メディア
コラム
» 2023年12月05日 12時30分 公開

日本将棋連盟「羽生会長」が一人二役、「羽生達人」をセルフ表彰電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

2023年11月25日、日本将棋連盟 羽生善治会長の一人二役“セルフ表彰”が話題になりました。将棋好きの筆者は、2024年こそは羽生九段が前人未到のタイトル通算100期を達成することを願っています。

[半田翔希EE Times Japan]

 この記事は、2023年12月4日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


日本将棋連盟「羽生会長」が一人二役、「羽生達人」をセルフ表彰

 先日、日本将棋連盟 羽生善治会長の一人二役“セルフ表彰”が話題になりました。

 舞台は2023年11月25日、東京都立川市で開かれた「第1回達人戦立川立飛杯」(以下、達人戦)の決勝戦です。達人戦は、満50歳以上の棋士(将棋)が頂点を争う公式戦で、今回が初開催でした。羽生善治九段や谷川浩司十七世名人など54人の棋士が参加。決勝戦の会場には約600人の将棋ファンが集いました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.