着性が低いことや、イオン伝導に関わる界面抵抗の増加により、電池容量の減少あるいは、出力特性や寿命特性の低下などが懸念されている。電池が重くなり、重量エネルギー密度が低くなるという課題もあった。

 ソフトバンクとEnpower Japanは今回、正極活物質−電解質の界面抵抗を低減したり、正極合材中の固体電解質について重量比を削減したり、固体電解質層を薄膜化したりする技術を開発し、これまでの課題を解決した。重量エネルギー密度300Wh/kgという値は、現行リチウムイオン電池セルの最高値と同等レベルだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.